大学生

2024年7月 9日 (火)

大学で iPhone15をもらう📱

 

前後してしまいましたが、大学卒業の前に、コンピュータサイエンス専攻の学生たちのシニアプロジェクト発表会がありました。

シニアプロジェクトは、卒業に必須のプロジェクトで、日本の卒業研究のようなものです。

 

同じ専攻の学生とマッチングしてグループを作ってプロジェクトをしてもいいし、研究室に属して自分のリサーチをプロジェクトにしてもいいということになっています。

 

娘は、リサーチをプロジェクトにして、個人でプロジェクトをすることにしたそうです。

 

発表会は、自分のポスターの前で、説明を聞きに来た人(教授陣、ドクターの学生、シニアプロジェクトを行なっている学生たちなど)にプレゼンするという形式です。

 

なんと屋外、つまりカリフォルニアの強い日差しの下で行われるので、かなりきついです☀️

一応、疲れたら自分の場所から離れて木陰などで休んでいいことになっています。

休憩時間を決めて、他の学生のプロジェクトを見に行くことも可能です。

 

さて、シニアプロジェクト発表会の会場には、スナック🍪やアイスクリーム🍦の業者さんが並んでいて、休憩時の楽しみになっていたそうです。

アメリカの大学っぽい! 楽しそう!🤭

 

 

メタやNVIDIAなどの企業からは卒業生が来ていて、学生のプレゼンを聞いてくれたそうです。

 

発表会が終わる頃には、それぞれの企業が優秀プロジェクトを選んで表彰式が行われました。

表彰された学生たちは、帽子Tシャツフリスビーなどが貰えたそうです。

 

最後には、卒業生であり元Yahoo CEO、そして元Google副社長でもあるMarissa Mayerマリッサ・メイヤー - Wikipedia)氏が現れ、

 

では、ベストプロジェクトを発表します!

ベストプロジェクトに選ばれた学生には、このiPhone 15のケースを差し上げます。

 

皆、「携帯ケースが賞品?」と顔を見合わせたところ、

 

でも、iPhoneケースだけでは、使えないので。。。このiPhone 15もプレゼントします!

 

学生一同、「え〜〜っ!」と歓声が上がり、メイヤー氏が

 

ベストプロジェクトは、りり娘です!

 

と発表されると、皆、「わ〜〜っ!」「パチパチ👏」と祝福があり、

 

面識のない学生も多いので、「誰!?」「どんなプロジェクト?」とざわざわとしたそうです。

 

帰りには、知らない学生たちから

 

おめでとう!

新しい iPhone楽しんでね〜!

 

とたくさん声をかけられ、華やかな雰囲気に包まれたそうです。

 

娘は、神のようなマリッサ・メイヤー氏からiPhoneを手渡されたことに大感激!

卒業の直前に、学部最高の思い出ができたようです😊

Tempimagemugpxd

 

| | | コメント (0)

2024年6月30日 (日)

大学ディプロマセレモニー

 
大学全体の卒業式の後は、専攻ごとのディプロマセレモニーがあります。

卒業式自体は定刻に始まったものの、卒業生たちの入場にあまりに時間がかかったので、終わった時間が予定より大幅に遅れてしまいました。

スタジアムの外で娘と落ち合った時には、もうディプロマセレモニーが始まってしまうような時間でしたが、セレモニーに遅れるのは皆同じ。

気楽に移動しました。


娘はコンピュータサイエンス専攻で人数が多いため、会場は約8000人を収容できるというフロスト・アンフィシアターでした。

とても広いため、招待客の人数制限もありません。

入り口には、やはり金属探知機と荷物検査があります。

 

私たちが着いた頃には、会場は人でいっぱい。

セレモニーがよく見える席は、もう全席埋まっていたので、その横にある木陰に座れる場所を見つけました。

といっても、テントの下のような椅子は用意されていないので、縁石のような石の上に座りました。

まるで、独立記念日の花火を見に来ているような人混み。

Img_3301


セレモニーが始まるまでは時間があるので、大学が用意している軽食を取りに行きました。

サンドイッチ、クッキー、スナック、りんごが入っています。

Img_3300

 

セレモニーが始まり、ありがたいお話を聞いた後は、ドクターの学生から一人一人ステージに上がって、ディプロマ(といっても証書は郵送で送られるらしく、中身は入っていないケースのみがもらえます)が授与されます。

一番人数が多い専攻であるコンピュータサイエンスなので、ものすごく時間がかかりました。

ドクターの学生に授与した後、マスターの学生、そして、学部生が授与されます。


それにしても、知っている周りの女の子たちは、皆、最終的にはコンピュータサイエンスから別の専攻に移ったというのに、まだたくさん女子学生がいたのには安心しました。

マスターでは、コンピュータサイエンス専攻の女子学生とお友達になれたらいいね、と思うのでした。

(コンピュータサイエンスでも、HCI(Human-Computer Interaction)を専門にすると、もっと女子が多いようですが、娘の専門は女子が少ないです。)

 

Img_3299


やっと娘の順番が回ってきました。

写真も撮ってもらったので、あとで購入できるそうです。

下の写真では、あまりに解像度が悪いので、買えるといいな。

(アメリカなので、本当に買えるようになるのか、いまいち信じられない💦)

Img_3298


これで、やっと全ての卒業の儀式は終わりました。

終了後、キャンパスで写真を撮ろうと思っていましたが、太陽の下に長時間いたので疲れてしまって、結局すぐに帰宅しました。

娘はローカルな学生なので、数日したらガウンやキャップを持って記念写真を撮りに戻ろうと思います。


卒業生祖父母が元気に式に参加している中、 太陽に弱い母娘なので倒れてしまったら恥ずかしいなぁ、と少し不安でしたが、健康に式を終えられてほっとしました😊

 

 

| | | コメント (0)

2024年6月22日 (土)

スタンフォード大学卒業式

先週末は、大学の卒業式でした。


この時代なので、持ち物の規制は厳しく、事前に細かなリストが公開されていました。

禁止物は、銃やドラッグはもちろんですが、ボールやフリスビー、フラフープ、自撮り棒、風船、球形などの固まった果物🍊(たぶん、投げて凶器になるから)、ドローン、リモコンで動く車、飛行機、ヘリコプター、花火、ハイドレーションパック、金属ボトルなどがあり、よく思いつくなぁと感心してしまうリストでした。

 

持ち込みのバッグにも規制があり、なかなか販売されていない本当に小さなサイズのバッグは所持できるものの、通常はサイズの決まった透明のトートバッグを持ち込むように言われています。

1ガロンサイズのジップロックをバッグ代わりにして良いとのことだったので、ジップロックに所持品を入れている人たちもいました。

 

飲み物は持ち込み禁止(ただし、空のプラスチック製のボトルは持ち込み可能)。

でも、スタジアムの外には、大量の水のボトルが用意されていて、あちこちでもらえます。

Tempimageafnt56

 

スタジアムの入り口には可動式の金属探知機がたくさん並んでいて、危険物を持ち込んでいないかチェックされました。

Tempimagernndru

 

スタジアムに入ったのは、開始40分前くらい。

それでも、わずかにある日陰になる場所はもう人がいっぱいで、ほとんど空いていませんでした。

 

一応、開始前は日陰になる場所に着席。

太陽が動いていくので、開始時刻には火に当たってしまいましたが。。。

 

掲示板には、「Stanford University、133rd Commencement」の文字が書かれていました。

いよいよ、卒業なのね〜と感慨深いです。

Tempimage1jmlam

 

空には、小型飛行機が飛んでいました。

Mazel Tov Grads?

Good Luck Gradsということですね。

Tempimagemvn9yh

 

卒業式は9時半に開始というスケジュールでしたが、本当に9時半ぴったりに始まってびっくり。

といっても、大学院生の入場に時間がかかり、学部生が入場するまでには50分もの時間が。

その間、観客席の人たちは日差しに耐えられず、奥の廊下(?)から立って眺めている人たちもいました。

学部生の入場が始まると、仮装している学生もいて華やかです。

Tempimagekisu5g
Tempimage82p4ma

持ち込んだ仮装のグッズは、スタジアムの端に置いて、ガウンだけの姿になって着席します。
使い終わった仮装グッズが山積みになっていきます。

Tempimagej3h6ga

卒業生の入場にあまりに時間がかかり、卒業生が会場に入りきったのは、スケジュールの終了時間をとうに過ぎていました。

Tempimagetho5l2

 

やっと卒業式が始まってプレジデントがスピーチを始めると、卒業生たちの席から人の列が生まれて、スタジアムの出口に動いていきました。

Tempimagexabjnw

??

卒業生は、スピーチをここでは聞かないの?

アメリカの卒業式ってそういうもの?

と思いながら、よく見ると、小さな旗を持っている卒業生たちが何人も。
親パレスチナの卒業生たちが抗議のために退席しているのでした。

後からのニュースによると、数百人が退席したそうです。
大学は抗議者のために、 あらかじめスピーチのできる場所を用意していたので、そちらに移動したのかもしれません。


スタジアムでは何か起きるわけではなく、平和に卒業式が進められました。

今年のゲストスピーカーは、メリンダゲイツ氏。

私の席からは柱で見えなかったので、大きなスクリーンに映った姿を眺めていました。

Tempimagehy9ixe

 

 

今回の卒業式に、我が家は誰もゲストを呼びませんでした。

スタジアムは、ずっと太陽が照り続けて、かなり暑いだろうと誰かを呼ぶのは憚られました。

でも、偶然、卒業生の親でない友人が2人来ていたと後から知りました。

結構、気楽に友人を招待するもののようです。

私にとっては肉体的に過酷でもある卒業式だったので、アメリカ人のフットワークの軽さに驚いたのでした。

 

長時間、太陽の下に座っていたので、翌日は足に赤い斑点(?)がいっぱい出てしまいました。。。薄いスカートだったけれど、スカートに隠れた部分は問題ありませんでした。

次の機会があるとしたら、座っても膝の隠れる丈のスカートを履こうと思います。


それにしても、この数ヶ月、卒業生の親たちは現在の治安についていろいろと心配していましたが、無事に平和に卒業式が終わってほっとしました😊

 

| | | コメント (2)

2024年6月15日 (土)

卒業式に出席する学生とは?

 

卒業式というと、

「入学から4年後の卒業式を境に、皆が学士号を取得してキャンパスから旅立っていく」

というのを想像していました。

 

でも、大学の父兄たちの話を聞いて、卒業式というものは、そういう学生ばかりではないということを知りました。

もちろん、多くの学生は、卒業式を終えて大学から離れていくのでしょうけれど。

 

大学では(娘の大学以外は知りませんが)、単位数が一定数ある学生は、希望すれば卒業式に出られるらしいのです。

そして娘は、一年前にはもう単位が卒業式に出られる規定数に達していたので、去年の卒業式に出ることも可能だったそうです。

すでに大学での娘の公式な立場は、マスターの学生なのでした。

同じような立場の同級生たちはたくさんいますが、だいたいは入学から4年後の卒業式に出席します。

 

まれに、3年間で卒業式に出席し卒業もしてキャンパスから旅立っていったり、困難なコンピュータサイエンス専攻なのに、入学から4年後の卒業式で学士とマスター両方の卒業になる学生もいます。
(学業以外も素晴らしくて、非の打ち所がないない学生だったりするので、神様は不公平ですよね〜😊)

 

大学の4年間での卒業率は75%

6年間での卒業率は94%だそうです。

 

まだ卒業するには単位が足りない75%の枠の中に入らない学生も、ある程度の単位があれば卒業から4年後の卒業式には、望めば出席できます。

 

うちの娘は、あと一年以上、大学にいる予定らしいけれど、友達と一緒に卒業式に出るらしいわ。

卒業できないのに卒業する?って変よね

と言って、まだ大学に学費を払い続けなくてはいけないのに、お子さんの卒業式に出席する親御さんもいるし、

 

私たち親が息子の卒業式に出るのだとしたら、もう2日しかないのに息子が知らせ忘れているということだけど🤣」

と、気楽に考えて、いつか「僕の卒業式があるよ」と報告してくれるのを待つ親御さんもいます。

 

 

でも、息子さんの卒業を疑うこともなく、卒業式のために飛行機やホテルを予約し、楽しみに準備しているところに、突然、式の直前になって「実は、卒業できない」と告白する息子さんもいます。

単位数が足りなすぎて、卒業式に出ることもできないので、告白したのですね。

 

本当のことを話すと親御さんが怒ると思って、何年間も順調に学生生活を送っている演技をしていたらしいのです。

辛かったでしょうね。。。
それを知った親御さんも辛い。。。

 

高校までと違って、親が子供の成績を知ることはできません。

一年生の頃は、「子供の許可があれば子供の情報を見られるようにしてほしい」と大学に要望する親御さんもいましたが、大学は学生の人権を考えて親に成績を公開することはありません。

(子供に何かあった時、つまり、うつ病になったり、自殺したり、卒業できないなどと、どうしようもなくなってから知らされる気持ちも考えてほしいと思うのも、親として当然なのですが)

 

卒業が遅れても、その年月は長い人生の中ではほんの短い時間に過ぎないこと、努力しながら健康に過ごしてくれればそれが一番だと思っていることを子供に伝え、困った時には相談しやすい環境を作らないと、と改めて思いました。

それでも、言えない子供も多いのだろうなぁ。。。

Img_3208

Luma AIのDream Machineで描いてもらった卒業式後の様子


| | | コメント (0)

2024年6月 9日 (日)

大学卒業式の衣装を揃える

 

大学のCommencement(卒業式)の衣装が家に届きました。

といっても、買ったものではなく、レンタルした衣装です。

娘が「買わなくていい」というのでレンタルにしましたが、我が家だけでなく多くの学生はレンタルのようです。



卒業式の衣装は、Graduation Cap(キャップ)、Gown(ガウン)、Tassel(タッセル:キャップの飾り)が必要になりますが、大学によって色や形などが違います。


スタンフォード大学の学部生用の衣装は、これです↓

Tempimagezr9vx0

 

タッセルには、2024年の印がついています。

Tempimage5jagqw

これを、キャップの右側に垂らしておいて、卒業式が終わると左側に移動させて垂らすというしきたりがあるそうです。

おもしろいですね🤭

 

卒業式は、キャップとガウンとタッセルがあればいいのですが、他にStole of Gratitude(ストール)を用意する学生も多いです。

このように大学名が入っています。

Tempimageaqyyzd

Stoleは、大学のブックストアまたはブックストアからのネット購入で 入手できます。

$25くらいでした。

 

これを首から下げて、式に参加します。

そして、式の後、一番お世話になった人にプレゼントするそうです。

大学の教授にあげたり、指導してくれた先輩にあげたり。。。

でも通常は、金銭的、精神的サポートを長年してくれた親御さんにあげることが多いようです。

 

親御さんたちは、


「おもしろい風習よね。

親が子供に買ってあげて、それを子供からもらって「ありがとう」ってお礼言うなんて」

「私も、それ思った!」

 

と会話に花が咲くのでした🤣

 

大学では、数日前に学長室を占拠した親パレスチナ派抗議デモで13人もの逮捕者が出たところです。
とても心配な状況ですが、無事に卒業式が行えますように✨


 

| | | コメント (2)

2024年6月 1日 (土)

AIデータセットに友人を見つける

 

いつも無言で無表情にコンピュータを見つめている娘。

ところが今日は、突然、

「ママ、これ、おもしろい! 見て!」

と大笑いしながら話しかけてくれました。

 

彼女のMacBookの画面に表示されているのは、娘がリサーチで使っているAIのデータセット(AIが学習を行う際に必要な学習データ)でした。

いろいろな言語のデータセットを利用していて、その中に日本語のデータセットもあるそうです。

 

「多言語教育や言語のアイデンティティ」に関するデータセットらしいのですが、その日本語のデータを眺めているときに、おもしろい内容を見つけたそうです。

 

すべての義務教育をアメリカで受けた息子さんが、「第一言語は日本語」と発言したお話で、お母さんが「えーっ あなた、漢字書けないでしょ(読めるけど書けない)」と言うと、「うーん、じゃあ、両方とも第一言語。都合のいいように第二言語だからっていう」との会話をしたという内容が書かれていました。

 

お母さんの「中途半端を育ててしまったのだろうか。フレキシブルといっていいのだろうか。」というところで、

「この文章、楽しいよね。うまいよね〜!」と大笑いしていたのでした。

 

私も笑って見ていた時に、ふと、そのデータセットに元サイトのタイトルが書かれているのが目に入りました。

あれ? どこかで聞いたことあるような。。。?

あ! 思い出した!!

昔、住んでいた家のご近所さんで、小学校の先輩ママとして知り合った方のブログのタイトルなのです。

今でも、長い付き合いの友人としてお世話になっています。

 

 

広いインターネットの世界から、多言語教育や言語のアイデンティティに関する記述を見つけて自動収集されて作られたデータセット。

そんな中に友人のブログ記事を目にするとは。
びっくり!

 

 

その記事も入ったデータセットを学習させて、ChatGPT API(ChatGPTを活用するためのプログラムインターフェース)を使って多言語学習に関するエッセイを書いてもらうと、

「。。。その結果、第一言語といっても、漢字は読めるけれど書けない、というような現象が起こることもあります」

と出てきたそうです。

 

「そのまんまじゃない。英語だと、もっと上手くいくのだけど」

と娘はぶつぶつ言いながら笑って、またリサーチに戻ったのでした。

 

 

それにしても、すごい偶然ですね。

こんなふうに、AIのデータセットの中で友人にばったり出会うなんて。

 

卒業間近のこの忙しい時期に、楽しい文章で娘の心を癒してくれた友人に感謝です✨

Japanesesweets

久々に会ったアジア系友人にあげた日本のお菓子
喜んで「ありがとう!」と写真を撮って送ってくれました


| | | コメント (0)

2024年5月16日 (木)

バレエ ドン・キホーテ公演

 

先週末は、大学バレエ団の春の公演がありました。

今年の演目は、ドン・キホーテ。

バレエを知らない人でも、わりと楽しめる内容です。

 

実は、何年も前にドン・キホーテを演じたことがあったそうですが、当時は団員数が多くはありませんでした。

近年は、なぜかバレエの経歴の良い学生たちを大学が入学させるようになったので、バレエ団は大きくなりました。

(大学は、スタジオの増設も計画中だそうです🩰)

 

そのため公演の内容を充実させて、前回とは全く違うドン・キホーテが出来上がりました。

前回は、森の女王のバリエーションが難しかったので入れなかったそうですが(いないとおかしい役なので、別のバリエーションに変えたらしい)今年は、きちんと入れて作られています。

 

そして、そのバリエーションは娘が踊ることになりました。

実は、このバリエーション、娘が高校時代に2度、踊る機会がありました。

でも、病気で踊れなくなったり、コロナで公演自体が中止になったり。。。あまり縁起のよくないバリエーションなのでした😅

 

今年は、同じことが起きないように、当時とは少し振り付けを変えて踊ることにしたそうです。

踊れなかった当時の振り付けは、現在、大学でバレエを教えている先生で、その先生は今公演はゲストで参加しました。

多分、彼は本当は当時の振り付けで踊って欲しいと思うのですが、同じものを踊ると何か起きそうで💦

 

振り付けを変えたせいかはわかりませんが、無事に公演を終えることができました。

 

Dryads

森の女王のイタリアン・フェッテ中のひとこま(前日リハーサル)

 

今回も、娘の友人たちが来てくれていました。

バレエを踊らない大学の男子学生は、なかなか一緒に観にいく友人が見つからないようで、皆、一人で来てくれていました。

 

おもしろいことに、私が娘と二人での写真を撮ってあげようとすると、皆、肩を組んだり、腰に手を回したり、ピタッとくっついて写真に収まるのですよね。

(皆、ボーイフレンドではなく、単なる友人です)

日本だと、女の子の親が写真を撮るとしたら、二人並んで10cmくらい離れて立つだろうな〜と、文化の違いを感じたのでした🤣

 

そして今回も、高校時代までのバレエ学校のディレクターが見にきてくれました。

今年は、バレエ学校の春の公演と大学バレエ団の公演が重なってしまったそうです。

バレエ学校の公演を終えた後、すぐに大学に駆けつけてくれたため、少し遅れただけでシアターに着いたそうです。

 

結局、バレエ学校のディレクターは、娘が大学生を終えるまで、ずっと欠かさずに公演を観にきてくれたことになります。

ローカルなバレエ学校から大学バレエ団に入った子達は他にも何人かいますが、そんなディレクターはもちろん見たことがありません。

情のあるいいバレエ学校に行っていたのだなぁと、今になってとても恵まれていたことに気づくのでした。

 

 

さて、公演の最後に、この春で卒業する学生たちの名前が呼ばれて、拍手を送られました。

娘の同級生たちは、皆、卒業生ということで名前を呼ばれました。

 

娘だけは、このまま大学院生としてバレエ団に残るので、名前は呼ばれませんでした。

やっぱり皆、いなくなってしまうのだなぁと寂しくなります。

でも、笑顔で送らなくては。

 

卒業する皆に、いい未来が待っていますように✨

 

| | | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

卒業式前の大学生の親たち

 

卒業式が近づくにつれ、親御さんたちは考えなくてはいけないことが多くなってきました。

学業にプライオリティを置く学生が多く、卒業式に関してはそれほど注意を払っていない学生が多いことにも起因している気がします。

 

そこで、親たちが「あれはどうしたら?」「これどうなっている?」と同級生の親たち用FBグループで話し合うことになります。

それを読んだ私も、あ、そんなことを考えないといけないんだ、と学べるので、話し合いの場があることはありがたいです。

 

 

親御さんたちが卒業式に出席するために滞在するホテルや、卒業式の翌日に退寮した後の学生の荷物や一時滞在ホテルに関しては、もう何ヶ月も前から話が出ていました。

 

その後は、卒業式の衣装をどうやって注文するのか、卒業証書の受け取りや額縁の購入について、そしてカレッジリング(10万円くらいする!😵‍💫)を購入するかなど、いろいろな話が出ていて、私も娘に確認することが増えてきました。

 

娘は、卒業式の衣装はレンタル申し込みするだけでいい、高額な大学名入りの額縁やカレッジリングもいらない、と言うので、最低限になりそうです。

(高額な学費がかかってきたことを考えて「いらない」と言っているのか、よくわからないのですが💦)

 

 

また、子供というより親たちが気にしているのが卒業写真。

卒業式の装いをしてキャンパスで写真を撮ってもらうフォトフラファーを頼むかどうかということです。

 

娘は、「卒業式の時にママがiPhoneで撮れば十分じゃない?」と言うので、何を話してもそれほど乗り気でない娘を相手に、なかなか決まりません。

 

 

子供のヘアカットを心配する人もいました。

忙しくて髪型に無頓着になっている息子さんの髪型を卒業式前に整えたいそうです。

 

息子さんに送ってもらった自撮りの写真をアップしていて、髪だけでなく髭も伸びて完全に大人の風貌になっている息子さんですが、親から見ればまだ可愛い子供のままよね〜とほっこりとしました😊

それにしても、500人もの親たちのグループに自分の写真が投稿されていることを知った息子さんは苦笑かもしれません😅

 

 

そして、現在の親御さんたちの最大の懸案事項はやはり、反イスラエルデモ。

あちこちの大学で、キャンパスでも戦争状態、といわれる現在。

スタンフォードでは、キャンパス内でイスラム教徒の学生がひき逃げされた事件がありました。

そんな中、伝統的な恒例の卒業式を取りやめる大学もあります。

 


今年の卒業生たちは、コロナのために高校の卒業式がありませんでした。

大学の入学式も中止され、オンラインでした。

そして、大学の卒業式までもが無くなってしまったらと親御さんたちは気を揉んでいます。

 

無事に平和に日々が送れますように✨

 

Tempimagey2al4d

春の大学。パーキングに止まっている色違いのテスラ
最近、テスラがとても多いです🚗

 

 

| | | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

日本の大学グッズ🇯🇵

 

去年、妹家族にハーブティなど、アメリカのものをいろいろ送ったことがありました。

甥っ子には何を送ろうかと考えたものの、女性のものしか思いつかなかったので、スタンフォード大学のTシャツを送りました。

 

今年になって、そのプレゼントのお返しか、甥っ子の大学のTシャツが送られてきました。

Tempimagecayb2i

 

すごい! これを着て歩いている人はいるのだろうか😆

漢字だとすごく目立つ!

 

妹に、これを着て歩いている人がいるのかと聞いたところ、歩いているかの答えはなかったものの、漢字バージョンの他にアルファベットバージョンもあるとの返信がありました。

ただ、私がアメリカに住んでいるので、漢字バージョンを選んだそう。

 

だって、アメリカ人って、漢字好きじゃない? 偏見?🤣

 りり娘に、このTシャツ着てスタンフォード通ってもらってよ〜🤣

 

そういうことだったの。。。

そうよねぇ。アルファベットのTシャツもなくちゃね。

まぁ、漢字バージョンでも、東大の学園祭なら日本の学生が着れるのかも?

 

他に、東大植物園ののど飴も送られてきました。

Tempimage0stof3

東大の小石川植物園で実った果実を原料として製造した「のど飴」らしいです。

やまもも味、梅干し味、ゆず味。

日本らしくて、他国から来た人ウケしそうですね。

 

そして、キーチェーンも。

Tempimagesz8w6l

 

東大は銀杏のマークだけど、キーチェーンは桜もあるのね。

これも、日本に来た人ウケしそう。

日本のものを眺めていたら、また日本が懐かしくなってきたのでした😌

 

 

| | | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

日本の野球選手がスタンフォード大学へ⚾️

 

日本の高校野球で通算140本塁打を放った選手がスタンフォードに合格したというニュースが日本を騒がせているそうです。
日本の知人たちからその話を聞くこともあり、ここのコメントでも記事にしてほしいとあったので、書くことにしました。

聞かれる内容というのが、


日本の野球選手が来ることで大きな反響がある?

日本のテレビ番組で、アメリカの大学は入学は簡単だが卒業が難しいので、彼が卒業できるか心配だと言う人がいた。
スタンフォードに入るのは難しくないの?

卒業できるかが話題になっているけれど、レガシーなどで学力が足りない学生のためのレベルの低いクラスもあるだろうから、日本の選手もいつかは卒業可能?

せっかく大金が稼げるのに、それを見送るほどスタンフォード卒の名誉は価値があるのか


という内容です。

 

まず、レガシーについてですが、レガシーで学力が足りないということはあまりないと思います。

というのも、レガシーで合格しなかった生徒たちでも、UCバークレー等、一般的な一流大学には入学しているのです。

レガシーたちの合否は、学力があるのは当たり前として、その上で輝かしい課外活動(この分野なら全米何位などの業績)がどれだけあるかということも関係していると思われるので、レガシーで合格した学生達の学力は問題ないと思います。

 

ただ、スポーツの学生は、(レガシーを含めた)一般学生とは少し違います。

学生たちには、「スタンフォード大学はスポーツの学生が一番大切なんだ」と揶揄されているくらい特別な存在であることは確かです。

 

といっても、スポーツの学生の学力は人によりけりで、他の学生に引けを取らない、驚くほど優秀な学生もいます。

でも、一般的には、やはり卒業するために希望していた専攻を諦めて簡単な専攻に移動したり、長くかかったりする学生もいます。

(まぁ、一般の学生でも、入学時点の志望の専攻を諦める学生はたくさんいます。
でも、優秀な成績を維持するために移動するのと、卒業できないかもしれないから移動するのとでは意味が違いますよね。)

 

スポーツの学生で学業優秀な学生は「アスリートの学力優秀者」として表彰されますが、その基準は一般学生の感覚からするとかなり低いです。

一般学生の平均よりも低い成績で表彰対象になります。

GPA 3.2や3.3以上くらいでも表彰されていました。

そのくらい、特別なスポーツ能力のあるアスリート学生と一般学生の扱いは違うのです。


そもそも、多くの学生たちは、GPA 3.8、3.9の維持を目指して卒業しようと睡眠時間を削って勉強しているのに対して、スポーツの学生は十分な睡眠を取って体調を維持し、スポーツを続けながら卒業することを目標とすることが多いので、大きく違います。

 

でも、平均的なスポーツの学生がスタンフォードの一般学生と差がある、というだけで、スポーツの学生の学力が他大学の学生よりも低いというわけではありません。

スタンフォードで勉学をしていくだけの学力があると評価されて合格しているので、きっと彼も努力を続ければ卒業できるのではと思います。
そして、一般学生を含めた いろいろな人と交流して、勉学以外にもたくさんのことを吸収していくのでしょう。

 

大学の学生たちの間では、佐々木内野手の入学については、特に反響はありません。

オリンピックでメダルを取っているなど、世界で一位、二位、という業績を持つ学生も珍しくないので、特に騒がれることはないのです。

大学の野球のSNSで彼の紹介がありましたが、そういうスポーツの学生たちの紹介はよくあります。

 

彼は優秀なだけでなく、人生観が同世代と比べてかなり成熟しているようなので、その彼の思考がうまくアピールできて評価されたのが合格に繋がったのかもしれません。

彼にとっては、今、大金を稼ぐよりも、もっと興味のあることがあるのですよね。

きっと彼自身が納得できる、素晴らしい人生を歩めるのではないかと期待しています✨

Tempimagem6absk

去年記事にした、大学のLake Lagunita
しばらく干上がっていましたが、最近の雨でまた少しだけ復活!

 

 

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧