大学生

2024年2月19日 (月)

日本の野球選手がスタンフォード大学へ⚾️

 

日本の高校野球で通算140本塁打を放った選手がスタンフォードに合格したというニュースが日本を騒がせているそうです。
日本の知人たちからその話を聞くこともあり、ここのコメントでも記事にしてほしいとあったので、書くことにしました。

聞かれる内容というのが、


日本の野球選手が来ることで大きな反響がある?

日本のテレビ番組で、アメリカの大学は入学は簡単だが卒業が難しいので、彼が卒業できるか心配だと言う人がいた。
スタンフォードに入るのは難しくないの?

卒業できるかが話題になっているけれど、レガシーなどで学力が足りない学生のためのレベルの低いクラスもあるだろうから、日本の選手もいつかは卒業可能?

せっかく大金が稼げるのに、それを見送るほどスタンフォード卒の名誉は価値があるのか


という内容です。

 

まず、レガシーについてですが、レガシーで学力が足りないということはあまりないと思います。

というのも、レガシーで合格しなかった生徒たちでも、UCバークレー等、一般的な一流大学には入学しているのです。

レガシーたちの合否は、学力があるのは当たり前として、その上で輝かしい課外活動(この分野なら全米何位などの業績)がどれだけあるかということも関係していると思われるので、レガシーで合格した学生達の学力は問題ないと思います。

 

ただ、スポーツの学生は、(レガシーを含めた)一般学生とは少し違います。

学生たちには、「スタンフォード大学はスポーツの学生が一番大切なんだ」と揶揄されているくらい特別な存在であることは確かです。

 

といっても、スポーツの学生の学力は人によりけりで、他の学生に引けを取らない、驚くほど優秀な学生もいます。

でも、一般的には、やはり卒業するために希望していた専攻を諦めて簡単な専攻に移動したり、長くかかったりする学生もいます。

(まぁ、一般の学生でも、入学時点の志望の専攻を諦める学生はたくさんいます。
でも、優秀な成績を維持するために移動するのと、卒業できないかもしれないから移動するのとでは意味が違いますよね。)

 

スポーツの学生で学業優秀な学生は「アスリートの学力優秀者」として表彰されますが、その基準は一般学生の感覚からするとかなり低いです。

一般学生の平均よりも低い成績で表彰対象になります。

GPA 3.2や3.3以上くらいでも表彰されていました。

そのくらい、特別なスポーツ能力のあるアスリート学生と一般学生の扱いは違うのです。


そもそも、多くの学生たちは、GPA 3.8、3.9の維持を目指して卒業しようと睡眠時間を削って勉強しているのに対して、スポーツの学生は十分な睡眠を取って体調を維持し、スポーツを続けながら卒業することを目標とすることが多いので、大きく違います。

 

でも、平均的なスポーツの学生がスタンフォードの一般学生と差がある、というだけで、スポーツの学生の学力が他大学の学生よりも低いというわけではありません。

スタンフォードで勉学をしていくだけの学力があると評価されて合格しているので、きっと彼も努力を続ければ卒業できるのではと思います。
そして、一般学生を含めた いろいろな人と交流して、勉学以外にもたくさんのことを吸収していくのでしょう。

 

大学の学生たちの間では、佐々木内野手の入学については、特に反響はありません。

オリンピックでメダルを取っているなど、世界で一位、二位、という業績を持つ学生も珍しくないので、特に騒がれることはないのです。

大学の野球のSNSで彼の紹介がありましたが、そういうスポーツの学生たちの紹介はよくあります。

 

彼は優秀なだけでなく、人生観が同世代と比べてかなり成熟しているようなので、その彼の思考がうまくアピールできて評価されたのが合格に繋がったのかもしれません。

彼にとっては、今、大金を稼ぐよりも、もっと興味のあることがあるのですよね。

きっと彼自身が納得できる、素晴らしい人生を歩めるのではないかと期待しています✨

Tempimagem6absk

去年記事にした、大学のLake Lagunita
しばらく干上がっていましたが、最近の雨でまた少しだけ復活!

 

 

| | | コメント (2)

2024年1月27日 (土)

大学受験でDeferredされた時

 

Img_2697


大学受験の結果は、Accepted(合格)とRejected (不合格)の他に、Waitlisted(補欠)やDeferred(保留)があります。

 

補欠は日本でもあるので想像はつきますが、問題はDeferredです。

Deferredは、Early出願の場合に起こるもので、出願の審査は延期されていて、その大学のRegular Decisionで他の学生の出願と一緒に再度合格が検討されるというステータスになったということです。

 

Acceptedをもらえれば喜べるし、Rejectedなら次の大学出願に気持ちを向けられるけれど、中途半端にDeferredされたときの心の持ちようは難しいですよね。

 

いい方に考えれば、合格を決定する前に秋学期の成績を見たいと思われているのだろうから、引き続き努力しよう、と思えます。

 

合格の可能性を高めるために、追加情報を大学に提出することも可能です。

ただ、大学にとって有用でない追加情報を提出してはAdmissions Officeに負担をかけすぎてしまい、評価に悪影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

つまり、世界トップレベルの大学では、追加情報として国際レベルや全国レベルのコンクールでの受賞が新たにあれば出せるけれど、「通っている学校で先生方にいい生徒として表彰されました」レベルではいい影響を与えられないだろうと想像できます。

絶対に必要だと思えるものを提出するのがいいのでしょう。

 

 

スタンフォード大学の場合、Deferredをもらう確率は公表されていませんが、すごく低いと言われています。大学側は、可能な限り最終決定を下したい、との考えからだそうです。

 

といっても、ほとんどDeferredの学生がいないわけではなく、これまで私は何人かDeferredされた学生を見ています。

そして、残念ながら最終的にはRejectedを受け取っていました。

 

ネット上の情報を見ると、Deferredの学生は20%〜30%くらい合格するのでは、などと言われていますが、私がRejectedしか見ていないのは学生がローカルであることも関係しているのかもしれません。

 

前の記事でも書きましたが、基本的にローカル学生のEarly受験はスタンフォード大学の関係者(親族が、大学の先生や大学の何かに尽力してきた人、卒業生など)が多いです。

そのため、特に素晴らしい親族がいる場合、Early受験で一挙にReject決定してしまうのは申し訳ない、ということで一旦保留して最終的にRejectする、つまり「本当に素晴らしい学生で欲しかったのですが、最終的に残念な結果に」という感じにしていると噂されています。

これは、RejectへのSoft landing(緩やかな着地)と呼ばれています。

 

私は、ある学生さんのお母様に依頼されて、追加情報を作成したことがあります。

当時はSoft landingという言葉も知らなかったのですが、かなりなバックグラウンドがある親御さんだったので、EarlyでDeferredされていたという状況では難しかったのだろうと今にして思います。
(まして、追加情報がごくローカルで認められる評価のものだったので)


幸いなことに、この時は追加情報を学生さんが作成していないので、受験者本人の負担にはなりませんでした。
自分で追加情報を作成するローカルな学生さんのことを考えると、他の大学への出願に力を注ぐ方を優先するのも一つの考え方かなぁと思います。


学生さんたちにいい春が訪れますように✨

 

| | | コメント (0)

2024年1月17日 (水)

高校のカレッジアドバイザー

 

Img_2657

 

旬な話題でもあるので、久々に、大学受験のお話をします。

この近辺でよく話題になるのが、スタンフォードに入りたい場合にEarly Actionで受験するか、Regular Decisionで受験するかの判断についてです。

 

一般に、Early Actionでの受験の場合は、ジュニアの成績がものを言うので早くからAPなどを多く取っている必要がありますが、早く受験結果が出るので、もしEarlyで受かって入ればストレスが早いうちに無くなるという利点があります。

Regular Decisionは、通常の受験の方法で、シニアになってから時間をかけて受験の用意ができるという利点があると言われています。

 

スタンフォードではEarly Actionでの合格率は公表されていませんが、他の大学同様に、Earlyの方がRegularよりも合格率が高いと言われています。

 

Earlyの方が合格率が高いのならEarlyで受験した方がいい、という話になりますが、ここで問題になるのは、パロアルトの生徒にとってスタンフォードはご近所の大学だということです。

 

パロアルト近辺には、大学教授のご子息やスタンフォードの卒業生がたくさん生活しています。
つまり、プライオリティのある学生たちが多くいるということなのです。

 

ここでローカル特有の情報を持っているのが、高校のカレッジアドバイザーです。

マンモス高である公立高校のカレッジアドバイザーは、カウンセリングの回数は限られているし、いまいち!という評価をする家庭は多いと思います。

 

でも、実は、カレッジアドバイザーは近辺の公立高校のアドバイザーたちと集まって、生徒たちの受験結果を照らし合わせ、傾向と対策を話し合っています。

この地区では、どういう生徒がどういう大学に受かっているのか分析しているのです。

 

娘の時には、一般にはEarlyの方がRegularよりも合格率は高いという結果が出ていても、パロアルト市内の公立高校からスタンフォードの合格者の詳細を見てみると、家族がスタンフォード関係者でない生徒がEarlyで合格した確率は0%だと言われました。

そのため、家族に教授か卒業生がいない学生の場合には、Early受験には大反対しているそうです。

そして、将来のデータのため、我が家にスタンフォード関係者がいるか調査されました。

もし、カレッジアドバイザーのローカル情報がなかったら、多分、Earlyで受けて落ちていたのではと思います。

 

昔はうちの高校からの合格者も多かったのに、近年は厳しくなってしまったらしいのですよね。

パロアルトの公立高校に入学したものの、かなり厳しい状況を知って私立高校に転校し、無事スタンフォードに合格した学生もいます。
(親御さんのバックアップがかなり強力でないとできません💦)

 

ちなみに、この土地から受験するお薦めの大学は、東海岸のリベラルアーツカレッジのようです。

高い学費、いいご家庭のご子息とのお付き合いで必要な交際費、休みのたびに行き来するための飛行機代、親が時々行くための飛行機代やホテル代、その他諸々考えると、裕福であり教育熱心である家庭の子供しか選択できないですし、大学側としては多様性を求めて遠い州の学生を求めるので、お互いの相性がいいのですね。

私も、そんなカレッジの恵まれた寮を見ると、こんな大学入りたいな〜と思うのでした😊

 

| | | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

大学生最後の「くるみ割り人形」公演ビデオ

先月行われた「くるみ割り人形」公演のビデオが出来上がってきました。

このビデオのサムネイルに出ている真ん中で屈んでいる女の子は、院生で、バレエ団のディレクターです。
来年は、冬までいるかどうか、ということで一年後の公演に出演できるかは未定だそうです。



大学や大学院は、いつまでいるかわからないものなので、突然、「卒業することになった〜」と退団することもしばしば。

今回Sugar Plumのソロを踊った女の子は、高校までは2学年上で、この学期が終わると大学卒業のため、退団になるそうです。
春の公演にはいないということですね。


そうやって、一人一人卒業し、バレエの世界からも旅立っていきます。
内心は寂しいですが、新しい人生のステージに入るということなので喜ばないと、と思います。


娘は、大学生としてバレエ団に所属して「くるみ割り人形」公演に出演するのは今回が最後。
といっても、次の「くるみ割り人形」公演も、今度は院生として参加できる予定なので、もう少し踊ることはできそうです。


公演の最後に、皆で記念撮影しました。
次の公演は、誰が出られるのかな🩰

Img_2652

| | | コメント (2)

2023年12月21日 (木)

大学生の問題点

 
先週は、大学の最終週でした。
娘は、コンピュータ関連プロジェクトのレポートの提出もありましたが、プロジェクトのパートナーがコロナに感染してしまい、作業が滞ってしまいました。

でも、教授にコロナ感染であることを報告すると、レポートの提出を延期してもらえました。
特に証明が必要なわけでもなく、簡単に延期してもらえるそうです。
学生を信頼しているのか、融通が効くのですね。


娘は最終週前の週末に所属するバレエ団のバレエ公演があり、そのリハーサルが週末にあったため、平日週末問わず毎日大学に通っていました。
授業に出たり、プロジェクトの仲間と会ったり、リハーサルをしたり。

バレエの場合、髪を結う必要があるので、よく利用しているエンジニアリングの棟の自主学習用の小部屋で髪を結っていたそうです。
ところが、この時期、そういう場所には問題が。。。

入るとすぐに鼻をつくような臭いがするらしいのです。
つまり、あまりに勉強が忙しくて、シャワーを浴びない生徒たちがいるのですよね。
急いで髪を結って、逃げ出すそうです😅


こういった問題は、娘が高校時代に大学の情報を調べていたときに知りました。
UCの学生たちが集う掲示板で、「お願いだから、皆、勉強の合間にシャワーを浴びて!」などという類の投稿を何度も目にしていました。
「UCの学生は真面目そうだものね〜」などと思っていたのですが、どこの大学も同じなのですね。


バレエ団の仲間が集まったときにも、

「僕のルームメートが臭くて。
 ずっと勉強していて、朝になると、コンピュータとか全ての電源を入れたまま、机に突っ伏して寝落ちしているんだ」

と話していたそうです。
そこまで大変なのなら、やはりシャワーは後回しになってしまうかもしれないですね。


娘によると、娘が高校時代に、先生から

「みんな、大学に入ると、お母さんの目が届かないけれど、シャワーはちゃんと浴びるのよ。
 周りの人たちの迷惑になるからね。
 それだけは、本当に気をつけて。」

と注意されていたそうです。


アメリカでは、大学生のお子さんを持つ親御さんは、お子さんを送り出す前に「シャワーに入る」という教育が必要なようです。

我が家では、コロナ時代の後、娘が大学から帰ってくると、バスルームに直行してシャワーを浴びる習慣になりました。
これだけは、あの時代を過ごしてよかったことですね😊
 


| | | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

くるみ割り人形公演まで一週間🩰


クリスマスシーズンになりました。

スタンフォード大学のバレエ団は、「くるみ割り人形」公演を来週末に控え、土曜日も日曜日も練習に励んでいます。

つまり、娘は1週間休むことなく毎日大学に通っているわけです。
公演を終えて迎える週は、大学の秋学期の最終週。
皆、期末テストがあるのですよね。
寝不足を堪えながらの練習です。

今年は、シュガープラムのPas de Deuxを踊ることになったというのに、昨日の土曜日は4時間も睡眠時間が取れずに通し稽古に向かいました。
Pas de Deuxのパートナーの男性ダンサーもコンピュータサイエンス専攻のため忙しく、寝不足同士の踊りで、二人ともちょっと大丈夫?な状態だったそうです。

でも、バレエ団の広報がいい部分のビデオだけ使って、いろいろなSNSに投稿してくれていました。

Img_2580


昨日は反省を踏まえて きちんと寝たので、今日は何とか来週の公演に出られそうな状況になったそうです。
よかった。。。

(リハーサルの合間には、授業のプロジェクトのパートナーとZoomでミーティングをしなくてはいけないという、息つく暇も無い1日だったそうですが💦)

皆、健康にパフォーマンス日を迎えられますように✨

 

| | | コメント (0)

2023年11月25日 (土)

紅葉のスタンフォード🍁


サンクスギビング休暇中、娘は当然、大学に行く必要もないのですが、一緒に紅葉を見に行きました。

Img_2550
休暇前に車で通りかかって目をつけていたBowdoin St.には、たくさんの人が紅葉を見に集まっていて、紅葉を背景にK-POPを踊りながらビデオ撮影している女の子たちまでいました。

。。。こうやって写真を見てみると、日本の紅葉には劣りますが💦


Img_2549

Law Schoolの前の木々は紅葉が綺麗なので、人々が集まって、紅葉の下でくつろいでいました。


Img_2547
ここの紅葉🍁は、とても綺麗!

 

Img_2548
逆側を見ると、紅葉の向こうにHoover Towerが綺麗に見えます。


休暇中なので、キャンパス内には、たくさんの観光客が来ていました。

UCバークレー、ブラウン、オキシデンタル、UCLA、コーネル、など様々な大学のトレーナーを見つけることができました。
ブラウン大学は4日しか休みがないと聞いているのに、ちゃんと休暇を楽しんでいるのですね。若いなぁ。

 

Img_2546

キャンパスを歩くと、ガザの問題で学生たちが抗議のためにキャンプを張っています。

休暇の前からの光景ですが、大学がある時期には授業や食事の時にはキャンプから離れて必要なことを終えてからキャンプに泊まる生活をしているそうです。

そばには、スタンフォード警察の車が止まっていて、学生たちの安全を確保しているようです。

早く解決して、落ち着いた生活ができるといいのですが。


| | | コメント (2)

2023年11月 9日 (木)

車保険料のディスカウント

 
夏に娘が車の免許証を取ったので、保険をかけることになりました。


保険料は、娘の年齢だと年間で
$3000$4000くらい。

免許がやっと取れるくらいの若い高校生だと、年間$7000ドルかかることも多いそうです。

保険がカバーする内容によって金額差があるのでしょうけれど、あまり安い保険にするわけにもいかず、多分、市内の車通学している高校生たちは7000ドル払っているのでしょう。


娘は通常、忙しくて疲れているので、あまり運転する機会もないだろうと思い、契約を躊躇していました。

すると、一週間後に保険会社から連絡がありました。

 

Good Student Discountがあるので、大学のSchool Transcript(成績証明)を提出してもらえると、もしかしたら割引ができるかもしれません。」

 

と教えてもらえました。

これって、すぐに契約していたら、ちょっと高く支払いしなくちゃいけなかったということですよね💦

ぐずぐず迷っていてよかったかも。。。

 

大学のTranscriptは、オフィシャルなものではなくてもいいそうです。

そこで、大学のサイトから大学名の入った娘のTranscriptをダウンロードして、提出しました。

 

数日後、無事に審査を通過し、ディスカウントが適用されました。

「え? これだけ?」という、ほんの数百ドルの割引ですが。

 

でも、ないよりはあった方がいいディスカウントなので、お子さんに車の保険をかける時には、一応、

 

Good Student Discountはありませんか?」

 

と聞くといいのではと思います。

 

| | | コメント (0)

2023年10月24日 (火)

バレエ顔写真とすっぽんぽん


娘が他大学の友人と久々に会った時のこと。
お互いの近況を報告しあって、大学での課外活動の話になったそうです。

そして、お互いの課外活動のサイトを見せ合うと。。。

友人がすごく驚いてしまったそうです。


え〜!!
 大学のバレエ団の子達って、こんな写真を撮るの!?
 この肩の下って、どうなってるの?
 すっぽんぽんなの!?


あまりの反応に逆に驚いてしまった娘。
その写真は、バレエ団のサイトに載せてある団員の顔写真でした。

下の写真はバレエ団公演で配られたパンフレットの一部(をモザイク加工したもの)ですが、この写真がサイトにも載っています。

Img_2408

この写真の撮り方は、バレエレオタードかタンクトップを着て撮影現場に行き、肩のストラップ部分を外して首から肩にかけて何もないようにして撮影します。


プロのバレエ団も、このような写真を載せてあることが多いです。
顔から肩までが見える写真は、一般的なのですよね。
その姿が綺麗に見えるからなのかもしれません。
私は昔からバレエ団の写真を見てきたので、大学のバレエ団の写真を見ても何も疑問を持たなかったのですが。


大学キャンパスではチューブトップを着て歩いている子もいて、その子たちが顔から肩までの写真を撮ったら同じようになるのですが、一般の人から見ると、


え、この肩の下はどうなってるの?
 裸になって撮ったの!?


と想像をかき立ててしまうのしょうね。

娘は、大学内で使われているシステムに載せているプロフィール写真に、バレエ団のプロフィール顔写真と同じ写真を使っているものがあったのですが、その友人の発言後は「裸かもというのを想像させない」顔写真に変更していました。


世間の感じ方を知ることができてよかった


というのが娘の感想でした。

 

ところで、昨日、娘のバレエ団のディレクターから、次年度の顔写真は肩のストラップを付けたまま写真を撮ると通知が来ました。
そのため、黒いバレエレオタードかタンクトップを着て来るように指示があったそうです。

何というタイミング!
同じような指摘があったのかもしれないですね。


。。。上半身スポーツブラだけでキャンパスを歩いている女子学生もいる環境なんですけどね🤣

 

 

| | | コメント (0)

2023年9月13日 (水)

車の運転免許試験を受ける

 
とうとう、運転免許試験の日になりました。
「Santa Clara DMV Driving Test Routes」で調べまくり、知ったルートは全て練習したのですが、それでも不安はいっぱい。

そして実際にテストで使われたルートは、下のルートでした。

Img_2292
(クリックすると、拡大して見ることができます)

実際には、上記の車線変更以外に、もう一箇所、車線を変えたのですが、それは試験とは関係なく、必要だったからすることになったそうです。
もし、道路を曲がった時に最初からその車線を選んでいたら、しなかっただろうと思われます。

ネット上の情報では、Route1〜3はよく見ますが、このルートはそれほど有名なものではありません。
試験官の間では、Route6と呼ばれているようです。
(現在の呼び方なので、変わる可能性はあります)

試験官は、中国系の男性でした。

試験中、試験官は、
「大学生? どこの大学?」
「スタンフォードか。頑張ったね。専攻は?」
「コンピュータサイエンスか。僕は、Cal Poly(カリフォルニア・ポリテクニック州立大学)のコンピュータサイエンス専攻だったんだよ」
「スタンフォードのキャンパスは、歩いている人も多いから気をつけて。」

と、運転には関係のない話をたくさんしたそうです。
テスト中、ずっと会話が弾み、楽しい雰囲気で走れたそうです。

試験の終わりには、
日本語はできるの?」
「言語は忘れやすから、日本語、頑張っていて。日本語は忘れちゃダメだよ。」

と、親戚のおじさんのように気にかけた言葉を送ってくれたそうです。

一回の試験で無事に合格し、やっと運転免許を取ることができました。
当分は、私も横に乗って、練習の日々だと思います。
安全に過ごせますように✨

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧