高校生

2020年6月29日 (月)

大学の学費など、お金のこと

アメリカは医療費だけでなく、学費も高いと言われています。
娘の大学の学費の話になると、友人たちから全く違うことを言われました。

「名門校に決まったから、学費払わなくていいんでしょう?ネットの記事で読んだことあるよ。」

と言う友人もいれば、

「うちは、お金がないから、そんな名門校には行かせられない。」

と言う友人たちもいます。
どちらが正しいのでしょうか。
実はどちらも、ちょっと違います。

スタンフォード大学の学費は、年間、$55,000(約590万円)を超えています。
その上に、$17,000 (約180万円)を超える寮費が加算されます。
みんな、こんな金額を払っているのでしょうか。

実は、学生の約70%がファイナンシャルエイド(学費の補助)を受けているのです。
これは、学生の能力に関係なく支給してもらえます。

スタンフォードでは、家庭の年収が$150,000未満(約1600万円)の場合、学費は無料になります。そして、年収が$65,000未満(約700万円)の場合には、学費だけでなく、寮費も無料になるのです。(ただし、収入がなくても、巨額の資産がある場合などは除きます)
また、年収が$150,000(約1600万円)をかなり超えていても、兄弟がいる場合はそれに応じて補助が出ることになっています。
お金の問題で学生の将来が閉ざされないように考えられたシステムなのですね。
(他に、名門校として知られるアイビーリーグの大学なども、同じようなシステムでファイナンシャルエイドがしっかりしています。)

去年度は約18%の学生がレガシー(親族がスタンフォード大学卒)または親族が大学に募金をしている(もちろん、通常1億円以上)というデータがあり、その人たちはまず、ファイナンシャルエイドの適用ではないと思いますし、その他に成功している親を持つ人も多くいるので、実際には一般的な(?)親を持つ人の多くがファイナンシャルエイドを受けているということになります。

上記の数値から考えて、すごく裕福ではないけれど、そこそこ裕福なので補助は全く出ない学生が数%いると思われます。
その「そこそこ裕福組」の家庭からすると、少し不満があるかもしれませんが、スタンフォードは、「個人の利益を追求してほしくない。個人、家庭、学校など、小さい部分を見るのではなく、世界全体の利益を考える人間になってほしい」という考えなので、払える能力のある人は払いましょう、ということなのでしょう。
(そのため、どんなに学力が高くても、学費の補助は出ません。スポーツでスカウトされる子だけは特別扱いで、親の収入に関係なく奨学金が出ます。)

私の知人に、裕福で年に何度も海外旅行に行っているけれど、「お金は自分に使いたい。子供には1ドルも多く払いたくないよね~」と言い、実際に娘さんたちには受験をさせず、コミュニティーカレッジに進学させた人がいました。
確かに、裕福だとファイナンシャルエイドは出ないですから。

そんな、ある程度裕福な親でも学費は出したくない、という場合にも、まだ手はあります。

USC(南カリフォルニア大学)のような財力のある大学と交渉するという方法です。
知人の男性が「受かったけれど、学費が高いから他を考えているところです」と大学に話したら、「お金の問題だけなら、全額、奨学金を出します」と言われ、USCに進学しました。
彼にとっては、USCのような一流大学に無料で行かれるなら文句はないし、大学からすれば、彼のような将来性のある優秀な学生を手に入れられて、お互いに満足した解決方法だったのでしょう。
ちなみに、彼は、学校の成績やSATが全てパーフェクトスコアだったそうです。(すごいなぁ)

いろいろな方法があるのがアメリカらしいですね。

 

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

ビデオ撮影に

最近、始めたプロジェクトのために、ビデオ撮影に出かけてきました。

まずは、コミュニティにあるプールでの撮影。

202006121

そして、懐かしの小学校へ。
壁画の前での撮影風景です。

202006122

次は、中学へ移動。
懐かしい壁画。。。これを見ながら、娘を待った記憶が。

202006123

そして、高校に移動して撮影後、最後はスタンフォード大学へ。
この時期とはいえ、遊びに来ている人々がたくさんいて、人との距離を5mは取らないと気が済まない私としては、少し気を使いました。

でも、ちょうど通りがかった娘の未来の先輩が、
「とっても上手だったわよ!すごいわ!」
と遠くから娘に声をかけてくれて、暖かい気持ちになりました。

202006124

人のいないチャペル前での演技。
ビデオ撮影をするには楽なこの時期。
でも、早く「人がいっぱいで撮影できない!」と言いたいと思いつつ、いつから通えるかわからない大学を後にしました。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

卒業パレード🚗🚙🚜


高校の卒業式が延期になってしまったので、他に記念になる行事を卒業生に、ということで、パロアルト市全体の行事として、卒業生ための車のパレードがありました。
午後5:30から、卒業生の乗った車が決められた市内のルートを走るという記念行事です。

それぞの学校の色(学校によって、緑、赤黒、ピンクなど)で飾った車が連なって、市内をパレードしました。

202006031


道路には、お祝いしてくれているたくさんの市民の方々が見えました。

20200603_2


娘の学校の前には、ボードを持ってお祝いしてくださる校長先生や先生方などが!


そして、住宅地には、家族でフライパンやお鍋を叩きながらお祝いしてくださる方々の姿。

ふと見ると、前には、2020とZoomをかけた楽しいペイントの車が走っていました。
確かに、今は Zoomの日々😅

20200604_3

娘にとって悲しい卒業シーズンになるのではと思っていましたが、楽しい行事の企画のお陰で、いい卒業が迎えられました。
市民の皆様、ありがとうございました!😊

 

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

帽子とガウンをもらいに

本来なら、来週の高校卒業式のために受け取るはずだった卒業式のキャップとガウン。
コロナのため、卒業式は冬に延期になりました。
実際には、本当に冬に開催できるのかもわからない状況なのですが。

でも、とりあえず、卒業生たちが注文したキャップとガウンは、ドライブスルーという形で受け取ることになりました。
苗字の順番で3グループに分かれて受け取りの時間が決まっていました。

久々の外出。
久々の高校。

相変わらずとてもいいお天気で、青空の下の校舎がとても懐かしく感じました。
フェンスに垂れ幕が。。。

20200526_cap1

2020年卒業生に向けて作られたものでした。

20200526_cap2

いつも、娘をピックアップしていた場所で、キャップとガウンがドライブスルーで受け取れるようになっていました。
何人もの人が働いていて、娘が「あの人先生よ!」などと言っていたので、業者さん以外にも働いてくださっている方々がいるようです。

20200526_cap3

そばには卒業生へのお祝いメッセージの看板も。
トイレットペーパーが品薄と言われてから、「2020」は、よく「2🧻2🧻」と書かれます😅

20200526_cap4

車から出てはいけないので誰にも会えず、知っているお友達の車も見つからず、ちょっと寂しい帽子とガウンの受け取りになってしまいましたが、しばらくぶりに高校の校舎が見られて嬉しかったです。

家に戻って、帽子とガウンを眺めました。

20200526_cap5

冬に着られるくらい、コロナが落ち着いていますように✨

 

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

ハムスターボールで通学!?


まだまだ収まる気配のないコロナウィルス。
秋からの学校はどうなるのだろうと大きな話題になっています。

パロアルト学区では、生徒たちを二つのグループに分け、2日間だけ通学する案が出ています。
その場合、例えば、グループAの生徒は月曜と水曜に通学して残りの日はリモートラーニング、グループBの生徒は火曜と木曜に通学して残りの日はリモート、そして金曜日は先生の準備日にする、などとなります。

でも、生活に余力のある父兄たちは自分の子供が危険にさらされるのを防ぎたいので、自宅からの完全リモートラーニングも認めてほしいとの意見を持っていて、まだはっきりとは決まっていない状況です。

大学は、さらに問題が大きく、全国そして海外からも生徒が集まるので危険度はより高くなります。
秋からリモートで始めると決めている大学もあれば、とりあえず8月10日(通常より二週間早く)開校し、秋休みも中止して授業、その代わり感謝祭の休暇から長期休みに入る(その時期の方が、より深刻になるだろうとの見解で😰)とする大学もあり、対処が大学により分かれています。

私の住む街にあるスタンフォード大学は、まだ検討中ということで、まったく予想ができない状況です。
6月の終わりに決定すると言われてはいるのですが。

そこで、今、おもしろい案が噂になっています。

スタンフォードは秋から学校を始める!
ただし、皆、ハムスターボールに入って参加する、というものです。
ハムスターボールというのは、ハムスターが中に入って遊ぶ半透明のボールの玩具で、人間用サイズもあり、原っぱやプールでのゲームや娯楽施設で使われています。

皆、人間の入れる大きな透明のボールのような物に入っていれば、そばにいる相手に息がかかるのを防ぐだけでなく、相手との距離も取れて他人との接触を防ぐことができるという、実現できればとても安心できる案ではあります。

20200522_ball

秋にはこんな姿が見られるのかも!?

キャンパス内での自転車も必要がなくなる! コロコロしてクラスに通えばいいのだから。

便利なだけでなく、楽しい!

という意見が出ていますが、それにはまだ解決しなければならない問題も。

どうやって教室のドアを通り抜けるの?

お手洗いはどうするの?

確かに、大きな問題ですね。
結局、ハムスターボールは冗談の域を出ず、実現不可能そう😅

学校はいつ、どのような状況で始まるのか。。。心配は尽きません😔

 

 

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

バーチャルリアリティーツアー

大学受験が終わり、大学への合格通知をもらった後は、皆、受かった各大学を比較して、入学する大学を決定します。
家からの距離や学費などを比較する他に、実際に大学に行ってみて気に入るかどうかが決定を大きく左右するそうです。

今年は、コロナウィルス問題が起きたので、約70%の生徒が180マイル以内の大学、つまりだいたい3時間以内の距離の大学に進学しようとしているそうです。(The Princeton Reviewより)
あまり考えたくはないですが、今後も何かが起きた時、あまり遠い大学に子供が行ってしまうと心配という親心はとてもよくわかります😔


また、今年は大学に行ってみることもできないので、大学選びをするためには生徒たちは皆、大学のサイトをよく読み、そしてサイトにあるビデオを見て、最終的に進学する大学を決めることになりました。

そんなとき、また娘にスタンフォード大学からプレゼント🎁が!

20200429_headset1

中には、バーチャルリアリティーヘッドセットが入っていました。

20200429_headset2

このヘッドセットの中にスマートフォンを入れてかぶり、バーチャルリアリティツアーを楽しんでください!とのことでした。

QRコードを読み込むとビデオが見られ、スタンフォード大学のキャンパスが360°見えるツアーが体験でき、先輩方の声も聴くことができました。
娘だけでなく、私もトライ!

三半規管が弱いと、ちょっと目が回るかもしれませんが、なかなか楽しい体験でした😄

 

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

スタンフォード大学に決めました❣️

コロナのための自粛生活中ですが、娘の高校生活はリモートでありながらも進んでいきます。
そして、いよいよ、大学を決める時期になりました。
(秋からの大学がキャンパスで行える状況になっているのかは心配なところですが)

娘が合格切符を手にし、進学を決めたのは、スタンフォード大学。

202004262

同じパロアルトにある大学で、小学生の頃からの憧れでした。
バレエカンパニーもあるので、今後もバレエを続けることができます。

しかし、本当にアメリカの大学受験というのは結果が予測できないものです。
「こうしたら受かる!」というのがなく、運もあるんですよね。
ちょうど、こういう能力のある子がほしい、と取ってもらえたり…どんなに学業が優秀でたくさんの課外活動をしていてもダメだったり。特にアジア系は学業完璧な子が多いので、優秀な子でも厳しいです。

高校でいつも娘と一緒にいる中国系米国人の友人とは、ほとんど大学から同じような評価が得られそうな経歴で、一緒にスタンフォード、MIT、UCバークレー、UCLAを受けましたが、娘はスタンフォード、UCバークレー、UCLAが合格、お友達はMIT、UCLAが合格、と結果がかなり違っています。
娘の第一志望がスタンフォード、お友達の第一志望がMITだったので、お互いに結果がよかったと喜び合ったそうです。
(私個人としても、MITは入学後とても大変そうなので、逆の結果にならなくて安心しました)

実は、お友達の方が少し成績がよく、高校生活中のA+数がお友達の方が若干多く、しかも娘はA-を取った事があった上に、SATは お友達が10点上(SAT Subject Testsは二人とも全満点)でした。もちろん、課外活動もしっかりしています。他の大学より成績が重視だと言われているUCバークレーなのに何故か優秀なお友達を取らなかった、など、不思議な結果も起こるのです。

アメリカの受験には自分の努力ではどうにもならない部分も大きいので、ドリームスクールを一つにしない、そして好きな大学をいくつか持つのが精神的に楽なのだと思います。

前に、あまりにスタンフォード大学に憧れた女の子がスタンフォードの寮に潜り込み、8か月もの間、スタンフォードの学生と一緒に寮生活を送っていたという事件もありました。
彼女には親からのプレッシャーもあったそうですが、親は子供の気持ちを一つの大学だけに向けないようにすることが必要ですね。

娘とMITに決まったお友達は、二人とも運がよい結果になり、本当にほっとしました。
この自粛生活中、ときどきzoomで一緒に勉強しています。
早く、実際に会えるようになるといいのですが。

 

| | コメント (2)

2020年4月14日 (火)

片脚バランスでバイオリンを弾く🎻

コロナウィルスによるロックダウンのため、ずっと家にいる娘。
でも、たくさんの宿題や提出物があり、結局、夜中まで勉強漬けの日々というのは変わりません。

学校オーケストラのクラスにも、他のクラス同様、宿題や提出物があります。
毎日練習するという宿題の他に、定期的に与えられる楽譜を弾いて録画したファイルを提出するという課題です。

先日は、Devil’s Dreamという曲をなるべく速く弾く、という課題がありました。
娘は、すぐに弾いて提出したのですが、先生から
りり娘はバレエができるから、バレエでもしながら弾くことはできない?
という挑戦を受けたのでした。

娘は、
どうしようかなぁ
としばらく考えていましたが、
それじゃあ、片脚で立ってバランスしながら弾いてみよう!
と思いつきました。

結果は。。。何とか面白く出来あがりました。

暗くなりがちなロックダウン中の生活ですが、撮影は楽しく、なかなか楽しい時間が過ごせました😃

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

豚の解剖の授業


夏休み前のお話をもう一つ。。。
生物の授業で、解剖の授業をしたそうです。
パロアルトでは、生物の授業にもかなり教育費がかけられているようです。

小学校5年の頃に体験したフクロウのペレット解体授業では、きれいなネズミの骨がどのグループからも出てきました。
(教育費がかけられない市では、毛しか出てこない安いペレットを使用します。)

その後、羊の心臓の解剖の授業もありました。
二人で一つの心臓が割り当てられたので、かなりの数ですね。

やはり噂の通り、パロアルトの教育は恵まれているようです。

ところで、娘は「血を見ると倒れる」というかなりな怖がり屋。
学校に提出するための健康診断で血液検査をした時には気を失ってしまいました。
授業中の娯楽として映画オデッセイを観たときにも、苦しむ人を見て(演技と理屈ではわかっていても)倒れて保健室に。。。とかなり面倒な性格のため、以前の解剖前にはとても心配しました。

ところが、羊の解剖のときに「苦しまず、血が流れない解剖は大丈夫」ということが判明したので、今回の解剖授業は安心して送り出すことができました。

今回の解剖は、子豚
解剖の材料は、血が出ない(抜いてある?)ようで、まったく怖くありません。

子豚は、食肉用に飼育されている豚が死産したときの豚が解剖に使用されます。
親豚は、もう食用になってしまったそうです。。。
死産の子豚も
「命」として尊重しなくてはいけないということで、先生から注意がありました。

  • 解剖の豚で遊んではいけない

 (例えば、豚の耳を取って、自分の頭に寄せて「僕、豚」などと不謹慎な遊びをしてはいけない)

  • 豚に名前を付けてもいけない


ということです。

名前を付けるのが「命を尊重していない」ことなのかはわかりませんが、名前をつけることによって生徒に心理的な影響があってはいけないということなのだと思います。

とはいえ、まだ高校生。
「先生に内緒だけど、僕たちの豚はフレッドって名前にしよう。」と、言いつけを守らない男子生徒も。。。


さて、解剖の授業は、子豚の身体を開き、内臓がどのように配置されているのか調べていきます。
教材で図解されているものと同じであることを確認しました。

内臓の次は、頭を切り開いて脳を確認したそうです。

テストでは、豚の内臓の名前を記入するテストがあったのですが、さすがに解剖という印象に残る体験をした後なので、記憶には強く残ったようでした。

最後に、解剖後に撮った豚の脳の写真です。
その手の写真に弱い方は、見ないようにしてください。。。

続きを読む "豚の解剖の授業"

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

標準クラスとの合同授業


娘の高校は夏休みに入りました。
9年生の間の出来事が書ききれていなかったので、少しだけ。。。

能力別クラスについてのお話です。
クラスを選ぶ際の判断材料にしていただければと思います。


生物授業は能力別で、「Regular(標準的な内容のクラス)」「Advanced(もっと高度な内容の上級クラス)」「Honor(Advancedよりもさらに高度な内容のクラス)の三段階に分かれています。

ある日、Honorクラスの先生が言いました。

次回、他のレベルのクラスと、合同授業をしようと思います。
最初はAdvancedクラスとの合同にしようと思ったのですが、Advancedクラスの生徒とはプライベートで話をする機会もあるでしょう。
なので、標準クラスの生徒たちとの合同授業をすることにしました。


確かに、娘のお友だちは だいたいHonorクラスかAdvancedクラス。
取るクラスによって、お友達は決まってしまうのです。

合同授業では、Honorクラスの半分と標準クラスの半分を入れ替えて、一緒に授業をする、というものでした。
娘は、Honorクラスの半数のクラスメートと一緒に、標準クラスに移動して授業を受けるグループでした。

標準クラス
に入ると、そこは(昔私が想像していた)アメリカらしい世界

白人、黒人、ヒスパニック系、アジア系、いろいろな人種が集まるクラスでした。
Honorクラスは、極端にアジア系が多く、残りは白人が多い、という環境なので、国際色豊かな勉学風景ではありません。

授業は、標準クラスの先生が授業を受け持ちました。
実験の授業です。

とてもゆったりと時間をかけて授業を進めていたそうです。

余裕があるため、授業風景も明るい。。。
顕微鏡を覗きながら、標準クラスの生徒が友人に、

見えた! ねぇ、見てみて!!
あ、ほんとだ~!!

と、実験が楽しそう。

いつものHonorクラスでは、顕微鏡を一瞬覗き、「
うん。確かに見えたね。はい、次!」と感動も何もなく、次々と異常な速さで進んでいくのです。

なぜかというと、通常、理科の能力別クラスというのは、同じ単元を学んでも、習う深さが違うのです。

ある日のお昼休みに、Honorクラスの友人とテスト前に授業内容の確認をしあっていると、Advancedクラスの友人が

あ、それ以上、言わないでよ!
私たちは知らなくていいところだから。
そんなの聞くと知らなきゃならないことを忘れちゃう!


などと笑うそうです。
それだけ、クラスによって内容もストレスも全く違ってきます。

Honorクラスは、ものすごい量を詰め込ませられるため、授業中はずっと先生の話を聞きながら、必死にノートを作ります。
大量に与えられた知識から何がテストで出るか分かりません。
皆ただひたすらノートを書き、聞き漏らしがないようにして、テストに備えるのです。

標準クラスとの合同授業を終えた娘が、
標準クラスの生徒たちは、生物がとても楽しそうだったわ。
実験って、そんなに楽しむものだったなんて。


先生は、いつも成績のことばかりを考え、一心に勉強に励む生徒たちに何かを感じてもらいたかったのかも。。。それで、合同授業を思いついたのかもしれません。

とはいえ、その次の
Honorクラスの授業には、相変わらずノート取りに一心不乱に励む真剣な生徒たちの姿があったそうです。。。
  
  

| | コメント (0)