バレエとダンス

2021年2月23日 (火)

白いチュチュの製作過程

娘が高校時代に作成したバレエのチュチュについて、記事にしていなかったので書きました。

このチュチュは、私の4つ目(たぶん)の作品になります。
そして、娘が一番長い年月着たのではないかと思う、思い出深いチュチュです。
スノークィーン、(チュチュのスカート部分だけ、それも一番上の一円は入れ替えて)初年度のシュガープラム、ガムザッティなど、高校二年生からずっと着ていました。

まず、チュチュのスカート部分のプリーツです。
すごくたくさんの待ち針を用意して、手作業でネットのプリーツを作っていきます。

Whitetutu1

この時のスカート部分は、13枚くらいのレイヤーだったでしょうか。
プリーツの終わったレイヤーは、皴がつかないようにかけておきます。
バレエバーが役に立ちました。
(このバレエバーは、オンライン授業の今は頻繁に使っていますが、当時はバーとしてよりチュチュ作りに貢献していました😅 )

Whitetutu2
全部のレイヤーが完成したら、一段一段パンツ部分に縫い付けてチュチュのスカートを完成させていきます。

出来上がったら、逆さにして、一段一段アイロンでスチームを当てて整えます。
かける前はゴム止めして、一段一段外してスチーム作業します。

Whitetutu3

チュチュのビスチェ作りも同時進行で。
Whitetutu4

ビスチェ部分とスカート部分が出来上がると、だんだん先が見えてきます。
二つ合わせると、こんな感じです。

Whitetutu5

次は、チュチュのスカート部分の上にかぶせる、一円の作成です。
ネットで探して購入したレースやアップリケを組み合わせてデザインしていきます。

Whitetutu6

デザインが終わったら、スワロフスキーをつけて飾り付けていきます。
飛ばないように、そしてピンセットで取りやすいように、キッチンペーパーの上に載せておくと簡単です。

Whitetutu7

チュチュのスカートに載せる一円の出来上がりです。

Whitetutu8
チュチュのスカートに載せると、こんな感じになります。

このチュチュは、スカート部分のウェスト部分にゴムがつけてあるので、ビスチェの裏側に付けたボタンを通すと、縫い付けなくてもビスチェ部分とスカート部分が結合するようになっています。

Whitetutu9

ビスチェ部分にもアップリケやスワロフスキーなどの飾りをつけます。
そして、ビスチェ部分とスカート部分をくっつけて終わりです。

この後、パドドゥを踊るときには、男性ダンサーが指をひっかけるといけないので、ビスチェ部分とスカート部分はしっかりと縫い付けます。
ただ、スカート部分を別のビスチェにつけて使いまわす場合などは、このようにボタン付けができるようにすると楽なのです。

白いチュチュの出来上がり!

Whitetutu10

 

| | | コメント (4)

2021年1月22日 (金)

バレリーナの健康クッキー?

娘は大学を受験するとき、「大学でクラシックバレエがどれほどできるか」という観点に重点を置いた学校選びをしませんでした。
もちろん、できたらいいな、とは思っていたようなのですが、一つの古典を通しで踊る公演を開いているような(学力に合った)大学は多くなかったのです。

運よく、スタンフォード大学のバレエカンパニーは、学生の組織ながら活発で希望に合った活動をしていました。
となると、娘は、今までの食生活を変えて体型が変わったら舞台で困る、という思考になるので。。。

市販の甘い物は、いいものをいただいたときにしか口にしません。
ちょっと小腹が空いた時には、スナック菓子をつまむというのではなく、ナッツのたくさん入った、手作りのオーガニックなオートミールクッキーを食べます。

20210122c
下が、試行錯誤の末、娘が気に入ったクッキーのレシピです。

これだけの材料でうまくクッキーになるのか!?と思われるかもしれませんが、ちゃんとできます!

オートミール 100g
アーモンドミルク 大さじ3
1個
はちみつ 大さじ1
オリーブオイル 小さじ2
チアシード 小さじ1
アーモンド 30g
カシューナッツ 30g

 

これを、スプーンですくって直径4~5cmの円形に整えます。(14枚くらい)
340度に予熱したオープンで18分焼けばできあがり!

ただ、健康第一、美容第一!のため、普通のおいしいクッキーを食べるのが好きな方には向きません。
慣れると、ナッツの風味がよいのですが😊

写真は、冬休み中に何故かダンベルの上でアラベスクをする娘。
だぶついたトレーナー姿ですが💦
(バレエの写真、大道芸人風が続いてしまった😅 )
20210122

| | | コメント (2)

2021年1月 8日 (金)

大学生の入寮が始まりました

年末年始は、「冬学期までに、本当にスタンフォード大学はキャンパス内の寮に生徒を入れるのだろうか」と、多くの学生とその家族(そして地元の人々)が半信半疑で注目していましたが、いよいよ入寮が現実になりました。

もう、アスリートの一年生たちが入寮を始めています。
生徒のキャンパス入りを喜ぶ生徒や両親たちが、大学のキャンパスで写真を撮り、FB上の親のグループに投稿していました。
親たちは例年のように寮の部屋に入って引越し作業を手伝うことはできないのですが、それでも、キャンパスでの記念撮影くらいは楽しみたいですよね。

大学の寮には、ベッドや机、本棚、クローゼットの生活に必要な家具は備え付け。
鏡やごみ箱、小さな冷蔵庫など、誰でも必要になるものも備え付けられているそうです。

自分で持ち込まなくてはいけないものは身分証や寝具、タオルや洗面具、化粧品、衛生用品、コンピュータ、ハンガーなどの個人的な物の他、今年はもちろん、マスク!です。
例年は自転車を持ち込みたい学生が多いのですが、今学期は入寮してもほとんどの授業はオンラインで行われるので自転車は必要性が高くなく、また盗難も多いため、諦める生徒も多くなりそうです。

大学側が寮に持ち込んでほしくない物には、家具など「それはそうでしょう」と思える物の他に、スポーツ用品や楽器が含まれていました。
週末に遊ぶためのゴルフ道具などを持ち込みたいと考えている学生もいるようですが、難しくなりそうです。


1月下旬には、アスリートでない一般の学生の入寮が始まります。
無事に平和に学生たちが生活を始められますように。


さて、うちの娘は、在宅で授業を受けることを選択しました。
授業はともかく、バレエは大学のスタジオで踊りたいようですが、バレエ授業もオンラインしかないのですよね。
早くコロナが解決しないことには。。。

ということで、家の中でバレエをし、スタンフォード大学のマスコットの木になっていた娘でした。
トゥシューズの先で、木の体勢をしながら身体全体をコントロール!


20210106_stanfordtree

| | | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

お正月&ゴミ袋でヘアカット


明けましておめでとうございます。

予想外なことが起こり大変だった2020年が過ぎ、2021年になりました。
今年はコロナ騒動が終わり、平和な生活が戻るように祈っています。

元旦の昨日は、いつも通りのお節料理を食べました。
今年は、受験の終わった娘が伊達巻作りを担当してくれ、栗きんとん作りも家族行事になったので、少しは楽になった気がします。
(でも、大きな海老が売っていなかった。。。)

20210102osechi

例年の休暇は、娘は毎日のようにバレエに行っていましたが、今年はずっと家の中。
でも、身体がなまらないようにと家の中でバレエをしています。
ちょっと腹筋を試す(?)、おもしろい形をしている一コマ。

20210102ballet

そして、私は、去年の3月に美容院で髪を切って以来、ずっと伸ばしっぱなしになっていた髪を切りました。
といっても、家から出ないようにしているので、なんと娘が初めてヘアカットを担当!

服を脱ぐのは寒いので、ゴミ袋の底に穴をあけ、被ってケープ代わりに😅

途中、娘が、

「う~ん。切りすぎちゃったかな💦
 でも、邪魔にならなくていい感じ。」

とフォローしながら切っていました。。。

20210102haircut

↑ゴミ袋をかぶっている私。

でも、とてもすっきりして、新しい気分に。

いい一年になりますように✨

 

| | | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

バレエ生活とボランティア

娘が高校を卒業するまで、娘のバレエ学校公演のために、いろいろなボランティアをしてきました。
娘が小さい頃は小さい子たちのグループを監視するボランティア、中学生ぐらいになってからは(衣装の最終チェックをする)グリーンルームでボランティアをし、近年はボランティアを招集するボランティアをしていました。
(ちょっとずつ、スキルアップ😅)

ボランティアを招集する仕事は、公演の1~2カ月前に、バレエ学校のディレクターや事務員達と会議を開き、リハーサルや本番のボランティア内容と係を決め、それぞれの係の招集人数を決め、募集サイトを立ち上げ、それぞれのボランティア状況をチェックして更に招集をかけ。。。と私ひとりでしていたので、「この時期は病気になってはいけない!」と気の張るものでした。

そんな高校までのバレエ学校のサポートが終了し。。。

今年、娘が入ったスタンフォード大学のバレエカンパニーは完全な生徒による組織です。

予算、活動計画、新団員の合否決定、団員のケアから、公演が近くなれば、配役決定、衣装決め、振り付け決め、外部への広報、公演、すべて上級生の役付きの人たちが決定し運営しています。
配役も生徒が決めるので、人気の役は上級生が優先されるようです。
どの生徒も、それなりな実績を積んで(それを一つの入学選考のためのウリとして)入学してきているので、誰がどの役を演じても問題ないというのもあるのでしょう。

ということで、私は娘のバレエ生活のサポートという面では、お役御免になりました❣️
。。。ちょっと寂しいです。

娘の大学での最初の「くるみ割り人形」公演が近づいてきました。
といっても、このご時世なので、オンライン上映なのですが💦

バレエカンパニーから、今年の「くるみ割り人形」公演のシャツが届きました。
(こういうのも、すべてスタンフォードの先輩たちが手配)

6ccc8f9b5d514ecc9807def73ae4e6e0
今までバレエ学校のサポートも兼ねて、「くるみ割り人形」公演のトレーナーを購入していましたが、スタンフォードは無料配布!
間違われて、最初にMサイズが送られてきたので先輩に話したら、Sサイズを送ってくれたそうです。
そして、Mサイズは返さなくていいということで私がもらえました😊

私、12年間のボランティア、お疲れさまでした!😆🥲😄

 

| | | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

「くるみ割り人形」公演の思い出

娘が通っていたバレエ学校では、毎年恒例の「くるみ割り人形」公演。
去年の高校最後の「くるみ割り人形」公演では、春公演のポスターに引き続き、再度、娘の写真が使われました。
その前の年の「スパニッシュの踊り」での写真でした。
(公演がいくつかあるので、シュガープラムの他にも役がもらえます。)

20191001_094659_000
レストランや図書館などいろいろな施設に貼っていただいて、シリコンバレーの街のあちこちで娘のポスターを眺めることができました。

去年、娘にとって一番嬉しかったのは、4回転ピルエットが美しく決まり、ディレクターが「学校の記録に残る素晴らしいシュガープラムだった」と喜んでくださったこと。
そして、3年続けたシュガープラムの演技が終わりました。

そんな華やかだった「くるみ割り人形」の季節とは打って変わって、今年は家の中で過ごす日々。。。
娘のバレエ学校の公演は中止になりました。
悲しいけれど、この状況では仕方がないですよね。
最後の「くるみ割り人形」公演が無くなってしまった高校4年生たちの事を思うと、つらくなります😔
せめて、春の公演は、何かの形でできますように✨

 

| | | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

バレエと大学

娘は一年くらい前、3年間もパドドゥのパートナーをしてくださっている男性プロダンサーから、

もう、来年は高校卒業だよね?
 その後の、バレエカンパニーは決まったの?

と聞かれたそうです。

娘が「私、大学に進学しようと思っています。
と答えると、驚いた顔で理由を聞かれたそうです。そこで、

バレエの世界は厳しくて、将来の自立を考えるとリスクが高いと思うのです。

と言うと、さらに驚かれたそう。

その話を聞いて、私はさらに、さらに驚きました。
彼は、娘をリフトするときに「ウッ 」と苦しい声を出したりするくらい、怪我に悩まされる日々を長く送っていたのです。
それでも、バレエダンサーの仕事を選んだことに不満を持っていないということなのですよね。
そこまでバレエの世界が好きなら、いい選択をしたのだなぁと思いました。

今まで、何人もの娘の先輩はバレリーナを目指してシリコンバレーを去りました。
その後、1~2年で見切りをつけてダンス専攻のある大学に進学したり、アルバイトをしながらダンサーの職を探していたりヨガを教えていたり。。。いろいろです。
生活はご両親が助け続ける場合がほとんどですが、他にサポートしてくれる人を探して苦労している先輩の話も聞くので、現実はなかなか厳しいです。

娘は、ほとんどバレリーナの道に憧れることもなく、大学への進学を決めました。

さて、大学の入学のための課外活動にバレエはどれだけの影響力があるのか聞かれることがあります。
う~ん。どうでしょう。
周りの人を見ていると、アメリカのインターナショナルコンペティションでトップクラスの賞を取って、ローザンヌに行ったくらいであれば、高校での成績が素晴らしくなくても(Advanced Studentくらいの成績なら)、ハーバードなどの私立の名門校に受かる確率は高いようです。
そこまでではないバレエの実績でも、高校のトップクラスの成績で、他の活動でもそこそこな(全国レベルのコンクールの)数々の受賞歴があれば、そのような私立の名門校に受かる確率は高くなると思います。

大学のVarsity Sportsに入れるようなスポーツだと、州内順位2位でスカラシップ付きで私立名門校に受っている友人を見ると、バレエとは 全く違いますね。
そもそも、私立名門校はスポーツスカラシップはありますが、バレエ(どころか学力でも)スカラシップは出ないので、「大学はVarsity Sportsの生徒だけが特別に好きなんだ」などと言われたりするのでしょう。

バレエだけで名門校に入ることは厳しいという現状なので、娘の大学のバレエカンパニーは学術の成績が素晴らしい先輩方が多いです。
「物理、そのクラス取ってたよ。わからなかったら聞いて」などと言ってもらえるのはありがたいです。

大学に進学予定なら、バレエだけでの進学は難しいので、勉強などもバランスよく頑張らないといけない、という感じです。

 

| | | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

バレエカンパニーに入団🩰

スタンフォード大学のバレエカンパニー🩰から娘に連絡があり、無事に入団が決まりました😊
カンパニーから、「おめでとう!」の先輩手作りレターが届きました。

F5bad2eaa0de4110a556abb62b61e14f

レターには大学のロゴが入り、さらに、踊っている絵にネットから取ってきたであろう娘の顔写真を貼り付けたバレリーナがデザインされていました😆
そして、裏には、先輩方から娘に向けたメッセージが💕

今年、バレエカンパニーには7名の新規入団者がいます。

その中の一人が、なんと、サンフランシスコバレエ団の現役ダンサーでした。
サンフランシスコバレエでは、去年Apprentice、今年Corps de Balletに昇格した男性ダンサーです。
本当は一学年上ですが、スタンフォード大学を一年休学して、一年間はサンフランシスコバレエ団に集中して活動していたようです。
スタンフォード大学の学生であり、サンフランシスコバレエ団のプロダンサーであり、なおかつ、スタンフォード大学のバレエカンパニーまで入ってしまうとは、なんてエネルギー!
今後、彼を見るのも楽しみです😊

とはいえ、今年はコロナ問題の中、シアター公演のない特別な年。
年末の「くるみ割り人形」は中止かと思っていたのですが、バーチャルで行う予定とのことです。
そして、流石にフル公演ではなく、時間短縮したバージョンに仕上げるそうです。

娘は、すでに配役をもらい、サンフランシスコバレエ団Corps de Balletの男性ダンサーと一緒に、ロシアンを踊るそうです。(男3、女3の計6名で踊ります)
その他、クララのお友達と雪の精も踊る予定です。

忙しい日々ですが、少し楽しみもできたようで、ほっとしました😌

 

| | | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

スタンフォード大学バレエ授業

スタンフォード大学の、入学して最初の週が終わりました。

やっと、久々のバレエ🩰もできて楽しかったようです。
スタンフォード大学はバレエ専攻というのはなく、バレエは習いたい人が受講する一般の科目です。

初級クラスから上級クラスまであって、講師は元サンフランシスコバレエダンサーや元ロイヤルバレエダンサー。
まだ知識のない初級者でもいい先生に習えるのは恵まれていますね。


新入生でも特にテストもなく好きなクラスを登録できるので、娘は上級者クラスへ。
写真はクラスの様子です。

87866fd4f0864df48f8bf38a1f3f5c60

家の中でクラス、というのが…😢
洋服は動ければ何でもよいというので、普通のダボダボのスウェットパンツで。
でも、カメラの場所を考えて、先生が全身を見られるように配置したので、娘は新入生ながら注目して見てもらえました。
クラスには、新入生からドクターの生徒までいるので、かなりの年齢差です。

生演奏でレッスンができるらしいのですが、ピアニスト(?)の自宅環境のためか、ギター生演奏でのバレエでした。
ギターでバレエって初体験🤣

本当は、大学には きちんと大きなスタジオがあって、広々と踊れるはずでした…

7341e5e7a5a245dabeac2db662ffd144

前にスタンフォードのスタジオで練習した時の写真です。
早く、また、このスタジオで踊れますように✨

 

 

| | | コメント (4)

2020年6月14日 (日)

ビデオ撮影に

最近、始めたプロジェクトのために、ビデオ撮影に出かけてきました。

まずは、コミュニティにあるプールでの撮影。

202006121

そして、懐かしの小学校へ。
壁画の前での撮影風景です。

202006122

次は、中学へ移動。
懐かしい壁画。。。これを見ながら、娘を待った記憶が。

202006123

そして、高校に移動して撮影後、最後はスタンフォード大学へ。
この時期とはいえ、遊びに来ている人々がたくさんいて、人との距離を5mは取らないと気が済まない私としては、少し気を使いました。

でも、ちょうど通りがかった娘の未来の先輩が、
「とっても上手だったわよ!すごいわ!」
と遠くから娘に声をかけてくれて、暖かい気持ちになりました。

202006124

人のいないチャペル前での演技。
ビデオ撮影をするには楽なこの時期。
でも、早く「人がいっぱいで撮影できない!」と言いたいと思いつつ、いつから通えるかわからない大学を後にしました。

 

 

 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧