バレエとダンス

2024年7月19日 (金)

大学卒業の記念写真

 

大学卒業時の記念撮影についてのお話です。

多くの大学生が卒業式の前後に、卒業式のガウンやキャップを身につけて記念写真を撮ります。

学生は卒業式前でも忙しいので、事前にカメラマンを用意する親も多くいます。


我が家は、娘が「ママが iPhoneで撮るだけで十分」と言うので、結局、カメラマンは頼みませんでした。
卒業式の後に撮る元気もなかったので、卒業式の数日後にキャンパスに戻って私が写真を撮ったのでした。


一般には、下の写真のようにガウンとキャップを身につけて、大学の校舎などで撮ることが多いです。

Img_3355

 

公開している写真は ちょっと誰だかわからない解像度の悪い写真ですが、こういう雰囲気の写真を撮るものなのね、と感じていただければ幸いです😊

 

 

あと一般的なのは、ガウンを脱いで、ガウンの下に来ている白いドレスで撮る卒業写真。

ドレスでの写真も、卒業のStole of Gratitude(ストール)をかけて撮ります。

Img_3360

 

 

また、大学時代に熱中した活動がある場合、その活動に関係した卒業写真を撮る学生たちもいます。

 

乗馬をしていた同級生は、馬を連れて写真を撮っていました。

どうやって、メモリアル・チャーチの前まで連れてきたのだろう?とびっくりでした。

 

 

娘は、バレエ団所属なので、バレエのチュチュを着て、卒業のStole of Gratitude(ストール)をかけ、バレエのスタジオが入っている建物の外で写真を撮りました。

Img_3359

 

チュチュのまま、コンピュータサイエンス専攻の娘がよく通るScience & Engineering Quadでも撮影。

Img_3358

 

そして、誰もが卒業写真を撮るメモリアル・チャーチ前でも、チュチュで。

Img_3357

 

キャンパスを歩き回っていたら、イタリアの大学から来た男子学生に声をかけられ、プロジェクトのためのインタビューをさせてもらえないかと頼まれました。

Img_3356

大学や専攻や課外活動などについて聞かれて、お話をする娘。


卒業式直前は、たくさんの学生(&家族)が写真を撮っているので、混雑していたキャンパスですが、少し日をずらしたので、楽に撮影ができました😊

| | | コメント (0)

2024年5月16日 (木)

バレエ ドン・キホーテ公演

 

先週末は、大学バレエ団の春の公演がありました。

今年の演目は、ドン・キホーテ。

バレエを知らない人でも、わりと楽しめる内容です。

 

実は、何年も前にドン・キホーテを演じたことがあったそうですが、当時は団員数が多くはありませんでした。

近年は、なぜかバレエの経歴の良い学生たちを大学が入学させるようになったので、バレエ団は大きくなりました。

(大学は、スタジオの増設も計画中だそうです🩰)

 

そのため公演の内容を充実させて、前回とは全く違うドン・キホーテが出来上がりました。

前回は、森の女王のバリエーションが難しかったので入れなかったそうですが(いないとおかしい役なので、別のバリエーションに変えたらしい)今年は、きちんと入れて作られています。

 

そして、そのバリエーションは娘が踊ることになりました。

実は、このバリエーション、娘が高校時代に2度、踊る機会がありました。

でも、病気で踊れなくなったり、コロナで公演自体が中止になったり。。。あまり縁起のよくないバリエーションなのでした😅

 

今年は、同じことが起きないように、当時とは少し振り付けを変えて踊ることにしたそうです。

踊れなかった当時の振り付けは、現在、大学でバレエを教えている先生で、その先生は今公演はゲストで参加しました。

多分、彼は本当は当時の振り付けで踊って欲しいと思うのですが、同じものを踊ると何か起きそうで💦

 

振り付けを変えたせいかはわかりませんが、無事に公演を終えることができました。

 

Dryads

森の女王のイタリアン・フェッテ中のひとこま(前日リハーサル)

 

今回も、娘の友人たちが来てくれていました。

バレエを踊らない大学の男子学生は、なかなか一緒に観にいく友人が見つからないようで、皆、一人で来てくれていました。

 

おもしろいことに、私が娘と二人での写真を撮ってあげようとすると、皆、肩を組んだり、腰に手を回したり、ピタッとくっついて写真に収まるのですよね。

(皆、ボーイフレンドではなく、単なる友人です)

日本だと、女の子の親が写真を撮るとしたら、二人並んで10cmくらい離れて立つだろうな〜と、文化の違いを感じたのでした🤣

 

そして今回も、高校時代までのバレエ学校のディレクターが見にきてくれました。

今年は、バレエ学校の春の公演と大学バレエ団の公演が重なってしまったそうです。

バレエ学校の公演を終えた後、すぐに大学に駆けつけてくれたため、少し遅れただけでシアターに着いたそうです。

 

結局、バレエ学校のディレクターは、娘が大学生を終えるまで、ずっと欠かさずに公演を観にきてくれたことになります。

ローカルなバレエ学校から大学バレエ団に入った子達は他にも何人かいますが、そんなディレクターはもちろん見たことがありません。

情のあるいいバレエ学校に行っていたのだなぁと、今になってとても恵まれていたことに気づくのでした。

 

 

さて、公演の最後に、この春で卒業する学生たちの名前が呼ばれて、拍手を送られました。

娘の同級生たちは、皆、卒業生ということで名前を呼ばれました。

 

娘だけは、このまま大学院生としてバレエ団に残るので、名前は呼ばれませんでした。

やっぱり皆、いなくなってしまうのだなぁと寂しくなります。

でも、笑顔で送らなくては。

 

卒業する皆に、いい未来が待っていますように✨

 

| | | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

大学生最後の「くるみ割り人形」公演ビデオ

先月行われた「くるみ割り人形」公演のビデオが出来上がってきました。

このビデオのサムネイルに出ている真ん中で屈んでいる女の子は、院生で、バレエ団のディレクターです。
来年は、冬までいるかどうか、ということで一年後の公演に出演できるかは未定だそうです。



大学や大学院は、いつまでいるかわからないものなので、突然、「卒業することになった〜」と退団することもしばしば。

今回Sugar Plumのソロを踊った女の子は、高校までは2学年上で、この学期が終わると大学卒業のため、退団になるそうです。
春の公演にはいないということですね。


そうやって、一人一人卒業し、バレエの世界からも旅立っていきます。
内心は寂しいですが、新しい人生のステージに入るということなので喜ばないと、と思います。


娘は、大学生としてバレエ団に所属して「くるみ割り人形」公演に出演するのは今回が最後。
といっても、次の「くるみ割り人形」公演も、今度は院生として参加できる予定なので、もう少し踊ることはできそうです。


公演の最後に、皆で記念撮影しました。
次の公演は、誰が出られるのかな🩰

Img_2652

| | | コメント (2)

2023年12月 4日 (月)

くるみ割り人形公演まで一週間🩰


クリスマスシーズンになりました。

スタンフォード大学のバレエ団は、「くるみ割り人形」公演を来週末に控え、土曜日も日曜日も練習に励んでいます。

つまり、娘は1週間休むことなく毎日大学に通っているわけです。
公演を終えて迎える週は、大学の秋学期の最終週。
皆、期末テストがあるのですよね。
寝不足を堪えながらの練習です。

今年は、シュガープラムのPas de Deuxを踊ることになったというのに、昨日の土曜日は4時間も睡眠時間が取れずに通し稽古に向かいました。
Pas de Deuxのパートナーの男性ダンサーもコンピュータサイエンス専攻のため忙しく、寝不足同士の踊りで、二人ともちょっと大丈夫?な状態だったそうです。

でも、バレエ団の広報がいい部分のビデオだけ使って、いろいろなSNSに投稿してくれていました。

Img_2580


昨日は反省を踏まえて きちんと寝たので、今日は何とか来週の公演に出られそうな状況になったそうです。
よかった。。。

(リハーサルの合間には、授業のプロジェクトのパートナーとZoomでミーティングをしなくてはいけないという、息つく暇も無い1日だったそうですが💦)

皆、健康にパフォーマンス日を迎えられますように✨

 

| | | コメント (0)

2023年10月24日 (火)

バレエ顔写真とすっぽんぽん


娘が他大学の友人と久々に会った時のこと。
お互いの近況を報告しあって、大学での課外活動の話になったそうです。

そして、お互いの課外活動のサイトを見せ合うと。。。

友人がすごく驚いてしまったそうです。


え〜!!
 大学のバレエ団の子達って、こんな写真を撮るの!?
 この肩の下って、どうなってるの?
 すっぽんぽんなの!?


あまりの反応に逆に驚いてしまった娘。
その写真は、バレエ団のサイトに載せてある団員の顔写真でした。

下の写真はバレエ団公演で配られたパンフレットの一部(をモザイク加工したもの)ですが、この写真がサイトにも載っています。

Img_2408

この写真の撮り方は、バレエレオタードかタンクトップを着て撮影現場に行き、肩のストラップ部分を外して首から肩にかけて何もないようにして撮影します。


プロのバレエ団も、このような写真を載せてあることが多いです。
顔から肩までが見える写真は、一般的なのですよね。
その姿が綺麗に見えるからなのかもしれません。
私は昔からバレエ団の写真を見てきたので、大学のバレエ団の写真を見ても何も疑問を持たなかったのですが。


大学キャンパスではチューブトップを着て歩いている子もいて、その子たちが顔から肩までの写真を撮ったら同じようになるのですが、一般の人から見ると、


え、この肩の下はどうなってるの?
 裸になって撮ったの!?


と想像をかき立ててしまうのしょうね。

娘は、大学内で使われているシステムに載せているプロフィール写真に、バレエ団のプロフィール顔写真と同じ写真を使っているものがあったのですが、その友人の発言後は「裸かもというのを想像させない」顔写真に変更していました。


世間の感じ方を知ることができてよかった


というのが娘の感想でした。

 

ところで、昨日、娘のバレエ団のディレクターから、次年度の顔写真は肩のストラップを付けたまま写真を撮ると通知が来ました。
そのため、黒いバレエレオタードかタンクトップを着て来るように指示があったそうです。

何というタイミング!
同じような指摘があったのかもしれないですね。


。。。上半身スポーツブラだけでキャンパスを歩いている女子学生もいる環境なんですけどね🤣

 

 

| | | コメント (0)

2023年6月24日 (土)

私たち黄色い人?

 

人種差別に敏感なアメリカ。
差別的にならないよう、気をつけて話すことが多いです。

 

例えば、人種を表す言葉を考えると、White peopleは白人を指す言葉で問題はなく、Black peopleは黒人を指す言葉として普通に使っていますが、ネイティブアメリカンをRed peopleと呼んだり、アジア系をYellow peopleと呼ぶと差別的に感じるので避ける必要があります。

 

シリコンバレーのようなリベラルな場所では、特に気をつけることが身についている人々が多いと感じています。

 

そのような中で、以前、娘がリベラルアーツのクラスを取った時、なんと教授が失言をしたそうです。

「いろいろな人々、例えば、White peopleBlack people、そしてYellow people

 

皆、固まった後、ちょっとアジア系の学生達と視線が合ったものの、全員が何も言わずに授業が終わったそうです。

 

さすがに年配の偉い教授を相手に、一般の学生はなかなか指摘できないものですよね。

大学新聞に学内の著名な方の疑惑を載せられるようなジャーナリズムの学生なら、「教授が知らないことが問題だ」ときちんと指摘したかもしれません。

 

 

さて、娘の春の公演前に、先輩が黄色い髪飾りを持って、ニコニコしながら娘に駆け寄ってきたそうです。

 

ねぇ、この黄色い髪飾りを見つけたの。

ピンクの髪飾りは合わないから、こっちの髪飾りに変えるといいわ。

やっぱり、Yellow peopleには黄色が合うわ

 

それをそばで聞いていた別の先輩が、「ちょっと!」と急いで遮りました。

髪飾りを持った先輩は、すぐに気づいて、

 

ごめんなさい!

私、そんなつもりじゃなかったの。

ごめんなさい!

 

娘は思わず大爆笑。

 

実は娘の着ていたドレスがこれ↓

Img_2138

 

先輩は、黄色いドレスを着る人→Yellow peopleとの表現を使いましたが、そのYellow peopleは二人、それが偶然、二人ともアジア系だったので、差別表現をしたように聞こえてしまったのでした。

ピンクのドレスを着るPink people は偶然、白人。

着る衣装が逆で、白人の子にYellow peopleと言ったのなら問題はなかったのですが。

 

娘のバレエ団は、アジア系比率も多く、肌の色を気にすることもない仲のいい仲間同士なので、差別用語に敏感ではなくなっていたのですね。

いつか、どこでも、そんなふうに肌の色の違いを忘れてしまえるようになったらいいですね。

 

| | | コメント (0)

2023年6月 8日 (木)

有名バレエ団で将来安泰?

私の家から車で10分以内の場所に、バレエの習える学校は少なくとも10教室はあります。
そんなバレエ人口の多い時代に、有名なバレエ団に入ることは、本当に難しいことです。
バレエの後輩たちから羨望の眼差しを向けられているのだろうなぁと想像できます。

 

さて、そんな名門バレエ団に入った後は、楽しくバレエ生活を送れるのかというと、それもそう簡単ではないそうです。

短時間で幾つもの振り付けを覚える能力が必要だったり、細かい指示がなくても観客を惹きつけて表現する能力が必要だったりと、今までそれほど要求されてこなかった能力も必要になるのですよね。
団員になったものの、ほんの1年で契約更新してもらえない場合も珍しくありません。

 

 

日本でも誰でも知るアメリカの超名門バレエ団でも、代りのダンサーはいくらでもいるんだから!」と指導者に言われ、いつ職を失うかわからない不安があるそうです。
そのバレエ団では、シーズンの終わりに突然、数十人が解雇になったこともあるので、脅しではなく、本当に代わりのダンサーはいくらでもいるのでしょう。

 

さらに、ディレクターたちに気に入られる演技ができたとしても、身体の故障が起きることもあります。
そのバレエ団では、一つの公演の準備をしている時期に、20人以上の故障者が出たことがあったそうです。

白鳥を踊るダンサーが足りなくなって、人数を減らしたり、バレエ団付属のバレエ学校から踊れる子を連れてきて、目立たないポジションに配置することも。

 

 

ちなみに、バレエ学校から出演できた子に支払われる出演料は、一幕につき10ドルだったそうです。
白鳥で二幕出られるとしたら一回の公演で20ドルの収入になりますね。
安い!と思われるかもしれないですが、少し前までは一回の公演で10ドル支払われており、出演料は少し上がったそうです。
リハーサルや公演での拘束時間が長いことを考えると、カフェでアルバイトした方がずっと高給ですが、名門バレエ団のステージに立てるというだけでも名誉なことで、喜んで踊るダンサーは多いのでしょう。

 

そこまでの名門バレエ団でも、その格だと10ドルって、そんなにお金がないの?チケット高いのに、と思われるかもしれませんが、バレエ団の収入は、当たり前ですが、ダンサーたちが多くをもらえるわけではありません。
高価な衣装だけでなく、経費が多くかかります。

 

 

そして、実は、多くのお金がバレエ団のオーケストラに行っているそうなのです。

バレエ団員曰く、「ダンサーたちは、皆、バレエだけしてきて高校を出たくらいの年齢でダンサーになるけれど、オーケストラの人たちは違う。大学を出ただけでなく、ドクターまで出た人も珍しくない、ダンサーたちとは違う人たち」
と話していて、彼らのお給料は高いのです。

 

それだけでなく、ダンサーたちは早いうちに踊れなくなってバレエ団を去るものですが、オーケストラの人たちは職を失うという不安がないらしいのです。
一度、そのバレエ団オーケストラに入れたら、セクハラなどのスキャンダルがない限り、年を重ねても安泰だということでした。

つまり、なかなかポジションが空かないので、入るのはとても大変なのでしょう。
娘のバイオリンのリサイタルで伴奏をしてくれたピアニストが、親友が そのバレエ団オーケストラで演奏していると とても誇らしげに話していたのを思い出して納得でした。

 

まぁ、私はバレエ団側から見た話しか聞いていないので、オーケストラ側から見ると、「そんなお気楽な仕事ではないんだよ。すごく大変なことがある」と言われるかもしれませんね。

 

 

バレエに話に戻すと、将来、踊れなくなることを見越して、セカンドキャリアを見つけようとするダンサーたちもいます。

バレエダンサーの後、スムーズにセカンドキャリアに移行するためには、バレエ団所属中に大学に行かれたらいいですよね。
ただ、バレエ団のアートディレクターたちには、勉学をしようとするダンサーに対して悪感情を持つ人たちがいます。
そのため、こっそり内緒で大学に通うダンサー達もいるそうです。

ステージに立ちながら、大学のスケジュールを考えるのはとても大変ですが、最近は、通常の大学の他に、オンラインを取り入れた大学やダンサーのセカンドキャリアをターゲットにしたプログラムを提供する大学もあります。

だいぶ、いい時代になってきた気がします。

 

| | | コメント (0)

2023年5月30日 (火)

バレエの子達の進路

先日、日本のニュース記事で、バレエダンサーを目指して練習を積んできた少年少女たちの進路や悩みについて読みました。

高校卒業後にはバレエ団に所属するか、外国のバレエ学校に留学するか、バレエを続けながら大学進学をするか、バレエを続けながらバレエ関連の会社に就職するか悩むこと。

そして、バレエを選んだ子達のその後の生活と、バレエを続けるためにホステスになったりと金銭的に困窮する状況が書かれていました。

 

さて、アメリカのバレエの女の子たちはというと。。。やはり、進路としてバレエを選ぶのは難しいようです。

どこかのバレエ学校に入学したといっても、その後が大変なのです。
高校在学中、または高校卒業後にバレエ学校に入った女の子達を何人も見てきました。

その後、多くの子は、どこかのコンテンポラリーがメインのカンパニーに入って(クラシックはお金がかかるので少なく、入るのが難しい)、数年は踊り続ける子が多いのですが、金銭的には厳しくなります。

 

他には、高校卒業後、大学に進学してダンス専攻として踊り続ける子たちもいます。

ただ、それも大学卒業後に、簡単には就職先が見つかりません。
やはり、コンテンポラリーのカンパニーかグループに入って(または自分で作って)、しばらく踊り続ける子を多く見ています。

ただ、数年で所属団体が無くなったり、いられなくなったりで、再度、踊れるグループを探すことも多いです。

 

バレエ学校に行っても、大学でのダンス専攻に行っても、その後、踊って生活しようとすると自力で食べていくのは難しくなります。

GoFundMeで支援を募る子もいましたが、「踊り続けたいので寄付をお願いします」と言っても、そうそう募金してくれる人はいませんでした。

そのため、両親からの援助の他、ウェートレスや販売員をする子も多いです。

運が良ければ、どこかのダンススクールで小さい子たちにバレエなどを教えるアルバイトができます。
後は、ヨガスクールのインストラクターとしてアルバイトに入れた子もいました。

 

そして、服を脱ぐモデルなどのアルバイトをした子達も、周りに少なくとも二人いました。

もちろん、周囲には内緒にしているのですが、親友だけに話しても、その親友の懇意にしている男性から漏れることも。(彼も広めるつもりはなく、私の発言を誤解してつい話してしまったという感じでしたが)

そして、この時代なので、モデルをした写真をネットに上げられていることもありました。(本人が同意しているかは不明)

多分、その親御さんたちは娘さんたちが脱いでいることを知らないとは思いますが、親御さんたちの知人達は知っているというのは辛い状況です。。。

 

 

踊りでは生活ができないことを知った後は、違う道を模索する子達もいます。

元々芸術性があるので、デザイン系の仕事を求める子達も。

それ以外は、結婚するという手もあります。
いい男の人を見つけられれば、子供達に踊りを教えるアルバイトをして、好きな時に踊れる生活ができたら楽しいかもしれません。

 

 

その他、高校卒業後にバレエを数年楽しんで早くに見切りをつけ、大学進学(ダンス専攻でない)を果たした先輩方も二人います。

二人とも、優秀なご両親を持ち、アイビーリーグの大学に進学しました。
現在は、それぞれの道で成功しています。

親の立場から見ると、すごく立派な親御さんですね。

ダンサー時代の娘さんを金銭サポートした後、とても高額な大学の費用、年間約800万円(名門校なので低所得者用のファイナンシャルエイドしかなく、高収入家庭の彼らは学費免除なし)を出してあげられるなんて。

アメリカの場合、いつからでも学び直しはできるので、子供を金銭的にサポートして最終的にいい道を選ばせてあげられるなら、若い時に子供が一番したいことをさせてあげられるのが親としても幸せなのでしょう。
それだけの金銭的余裕があればですが😅



ちなみに、娘のバレエ学校の同級生たちは、バレエの道を選ばず、皆、ダンス以外の専攻を選んで進学しました。

進学先は、スタンフォードの他に、カリフォルニア大学(バークレー、UCLA、サンタバーバラ)、カーネギーメロン大学など、そして、イギリスの名門オックスフォード大学にも進学し、あちこちに散らばって行きました。

皆、高校時代に、毎日バレエに2時間(+通学時間)をかけていただけでなく、睡眠時間を削って勉強もしていたということですね💦
アメリカの(この地区の)高校生の生活は、大変です😱


次回(?)は、バレエで成功し、名門バレエ団に入れたダンサーたちのあれこれを書きたいと思います。

 

 

| | | コメント (2)

2023年5月22日 (月)

春のバレエ公演がありました


娘のバレエ団の春の公演がありました。
今年は、バレエ団初の「白鳥の湖」でした。

今年は大学の予算がなかなか降りない年だったらしく、たくさんの団体が予算を削られてしまったそうです。
その中、娘のバレエ団の予算は要求額が全額認められ、無事2回の公演を行うことができました。

予算の内訳としてはシアター代が大きいそうなのですが、それを認めてもらうのに、どれだけコミュニティに貢献しているのか、なぜ公演が必要なのか、どれだけの観客を動員してきたのか等、たくさん記載して大学側に提出するそうです。
入学時にエッセイをたくさん書いた経験が役にたつのですね。


公演が終わった後は、恒例の写真撮影。
観客も自由に写真が撮れます。

最前列の白鳥や黒鳥のダンサーたちはシニア(大学4年生)。
ジュニア(大学3年生)の娘とは一番長い間一緒にいたわけですが、これが最後の公演になる人も多くいます。
寂しいです。
シニアの何人かは、大学院に進むので、もう少しバレエ団に在籍予定だそうです。

Img_2106

最前列の一番左の黒い服に深い緑のベストを着ている男性ダンサーは、Lleyton Ho。
サンフランシスコバレエの団員でもあります。
しばらくギャップイヤーを取って、サンフランシスコバレエに専念していたのですが、現在はクラスも取って、公演にも参加してくれました。
上手なだけでなく、体型も素晴らしいのですよね。さすがプロ。

Img_2105

高校時代のディレクターたちや、友人たちが観にきてくれて、今回も思い出深い公演になりました。

私も、娘の昔のプライベートレッスンの先生にばったりロビーで会い、久々にコロナを気にせずハグして、たくさんお話ししたので、今日は喉が痛いです。
コロナで外出が減った期間を経て、弱ってますね💦


| | | コメント (0)

2023年3月29日 (水)

バレエ公演の大量衣装が届く


春。
娘は、またバレエ公演の準備に忙しくなりました。
大学からバレエ団への予算が降りたようで、今年の春も無事に2回の公演が開催される予定です。

今年の春公演は、「白鳥の湖」になりました。
バレエ団初めての演目なので足りない衣装が多いのですが、それは「決まった予算」で買う必要があります。

例えば、団員の親がお金持ちで「あら、衣装が足りないの? じゃあ、これで買って」
と、娘のバレエ団に3000ドルを寄付する、というようなことはできません。

寄付金は、大学の活動の寄付金を集める組織にしなくてはならず、その寄付金はいろいろなクラブに必要に応じて分配されるのです。
それが上記の「決まった予算」になります。
自分の子供が属するクラブ活動だけに、「はい!」と寄付金を渡してはいけないのですよね。

そういうことは、去年、娘がファイナンシャルの委員になってから知りました。
(マーケティング委員から、ファイナンシャル委員に変わったことで、今後は重要ポストの一人として扱われ、バレエ団が悪い事をして大学から警告を受ける場合は、娘の名前も書類に載ってしまうそうです。規則に気をつけていないといけないですね)


ということで、ディレクターやファイナンシャル委員がコスチューム委員と話し合って、予算で買える範囲でどうしても必要なコスチュームを買うことになりました。

白鳥の湖なので、たくさんの白いチュチュがどうしても必要なのですが、そこまでの予算はもらえません。
そのため、プラクティスチュチュ(本来は練習用のチュチュ)を購入して、それに白いレオタードを合わせて白鳥役にすることにしたそうです。

購入するチュチュは16着(白15、黒1)
大きな荷物になって大学内で受け取るのは大変ということで、こんな時に便利なローカルな我が家に届くことになりました。

そして、届いたチュチュの段ボール2つ。
暖炉の前に陣取っています。

Untitled_artwork-4


開けると16着のチュチュ。

Untitled_artwork-3

広げて着ると、こんなチュチュになります。

Untitled_artwork-1

練習用ではあるものの、舞台ではそれほど問題ないでしょう。

リハーサルは週末だけなので、時間があれば授業の合間にスタジオで練習しています。

Untitled_artwork-2

バレエの授業の後、スタジオに残って練習に励む娘


| | | コメント (0)

より以前の記事一覧