お誕生会

2012年6月 6日 (水)

カーレーサーになろう!パーティ♪


小学校のクラスメートの男の子から、バースディパーティに誘われました。
今回のパーティは、私たちにとって初めての場所。

K1 speedでした。
ここでは、ゴーカートに乗ってカーレーサー気分でレースができます。
インドアなので、天候は関係なし
note

会場に入ると、ロビーからレース場が見えます。
大人も遊びに来る場所で、大人がレースをする場合には大きなカートを利用し、スピードも子供とは全く違います。
レースを眺めながら、ちょっと怖がっていた娘。
coldsweats01

K1speed1

パーティが始まると、子供たちは部屋に集められ、レースの説明を受けました。
重要なのは、いろいろな色の旗の意味。
黒い旗が振られたら、ルールを守っていないのでカートを止める、
青の旗が振られたら、早い車に道を譲る、など、たくさんのルールがあります。

そして、いよいよカートに乗る準備です。
ヘルメットをかぶる前に、頭全体にすっぽりと目出し帽をかぶりました。
たぶん、衛生的にヘルメットを使うためだと思います。
そして、その上からヘルメットをかぶります。

K1speed2

いよいよ、スタート地点へ。

K1speed3

1回のレースで12周、コースを回るので、かなり楽しめます。
(パーティによって、周数は違います。)

レースの様子のビデオです。



2回のレースが終了すると、表彰式が行われました。

3位までの子供は、高い表彰台に乗れ、メダルがもらえます。
4位以降の子供たちは、順位の順番に並びます。
娘は4位だったので、表彰台には乗れず。
でも、とても楽しかったようです。

K1speed4

K1 speedでは、12周コースを回る2回のレースのお誕生パーティが、子供一人当たり44ドル
ちょっと高いかもしれませんが、特に男の子にとってはとても楽しいバースディパーティですね。
happy01

 

| | コメント (2)

2011年9月17日 (土)

ゴルフを楽しむ お誕生会

娘は、この数ヶ月、学校のお昼休みを4人で過ごしています。
男の子2人、女の子2人のグループ。
何を話しているのか。。。おもしろいですね。

その男の子のうちの一人が10才を迎えるということで、お誕生会に招かれました。
仲間内4人だけの小さな お誕生会です。

場所は、SunnyvaleGolfland
パターゴルフを楽しむ場所です。
元々、Sunnyvaleに住んでいた私は、娘が何度かここに招かれたのですが、運悪く、何かと重なってしまい、結局、今回が初めての訪問になりました。

コースは二つに分かれていて、これが一つめのコース

Golfland1
もう一つのコースはこんな感じ。

Golfland2
私達は、こちらのコースを回りました。
子ども達と一人の女の子のお姉さんの5人が一つのグループとして回り、大人たちだけで、もう一グループとして回りました。
(私、苦手だから、見てるだけでいいのだけど。。。
coldsweats02

ここのコース、遊び心が多いのが特徴のよう。

途中、こんな邪魔な物体がぶる下がっていたりします。

Golfland3
パチンコ!?というような仕掛けの場所もあります。

Golfland4
こんな山に盛り上がったところの中心に穴がある場所もあります。

Golfland5
「今度は何が!?」という楽しみもあって、子ども達にはウケがよかったです。

うちの子ども達のグループは、プリンセスのような性格の女の子二人と、草食系(!?)の男の子二人、そして2学年上のお姉さんなので、スポーツというよりは、お散歩かピクニックのようなゴルフ。

ホールに うまく入らなければ、

Friendly Feet!happy01

と誰かが出てきて、足で穴の周りを囲み、ボールが それても足にぶつかって、うまく穴に入るようにして、助け合いの精神で遊んでいました。happy01
何度来ても、これだと上手にはならないでしょうね。coldsweats01

ゴルフが終わった後は、ピクニックエリアでピザを食べ、その後は、ゴルフランド敷地内の建物にあるゲームセンターで遊びました。

このゲームセンター、日本のゲーム機がたくさんあり、それも海外仕様にしているわけではないので、遊び方の説明がすべて日本語なのです。
アメリカ人は、他の人が遊んでいるのを眺めて、遊び方を学ぶのかも。

リズム感を試すゲームや、ダンスのゲームが楽しくて、久々の私はすっかり夢中になってしまいました。happy01
とても運動になる お誕生会で、ぐったり疲れて帰ってきました。

 

| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

鶏の誕生パーティに出席!

先日、お誕生会の招待状を受け取りました。

娘のお友達のお誕生会?

と思いながら開くと、

鶏たちの最初のお誕生会を開きます!birthday

の文字が。

そういえば、友人が雌鶏のヒナ四匹chickchickchickchickを飼い出したのが、去年の夏。
いまや、彼女たちは立派な家に住み、今は卵も産んでいるのでした。

その後、一羽は亡くなってしまったのですが、残りの三羽が無事に一才のお誕生日を迎えることになりました。

鶏なので、人間のようなプレゼントpresentはいりません。
 もし、どうしてもプレゼントをあげたい場合は、
 鶏たちの好きな
パンbreadぶどうとうもろこしにしてください。

と注意書きもありました。

おもしろ~い!!happy02

さっそく、パンやブドウを買い込み、パーティに参加しました。

まず、子ども達が一緒に、鶏たちのためにケーキbirthdayを作りました。

Hen1birthday1

ケーキと言っても、鶏用なので、甘くはありません
下に、白や茶色のパンを敷き、
ブドウで飾りました。

一才のお誕生日なので、一本、棒状のプレッツェルを立てて、できあがり!happy01
プレッツェルのロウソクには、さすがに火はつけられませんが、気分は出ますね。wink

Hen1birthday2 皆でバースディソングを歌って、ケーキをプレゼントしました。

ケーキを見た鶏さんたちは、よろこんで(?)たくさん食べてくれました。
happy01
 




一才の鶏たちとは少し離れた場所に、小さな鶏小屋ができていました。

Hen1birthday3
これは、一ヶ月前に孵ったヒナたちの小屋。
鶏は成長が早くて、たった一ヶ月ちょっとでも、こんなに大きくなるんですよね。

ヒナ達を小屋から出して、子ども達と遊びました。

Hen1birthday5
手に二匹、抱っこすることもできてしまう女の子。
彼女の祖国では、曽祖父母までの血縁が農場を経営していたらしく、
「これほど、動物の扱いが上手なのは、血なのかも」と皆で感心。

みんなの笑い声の絶えない、のどかな一日でした。confident

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

お誕生会で★スカイダイビング★


娘は、とても仲のよいクラスメートの男の子のお誕生会に招待されました。

ごく少人数のお誕生会ということで、女の子は娘と、やはりクラスメートの女の子の二人だけ。
彼女は、双子の日で娘と同じTシャツを着た、仲のよい女の子です。

そんな仲良しだけのパーティなので、きっと家で開かれるのだと思っていたら、大間違い。
なんと、スカイダイビングをするというのです。

娘がスカイダイビング?
こんな感じ??
Ifly1


 
娘は怖がりなので、「それはちょっと。。。」と思っていたら、パーティ会場のiFLYは、スカイダイビングの気分を味わうだけの、子供から大人まで楽しめる施設だそうです。
でも、娘のお友達は、娘を上回る怖がりのため、スカイダイビングは見学だけということになりました。
coldsweats01

パーティ当日。
iFLYでは、まずスカイダイビングをするための講習を受けます。
どんなポーズで飛ぶのかを教わり、練習します。
娘は、男の子たちに混じって練習!
Ifly2


 
そして、洋服の上にスーツを着て、ゴーグルやヘルメットをつけます。
緊張しながらも、みんなで記念撮影。
Ifly3


 
その後、いよいよスカイダイビング!
一人ずつ、インストラクターと一緒にガラス張りの小部屋に入って、飛びます。
この部屋では、床から強い風が出てきているので、人が横になると飛べるのです。
上に飛んだり下に戻ってきたり。
回転したり。
娘は、緊張しながらも、がんばって私達に手を振ってくれたりしました。
Ifly4


 
天井にはモニターがついていて、風の強さや早さなどが表示されます。
大人と子供では、ものすごいパワーの違いでした。

Ifly5

一回目のスカイダイビングでは、浮いたり回転したり。
二回目のスカイダイビングでは、天井まで高く飛んで、かなりハードなスカイダイビングを楽しみました。

スカイダイビングを楽しんだ後は、同じモール内にある子供達に人気のFreshChoiceでランチ。
帰りには、今回のダイビングを撮影したビデオをお土産にもらいました。
こんなに楽しい施設が、うちからわずか2~30分の距離にあったなんて。
いい経験をさせてもらって、お友達には感謝です。
happy01
   

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

お料理を楽しむ★お誕生会

娘はだいぶ大きくなったので、大きな お誕生パーティにお呼ばれする機会が減りました。
ちょっと寂しいなぁ、と思っていましたが、昨日、お友達が「お料理お誕生日パーティ」に招待してくれました。

会場は、Sunnyvaleにある Young Chefs Academy
こ~んなに、とても可愛らしい、清潔な、そして広い会場でした。

Chef1

お料理レッスンの内容は、パスタ作りとパンに塗るバター作りとカップケーキのデコレーション

パスタは、粉をこねるところから始めるので、全員が作業を楽しめるようにと、子供達を2グループ(一グループ6~7人)に分けました。

最初にパスタ作りをするグループは、お料理のインストラクターの指示に従って、パスタ作り。
身体の小さい子は力を入れづらいので、インストラクターがサポートしてくれました。

Chef2


 
出来上がったパスタは、こんな感じ♪

Chef3

パスタグループでない場合は、パンに塗るバター作りをします。
バターには、ローズマリーやガーリックを入れて捏ねていました。

バターが出来上がると、カップケーキのデコレーション。
こんなカップケーキができ上がりました。

Chef4

パスタは、インストラクターや助手の方々が茹でてくれ、トマトソースをかけて食べます。
茹でている間、作ったパン用のバターをパンに塗り、食べながら待ちます。

その後、バースデーガールの女の子のカップケーキに「9」のロウソクを立てて、お誕生日の歌を歌い、みんなでお祝いしました。birthday

私もパスタの試食をさせてもらいましたが、こんな短時間で作ったのに、なかなかおいしかったです。happy01

とっても楽しいお誕生会でしたnote
お料理のお誕生会は、娘のお気に入りのお誕生会になりました。happy01
 

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

手作りお誕生パーティ

先日、私のお誕生日がありました。
娘は、一週間も前から、私のお誕生日にパーティを企画しようとソワソワしていました。

とはいえ、日本の子供と違い、アメリカの小学二年生は一人で道を歩くこともできず。。。
パーティをしようと思っても何も買えません。
そこで、家の中のものを利用した手作りパーティを考えたようです。

一週間もあるのだから、企画を練る時間はたくさん!
私が家事をしている時間に、いつも一人でコソコソ何かを作ったり書いたりしていました。

そして当日。

パーティ会場になったのは、リビングとダイニング。

入り口には、Admissionがあり、そこであらかじめ渡されていた10ドルのお金(娘手作りの偽札coldsweats01)を払うと、入場チケットがもらえて、会場へ。
私は、パーティーガールだったので、入場チケットの裏にもう一枚、次回パーティの無料券が付いていました。
(母の日パーティで使えるのかな?)

0302101 パーティ会場の天井には、

「Happy Birthday Mommy!!」

とハートで書かれた紙や、折り紙で作った飾りが天井に吊るされています。
(まだ、トラブルのあった天井の電気は修理されていない。。。coldsweats01

0302102 壁には、パーティのタイムテーブルが書いてありました。

  1. 入場券のチェック
  2. 夕食
  3. バースディソングを歌い、ローソクの火を消す。
  4. (娘の)歌
  5. クラッカー
  6. クラッカーのゴミ拾い
  7. プレゼント
  8. ケーキを食べる。
  9. お楽しみ

0302103 「お楽しみ」の詳細を書いた紙も張られていました。

  1. ジャグルの芸(お手玉みたいなもの)
  2. 宝探しゲーム
  3. ピニャータ
  4. ピニャータのお菓子を食べる。

ゴミ拾いまで計画に入れているのは偉いけれど、すごいボリューム!
平日の夜に、これだけの催しをしたら、寝不足になりそう。。。
でも、娘が一生懸命、企画してくれたパーティなので、全てこなさなければ、とかなりなプレッシャーでした。coldsweats02

0302105 さて、今回のパーティで おもしろかったのは、クラッカー
もちろん、「
パーン!!」などという派手なものは作れないので。。。一見、クラッカーには見えるのですが、実はこれ、吹き矢式クラッカーなのです。
円錐形の紙の中に紙吹雪が入っていて、頂点についたストローを吹いて紙吹雪を飛ばすという。。。

(なぜ、娘が変な格好をしているかというと、大道芸人に変身するためです。いつも緑のスカーフをしているわけではありません。)

0302104 そして、ピニャータ
売っているような、かっこいい or かわいいピニャータは使えません。
そこで、紙袋を利用した簡単ピニャータを作ったようです。
洗濯ハンガーに吊るして、すごーく庶民的なピニャータでした。

宝探しゲームは、一枚のメモ用紙を渡され、そこに書いてある場所で次のメモを探し、また次のメモを探し。。。と最後に宝物(娘の描いた絵)を探し当てるゲームでした。

あちこち、いろいろな おもしろいアイディアが盛り込まれていて、小学校低学年らしい楽しい手作りパーティでした。happy01
ちょっと寝不足になってしまいましたが。。。coldsweats01

| | コメント (2)

2010年2月10日 (水)

ぬいぐるみを作る、お誕生会♪

毎年開いていたお誕生パーティbirthday
だんだん子供が大きくなると、今まで開いていたような大掛かりな大人数の お誕生パーティは あまり開かなくなります。

小さい頃は、たくさんのプレゼントがもらえるパーティを喜んでいても、だんだんパーティは一時的なもので、プレゼントも、そう大したものではない、ということが わかってくるようです。

今まで、私が、普通のアメリカ人のようなパーティを開いているのを知ると、日本の大人たちからは
そんなに豪華なパーティを小さいうちに開いていると、贅沢者になる。
我慢ができない子に育つ。
と日本的な考えを言われ、否定的な意見ばかりを聞いてきました。

アメリカ人からは、
こんなパーティをできるのは小さいときだけ。楽しんでおいたほうがいいわよ。いまに飽きるから。
と言われましたが、確かに、飽きるものでした。
coldsweats01
さすが、パーティ慣れしているアメリカ人は正しかった!?

2年生の娘の友人たちは、まだ大きなパーティをする子供もいますが、娘は大きなパーティは、もう卒業。

パーティを開く代わりに、そのお金でバレエの先生から個人授業を受けたい。

などと、大きな子のような願望を言うので、パーティ費用は保留にしてあります。coldsweats02

子供たちが成長してくると、通常、娘のようにお誕生会を開かないか、開いても ごく仲良しの小さなパーティをします。

先日、娘は、そんな小さなパーティに出席してきました。
上級生のお誕生パーティです。

場所は、Build-a-Bear
ここでは、子供たちがそれぞれ、自分のぬいぐるみを作ります

Buildabear1 料金は、一人10ドルから
ぬいぐるみによって、そして洋服小物をいくつか選んで追加できるようにすると、パーティの金額が加算されていくようです。
(小物は、リボンやアクセサリー、ボール、サングラス、と女の子たちが好きそうなものがたくさん♪)

Buildabear2 Build-a-Bearでぬいぐるみを作った後は、同じモールにあるアイスクリーム屋さんでケーキを食べ、子供広場で記念撮影をしました。

わりと安価ですむし、仲のよいお友達と楽しめるということで、少し成長した子供たちには とても楽しいパーティでした。happy01
 

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

ボーリング場でバースディパーティ


初めて、ボーリング場でのバースディパーティに参加してきました。
ボーリングは、アメリカでは 10年近く前に一度 体験しただけ。
ほとんどボーリングとは縁のない生活をしていたので、この Homestead Lane は初めてでした。
まさか、こんな近くにあったとは。

Bowling バースディパーティでは、子供用に、ガターにならないようにレーンを設定してくれます

だから、小さい子のパーティでも大丈夫。

Bowling2 ゲームが終わると、レーンの手前にある広間(廊下?)のテーブルでパーティ。

ちょっと暗いですが、ボーリングがメインのパーティなのでOKですよね。

土日 3:00PM から 4:30PMのパーティ、1レーン6人で 70ドルのパーティパッケージがあります。
つまり、12人で2レーンになると140ドル、18人で210ドルになるのではないかと思います。
案外、安価で開けるパーティ場のようです。

料金は、レンタルの靴とグディバッグも込みです。
ただし、ここのグディバッグは 50セントもしないような内容(いろいろな種類のキャンディがいくつかと、何十個か入って数ドルで売られている使い捨ておもちゃが一つ、風船一つくらい)なので、別に自分で用意した方がよさそうです

(ここのグディバッグを見て、グディバッグ込みのパーティパッケージを使用する場合は、あらかじめ、どのようなグディバッグなのかチェックする必要があると思いました。coldsweats01

(子供用設定なので、)誰にでも手軽にできるボーリング。 
この雨季のバースディパーティにはいいアイディアですねhappy01
 

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

お誕生会を開きました!


アメリカのお誕生会は派手。。。いろいろなパーティ会場を借りて開くことが多いので、毎年悩みです。

去年は「陶器を作るパーティ」、一昨年は「ピザを作るパーティ」と、ちょっと珍しいパーティを開いていたのですが、
娘が今年は Pump It Up がいい!」と言うので、ごく普通の Pump It Up でのパーティになりました。

Pumpitupbdayp Pump It Up の週末のパッケージでは、315ドルで 25人までの子供が招待できます。
ピザ&飲み物を Pump It Up に注文する代金として 100ドル
(持ち込みをすると、150ドルチャージされるので、高くなります。)

持ち込みの Goody Bag(パーティの終わりに参加者に配るお楽しみ袋)で 100ドル。(中身を気にしなければ、お店で Goody Bagを用意してもらうこともできます。)

持ち込みケーキで、30ドル~80ドル。(お店や大きさによるので金額幅は広いです。)
だいたい、
合計 500ドル代で開催できます。

Pump It Up では、多くの子供たちがパーティを開くので、簡単だろうなぁとは思っていましたが、実際に開くとなると、いろいろ心配が出てきました。

心配ごとというのは、25人という人数制限
できれば、25人ぎりぎり招待したいけれど。。

雨ばかりの毎日だから、きっと子供たちは よろこんでくれるものね。


でも、Pump It Up の招待状は、一枚で一家族の子供全員が入れるようになっているのです。
アメリカ人と言っても、人種はいろいろなので、ヒスパニック系だと家族全員を引き連れ、何も言わずに 3~4人の子供を連れてくる可能性も高く。。。25人という枠は厳しくなります。

ちなみに、25人を超えると、30人までは一人12ドルの追加料金を払えば入場可能ですが、30人以上になると前もって Pump It Up側に話をしておかないといけないようです。

もちろん、ヒスパニック系でも、上流家庭で育った人たちは、普通の白人以上に厳しく躾けられ、何もかもピシッとしていて、いつも私などは何かしてもらってばかりで恐縮している関係なのですが。

今では、偶然、そういう上流家庭育ちの人たちとしか付き合いがなかったのですが、今回は、普通の
労働者階級から二人の子供を呼ぶことになったのです。
性格のいい子たちで、娘が気に入っています。
もちろん、私も。一人の子のママは、今まで聞けなかった
メキシコの労働者階級の話アメリカンドリームの話shineなどをしてくれて、とても楽しいのです。happy01

ただ、ヒスパニック系は、パーティといえば公園が多く、人数の決まったパーティに参加する場合のマナーについては常識が違うことも。

友人にも相談し、ひょっとして、白人でも兄弟連れでぞろぞろ、ということも考えて、招待状の参加者名の欄二つのうち、一つの欄には招待されている子供の名前を書き、もう一つの欄には「N/A(該当なし・利用不可)」と、無効であることを明記しておきました。

結局、
ヒスパニック系の二人は、両家とも何度、招待メールを送っても、郵便で招待状を送っても、返信期限までに参加の意思表示はしてもらえず不参加ということで、パーティ開催日になりました。

ところが、当日になると。。。


参加する予定のなかった二人が!!
それも、兄弟連れて。

ピザは当日の注文だから大丈夫。
ケーキは足りないかも。
Goody Bagは。。。
ない!!!sad

無断欠席と言うのは聞いたことがあるけれど、
無断出席というのもあるのね。coldsweats02
それも兄弟連れということは、
名前欄の「N/A」を消して、兄弟の名前を書いて入場!?

足りない Goody Bagは、どうしよう。
「参加する」と返事をしないのは親の責任だけど、子供には罪がない。。。なのに、Goody Bagがないのはかわいそう。
despair
でも、今からではどうしようもないので、Goody Bagは後日渡すことを子供と親に話しました。

25人の人数制限はというと、万一の場合に少し余裕を持って人数を決めていたのと、無断欠席の黒人の子と、雨のためにTahoからシリコンバレーに帰ってこられなかった中国系の子(当日に連絡あり)が欠席だったので、大丈夫でした。

やっぱり、アメリカの人たちはルーズなので、こういうときは大変。
でも、無断欠席と無断出席で、うまく相殺できるように、少しだけ余裕をみて人数を考えれば問題が起きない
可能性が高いsweat02ということですね。coldsweats01
 

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

陶器を作るバースディパーティ

The Art Beatに決まった今年のバースディ パーティ。
無事に、陶器を作るパーティを開きました。
happy01

Artthebeat1
まず最初に、インストラクターが作り方を教えてくれます。

Artthebeat2
次に、子供たちが陶器作りに挑戦。
型にする紙皿の大きさに粘土を切って
(一番右の女の子)、紙皿の上に粘土を敷きます。(真ん中の女の子)
そして、粘土を紙皿に押さえつけて、粘土をお皿の形に定着させます。
(一番左の女の子)

Artthebeat3
そして、色の違う粘土をクッキーカッターで切って お皿に飾ったり、フォークや棒で粘土を引っかいて模様をつけたりします。

違う粘土を お皿の粘土にくっつける場合は、接合部分をひっかいて水で塗らして ぴったりくっつけます。

Artthebeat4
無事にお皿を完了させると、別テーブルでパーティ
cake

Artthebeat5
最後に、バースディガール(お誕生日を迎えた女の子)に、「Happy Birthday!」のバナー(垂れ幕)を作ります。

これで、終了!
約2時間。

だいたいの進行は The Art Beatがしてくれるので、わりと楽に終えられます。

ただ、パーティ開始時刻に遅れると手順がわからなくなるので時間厳守!
clockであることを招待状に記述することをお勧めします。

Artthebeat6
さて、焼き上がって できたお皿は、こんな感じです。
お天気が
sunでないと陶器をお釜で焼けないということで、予想以上に時間がかかってしまいました。

# MISAさん、
会場まで忘れものを届けてくれて、ありがとう!wink

| | コメント (0)