植物

2012年11月14日 (水)

クログルミ雑学とクログルミのお菓子


最近、行きつけのWhole Foodsでクルミが見つけられず、娘が「これ買えばいいじゃない?」と言うので今まで手に取ったことのないクログルミを買ってきました。

私は日々のパンを買わずに焼いているので、そのパンに入れる予定だったのです。
クルミとそう違わないだろうと思ったのですが。。。


アメリカで売られているクルミは、もともとはペルシャにあったクルミの種類を1880年代に伝道者がアメリカに持ち込んできたものと言われているそうです。

クログルミは、もともとアメリカに自生していたクルミで、普通のクルミより少し小さく、もっとギザギザした皮の中に入っています。
(西部になるほど、ギザギザが浅くなるらしいですが。)

Black_walnuts

もっと味が濃く。。。と言えば聞こえがいいですが、その風味も味もクルミとは違い、かなり癖があるので、そのまま食べる人はあまりいません。
前菜サラダに少しだけ入れたり、パンクッキーキャンディーに入れたりするようです。

それでも、あまり人気のあるものではなく、食べたことのある人&好きな人はそういないのでは。
クログルミの木を家具にするには人気だそうですが。


ちなみに、クログルミを家具にすると、このような色合いです。

Blackwalnutcolor

そんなクログルミですが、Whole Foodsは健康志向が強いから置いていたのかもしれません。

クログルミは、とても健康にいいのです。

クログルミ
は、殺菌作用があるため、感染症に効き、寄生虫を退治したり、腸の働きをよくするなどの作用があり、そして、がんの治療などにもいいと言われているそうです。

つまり、サプリメントなどで使われています。

さて、パン
に入れてみると。。。う~ん。かなりすごい。。。

日本人は慣れていない味で、食べられない人が多いかも。

やっぱり、サプリにするものね、と思わなくもない味でした。

1回のパンでは使い切れないので、残りの使い道を考えなくては、ということで、クログルミとレーズンのビスコッティにしてみました。

これなら、レーズンの味で緩和されて、少し食べやすくなった気がします。


そもそも私も健康志向なので、ビスコッティ自体は、アメリカの通常のビスコッティレシピよりも、多少、油も甘さも少なくしています。

オリーブオイル ........
....................... 1/4カップ
砂糖 ..........
...................................... 3/4カップ
バニラエクストラクト ..
..................... 小さじ2
卵 ...............
...................................... 2個
オールパーパスフラワー .
............. 1 3/4カップ
塩 ...............
...................................... 小さじ1/4
ベーキングパウダー ...
................... 小さじ1
クログルミ .....
................................... 1 1/2カップ
レーズン ....
...................................... 1/2カップ

1. オーブンを300度に温める。
2. オリーブオイルと砂糖をよく混ぜ、卵も混ぜる。その他の材料も混ぜる。
3. クッキーシートの上に、幅5~6cm、厚さ2.5cmくらいの棒状に適当に広げる。
4. 30分(薄い茶色になるくらい)に焼く。
5. 10分、冷ます。
6. オーブンを275度に下げる。
6. ビスコッティの形になるように、2cmくらいの厚さに斜めに切る。
7. 再度、クッキーシートに並べて、10分くらい焼く。
8. 出来上がり。

Biscotti
あくまでも、クログルミを食べやすく、健康的に、のレシピです。

クログルミは関係なく、おいしいビスコッティを食べたい方は、クログルミをピスタチオに、レーズンをクランベリーに変えてください。

   

| | コメント (2)

2011年12月15日 (木)

さようなら。San Antonioの古い樹々たち。。。(;_;)

今、パロアルトの San Antonio Road(Mountain View市との境近く)で、道路工事が行われています。

この辺りでは混む道路なので、改良しているのかな、と最初は思っていました。
といっても、日本の「混む道路」を考えると、San Antonioは きちんと流れているので「わりと空いている道路」なのですが。

最近は、一車線が封鎖されて、作業員が大きな街路樹を倒しています。
作業中は、辺りに土煙が上がって、まさに工事現場です。
大きな樹が切られ、横たわっていて、痛々しい感じがします。

Sanantonio12111

切られた後の切り株には、たくさんの年輪が。
長い年月、この場所でPalo Altoの発展を眺めてきた木々なのでしょう。

Sanantonio12112

伐採前のSan Antonio Roadの写真です。
以前は、道路の両側と真ん中に大きな街路樹が茂る、緑豊かな道路でした。

Sanantoniobefore

でも、街路樹が古くなり、樹々の枝が折れて落ちる危険もあるらしいのです。

そこで、State Highway Safety Improvement fundsから、$900,000の予算が組まれ、Palo Alto Cityからの出資もあり、道路を改良する工事が始まりました。

改良後は、外観がよくなり、メンテナンスが楽になり、交通の混雑が減るそうです。
また、街路樹が必要とする水の量も減って、古い街路樹による歩行者(あまりいないけれど)や車への危険が無くなるらしいのです。

開発後は、こんな感じの植物が植えられるそう。
Quercus virginianaなど、水の量が少なくてすむ、落ちる葉の少ない樹が街路樹として採用され、その他、手入れの楽な草が植えられる予定です。

Lowmaintenanceplants

私の理想としては、Quercus virginianaなら、こんな感じに植えて育てて、緑の多い道路になってほしいですが、これは夢に終わるだろうな。

Quercusvirginiana
   

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

Stevens Creek County Parkへ

小学校の最後から二番目の遠足。
と言っても、最後の遠足は、学校最終日の数日前に行く近所の公園なので、実質は、今回が2年生最後の遠足になります。

親たちが車を出し合い、数人の子供を乗せて、Stevens Creek County Parkへ。
Cupertinoの街中から、ほんの10分車を走らせるだけなのに、Stevens Creek County Parkは、完全に山の中という雰囲気。

0611101

ガイドのお年寄りの女性に連れられて、生徒6人ずつくらいの小さなグループに分かれて、山の中を散策しました。

うちのグループの付き添いは、ガイドの女性、母親2人、そしてグループ内に問題のある子がいるので担任の先生までついて、合計4人の大人。
子供は6人なので、とっても楽な遠足でした。

0611102

木陰も多いので、歩くのもとても快適。
途中、いろいろな野草や虫の説明をしてくれました。

0611103

子供たちは、説明を聞きながら、持って来たバインダーに書いてある野草や虫の名前をチェックしながら歩きます。

061110poison_oak

これが、シリコンバレー近辺の山々によく見かけるPoison Oak
日本の左右にたくさん葉が出ているウルシとちょっと葉の生え方が違います。
この3枚の葉が三角に生えている植物を見かけたら、触らないように。。。

061110bull_thistle

地面から、にょきっと生えているBull Thistle
この草に当たると、ジーンズを履いていても、ちくっとします。

061110bay_leaf

Bay Leafの木が大きく聳え立っていました。
こんな近くの山に、たくさん生えているものだったなんて。
葉を取って帰りたい衝動に。。。

061110foxtail

Foxtail。ネコジャラシです。
確かに、キツネの尾にも似てますね。

061110boxelder_bug
見つけた虫は、小さなプラスティック容器に入れて、順番に観察しました。
この虫は、Boxelder Bug
子供たちはよろこんでいましたが、広い庭を持つ大人たちは、この虫の駆除に頭を悩ませるそうです。

061110california_buckeye

緑色や茶色が多い 山の風景に、彩を添えているCalifornia Buckeye
淡いピンク色がきれいです。

061110walnuttree

胡桃の木。
この緑の実が、クルミです。

061110miners_lettuce

Miner's Lettuce
その昔、開拓民たちがカリフォルニアに入ってきた頃、山の中の生活では生野菜など手に入りませんでした。
そのときに、このMiner's Lettuceを大切にして、「
おいしい! おいしい!」と食べたそうです。
万一、山の中で遭難したときには、食べられる葉なので、覚えておきましょう。

いままでのField Tripの中で一番よかった♪」と娘は よろこんでいました。
物知りなご老人のお話は、子供たちにだけでなく、私にとっても勉強になりました。
楽しいField Tripでした。

 

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

巨大渋柿22個を食べよう!


Persimmon 今年も、ご近所のお庭に たくさんの渋柿ができました!

年末の忙しさで、いただきにいく時間が遅くなってしまったため、夕空の下、柿採りを楽しんできました。
そして、22個の大きな渋柿が取れました。

去年もたくさんいただいて、渋柿ゼリーを作ったりしたなぁ。。。


さて、今年は、また新たな食べ方を教わりました。

いただいた渋柿は とても大きな柿なので、乾燥に長い時間がかかってしまうのです。
乾燥に長い時間がかかるということは、カビが生える危険性も大きくなるわけです。

Persimmon_slices そこで、今年はいただいた柿をスライスして早く乾燥させる方法を教わりました。
まず、写真のように、柿を横にスライスします。
厚さは 1cm~1.5cmくらい。
あとは
(できれば)日の当たる風通しのよい窓際で乾燥させるだけ 

なるべく早く乾燥するように、私はお菓子作りの鉄板の上に昔使っていた菜ばし(何でもとっておく私。
)を並べて、その上に柿を置きました。
これなら、上からも下からも乾燥!

 
は、乾燥を進ませるために冷蔵庫に入れておきます
私は作った量が多くて そのまま冷蔵庫には入れられなかったので、アルミホイルの上にスライスした柿、その上にアルミホイル、その上に また柿、とラザニア状にしています。

一週間ほど置くと、渋が抜けて甘くなります
一つ、柿採りついでに試食させていただきましたが、出来かけのドライフルーツっぽい感じ。(柿を乾燥してるのだから当たり前ですが。)
もう少し長く乾燥させると、もっと甘くなるのかも。

Persimmon_dry 残りは、去年と同じように干し柿にしています。
これは一ヶ月はかかるかな。
おいしくなりますように。

おかあにゃん、今年も無駄にしませんでしたよ

| | コメント (0)

2008年11月21日 (金)

秋の収穫【これは何!?】


突然ですが、これは何でしょう?

Sp1
とぐろ
を巻いていますが、ヘビではありません。

 

続きを読む "秋の収穫【これは何!?】"

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

お庭で、さつまいもの収穫!?


Sweetpotato 秋になりました。
庭の
柿の実は、だんだんオレンジ色に、ザクロの実赤くなってきています。

今年は、庭の隅の畑に、さつまいもの苗を植えていました。
そろそろ収穫のころかなぁと思い、
さつまいも掘りに挑戦!

じゃがいもは、葉が枯れてきたら収穫できるけれど、さつまいもは葉を見ただけではわからない。」と聞いたことがあったので、まず試しに一個取り出してみようと土を どかしていくと。。。

これがかなり大変!
イメージでは、芋づる式に 茎をひっぱれば ずるずる取れると思っていたのに、かなりしっかりと埋まっていて、周りをシャベルで掘っていかないと取れないのです。

そして、収穫?した さつまいもが上の写真です。

写真だけで見ると、よくわからないですが。。。

実は、このサツマイモ、とても小さいのです。

鶏の卵と比べてみると、イースターエッグのおもちゃ!?というくらいの小ささ。

Sweetpotato2 収穫するのが、ちょっと早かった!?
とりあえず、また今度ということにして、他のサツマイモを掘るのは あきらめました。

あと一ヶ月くらい待てば、大きくなるのかな?
それとも、うまくいってない?
(娘の社会のテキストで、「畑には堆肥を混ぜないと」みたいな記述を昨日発見。。。


畑仕事は難しい!
大工仕事と畑仕事ができてしまう「大草原の小さな家」の Laura の Pa(お父さん)は、やっぱり偉大だなぁ!

 

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

枇杷が大豊作♪


Biwa1
枇杷に実がなる季節になりました。
今年は大豊作!!

Biwa2日本で売られている枇杷の実より、ちょっと小柄な枇杷です。
木がとても大きくて、高いところにしか実がならないのが困りもの。

ご近所で ほしい方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なく取りに来てください♪
ただ、三脚が必要かも。

(脚立の間違いでしたね。コメントで初めて気づきました。

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

巨大な渋柿29個!をおいしく♪


Persimmon1 隣の道路に、先輩ママの一人が住んでいます。
先日、渋柿をもらいに行きました。

とっても立派な大きな柿♪
縦の大きさは、大きいものだと9cm!
うちの柿の木とは、大きさも量も、まったく違います。

Persimmon2 さて、これをどう食べましょう。。。
25個は、干し柿にしてみました。
うちのお庭にできた柿で、去年干し柿2個。
今年も2個作っているのですが、こんなに大きな干し柿作りは初めて。
出来上がるのが楽しみです。

残りの4個は、柿ゼリーを作ることに。
調べてみると、柿ゼリーを作るのに渋は抜かなくていいとか。

まず、
柿をむいて細かく切り、お鍋に入れて お砂糖と水少々を入れて煮てみました

渋は抜かなくて大丈夫って話だけれど、本当に大丈夫?
とちょっと味見。

渋~~~~~っ!(;_;)

ダメじゃない!
ちょっと後悔。
やっぱり お料理用の日本酒を使って渋抜きすればよかったかな。
(お酒に弱い私は、一般に渋抜きに使う焼酎なんてないので)
もう遅いけれど。

さらにインターネットで調べてみると、農家の方の「
渋柿は、たとえ渋抜きしても 熱すると渋が戻る」などの発言が。
その後、いろいろな人の失敗談ばかりが検索されてしまいました。(^_^;)

もうダメでも仕方がないと、
白ワインを入れて、もう一度熱してアルコールを飛ばして冷やしてみることに。

そして、冷ましてみたら、かなり渋が少なくなっていました。
不思議!
もしかしたら食べられるようになるかも!?

できあがった柿をミキサーにかけてピューレ状にしました。
その後、
ゼラチンを水でふやかしたものを加えて、ちょっと味見。
あれ? 今度は、渋が消えた!!

Persimmon3
型に入れて固めて、無事、柿ゼリーが出来上がりました。
結構、上品なお味に♪

柿によって、お砂糖や水の量、またお鍋によっても水の量がかなり変わると思うので、今回はレシピを載せません。
適当に味をみながら(渋を体験しながら!?)、試してみてください。

おかあにゃん、ぜ~んぶ、無駄にしませんでしたよ!!

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

庭で見つけた「秋の収穫」


Harvestry2007 もう秋も終わりになってきましたが、うちは収穫の秋まっさかりという感じです。
ザクロ、ミニトマト、柿、オレンジ。
今年一番収穫が多かったのはザクロかな。
柿は、渋柿なので、これから干し柿にしようと思っています。(^_^)

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

ザクロの花と実の季節


Pomegranate サマースクールやイベントで、毎日忙しく飛び歩いている日々ですが、季節は着実に移り変わっているようです。

ふと庭を見ると、ずっと花盛りと思っていたザクロの木に、実がたくさんなっているのを見つけました。ザクロって、花も実も一緒に現れる木だったんですね。

去年は不作だったのに、今年は所狭しと実が出てきていて、大豊作になりそう。


ザクロの実は、エストロゲンを含んでいる(実際には、種子の部分に多く含んでいるので、そう簡単に採れるものではないらしいけれど)ので、きれいな肌つややかな黒髪を保つのにいいとか、果皮の部分を乾燥させたもの(石榴果皮:せきりゅうかひ)を煎じて飲むと、下痢止めになるなどと言われています。

ザクロは食べるのは面倒だし、すごくおいし~いというものでもないのですが、実が真っ赤になる秋が楽しみです♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧