« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月25日 (土)

自然治癒した椅子と椅子カバー作り

 

娘が1〜2歳の頃、ベネッセから送られてきた「しまじろう」のパペットを大切に扱いながら遊んでいました。

娘が3歳頃に遊びに来た友人には、

 

「しまじろう、ずいぶん綺麗ね。遊ばないの?」

 

と驚かれました。

毎日遊んでいたのですが。。。

そして、今も、綺麗な「しまじろう」が、娘の部屋のぬいぐるみ入れに入っています。

我が家のしまじろうは、もう20歳!!

 

 

そんな娘が育った我が家は、かなり物持ちのいい家庭です🤣

すご〜く年代物な家具が普通にあります。

 

ダイニングテーブルは、娘が1歳の頃に一時期日本に住んだ時、買ったものをアメリカに持ってきたものです。

さすがに、椅子の一つの脚が時々外れるようになって、買い換え時だと思っていました。

 

リノベーション時に汚れるかもしれないと思い、その後に買おうと計画していたのですが、とりあえず、今は終わったばかりなので(インスペクションはまだ終わっていないけれど)、このダイニングテーブルセットを使おうと、時々脚の外れる椅子だけ家族が座らない席に置くために脚を調べました。

 

ところが、どうやっても、脚が外れる椅子が見当たらないのです。

 

おかしい。。。なぜ、外れる椅子がみつからないのだろう??

 

一本一本、調べていくと、あれ!?

 

一本だけ、脚にうっすらと接着剤をつけたような跡が。。。

 

ということは!!!

 

前に記事にしましたが、「文化の違いか、リノベーションをしている作業員が、我が家のものを適当に使っていて、家に帰ってくると部屋の隅に片付けてあるダイニングセットを取り出して、皆でくつろいでいたりする」というときに、脚が外れたのでは。。。

 

それで、客の持ち物を壊してしまった!!と焦った彼らは、接着剤で直し、これなら気づかれないだろうと安心したのではないかと思うのです。

 

たぶん、壊したものを直していれば、私は気づかなかったでしょう。

でも、壊れていたものが直っていれば、流石に気づいてしまいます🤣

 

ということで、ダイニングテーブルの椅子は、自然治癒したのでした。

 

それなら、まだダイニングテーブルセットは使える?

だけど、椅子のカバーも切れかけているところが。。。

 

でも、リノベーションで疲れたところで、すぐに買いに出掛けて決断するのも疲れるし。。。

ということで、全ての椅子のカバーを付け替えてみました。

 

椅子の裏のネジを外すと、座席部分が外れます。

これに、ソファや椅子用の強い生地を買ってミシンで縫い合わせ、曲線はギャザーを寄せたりして椅子のカバーを作成します。

Tempimagew2z2sv

 

外した座席部分に被せ、形に合わせて縫い合わせます。

Tempimage420xxd

 

この後、ホチキスのような器具で生地を座席に固定するらしいですが(Amazonにも取り付け器具が売っている)、

近い将来、買い換える予定なので、器具は買いませんでした。

その代わり、裏に生地をつけて、カバーがずれないようにしました。

Tempimagegumpl4

 

そして、出来上がり!

Cover5

 

すぐに新しいダイニングテーブルセットを買うつもりが、椅子が自然治癒したおかげで、もうしばらく使うことになるかも?😅

 

| | | コメント (0)

2024年5月16日 (木)

バレエ ドン・キホーテ公演

 

先週末は、大学バレエ団の春の公演がありました。

今年の演目は、ドン・キホーテ。

バレエを知らない人でも、わりと楽しめる内容です。

 

実は、何年も前にドン・キホーテを演じたことがあったそうですが、当時は団員数が多くはありませんでした。

近年は、なぜかバレエの経歴の良い学生たちを大学が入学させるようになったので、バレエ団は大きくなりました。

(大学は、スタジオの増設も計画中だそうです🩰)

 

そのため公演の内容を充実させて、前回とは全く違うドン・キホーテが出来上がりました。

前回は、森の女王のバリエーションが難しかったので入れなかったそうですが(いないとおかしい役なので、別のバリエーションに変えたらしい)今年は、きちんと入れて作られています。

 

そして、そのバリエーションは娘が踊ることになりました。

実は、このバリエーション、娘が高校時代に2度、踊る機会がありました。

でも、病気で踊れなくなったり、コロナで公演自体が中止になったり。。。あまり縁起のよくないバリエーションなのでした😅

 

今年は、同じことが起きないように、当時とは少し振り付けを変えて踊ることにしたそうです。

踊れなかった当時の振り付けは、現在、大学でバレエを教えている先生で、その先生は今公演はゲストで参加しました。

多分、彼は本当は当時の振り付けで踊って欲しいと思うのですが、同じものを踊ると何か起きそうで💦

 

振り付けを変えたせいかはわかりませんが、無事に公演を終えることができました。

 

Dryads

森の女王のイタリアン・フェッテ中のひとこま(前日リハーサル)

 

今回も、娘の友人たちが来てくれていました。

バレエを踊らない大学の男子学生は、なかなか一緒に観にいく友人が見つからないようで、皆、一人で来てくれていました。

 

おもしろいことに、私が娘と二人での写真を撮ってあげようとすると、皆、肩を組んだり、腰に手を回したり、ピタッとくっついて写真に収まるのですよね。

(皆、ボーイフレンドではなく、単なる友人です)

日本だと、女の子の親が写真を撮るとしたら、二人並んで10cmくらい離れて立つだろうな〜と、文化の違いを感じたのでした🤣

 

そして今回も、高校時代までのバレエ学校のディレクターが見にきてくれました。

今年は、バレエ学校の春の公演と大学バレエ団の公演が重なってしまったそうです。

バレエ学校の公演を終えた後、すぐに大学に駆けつけてくれたため、少し遅れただけでシアターに着いたそうです。

 

結局、バレエ学校のディレクターは、娘が大学生を終えるまで、ずっと欠かさずに公演を観にきてくれたことになります。

ローカルなバレエ学校から大学バレエ団に入った子達は他にも何人かいますが、そんなディレクターはもちろん見たことがありません。

情のあるいいバレエ学校に行っていたのだなぁと、今になってとても恵まれていたことに気づくのでした。

 

 

さて、公演の最後に、この春で卒業する学生たちの名前が呼ばれて、拍手を送られました。

娘の同級生たちは、皆、卒業生ということで名前を呼ばれました。

 

娘だけは、このまま大学院生としてバレエ団に残るので、名前は呼ばれませんでした。

やっぱり皆、いなくなってしまうのだなぁと寂しくなります。

でも、笑顔で送らなくては。

 

卒業する皆に、いい未来が待っていますように✨

 

| | | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

卒業式前の大学生の親たち

 

卒業式が近づくにつれ、親御さんたちは考えなくてはいけないことが多くなってきました。

学業にプライオリティを置く学生が多く、卒業式に関してはそれほど注意を払っていない学生が多いことにも起因している気がします。

 

そこで、親たちが「あれはどうしたら?」「これどうなっている?」と同級生の親たち用FBグループで話し合うことになります。

それを読んだ私も、あ、そんなことを考えないといけないんだ、と学べるので、話し合いの場があることはありがたいです。

 

 

親御さんたちが卒業式に出席するために滞在するホテルや、卒業式の翌日に退寮した後の学生の荷物や一時滞在ホテルに関しては、もう何ヶ月も前から話が出ていました。

 

その後は、卒業式の衣装をどうやって注文するのか、卒業証書の受け取りや額縁の購入について、そしてカレッジリング(10万円くらいする!😵‍💫)を購入するかなど、いろいろな話が出ていて、私も娘に確認することが増えてきました。

 

娘は、卒業式の衣装はレンタル申し込みするだけでいい、高額な大学名入りの額縁やカレッジリングもいらない、と言うので、最低限になりそうです。

(高額な学費がかかってきたことを考えて「いらない」と言っているのか、よくわからないのですが💦)

 

 

また、子供というより親たちが気にしているのが卒業写真。

卒業式の装いをしてキャンパスで写真を撮ってもらうフォトフラファーを頼むかどうかということです。

 

娘は、「卒業式の時にママがiPhoneで撮れば十分じゃない?」と言うので、何を話してもそれほど乗り気でない娘を相手に、なかなか決まりません。

 

 

子供のヘアカットを心配する人もいました。

忙しくて髪型に無頓着になっている息子さんの髪型を卒業式前に整えたいそうです。

 

息子さんに送ってもらった自撮りの写真をアップしていて、髪だけでなく髭も伸びて完全に大人の風貌になっている息子さんですが、親から見ればまだ可愛い子供のままよね〜とほっこりとしました😊

それにしても、500人もの親たちのグループに自分の写真が投稿されていることを知った息子さんは苦笑かもしれません😅

 

 

そして、現在の親御さんたちの最大の懸案事項はやはり、反イスラエルデモ。

あちこちの大学で、キャンパスでも戦争状態、といわれる現在。

スタンフォードでは、キャンパス内でイスラム教徒の学生がひき逃げされた事件がありました。

そんな中、伝統的な恒例の卒業式を取りやめる大学もあります。

 


今年の卒業生たちは、コロナのために高校の卒業式がありませんでした。

大学の入学式も中止され、オンラインでした。

そして、大学の卒業式までもが無くなってしまったらと親御さんたちは気を揉んでいます。

 

無事に平和に日々が送れますように✨

 

Tempimagey2al4d

春の大学。パーキングに止まっている色違いのテスラ
最近、テスラがとても多いです🚗

 

 

| | | コメント (0)

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »