« 日本の野球選手がスタンフォード大学へ⚾️ | トップページ | 住みながら大規模リノベーション計画 »

2024年2月22日 (木)

リノベーションの業者選び

 

以前、冷蔵庫のトラブルが起き、裏の水の管に穴が空いて水漏れし、キッチンの床が悪くなってしまいました。

Img_2532


その後、バスルームの床が突然盛り上がったのも水トラブル。

 

やはり、家のトラブルは水回りが多いのですよね💦

 (この辺りは、生き物トラブルも多いですが。

   我が家も、過去にネズミ騒動蜂の巣騒動がおきました😞)

 

 

水回りのトラブルは、床の下にどれほどのダメージがあるのか見えないので、怖いものと聞いていました。

床を開いてみたら、かなり侵食していて直すのに$15,000など恐ろしい話も聞くので、早く行動しないといけないらしいです。


と言いつつ、事が大きいので、私はなかなか動く事ができず、今になってしまいました。

 

リノベーションしなくてはいけない場所は、キッチンとバスルーム。


まずは、リノベーションを請け負ってくれるコントラクター探しです。


現在、リノベーションをしたい人が多く、なかなか業者が見つからないという話も聞きます。

基本的に、小規模のリノベーションは業者さんに嫌われると聞くけれど、我が家の場合はキッチン全体とバスルームいくつかになるので、それほど悪い話ではない気が。。。

 

いろいろなタイプのコントラクターがいて、金額にもかなりな差があるそうです。

いろいろな提案をしながらデザインをしてくれ、コンサルテーションを重視しながら動いてくれる会社は、とても高くなります。

対照的に、フレンドリーなおじさんが、「このバスルーム綺麗にして、ウォシュレットほしいの?」と自分で選んた便器を運んできてさっさと設置してくれるような、おじさんが適当に決めて進める割安なコントラクターもいます。

私としては、ウォシュレットにもいろいろあるので、自分で決めたいけれど。。。

 

いろいろなタイプのコントラクターが存在するのですね。

 

コントラクター選びは難しく、トラブルにもなりやすいそうです。

ネットで評価がよかったのに、実際に作業が始まったら問題ばかり。ネットの評価をコントロールできることを知らなくて失敗した!という人もいます。

その他、いろいろ壊した後に作業が進まず、作業停止のトラブルになり、結局、別業者を探さなくては、という一番避けたい状況に陥る人もいます。

 

ということで、友人が利用した業者さんを紹介してもらうパターンが一番安心ではあります。


リノベーション経験者の友人、何人もに連絡をして、情報収集しました。

コロナの後なので、廃業していたり、もうお年だったり、豪邸専門の業者だけど友人だからやってもらえたなどと、なかなか見つからず。。。


もうダメかなぁと思ったところに、去年リノベーションをした友人が利用した業者さんを紹介してもらえることになりました。


友人は素晴らしい家に住んでいるので、ちょっと格違いで大丈夫かなぁと心配しつつ、紹介してもらえたコントラクターに会ってみました。
彼は、言わずとも我が家に合った提案をしてくれるようなので、「この方でいこう!」ということになりました。


無事に進みますように✨

 

| |

« 日本の野球選手がスタンフォード大学へ⚾️ | トップページ | 住みながら大規模リノベーション計画 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の野球選手がスタンフォード大学へ⚾️ | トップページ | 住みながら大規模リノベーション計画 »