« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月27日 (土)

大学受験でDeferredされた時

 

Img_2697


大学受験の結果は、Accepted(合格)とRejected (不合格)の他に、Waitlisted(補欠)やDeferred(保留)があります。

 

補欠は日本でもあるので想像はつきますが、問題はDeferredです。

Deferredは、Early出願の場合に起こるもので、出願の審査は延期されていて、その大学のRegular Decisionで他の学生の出願と一緒に再度合格が検討されるというステータスになったということです。

 

Acceptedをもらえれば喜べるし、Rejectedなら次の大学出願に気持ちを向けられるけれど、中途半端にDeferredされたときの心の持ちようは難しいですよね。

 

いい方に考えれば、合格を決定する前に秋学期の成績を見たいと思われているのだろうから、引き続き努力しよう、と思えます。

 

合格の可能性を高めるために、追加情報を大学に提出することも可能です。

ただ、大学にとって有用でない追加情報を提出してはAdmissions Officeに負担をかけすぎてしまい、評価に悪影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

つまり、世界トップレベルの大学では、追加情報として国際レベルや全国レベルのコンクールでの受賞が新たにあれば出せるけれど、「通っている学校で先生方にいい生徒として表彰されました」レベルではいい影響を与えられないだろうと想像できます。

絶対に必要だと思えるものを提出するのがいいのでしょう。

 

 

スタンフォード大学の場合、Deferredをもらう確率は公表されていませんが、すごく低いと言われています。大学側は、可能な限り最終決定を下したい、との考えからだそうです。

 

といっても、ほとんどDeferredの学生がいないわけではなく、これまで私は何人かDeferredされた学生を見ています。

そして、残念ながら最終的にはRejectedを受け取っていました。

 

ネット上の情報を見ると、Deferredの学生は20%〜30%くらい合格するのでは、などと言われていますが、私がRejectedしか見ていないのは学生がローカルであることも関係しているのかもしれません。

 

前の記事でも書きましたが、基本的にローカル学生のEarly受験はスタンフォード大学の関係者(親族が、大学の先生や大学の何かに尽力してきた人、卒業生など)が多いです。

そのため、特に素晴らしい親族がいる場合、Early受験で一挙にReject決定してしまうのは申し訳ない、ということで一旦保留して最終的にRejectする、つまり「本当に素晴らしい学生で欲しかったのですが、最終的に残念な結果に」という感じにしていると噂されています。

これは、RejectへのSoft landing(緩やかな着地)と呼ばれています。

 

私は、ある学生さんのお母様に依頼されて、追加情報を作成したことがあります。

当時はSoft landingという言葉も知らなかったのですが、かなりなバックグラウンドがある親御さんだったので、EarlyでDeferredされていたという状況では難しかったのだろうと今にして思います。
(まして、追加情報がごくローカルで認められる評価のものだったので)


幸いなことに、この時は追加情報を学生さんが作成していないので、受験者本人の負担にはなりませんでした。
自分で追加情報を作成するローカルな学生さんのことを考えると、他の大学への出願に力を注ぐ方を優先するのも一つの考え方かなぁと思います。


学生さんたちにいい春が訪れますように✨

 

| | | コメント (0)

2024年1月17日 (水)

高校のカレッジアドバイザー

 

Img_2657

 

旬な話題でもあるので、久々に、大学受験のお話をします。

この近辺でよく話題になるのが、スタンフォードに入りたい場合にEarly Actionで受験するか、Regular Decisionで受験するかの判断についてです。

 

一般に、Early Actionでの受験の場合は、ジュニアの成績がものを言うので早くからAPなどを多く取っている必要がありますが、早く受験結果が出るので、もしEarlyで受かって入ればストレスが早いうちに無くなるという利点があります。

Regular Decisionは、通常の受験の方法で、シニアになってから時間をかけて受験の用意ができるという利点があると言われています。

 

スタンフォードではEarly Actionでの合格率は公表されていませんが、他の大学同様に、Earlyの方がRegularよりも合格率が高いと言われています。

 

Earlyの方が合格率が高いのならEarlyで受験した方がいい、という話になりますが、ここで問題になるのは、パロアルトの生徒にとってスタンフォードはご近所の大学だということです。

 

パロアルト近辺には、大学教授のご子息やスタンフォードの卒業生がたくさん生活しています。
つまり、プライオリティのある学生たちが多くいるということなのです。

 

ここでローカル特有の情報を持っているのが、高校のカレッジアドバイザーです。

マンモス高である公立高校のカレッジアドバイザーは、カウンセリングの回数は限られているし、いまいち!という評価をする家庭は多いと思います。

 

でも、実は、カレッジアドバイザーは近辺の公立高校のアドバイザーたちと集まって、生徒たちの受験結果を照らし合わせ、傾向と対策を話し合っています。

この地区では、どういう生徒がどういう大学に受かっているのか分析しているのです。

 

娘の時には、一般にはEarlyの方がRegularよりも合格率は高いという結果が出ていても、パロアルト市内の公立高校からスタンフォードの合格者の詳細を見てみると、家族がスタンフォード関係者でない生徒がEarlyで合格した確率は0%だと言われました。

そのため、家族に教授か卒業生がいない学生の場合には、Early受験には大反対しているそうです。

そして、将来のデータのため、我が家にスタンフォード関係者がいるか調査されました。

もし、カレッジアドバイザーのローカル情報がなかったら、多分、Earlyで受けて落ちていたのではと思います。

 

昔はうちの高校からの合格者も多かったのに、近年は厳しくなってしまったらしいのですよね。

パロアルトの公立高校に入学したものの、かなり厳しい状況を知って私立高校に転校し、無事スタンフォードに合格した学生もいます。
(親御さんのバックアップがかなり強力でないとできません💦)

 

ちなみに、この土地から受験するお薦めの大学は、東海岸のリベラルアーツカレッジのようです。

高い学費、いいご家庭のご子息とのお付き合いで必要な交際費、休みのたびに行き来するための飛行機代、親が時々行くための飛行機代やホテル代、その他諸々考えると、裕福であり教育熱心である家庭の子供しか選択できないですし、大学側としては多様性を求めて遠い州の学生を求めるので、お互いの相性がいいのですね。

私も、そんなカレッジの恵まれた寮を見ると、こんな大学入りたいな〜と思うのでした😊

 

| | | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

大学生最後の「くるみ割り人形」公演ビデオ

先月行われた「くるみ割り人形」公演のビデオが出来上がってきました。

このビデオのサムネイルに出ている真ん中で屈んでいる女の子は、院生で、バレエ団のディレクターです。
来年は、冬までいるかどうか、ということで一年後の公演に出演できるかは未定だそうです。



大学や大学院は、いつまでいるかわからないものなので、突然、「卒業することになった〜」と退団することもしばしば。

今回Sugar Plumのソロを踊った女の子は、高校までは2学年上で、この学期が終わると大学卒業のため、退団になるそうです。
春の公演にはいないということですね。


そうやって、一人一人卒業し、バレエの世界からも旅立っていきます。
内心は寂しいですが、新しい人生のステージに入るということなので喜ばないと、と思います。


娘は、大学生としてバレエ団に所属して「くるみ割り人形」公演に出演するのは今回が最後。
といっても、次の「くるみ割り人形」公演も、今度は院生として参加できる予定なので、もう少し踊ることはできそうです。


公演の最後に、皆で記念撮影しました。
次の公演は、誰が出られるのかな🩰

Img_2652

| | | コメント (2)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »