« 試験中のカンニングが不可に!? | トップページ | 春のバレエ公演がありました »

2023年5月15日 (月)

大学が決まる季節

 

日本で会社員をしていた頃、語学訓練のクラスが定時以降にありました。
通常は10時まで残業していましたが、その日だけは早く帰ることができて、会議室で英語を習っていたのでした。

その帰り道、帰宅に使う電車が同じ先生(アメリカ人)と話していた時のこと。

 

私「(先生が)みんなに卒業した大学名を聞いたのはびっくりしたわ。

 高卒の人に、大卒のエンジニアの中で一緒に仕事して大変じゃないかって聞いたのは、もっとびっくりしたわ。

 厳しい質問だったと思う。

先生「え? だって、○○だって、別の生徒にどこの大学だったか聞いていたじゃない

私「それは、彼女は、彼の勤続年数から考えて院卒ってわかってたからよ

先生「つまり、日本人は学歴にコンプレックスがあったり、大学のランクにもステイタスを感じてコンプレックスを持ったりするんだね。

 もし、コンプレックスがあるなら、今から行きなおせばいい。

 アメリカは、違うなぁ。

 僕は、自分の無名な大学が好きだし、皆、普通に言うよ。

 

う〜ん。何と言えばいいのだろう。。。当時(今もだけど)、もっと深く話をする能力もなく、何も言えませんでした。
そして、先生は特に自分の発言を指摘されても気にすることなく、笑顔で帰宅して行ったのでした。

今思えば、そういう考え方や文化の違う人との接点を(大昔に)与えてくれた会社は有り難かったなぁと思います。

 

今、5月になり、高校生シニア(最高学年の4年生)たちは卒業後の進路が決まったところです。

語学訓練の先生が言っていた通り、確かに、こちらでは親子ともに普通に受かった大学の話をします。

それは、大学の知名度や難易度によって進学先を決めない場合も多いから、ということもあるかもしれません。

大学の合格通知が揃った後、それぞれの大学が提示した条件によって、自分に合った大学を選ぶのですが、その条件がいろいろなのです。

 

よく知られているのが、奨学金やファイナンシャルエイドです。
学費全額免除を提示した大学が少人数教育のリベラルアーツだったりしたら、知名度の高い大学よりも選ぼうと思う人は結構いるのではと思います。


その他にも、入学時に専攻が決まる大学か、その場合は、どの専攻に受かったのか、万一の時には専攻変えが可能か、なども選ぶ基準になります。


また、自分には どのような特典を与えてくれるのか、例えば、州内のある公立大学には いいHonors Programsがあり、Honors Programsに選ばれた学生は一般学生よりも先にクラスが取れ、キャンパス内にあるHonorsの学生たちだけが入れる特別な寮に4年間入れ学部の間にリサーチがもらえ、一対一のアカデミックアドバイス付き、そしてトランスクリプトにはHonors Programsの学生であることが記述される、と心惹かれる特典の数々がついています。(さらにかなりな奨学金がつくのだから、UC BerkeleyやUCLAに合格した学生も、悩むという。。。)


他の州内の公立大学では、寮の契約時に(追加料金を払うと)一人部屋をもらえるシステムがあったり、大学によって、本当に色々な違いがあります。


他にも、課外活動がしやすさ(バレエ学校の友人たちは、ダンス系に強い大学を選ぶ子が多かった)や、日本人からはちょっと珍しい理由:特定の宗教活動のしやすさを考えて(その大学の周辺はその宗教の活動が盛ん)、選ぶということもあります。

 

いろいろな条件を考えて、本人と家族が悩んで決めた大学なので、やはり大学への愛着も出てくるし、家族はこれまでの困難が終わるということで喜びもひとしおなのでしょう。


ハーバードの学生の親にも、普通に、「あなたは知らない大学だろうけれど、息子にとってはドリームスクールなのよ!嬉しくて!」と笑顔で話していたり、スタンフォードの教員をしている知人が「娘が通っているのよ〜」と(自分の大学ではなく)娘さんの通っている あるCSUのTシャツを着ていて、娘さんへの愛情たっぷりの様子を見ると、ほのぼのとします。

 

高校生シニアの皆さん、ご家族の皆さん、お疲れ様でした。
秋からの大学生活が、楽しく過ごせますように✨


Untitled_artwork-3_20230515184601今日は母の日

 

| |

« 試験中のカンニングが不可に!? | トップページ | 春のバレエ公演がありました »

高校生」カテゴリの記事

大学生」カテゴリの記事

コメント

なるほど〜〜。親子でベストな選択をしたという確信があるから、堂々と大学名を言えるんですね。素晴らしいことですね!人の価値は、出身大学名では決まりませんものね。

投稿: | 2023年5月20日 (土) 05時08分

そうですよね。
友人から、「○○大学に決まった」だけでなく、どういう条件かまで一緒に報告をしてくれることも多いので、似たようなバックグラウンドの子供を持つ友達には大学情報が中継できて便利ですね😊

投稿: りり | 2023年5月22日 (月) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 試験中のカンニングが不可に!? | トップページ | 春のバレエ公演がありました »