« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023年1月30日 (月)

Mozilla Hubsにメタバースを作る

Mozilla Hubsに作成したメタバースができあがりました。
Mozilla Hubs SpokeのArchitecture Kitを使って簡単に仕上げることもできるのですが、やはり全ての3DCGオブジェクトをBlenderで作成する道を選びました。

出来上がった世界は、こんな感じです。

F160e5aeccd042378c458499c681cc73

残念ながら画像なので動いて見えないのですが、実物は真ん中に置いてある水槽の中に熱帯魚が二匹泳いでいます。
Blenderのアニメーション機能で作成しました。
一匹の魚につき3つのボーンが入っていて、魚はそれぞれの軌跡で泳いでいます。


窓際のソファーは、最初、リアルな革のソファーを作ったのですが、そういった細かいオブジェクトは現在のVRの世界には向かないのですよね。
結局、負荷を考えたローポリゴンに作り替え、ちょっと未来っぽいデザインになりました。
右の奥の額には、スタンフォード大学で撮った写真を飾りました。

9e7e441aa9674200b91cdf2930c82702

 

ちょっと寂しいなぁと思った壁をどうしようかと考えていたのですが、娘に話すと紙に鉛筆でオブジェを描いてくれました。
そのオブジェをBlenderで作って飾りました。
なかなか面白い格好です。
このメタバースを紹介させていただいた東大の先生が「局所解の説明に使えそうなオブジェですね」と仰ったので、思わず大爆笑してしまいました。
いいなぁ、そういう発想。
E40742c2b9f844cd9286d713438ae51a



螺旋階段を上がると、2階に行くことができます。

26c322251412426ea6e30c65743788a9



ミーティングコーナーも作りました。
左には、ホワイトボードがあって書くことができるので便利(?)です。
テーブルの上が寂しかったので、一輪挿しのお花を作りました。

5e64c6a84f8546b2af562e358a1b5213

写真は、日本の友人が遊びに来て、カラフルなクッキーを置いて遊んでくれたところです。
奥にいるパンダのアバターが友人です😊
(他の人が置いたオブジェクトは、その人がログアウトすると消えます)


ちなみに、Oculus(VRヘッドセット)でログインすると、下のような画面で操作できます。
(Oculusは娘が大学のVRのクラスで借りていたため、体験することができました)
ブラウザで入るよりも、遠近感も自然でいい感じになります。
5849fe6e5bfd4e1c86a0ce172212a057

 

天井は、三角形を立体的に組み合わせて作成しました。
現実だったら難しい構造も、VRの世界ならできてしまうのが楽しいです。
この写真もOculusで撮影したので、コントロールのアイコンがついています。

360711d86a6548b49493d9e34d225dbb

 

これ以上書くとオタクだと思われそうですが。。。自分のアバターにスタンフォードのセーターを作って着せてみました。
本当に、こういうデザインのシャツが売られています。
(セーターではないですが)

B6529d6c34e946399e3f770138960094



BlenderやMozilla Hubs Spoke のバグに引っかかっることもあり、久々に障害の回避方法を探るのもまた楽しかったです。
しばらくしたら、また何か作ってみたいなぁと思います。

(実際に体験したいリアルな友人の方は、連絡いただければURLをお知らせします😊)

 

| | | コメント (2)

2023年1月22日 (日)

スタンフォード大学の湖


前回に引き続き、「メタバースを作ろう」の話題から、私の作成したメタバースを紹介しようと思っていたのですが、今回はよりタイムリーな記事、スタンフォード大学のラグニータ湖について書くことにしました。


今日、娘がバレエのリハーサルをしている間に、大学キャンパス内にあるラグニータ湖
(Lake Lagunita)を見てきました。
普段は干からびている湖が、今年のたくさんの嵐で昔のような湖になり、とてもきれいだという話を聞いたからです。

スタンフォードの親たちのコミュニティでは、彼らがスタンフォードの大学生だった頃、泳いだり、ボートに乗って遊んだと懐かしそうに話して盛り上がっていました。

現在の湖です。

Dc057a37075644cc97c24dc57355fe1b

 

遠くの方に、スタンフォード・ディッシュ(Stanford Dish)が見えます。

995bc16e02334789a54c97535ec18a42

 

20年くらい前に大学が給水を取り止めてから、ほとんど干からびた状態が続いていたそうです。
そして、2017年には大雨が降り、湖になったことがあったそうです。
そのように記録が残るだけ、この湖の出現は珍しいことのようです。


大学生の親世代が泳いでいた湖ですが、今、大学は湖に入ることを禁止しています。

B1b7e71cdc7e44528f3c569da51dd180

 

水質がよいわけではないので、健康被害をもたらすかもしれないという理由からです。
確かに遠目で見るときれいですが、キャンパスの噴水の水質とは違いますよね。
(といっても、こっそりボートに乗っている人もいましたが)

でも、もっと懸念されているのが、人が湖に入ったことによる自然への影響です。
ここは、希少種であるCalifornia tiger salamanderの住みか。
salamanderは日本語に訳すとサンショウウオですが、日本のサンショウウオとは風貌がちょっと違って、California tiger salamanderはこんな感じです。

069ace275a4947389c3558765d1d3cec

(PIXNIOより)

 

人が湖に入ると、このCalifornia tiger salamanderの卵や幼生を殺してしまう可能性が高いとのことです。
それはかわいそう。。。

でも、水に触れなくても、見ているだけで心を癒してくれる風景でした。
下の写真の角度では、遠くにHoover Towerが見えています。

D66b1973053247a889a71317a7d30c37

湖に反射して綺麗です。
実際に見てみたい方は、干上がる前にぜひご覧ください😊

 

| | | コメント (2)

2023年1月14日 (土)

日本のメタバース教育

私が最初にホームページを作ったのは、約30年前。
当時、ホームページを持つ個人は、コンピュータを学ぶ学生やIT企業に勤める人やちょっとオタクな若い人が多い時代でした。

私は動くホームページを作りたかったので、アメリカのサイトでJavaScriptの勉強をしながら、何とか2Dな妖精が飛び回るホームページを作成したのでした。
当時は、そんなホームページが新しかったのですよね😅

 

娘の大学のWeb開発を教える若い教授が、(コロナ禍のオンライン)講義中にそんな時代のことを昔、昔、私たちのほとんどが生まれる前に」と昔話のような語り口で話していたのを小耳に挟んだ時、時間の経過を感じ、私も年を重ねたのね〜と複雑な気持ちでした。

 

現在は、本当にコンピュータ関連の情報に恵まれていると思います。
そして、学ぶ機会もたくさん。

2ヶ月前、大学生の娘がVRのクラスコンピュータグラフィックのクラスを取っていた関係から、そちらの系統に興味が向いていた時、あるニュース記事を見つけました。

東大のメタバース工学部が主催するジュニア講座「メタバースを作ろう」の記事でした。
受講対象者は高校生(中学生でもOK)がメインですが、保護者や教師も可能ということです。
このような講座を無料で開催してくれるなんて。
さすが東大。

ちょっと気になったので、私も参加申し込みしてみることにしました。
Mozilla Hubsにメタバースの空間をSpokeを使って作る、という内容のようです。

メタバースの空間を作るというと大変そうなイメージですが、Mozilla Hubs SpokeのArchitecture Kitを使えば、レゴのように部品を組み合わせるだけでMozilla Hubsに自分のメタバース空間を作ることができます。

講座の開始日までに時間があったので独学してみると、結局、講座が始まる前に、習うであろう内容は全部学んでしまいました。
その分、どのように教育していくのか冷静に講義を見ることができたので、よかったのではと思います。
また、「先に勉強してしまっては、もう新しい知識は得られない」というわけではなくて、未来のVRインターフェースなど、講師陣が現在研究中の内容を紹介する講義もあったので、それがなかなか楽しかったです。

最後の講義の日は作成した作品の紹介もできるということです。
私はせっかく最近CGの勉強をしたので、Blenderで全ての3DCGオブジェクトを一から作って、Mozilla Hubsに展開した作品を紹介してみようと計画しました。
若い人たちに「こんなこともできるんだ!」とさらに学ぶ意欲を持ってもらえたら嬉しいな。
本当に、今の学生たちには色々な機会があって羨ましいです😊


Mozilla Hubs
にメタバースを作るに続く

 

| | | コメント (2)

2023年1月 6日 (金)

大雨のお話&Facebook広告除去方法?

昨日は、また大雨で大変でした。
ベイエリア広範囲に渡って、友人たちの家が停電になりました。

サンマテオに住む知人宅では、土砂が山の方から流れてくるのでポンプで除去していたそうですが、夜中に停電で止まり、仕方がないので朝まで監視していていて大変だったそうです。
何かあれば夜中でも避難しなくてはいけないから、寝られないですよね。
お年なので、大変な労力だったことでしょう。。。


我が家は、家中から3つの懐中電灯を集めて用意していたものの、運よく停電もせずに朝になりました。
今日は雨が上がりましたが、また明後日から雨の予報なので、災害対策を考えていないといけないですね。

 

ところで、友人が、ニュースフィードにたくさん出ているFacebookの広告を消す方法についての説明を投稿していました。
Facebookに限らず他のSNSもですが、友人の投稿の間にたくさん入ってしまう広告が無くなったら確かに見やすいかも。
皆が、ふっと気になって読んでしまう投稿でした。

480d1c2fa91e43e3be7c1839d24098b5

。。。読んでみると、ちょっとおかしい。

その投稿をコピー&ペーストして自分のニュースフィードに投稿する方法が細かく説明されているだけ。。。

これって、単にこの投稿が増殖していくだけということですね💦
つまり、共通の友達が多い友人が引っかかってしまうと、自分のニュースフィードは、この投稿が並んでしまうかもしれないということですね。

何か大きな被害があるわけではないので、それほど悪質ではないのですが。
単なる愉快犯が作った投稿??
世の中、変わったことを考える人がいるものですね😅

 

| | | コメント (0)

2023年1月 2日 (月)

年末の洪水と晴れた元旦

 

この辺りは水が無くて困ることは多いですが、水が多くて困ることはあまりありません。
コミュニティでは「節水して生活しよう!」と言われるので、雨が降ると「これで安心だね」という感じです。

家を買う時には洪水などの天災に関する危険度情報ももらうのですが、うちの場合は特に問題のない場所との表記だったので、市内に洪水リスクがある場所があるのか等、気にすることもありませんでした。


ところが、今期は珍しく雨が多く降りました。

大晦日は洪水のアラートが出て、危険区域の住民は情報交換に忙しくしていました。
その後、メンロパーク、イーストパロアルト、パロアルトなどで洪水被害がでたそうです。

現在も、大晦日なのに駆けつけてくれた優良業者さんの情報や排水に使うポンプの情報などが飛び交っています。
大変な大晦日になりました。

とはいえ、一部、サーフィンをしていた住民もいたそうですが。
とてもアメリカっぽい🇺🇸

Img_1876

(Palo Alto Onlineのニュースより。 Photo courtesy Michele Lew.)

 

元旦の今日は、がらっと変わって、きれいな青空が広がりました。

私の体調は、だいぶよくなりました。

今年はコロナの状況もよくなり、いい一年になりそうな✨

今年もよろしくお願いします😊

 

| | | コメント (0)

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »