« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月30日 (木)

久々のお友達と

娘は大学が休みになり、休暇のために地元に戻ってきた高校のお友達と、久々にスタンフォードショッピングセンターで遊ぶ予定を立てました。

まだ二人とも免許を持っていないので、どちらも親が送迎しました。
シリコンバレーには、就職後も免許を取らない人たちがいるので、珍しいことでもありません。
娘の中学の同級生のお兄さんは、高校の頃から「生涯免許は取らない。そのうち自動運転になるからいい。」と決めていたくらいです。
会社に入っても、大きな会社に入ると会社のバスが走っているし、どこかに行きたくなったらUberやLiftもあるしで、車社会だけど気にならないという若い人たちが周りに何人もいます。
アメリカに来て、まず免許を取らないと、と思っていた私は、もう古い時代の人間なのでしょうか。

さて、昨日のスタンフォードショッピングセンターは、駐車スペースを探してしまうほど、たくさんの人が集まっていました。
いちおう、マスクの人も多いけれど、コロナ前の雰囲気で歩いている人たちも多くいます。

娘たちは、きっちりとマスクをして出かけていきました。

近況報告をし合ったそうです。
お友達の通うMITは、想像以上に楽しく、秋に通い始めてから休暇まで、寮から出なかった日はたったの一日。
だいたい、カフェやショッピングモールに行っていたそう。
びっくり💦

娘も、ほとんど週末は家にいなかったけれど、行っている先はほとんど大学で、グループでする宿題があったり、友達と勉強するため。
その他、課外活動やミーティングが入っていたけれど、行先は大学かバレエ学校。
迎えに行く関係上、GPSを見ても、いつも本当に決まった場所にいて。。。ショッピングモールで遊ぶ時間はありませんでした。
娘からすると、バレエやクラブ活動は遊びかもしれませんが。

娘の高校時代の先生は、
うちの高校生の生活に比べると、大学の生活はもう少し余裕があるよ。
でも、MITの生徒は、もっと大変だという生徒が多い。
そして、スタンフォードの一部の生徒も大変と言っている。

と言っていたそうです。
お友達も、娘も、一部の方なのかもしれません。
(もしかしたら、お友達は すごい天才なのかも。。。)


ショッピングセンターで お互いの大学や生活のお話をしながら4時間近く。
2人は、いろいろなお店にも入ったそうですが、何も買わず。
何も食べず、飲まず、歩き続けたそうです。
出費$0。

コロナが怖いから?
もっと話したり、お店を見ていたかったから?
若いなぁ😵


20211228
数日前の外出の際に駐車場で遊んでいた大量のリス のうちの一匹
こんなに寒いのに。。。

 

| | | コメント (2)

2021年12月23日 (木)

エンジニアリングのトレイニーに

大学では、学期の終わりに教授から貴重な機会を与えられることがあります。

あなたは、〇〇のクラスをとても優秀な成績で終えたので、□□□にノミネートされました。

というようなメールを受け取ります。

〇〇は、数学、コンピュータサイエンス、エンジニアリングなどです。
□□□ は、だいたい先生系のお仕事です。

いろいろな機会が与えられるというのは嬉しいことですが、このメールって単なるノミネート。
そのお誘いを受け入れると、そこからワークショップ(勉強の機会)を受ける機会を与えられ、その後に、インタビューテストが待ち受けています。
また、そのワークショップとインタビューテストが複数回に及ぶ場合もあります。

つまり、チャンスを手に入れようとする機会が与えられるだけなのに、通常、絶対に必要な時間、例えば大学の勉強、宿題、プロジェクト、課外活動、インターンに向けての支度などをしながら、機会を得るために動かなくてはならないのです。
真面目な生徒ほど、アメリカの大学生は、本当に忙しい生活になってしまいます。

大学に行った子供からの連絡が来ない!」という親御さんは、私のブログを読むと、「な~んだ。そこまで忙しいなら仕方がない」と思ってもらえるのではと思います。

娘も、そんな大変な生活をしながら、秋学期、エンジニアリングの授業で、エンジニアリングのトレイニーをしていました。

エンジニアリングの授業をしてくれていた教授の、

君は、とてもラボが素晴らしかった。トレイニーとしてTAのサポートをしてみませんか。

との誘いからでした。

TA(teaching assistant)というのは、教授のアシスタントとして小グループクラスでの授業をしたり質問に答えたりする学生で、通常は院生。まれに学部生がいます。

娘は、ラボが素晴らしかった?
日本人だから手先が器用で、半田ごての使い方がうまかったのかも?🤣

さて、トレイニーのお仕事は、授業や、オフィスアワー(授業時間外に先生が待機していて質問に答える時間)、そしてラボに来た生徒たちの質問に答えたり、テストの問題を考えたりします。
また、教授やTAとのミーティングにも出席する必要があります。
思ったよりも、重いお仕事でした。

トレイニーは、6人いて、娘を含めた2人が2年生残りが3~4年生でした。
コンピュータサイエンス専攻が娘を含めた2人で、残りはエンジニアリング専攻。
女子が娘を含めた2人で、残りは男子
どういう意味でも、娘はマイノリティでした。
(あ、人種はマジョリティです😅

楽しかったのは、TAのシャドウで、TAが講義をした後、教室をまわって学生たちの質問に答えるお仕事だったようです。
娘だけがトレイニーに入った初日のラボでは、

誰か、わからなそうな学生はいるかな」とクラスを見渡していたら、

TAに、
君! 大丈夫? 何か探しているの?
と聞かれたそうで。。。

困っている人を探しているんです。私、あなたのお手伝いです。
と答えたら驚いた顔をされたそうです。
(バレエ化粧していない時は)幼く見える娘は、トレイニーとは思われないのですね💦

学生には、「君、院生なの?」と聞かれ、
2年生です。
と答えると、「僕は3年生なんだよ。専攻は?
などと会話が進み、それを聞いていた周りの学生達からたくさんの(エンジニアリングの)質問を受け、楽しい時間を過ごしたそうです。
女子だと敬遠されるのかと思っていましたが、案外、話しかけやすくていいのかもしれません😌

大変だったのは、テストを受けること。
学生達が受ける予定のテストは、トレイニーが予め実際にテストを受けて、その問題が適切であるかの判断材料にします。
90分のテストでも、4年生のエンジニアリング専攻のトレイニーは36分で解いてしまうので、「やっぱりエンジニアリング専攻の学生は違う! すごい!」と娘が感心していました。

いろいろな活動をして、大学の知り合いが着実に増えていっているようです。
これからも新しい活動で人脈が増えていってくれればと思います。

20211223ラボの時間に、課題の回路を作るためのボード



| | | コメント (2)

2021年12月15日 (水)

配達予定の郵便物を知るサービス

日本の今年の漢字は「」だそうですね。
オリンピック開催の年と考えると、納得です。

このベイエリアで今年の漢字を選んだとしたら、何になるのでしょう。
私が一番に思いつく漢字は「」かなぁ、などと考えてしまいます。

もちろん、一番危ないと感じているのはコロナ
先月は、娘が濃厚接触者に接触してしまったことが増えてきた、と感じていました。
そして、今月になると、娘自身が濃厚接触者になりました。

コロナ陽性者と同じ授業(それも8人だけの小さなクラス)を受けていた、と大学からの通知が来て、ドキドキしながら日々を過ごした後、「今回はセーフだった!」と思ったときには、別のクラスでコロナ陽性者(それも軽症でない生徒達も。。。)と一緒に授業を受けていて、万年濃厚接触者状態でした。
今は年末年始休暇に入ったので、ほっと一安心😌

でも、まだ大学の隔離用の寮にはコロナ陽性の同級生がいて、彼女は何と3回目の隔離生活だそうです。
コロナの陽性経験が何回かはわかりませんが、濃厚接触者でも隔離生活を送ることになるからなのでしょう。
親御さんたちは、首を長くして、娘さんがコロナから回復し、休暇に入る日を待っています。


そんなコロナの危険の他に、治安の悪化があります。
最近は、特に盗難が増えています。

ポーチに置いてある自転車やバックパックが盗まれたり、
玄関前の配達物が盗まれたり、
郵便屋さんの車がこじ開けられて郵便物が盗まれたり、
夜、家の敷地内にある車の部品や車が盗まれたり。。。
パロアルトでも盗難のニュースが後を絶ちません。
もちろん、郵便ポストから郵便物が盗まれる事件も多くあります。

そんな状況なので、最近は、郵便局が今日配達される郵便物を事前に教えてくれるサービスに登録する人が増えてきました。
自分の住所を登録すると、事前に配達物をスキャンしてメールで教えてくれます。
重要な郵便が配達される日は特に注意することができます。

こんなメールが届きます。

20211208usps

私にとっては、ほとんどダイレクトメールが届くお知らせなのですが、時には「あ、今日は友達からクリスマスカードが届く!😆」などと、ちょっと楽しみが増えました。


今年は危険の多い一年でしたが、来年は安全で明るい一年が過ごせるように祈っています

 

| | | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

大学バレエ公演とパーティー

週末は、大学のバレエ団にとって二年半ぶりの公演でした。
夜の公演は早々にチケット完売ということで、本当に大学生の行動力は素晴らしいです。

娘も、大学内や高校時代のバレエ学校にポスターを張って広報作業をしていました。
プログラム作りも広報役員である娘のお仕事なので、当日の午前中まで作業に追われていました。


今回、オミクロン株の影響もあり、どのような公演になるのか、何か大学側から規制が入るのか気になっていたのですが、予定通り、マスクなしの舞台でした。
ただし、舞台袖にマスクテーブルが置いてあり、自分が踊る前にマスクを置き、踊り終わったらマスクをつける、という方法が取られました。

観客は、シアターの入り口でワクチン接種証明書を提示して、チケットを見せるというコロナ対策を行っていました。
シアター内部では、マスクも必須です。

たくさんの人が集まる公演でしたが、いちおうの対策は取られていたので、一般的なパフォーマンスよりは安全かも!?
それでも、あと一週間は少し心配ですが💦


公演には、高校時代のバレエ学校のディレクターや後輩が観に来てくれました。
昔から娘の成長を見守ってくれた友人たちも来てくれたので、地元というのは、こういう時ありがたいですね😊

無事に、公演は終了。
皆で写真を撮りました。

20211206nut1 

一緒に踊った先輩とも写真撮影。
彼女は、MITを卒業して、スタンフォードではドクターの学生さん。

20211206nut2 

さて、公演の後は、片づけをしてから、打ち上げパーティーがあったそうです。
夜9時まで公演があるので、パーティーは夜10時から
娘は、「大学生のパーティーだから、明け方まであるのかなぁ」と案内を見たら、一時間で終了する予定だったそうです。
それにはびっくり!
確かに、翌週は学期末テストの週なので、長い時間パーティーで時間を取れないのですね。

パーティーでは、プレゼント交換をしたそうです。
あらかじめ、自分が誰へのプレゼントを用意するのか、親睦役員から聞き、プレゼントを用意します。
娘は、数学専攻のタイ先輩がプレゼントを受け取ることになっていたので、こんなプレゼントを。

20211206nut3

数式がデザインされたタイ(ネクタイ)です。

プレゼントは、順番に自分のプレゼントを開けて、誰がそのプレゼントを贈ってくれたと思うか当てるゲームに使われたそうです。
タイ先輩は、まだ知り合って間もない(去年はオンラインだったので)娘が選んだプレゼントだとは思わなかったそうです。

僕の名前からタイで、数学専攻だから数式デザインなんて。
 こういうシャレのプレゼント、最高だよ!
 今度のフォーマルなパーティーでつけていこう。

と大喜びしていたそうです。


パーティーは その後。。。やはり、大学生にとって お酒はものすごく一般的のようです。
皆(年齢に関わらず)、お酒を飲んでいたそうです。
一番人気は、Bud light seltzer!

でも、娘を含め、3人だけはお酒には手を出さなかったそうです。
そのうちの一人は、今年トランスファーで入ってきた3年生。
前から、その言動から「お嬢様なのだろうなぁ」と思っていた女の子で、ショックを受けた顔をしながら、ひっそりと会場の端にいたので、娘は もう一人の飲酒しない学生と一緒に、その子のところに行ったそうです。

小さな声で、
私、どうして、皆がお酒を飲みたがるのかわからないわ。
私は、お酒を飲んで理性を失うのは怖いし、身体によくないとも思うし、そんなにおいしいものだとも思わないのに。

とやはりショックを受けていたようなので、その後は、素面三人組で普通の会話を楽しんでいたそうです。
大学生でも、そういう子達もいるのですね。。。

娘は、高校でも大学に入ってからも、いつもアジア系の友人ばかりに囲まれていたので、このパーティーではやっと文化の違う生徒たちと親密になれてよかったのではと思います😊

 

 

| | | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »