« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月31日 (日)

マスクのアップグレード


日本から友人に送ってもらった分子マスク
ワイヤーをつけてフィット感が増すように変更し、更に安全にして娘に使用させていました。

ところが、長いこと使っていると、ワイヤーが劣化して折れてしまうということに気づきました。
そうかぁ。だから、100回洗濯しても効果が落ちないこのマスクは、仕様としてワイヤーを入れることは不可能だったのね。

ということで、アップグレードを考えました。
ワイヤーは交換可能にしたい!ということで、ワイヤーのための小さなポケットをつけることにしました。

ポケットの生地は薄くなくてはいけないし、肌触りがよくて蒸れなそうなのがいいな。
その上、ワイヤーの出し入れをするのだから摩擦力が大きすぎず、強度もあって。。。といろいろ考えました。

そうだ!
残っていたバレエチュチュのインナー用生地を使おう!
色もベージュでマスクの裏地とも近い色です。

下の写真は、バレエチュチュインナー用の生地と、縫い付け&洗濯可能な市販のマスク用のワイヤーです。

20211030

出来上がったのは、こんな感じのポケット。

20211014
マスク用ワイヤーを適度な長さに切って、横から挿入します。

作ってから数週間経ちますが、特に使い心地や耐久性に問題は出ていません。
バレエチュチュのインナー生地が手元にある人はいないかと思いますが
、古い夏用の薄いコットンのタンクトップを利用するのでもいいかもしれませんね。

 

| | | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

大学の寮生、コロナ隔離生活とは

大学では、コロナ検査で陽性が判明すると、キャンパス内にある隔離施設(本来は院生が使う住居など)に隔離されることになっています。

20211026

キャンパスでの隔離生活が、どのようなものなのか、ちょっと気になりますよね。
先日、コロナに感染して隔離生活を送った、ある生徒のインタビューが大学新聞スタンフォードデイリーに出ていたので、参考になりそう(?)な部分を要約します。
この生徒は、幸運にも軽症だったので、隔離施設で通常の生活をしていられたようです。


感染発覚後、大学からはどうすべきか何かアドバイスを受けましたか?

私が陽性を知ったのはPalo Alto市のアージェントケアで、大学のシステム外でした。
そのため、自分で大学のヘルスセンターに電話しました。
そして、大学のヘルスセンターからのメールを受け取って、隔離生活に入る手順を知りました。
その後、小さなスーツケースに荷造りして、隔離施設の部屋のカギを受け取りに行って隔離生活に入りました。


隔離施設の部屋はどんな感じでしたか?

キッチン、ツインベッド、私専用のバスルームがありました。
ただ、キッチンキャビネットにフォークやスプーンがありませんでした。
もし、隔離されることになったら、ポットやフォーク、スプーンなどを持っていくといいかも。


食事はどうしていましたか?

ドアのところに日に2回、食事が配られます。
オプションで3回にすることもできます。
私は友達がお鍋を持ってきてくれたので、マカロニ&チーズをよく作って食べました。


出席できなかったクラスはどうしましたか?

授業を取っている教授たち全員に 、私がコロナ陽性になって隔離生活をしていることをメールで知らせました。
教授たちは全員、Zoomで受講できるようにしてくれたので、授業に遅れることはありませんでした。

私が取っているクラスの生徒達は、皆、クラスから陽性者が出たとの連絡メールを受け取ったそうです。
私にはクラスメートから「誰が陽性だったんだと思う?」とテキストが来ました。
それ、私!🤣


隔離生活に必要なものは何かありますか?

学校の物はもちろんだけど、本。
大きな枕。
備え付けの枕は小さい気がしました。
DayQuil(風邪やインフルエンザの薬)、Advil(頭痛薬)、咳止めドロップなどがあるといいです。


隔離生活を楽しむためにしたことは?

友人たちとFaceTimeしました。
あとは、Netflixを見たり、ギターを弾いたり、写真を撮ったりしていました。


その後、2回のコロナ検査で陰性が出て、現在は無事に寮に戻ったそうです。
軽症だと、部屋の中で自由に過ごせるのですね。
でも、遠くにいる親御さんは、重症化しないか心配で仕方がなかったかもしれません💦
元気に元の生活に戻れて、本当によかったです。

これから寒くなっていきますが、皆が健康で平和に過ごせますように

 

| | | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

大学での新しい出会い


娘が大学への入学後、このご時世ではありますが、着々と友人が増えてきました。
一年生の頃は、まだネットでしかコミュニケーション方法がなかったので、Facebookの大学同級生グループからのサーチで娘に友達申請が来て知り合うことが多かったです。
その後、メッセージをやり取りした後、Zoomで仲良くなり、2年生になり大学に通い始めてから実際に連絡を取り合って会った友人もいます。

同じ高校から同じ大学に行った子からも、Facebookの同級生グループからのサーチで連絡が来たそうです。
その後、一年生のうちに同じクラスを取り、Zoomで話した時には、

僕たち、同じ高校だったよね。」と言われたそうです。
うん。一緒だったわよね。同じクラスを取ったことはないから話したことなかったけれど。
え、経済学で一緒だったよ。
??

どうも彼は、娘と他の女の子がごっちゃになっていて、連絡をしたようです😅

娘は後から

彼と同じ経済学のクラスって、あの子かなぁ。
 MITに行った友達の一人だから、同じようなタイプに見えるかも。

アルバムの写真を見せてもらうと、どう見ても別人!
やはり、白人男子がアジア系女子の見分けるのは困難なものなのかも、と二人で納得しました。

そんな おかしなエピソードがありながらも、クラブ活動も含め、徐々に友人が増えていきました。


ところで、先日は、数学のクラスで知り合った友人とランチの約束をしていました。
でも、友人はその次のクラスの宿題が終わらず、昼食を取る時間が無くなってしまったので、娘は一人でスタバ(キャンパス内)でランチを買って食べることに。

会計に行くと、数週間前と変わって、アプリからのネットオーダーしか受け付けないシステムに変更になっていたそうです。
その告知のボードを眺めて困っていると、隣から

困ったわ。ねぇ、このやり方って知ってる?」と声をかけられたそうです。

私も知らないの。

と会話した後、それなら二人で他のお店に行って食べましょうという話になったそうです。

彼女は、偶然にも同級生。
話がはずんで、次に予定していた授業を人生初サボり(Zoomビデオが公開されているので出席の必要がなかった)。
最後には連絡先を交換したそうです。

20211021      (↑こういう場所で食べています。)


袖振り合うも多生の縁と言うのでしょうが、こうやって友人が増えていくのはいいですね。
若いなぁ。。。
なんとも羨ましい大学生活でした😊

私が同じよう方法で ご縁を求めたら、相手から宗教勧誘かマルチまがい商法の勧誘かと警戒されてしまいそう💦💦



 

| | | コメント (4)

2021年10月16日 (土)

大学バレエ団員、急増!

娘の大学のバレエカンパニーは、学生が運営する組織です。
予算、活動計画から、新団員の合否決定まで、すべて役付きの人たちが決定し運営しています。

今年度は、娘も運営の役員に仲間入りしました。
実は、配役だけでなく役員決めも年功序列です。
そのため、やりたかったコスチュームの役員は人気なので先輩に譲り、広報の役員を引き受けたそうです。

娘の高校時代、バレエ学校での広報役員というと(もちろん役員は子供自身ではなく親だったのですが)パフォーマンスのパンフレットに載せる広告を求めて、かかりつけ医や家を購入した時の不動産屋さんに声をかけたり、近所のレストランやお店などをまわって広告を出してもらえないか交渉するという、ものすごくエネルギーのいる重要な役員でした。
もちろん、口下手な私などでは務まるわけもなく、広報役員の友人の話を聞いては「私には一生できない」と尊敬の念を抱いていたのを思い出します。

大学での広報役員は、バレエカンパニーのウェブサイト管理やSNS管理、またパフォーマンスの広報などを行うそうです。
大学のバレエカンパニーの場合は大学から予算が出るので、資金獲得作業のような大変な仕事はないようです。
本当に、スポンサーがいるということは有難いですね。


先日、娘は新団員の合否決定会議に出席してきました。
といっても、とっても緩いカンパニーなので、合格基準は高くありません。
高校時代の大きな活動実績がバレエだった生徒は通常、合格だそうです。

そして、娘は会議に参加してみてびっくり。
今年は、例年になく、多数の入団希望者がいたそうです。
20人近くの新団員が入ることになったので、一挙に団員数が倍近くになるそうです。

なぜ、急にバレエカンパニーが人気になってしまったのかは全く想像がつかないそうなのですが。

一つ、思いつく理由は、今年の新入生にバレエカンパニーに入る可能性のある有名人が二人いることくらいです。
一人は、ロイヤルバレエ団のプリンシパルダンサーだったベアトリス・スティックス・ブルネルさんがバレエ団を辞めて次のキャリアを求めてスタンフォードに入学しました。
もう一人は、ビルゲイツの娘さん

とはいえ、実際に入団するかもわからないのに、そんな理由でバレエ団の入団試験を受ける人がいるのか疑問ですよね💦
そして、結局、その2人の有名人は合否決定会議にかけられていなかったそうです😅

でも、たくさんの新入生が入団して、華やかになりそうです。
大学のスタジオでの練習も始まって新しい生活になりました😊

 

| | | コメント (2)

2021年10月12日 (火)

大学生、夜の生活は違った!

大学の新年度が始まって3週間。
新学期が始まって一週間後の新規感染者は学生が8人、職員が7人でした。
その前の週の学生新規感染者数は26人だったので、ずいぶん減少しています。

大学のコロナ対策について前に書きましたが、外でさえもわりとマスクをしている人が目につくので、個人個人で気を付けていての減少なのかなぁとも思えました。
といっても、9月27日を最後に感染者の報告がまだ出ていないので、本当に減少しているのかはわからないのですが💦


娘は、バレエ団に所属している他に、友人に誘われてコンピュータ系のクラブにも参加するようになりました。

今のところ、どちらも週に一回のミーティングや勉強会などがあるので人に会う機会も多いです。
平日どころか土日のどちらも大学に出かけています。

先日は、上級生の寮に出かけてきました。
寮の外でのミーティングで、日が落ちてからの開催でした。

20211004_dorm

いい雰囲気の寮がたくさんある地区でした😊

ミーティングでは、誰一人、マスクはしていなかったそうです。
確かに、寮のある地区だと、自分の家の感覚でマスクをする気分にはならないのかも。
娘だけは身体に自信がないので、マスクをしていたそうです💦

寮でのミーティングだとマスクをしないのかと思っていたら、その後、同じ場所で昼間にミーティングがあった時には、30%以上の学生がマスクをしていたそうです。

ということは。。。

夜になると誰もマスクをしない生活になるのかもしれません。
夜までマスクしていたくないのは気分的にはわかりますね😅

 

さて、この週末、友人が娘さんの大学のファミリー・ウィークエンドに行って来たら、屋外では人で込み合っていても誰一人マスクをしていなかったそうです。
自由を求める南カリフォルニア!
(写真はボヤけさせています)

0ed3421549254cc3940ee7a71c04dc47

スタンフォードは厳しいのですね。
週に一回のPCR検査に加え、屋外でも大人数で集まる時にはマスクをするように言われます。
早くコロナを気にせずに生活できるようになるといいのですが。

 

| | | コメント (2)

2021年10月 5日 (火)

大学生、今年増えたのは?

 去年、大学に入学した娘ですが、コロナでリモート授業になったため、ギャップイヤー(一年、入学を送らせる制度)を取った同級生は多くいました。
そのため、今年の大学全体の学生数は例年よりも多くなってします。

その弊害として、事件などが多くなるのではと心配されていました。
(もともと、大学では秋学期に事件が多くなる傾向があるそうです。)
現在、どのような状況になっているかというと。。。今年、急性アルコール中毒でスタンフォード・ホスピタルに送られた生徒がとても多いそうです。

下の表は、毎年9月にスタンフォード・ホスピタルに運ばれた人数です。

  2016年 2017年 2018年 2019年 2021年
一年生 0人 3人 3人 2人 4人
二年生以上 2人 1人 5人 1人 6人
合計 2人 4人 8人 3人 10人


今年は一年生の人数が例年よりも多いことから一年生で酩酊した生徒が多かったとも考えられますが、二年生以上の生徒でもたくさんの生徒が病院に運び込まれています。

病院に送られた人数が10人というのは、大学全体から考えるとそれほど多くないと感じるかもしれませんが、大学にとっては大きな懸念事項だということでした。
それはそうですよね。最悪の場合はレイプ事件になったり、命を落とすこともありますから。

アルコールやドラッグに関する教育は大学でも行っていますが、家庭でもできることはあります。
大学がアルコールやドラッグ問題で親に望むことは。。。親子間のコミュニケーションだそうです。

とはいえ、親がコミュニケーションの一環としてアルコールの話をしようとすると、子供は自分が信頼されていないと感じるらしいのです。
特に10代などの若い生徒は、親を信頼し、親に信頼されていると感じている状態の時にはアルコールの量が少なくなる傾向があります。
(え? 10代でアルコール??)

疑念を抱いているわけではなく、助けになりたいと思っているという雰囲気で話しかけるのが得策だとの提案がありました。
例えば、

あなたを信じているのよ。
あなたがお酒やドラッグについて、健康を考えて行動すると信じているわ。
だけど、お酒やドラッグというのはとても重要な問題だから、あなたがどのようにすればいいのか考えるための手助けをしたいのよ。
あなたがどうしたらいいのか情報を共有したいわ。
いろいろお話したいの。

というように話を進めていく方法が効果的。

また、子供は飲酒したりドラッグを経験していることを親に知られると、なにか制裁を受けるのではないかと恐れている場合が多いそうです。

私がドラッグしたことあるって話したら、どうなるか想像がつくわ。
私の学費を止めるって言うんでしょ。

と思っているらしいのです。

それには、

私、絶対に制裁なんてしないって約束するわ。
ただ、会話したいだけなの。
大学に行くということは、大人への一歩を踏み出したということなの。
私はあなたの言う事を真剣に聞くから、きちんと私と向き合ってほしいの。

などと安心させる必要があります。

そして、子供と話をする時には、ゆったりとしている時間を選ぶようにとのことです。
お互いに落ち着いた気分のとき、例えば、夕食時だとか、ランチに連れ出すとか、二人でゆっくり話せるタイミングを見つけるのがいいらしいのです。

なるべく、議論にはならないように。
あなた、(こうだから)」などというフレーズを使うと子供は防衛体制に入ってしまうので、代わりに「私、(こういうのを心配していて)」というような表現で、円満に会話をすることを心掛けるようにとの説明書きがありました。

うちの子供はアルコールには興味がない」というのは神話で、「スタンフォードの80%の生徒は過去一年以内にアルコールを飲んでいる」というのが現実だそうです。
きちんと向き合わないといけない問題なのですね。

とはいえ、うちの娘は飲む気がないと話していました。
理由は、
飲んだママを見て、私は飲んじゃいけないって思ったから。
だそうで。。。💦💦 💦

 

| | | コメント (4)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »