« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月28日 (月)

大学合格理由の説明を受ける

大学に入学すると、学生はFERPA(Family Educational Rights and Privacy Acts:家族の教育上の権利及びプライバシー法)に基づいてAdmissions Fileにアクセスすることができます。このファイルには、合格を検討した時に何を評価したかの情報が入っています。(18歳以上の生徒の場合は親は見る権利がないので、お子さんが「やだよ」と言えば知る権利はないそうです💦)

大学によって、このファイルへのアクセス方法は違うのですが、COVIDの問題がある現在、娘の大学ではネットで閲覧の予約をし、家からZoomで担当者から情報を読み上げてもらうという方式が取られています。
通常1カ月待ちと聞いていましたが、あまり忙しくない時期(もうAdmissons Fileに興味のある生徒はチェックを終えた後)なので、ほんの数日後に予約が取れました。

情報を読み上げてもらう時間は30分以内。
娘はZoom越しに写真付きの身分証明書をカメラに表示させて本人の確認をした後、コンピュータと筆記用具だけ持ち込みが許されて、読み上げられた情報を素早くメモすることができたそうです。録音、録画は不可でした。

そして、娘が何を大きく評価されて合格したかを知ることができました。

最も大きく評価されたのは、3つの分野における、国際コンクール、全米コンクール、世界的に超有名な企業での実績でした。
米国のファイナリスト、金賞を続ける、インターンをする、2位を取った、というような目に見えてわかる内容が大きく評価されたということでした。

その他、成績(APクラスの数やテスト結果を含む学力系の全て)、エッセイ(エッセイスキルと人格)、三カ国語が堪能(活動から証明)、アートポートフォリオの評価(バレエのビデオ提出)もとても大きく評価されていました。

まぁまぁ評価されていた実績内容は、STEM系大学の日英翻訳者(長期間)、バレエインストラクター(長期間)、高校オーケストラでのバイオリン(2年間)、海外被災地ボランティア(夏季)、海外の大学での物理リサーチ(夏季)、家庭教師(長期間)でした。

反面、特に言及されていなかった活動内容は、APテストの結果で付随的に取れた賞の数々、サンフランシスコバレエのサマーインテンシブ(4回)、バイオリンのプライベートレッスン(9歳から。コンクール経験なし)、高校内で表彰された受賞歴、高校クラブ活動(副部長)、某組織からのスカラシップなどです。


出願時に Common App(入試願書)で娘なりに順位付けして記述したものが、その順に関係なく、大学側の評価基準によって評価されていました。(順番付けに神経質になる必要はないようです。)
サンフランシスコバレエのサマーインテンシブは世界からの生徒募集なので合格するのは大変なのですが、コンクール実績の方が大きく評価されて、大学の評価からは消えてしまうようです。
つまり、いろいろな分野で、高く評価される活動をするのがベストです。
(一分野だけでも「世界で一位!」などと超輝かしい実績があれば、多くの分野で評価される必要はないのだと思いますが。)

結局、世界や全米規模の実績が大きく評価されて、高校での活動は評価がありませんでした。
高校のクラブ活動を立ち上げて部長や副部長になる、というのは、娘の高校で最もよく行われる手法なので、ものすごい数のクラブ活動がありました。大学はそういう情報も持っているので、その程度の活動では評価しないよ、ということなのでしょうね。(注)娘は日本人です。
(これも、高校外で評価の高いクラブ活動になれば話が変わると思います。)

評価された情報はカテゴリ分けされ、テストスコア、高校の評価、サポート(推薦、レガシー、リクルートしたアスリート、教授子息/息女)、課外活動、自己表現に分けられ、それぞれ1~5の評価が付きます。
(1が一番よい)

そして、総合評価として1~5の評価が付けられ、だいたい1~2の生徒が合格。2-や3+の生徒が合格か補欠に割り当てられることが多いそうです。

また、情報にはタグが付けられることがあり、それぞれ「レガシー&教授子息/息女」タグ、「リクルートしたアスリート」タグ、「家族で最初に大学に行こうとしている生徒」タグ、「寄付金をした家庭」タグ、「マイノリティ」タグなどがあり、評価に影響を与えることになります。

近年、いろいろな生徒がSNSでAdmissions Fileの結果を自分の成績や課外活動とともにあげているのを見ると、つけられたタグによって同じテストスコアを取っていてもテストスコアカテゴリの評価でさえ違っている場合があることに気づきます。
アジア系には状況が厳しいですが、合格の可能性がないわけではありません💦

今回の記事が、後に続く方々にとって参考になれば幸いです。

 

| | | コメント (10)

2021年6月23日 (水)

大学の夏学期に向けて入寮!

今日から夏学期が始まりました。
娘の大学では、通常、4学期中3学期取る(追加の学費を払えば4学期取ることも可能ではある)のですが、夏学期を取ることにした同級生たちがいよいよ入寮可能になりました。

生徒たちはもちろん、親御さんたちも大喜びのようです。
親御さんたちは入寮時に所持した方がいい物の情報交換をしていました。

今、一番必要だと思われているものは、扇風機!
大学の寮にはエアコンがないので、最近の猛暑の中の入寮で暑さに驚いたようです。
複数の扇風機を持ち込んだ方がいいと言いあっていました。
日本で見るような扇風機(のちょっと大きい物)を2台持ち込む学生や、1台の扇風機と窓に取り付ける扇風機を持ち込む学生、卓上の扇風機も追加して持ち込む学生。。。扇風機をどこのお店で見つけたかの情報も飛び交っています。

私は扇風機といえば幼少期しか使用したことがなかったので、窓に取り付けるタイプの扇風機は初めて知りました。
アメリカではどうも珍しい物ではないようです。
こんな感じの扇風機です👇

20210621windowfan

窓の大きさに合わせて、左右から羽根のようなものが伸びて固定できるようです。
2台の扇風機を置くよりも、一台は窓に取り付けるタイプの扇風機にした方が場所の節約ができてよさそうですね。

その他、個人用のゴミ箱、ゴミ袋、バスマットを持ち込んだ方がいいと話している人もいました。

バスマット??
話していた親御さんのお子さんは、小人数でバスルームを使用する新しい寮なので、バスマットが必要なのかもしれません。

一般に大学の寮では、バスルームに入るときにはシャワー用のサンダルを利用した方がいいと言われています。
娘も高校の先生から「大学の寮に入るときに気を付けること」の一つとして聞きました。
世界各地から人が集まる大学のバスルームには、自分が慣れていないバクテリアが存在する可能性があるので、感染から身を守るための手段だそうです。
某大学の生徒は、シャワールームの中でトイレの中に流すべき個体が落ちているのを見たそうです。
そうやって、いろいろな経験を積んでいくのですね💦

 

| | | コメント (4)

2021年6月16日 (水)

コロナで大学の入寮義務は?

アメリカの大学では、新入生である一年生時に寮に住む義務のある大学が多いです。
公立大学のカリフォルニア大学では、50マイル以内(約80km以内)に自宅がある場合は義務が免除されるそうですが、私立名門校は通常、どんな近くに自宅があっても一年間は寮に住む義務があります。
(寮があるから、遠い東海岸の大学でも安心して受けられるという生徒たちもいます。)

でも、同じ大学の友人をたくさん作れると考えると、どう考えても寮生活が楽しそうなので、普通は義務と思うこともなく寮に入るのを楽しみに待つ生徒が多いです。

さて、娘も一年生時には寮に住んで、二年生から節約のために自宅から通学するのがいいかなぁ、でも、娘が寮に住みたいのなら入寮を続けてもいいし、と軽く考えていました。

ところが、このコロナ騒動。
オンライン授業になってしまったので、入学時の寮もオンラインの寮になってしまいました。

現在は、だいぶコロナの状況が落ち着いてきたので、驚いたことに今月26日からは居住区のマスク着用が不要になるそうです。
それも、建物の外も中も!
この急展開は想定外でした。

ということは、秋は当然、皆がマスクなしで密の状態になるのですよね。
寮の中、普通の生活が始まって大丈夫なのか心配。
いったいどのくらいの生徒が本当にワクチンを打った状態なのかもわからないのに。
娘は、高校時代の不明なバクテリア感染が本当に大変だったので、以来、未知のバクテリアやウィルスに恐怖感を持つようになり、自分の健康に自信が持てなくなりました。

もう、バレエ団に属して仲間もできているし、同級生の友達もできているので、今、危険を冒してまで秋に入寮しなくてもと考えるようになりました。
そこで、まだ一年間の入寮義務を終えていないとはいえ一応は2年生なので、ひょっとしたら入寮時期はずらして春などの暖かい危険度の少ない時期からの入寮にして、当面は自宅通学にしてもらえないか、大学に問い合わせてみました。

すると、大学から回答が来ました。
スタンフォードの入寮の義務は、新入生と編入生だけです。
 あなたは秋から二年生なので、地元の生徒として自宅から通学できます。
 今後、好きなように計画して問題ありません。

びっくり!😵
コロナのために、一年の義務が飛んでしまいました。
でも、好きなように計画して構わないと言われたのは、健康不安がある娘にとってはとても幸運でした。
とりあえず、秋冬は自宅からの通学に決定!


さて、娘の友人の多くが通うカリフォルニア大学バークレー校では、今年は新入生の入寮義務が変更になるそうです。
今年は、全員の新入生に入寮させられるだけの寮がないかもしれないからです。
娘と同学年の生徒達でギャップイヤーを取った生徒たちが多かったからでしょう。
新入生に優先度をつけ、奨学金を受けている生徒、障害のある生徒、経済的に救済が必要な生徒、入寮する必要があるプログラムに入っている生徒、そしてアスリートの生徒から寮が決定し、寮が埋まってしまった場合は自分でアパートを借りるなどして住居を確保する必要があるそうです。

パロアルトは、バークレー校から約40マイル(約64km)。
娘と同じ高校だった生徒たちは、通学も不可能ではない距離とみなされて寮が与えられない可能性がありそうです。
(不可能ではないけれど、かなり大変なのに💦)
まだまだコロナ騒動は終わりませんね
😥

 

| | | コメント (4)

2021年6月11日 (金)

ワクチンと大学

来年度、ワクチン義務化の大学が続々と増えていますが、スタンフォード大学は早々にワクチン義務化を打ち出していました。
カリフォルニアは義務化の大学が多いです。
とはいえ、宗教上の問題と健康問題のある生徒は免除されるので、本当の義務化ではないのですが。

一般に、大学生がワクチンを打ちたくない場合、健康問題での免除を得るのは難しく、宗教上の問題での免除の方が楽だと言われています。
それでも、手続きが面倒なので、偽造カードを作ったり、買ったりする人が出てくる心配があるそうで。。。

そういった犯罪が今や社会全体で問題視されています。

CDC予防接種記録カードは、とても簡単に偽造できるただの紙のカードなので、当初は数十ドルで違法に売られていた記録カードが今では10ドル前後。
The Washington Postの調査では、ある州の薬局に努めている薬剤師を名乗る人がネットの販売サイトを使って二週間で100枚以上売り上げていたそうです。

「CDC予防接種記録カード用クリアカードケース一つ $9」などと出店されていて、
高い! これはひょっとしてカードケースではなくて。。。」

と買ってみると、カードケースは送られてこず、代わりに無記名の記録カードが一枚送られてきたとか。
すごい暗号ですね。
犯罪者みたい!(って、犯罪なのですが)

でも、大学へのワクチン証明は、記録カードをスキャンしてアップロードするだけなのです。
わざわざ偽造(本物のカードの横流し?)を入手しなくても、偽造問題のニュースサイトに出ている記録カードの写真をダウンロードして、名前を書き込んで、という少しの作業で簡単にワクチンを打ったという証明を作れてしまうのですよね。
解像度のいい記録カードを「偽造のしやすい現在のCDC予防接種記録カード 」などと説明しながら載せているサイトを見るたびに、こんな写真を出すのは危ないのではと心配になってしまいます。


大学からは、記録カードのデータを7月17日までにアップロードするように言われています。

そのため、春学期が終了した今、娘とワクチンを打ってきました。
夏学期まで二週間しかないので、第二回目のワクチンは夏学期にかかってしまうのですが、(テストの多い)学期の最後にワクチンを打つより学期の最初に打った方が まだ勉学への影響が少ないだろうと今になりました。
副反応が大きくありませんように✨
(今、相当肩が痛いですが
😥


| | | コメント (2)

2021年6月 5日 (土)

養子の子たちが巣立つ時期

娘が後輩の女子高校生と話をした後、

後輩に大学受験のこと、いろいろ聞かれたの。
 それで、大学の費用はどうやって払ったかって聞かれちゃった。

と言いました。私が

今の時代、ネットでサッと払うだけよ~!

と笑いながら答えると、そういう意味ではないと。。。

聞いてきた後輩の女の子は兄弟、全員が養子です。
高校卒業までは親に甘えていられるけれど、その後の人生、つまり大学の費用について自分なりに考えなくてはいけない時期にきているらしいのです。

後輩に聞かれたとき、娘は、
全額、親に払ってもらっているけれど、将来、働くようになったら少しずつ返そうと思っているよ。
と答えたそうです。
(え~!そうなの!?
😵)

 
そういえば、娘と同級生だった女の子(彼女も養子)は、高校卒業と同時にたくさんアルバイトをしだしました。
それも、週に15時間も!
通勤時間を考えると、いったいどれだけの時間を費やさなくてはいけないのでしょう。
アメリカの大学生活は日本よりも大変で勉強に追われるので、よく時間のやり繰りができているなぁと感心してしまいます。

でも、彼女、高校までの教育費は、娘の教育費の倍以上はかかっていました。
(娘の夏の活動は、通えるサンフランシスコバレエや、大学や企業が費用を出してくれるインターンや研修生だったので、通常の生徒より安価だったというのもありますが。)

そんな親御さんの経済状況を考えると、親御さんが公立大学に通う娘さんに週に15時間もの労働を強制するようには思えないのです。
彼女は自分の出自を知っていて、もし今の両親に育ててもらえなかったら、どのような生活をしていたかがわかるので、「私は小さいうちに白人夫婦の養子になれてラッキーだった」と言っていました。
そう考えると、これ以上、お世話になるのが心苦しいのかもしれません。
また、親御さんはかなりご高齢なこともあり、自分がいなくなった後を考えて、娘さんが自分だけで生きていかれるように、しっかりとした意識を持つように育ててきたのかもしれません。

この地区では、親が大学の費用を全額払うのは普通で、それも安価で規模の大きい公立大学よりも、高額で細やかにサポートしてもらえる私立大学が人気です。
そのような傾向を知っている娘の高校(公立!)のカレッジカウンセラーは、

そんなに公立大学をいくつも受けない方がいいわよ。
 絶対に、リベラルアーツカレッジのどれかにした方がサポートがいいんだから!
 卒業生たちも、そう感じているのよ。

と、学費の高~い私立大学をいくつも勧められました。
(東海岸のカレッジに行くことになった日には、生活の様子を見に行くにも、バレエのパフォーマンスを見に行くにも、飛行機やホテルと かなりな出費になるなぁ、でも、皆、してることなのでそんなものなのか?と漠然と考えていました。)


娘が高校の頃、授業中に クラスメートの男の子が先生に、

僕だけ、こんなの当たっちゃうなんてフェアじゃないよー

と叫んだとき、先生が

諦めなさい。そもそも、人生はフェアなものじゃないのよ!

と言ったそうです。
確かに、人生はフェアじゃない。。。

逞しく育っている娘の友人たちを見て、努力に見合った いい未来が待っていますようにと こっそり祈ったのでした。


。。。それにしても、娘は本当に学費を返すつもりなのでしょうか

(後輩に気遣って言っただけの気がします😅 )

20210605

| | | コメント (5)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »