« 病気になれない高校生活 | トップページ | 大学生が遊ぶ日本の知育菓子 »

2021年2月23日 (火)

白いチュチュの製作過程

娘が高校時代に作成したバレエのチュチュについて、記事にしていなかったので書きました。

このチュチュは、私の4つ目(たぶん)の作品になります。
そして、娘が一番長い年月着たのではないかと思う、思い出深いチュチュです。
スノークィーン、(チュチュのスカート部分だけ、それも一番上の一円は入れ替えて)初年度のシュガープラム、ガムザッティなど、高校二年生からずっと着ていました。

まず、チュチュのスカート部分のプリーツです。
すごくたくさんの待ち針を用意して、手作業でネットのプリーツを作っていきます。

Whitetutu1

この時のスカート部分は、13枚くらいのレイヤーだったでしょうか。
プリーツの終わったレイヤーは、皴がつかないようにかけておきます。
バレエバーが役に立ちました。
(このバレエバーは、オンライン授業の今は頻繁に使っていますが、当時はバーとしてよりチュチュ作りに貢献していました😅 )

Whitetutu2
全部のレイヤーが完成したら、一段一段パンツ部分に縫い付けてチュチュのスカートを完成させていきます。

出来上がったら、逆さにして、一段一段アイロンでスチームを当てて整えます。
かける前はゴム止めして、一段一段外してスチーム作業します。

Whitetutu3

チュチュのビスチェ作りも同時進行で。
Whitetutu4

ビスチェ部分とスカート部分が出来上がると、だんだん先が見えてきます。
二つ合わせると、こんな感じです。

Whitetutu5

次は、チュチュのスカート部分の上にかぶせる、一円の作成です。
ネットで探して購入したレースやアップリケを組み合わせてデザインしていきます。

Whitetutu6

デザインが終わったら、スワロフスキーをつけて飾り付けていきます。
飛ばないように、そしてピンセットで取りやすいように、キッチンペーパーの上に載せておくと簡単です。

Whitetutu7

チュチュのスカートに載せる一円の出来上がりです。

Whitetutu8
チュチュのスカートに載せると、こんな感じになります。

このチュチュは、スカート部分のウェスト部分にゴムがつけてあるので、ビスチェの裏側に付けたボタンを通すと、縫い付けなくてもビスチェ部分とスカート部分が結合するようになっています。

Whitetutu9

ビスチェ部分にもアップリケやスワロフスキーなどの飾りをつけます。
そして、ビスチェ部分とスカート部分をくっつけて終わりです。

この後、パドドゥを踊るときには、男性ダンサーが指をひっかけるといけないので、ビスチェ部分とスカート部分はしっかりと縫い付けます。
ただ、スカート部分を別のビスチェにつけて使いまわす場合などは、このようにボタン付けができるようにすると楽なのです。

白いチュチュの出来上がり!

Whitetutu10

 

| |

« 病気になれない高校生活 | トップページ | 大学生が遊ぶ日本の知育菓子 »

バレエとダンス」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

コメント

すごい!の一言です。素晴らしい出来上がり。お疲れ様でした❣️エミリーちゃんは、のりこさんがお母さんで本当にラッキーでしたね💕

投稿: 有座なぎさ | 2021年2月24日 (水) 13時31分

なぎささん、ありがとうございます!
そう言っていただけると嬉しいです。

ただ、もっとお金持ちのママは 一着$3,000のチュチュを何枚も買ってあげられるので、子供は もっとラッキーなのだと思います😅

投稿: りり | 2021年2月24日 (水) 20時05分

とてもきれいなレースですね!大きな一円レースがどこで売ってるのか?とまじまじとみてみたのですが、これは作られたのですね!ネットの上にレースアップリケを乗せてるのでしょうか。丁寧な美しい仕上がりで驚きました。私もドレスの制作をしてるのですが、つい、雑さがでてしまいます。。。今月、パロアルトに引っ越してきました。娘は学校に慣れてきたようですが、私はまだまだで、小児科や歯科を探したり(見つかりませんが・・)そういう雑用で時間を取られ引っ越しに荷物がまだ片付きません。

投稿: anne | 2021年2月26日 (金) 01時52分

anneさん、はじめまして!

そうなのです。円形に切ったネットの上にレースやアップリケを載せて一円を作っていきます。
そして、その一円をチュチュのスカートの最上レイヤーと第二レイヤーに緩く糸で12か所、止めてあります。
そうすると、バレエで飛び跳ねても、一円が固定されているように観客から見えるのです。
(習ったわけではないので、適当なのですが😅)

お引越し、大変ですね。
うちは、小児科、歯科、ともに娘は日本人の先生です。
小児科はおじいさん先生ですが、本当にお世話になっているので、(娘の年齢から小児科で)見てもらえなくなるまでずっとお世話になるつもりです。

投稿: りり | 2021年2月26日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病気になれない高校生活 | トップページ | 大学生が遊ぶ日本の知育菓子 »