« 大学生の入寮が始まりました | トップページ | コロナ禍を乗り切るために »

2021年1月10日 (日)

スタンフォード大学、入寮中止

昨日、大学キャンパス内の寮へのお引越しが始まり喜んでいる学生と父兄のお話を記事にしたばかりだったのですが、今週だけで大学のコロナ陽性者が40人以上も出てしまい、状況が一変してしまいました。
そして、今日の夕方、とうとう大学から入寮を中止するとの通知が学生たちに来ました。

平常時だったら入寮するはずだった娘の寮からも、「グループ1(最初に入寮予定の学生たち)は、寮にいられます。グループ2(グループ1の次に入寮予定だった学生たち)は、中止です。」と連絡が来ました。

もうまさに入寮する予定だった学生たちやその父兄たちの衝撃はかなり大きくなってしまいました。
ある女子学生は、明日の旅立ちのため、スーツケースを半分ほど埋めた時に「入寮の中止」のメールを読み、お父さんに抱きついて大泣きしていたそうです。
ある男子学生は、昨日、大学近辺のAirbnbに入り、入寮日を待っていたところの、突然の「入寮の中止」。
皆、つらいでしょうね。

父兄たちは、
この状況では仕方がない。安全第一なのは当たり前」という意見から、
コロナになっても多くは症状がないか軽いのに、大学に行かれないなんて
特別な環境にいる生徒たち(つまり、安全に生活できる自宅がない生徒たち)とアスリートは寮に入っていて、キャンパスにはかなりな学生が歩いていると聞いている。それなのに、うちの子は遠く離れた州にいるなんて、環境に大きな差があって不公平

といろいろな考えの人々がいます。
納得しなくてはならないと頭ではわかっていても、どうにも気持ちが抑えられない、という状況のようです。

入寮中止の通知メールから、30分後には、娘たち新入生にバレエカンパニーの先輩たちからメッセージがありました。

大変なときだけど、皆で強く乗り切りましょう。きっと終わるから。
つらかったら、いつでも電話して。電話番号は、〇〇〇

仲間には恵まれているようで安心しました。

早くコロナが収束しますように。。。

 

| |

« 大学生の入寮が始まりました | トップページ | コロナ禍を乗り切るために »

スタンフォード大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学生の入寮が始まりました | トップページ | コロナ禍を乗り切るために »