« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月30日 (水)

2021年版を作成!


少し前に、「LINEスタンプにトライ♪」という記事を書きました。
その後、「お正月に使うOwlyn the Owl Stickers(アウリンふくろうスタンプ)、作っていないの?」という声をいただいたので、ちょうど大学がお休みになっている娘が2021年イベントバージョンを作成しました。
(クリックすると、大きく見えます。)

20201229line

作ろう!と考えた時には、もうすでに年末。
年末の審査にどのくらいの時間がかかるかわからず、急がないと!ということで
、最低限の8個しか用意できませんでした。
(実際には、審査は一日もかかりませんでした。)
いちおう、すべてのシーズンが入っているので、季節ごとのご挨拶にご使用ください、という感じです。

あと、少しで2020年も終わり。
年末は、友人が打ってくれるお蕎麦を楽しむ予定です😊

よいお年をお迎えください。

| | | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

我が家のクリスマス

昨日はクリスマスでした。

我が家は、娘が受験期になるまで、この時期はディズニーランドに行っていました。
受験期になると、いろいろな課外活動があり旅行に行く余裕がなくなるので、家でローストビーフを焼くのが恒例になりました。
(感謝祭に七面鳥の丸焼き、クリスマスはローストビーフ!)

今年の冬は受験が終わり、ディズニーランドに行かれるとばかり思っていましたが、このコロナ禍。
結局、Whole Foodsで7ポンドの牛肉を買い、家でローストビーフを焼きました。

20201224_roastedbeef  

我が家のクリスマスツリーには、ディズニーランドのオーナメントがたくさん付いています。
毎年、記念に年号入りのものを買っていたのですが、2020は入らなくなってしまいました。

代わりに、スタンフォードブックストアで(オンラインだけど)購入したオーナメントが仲間入りしました。
左下がスタンフォードくるみ割り人形オーナメント。
右上は、スタンフォード大学のMemorial Churchオーナメントです。

20201224_ornament
来年は、平和な年になりますように✨

| | | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

パロアルトの治安悪化

コロナの影響で経済が悪化しているので、残念なことにパロアルトの治安も悪化しています。

先日は、ガレージの中から高級マウンテンバイクを含む数点が盗まれたそうです。
盗んだ人(たち?)は、鍵のかかったフェンスから敷地に入り、ガレージのドアをこじ開けて(ガレージは中から開けるようになっているので)高価そうな物品を選んで持ち帰ったそうです。
家人は家にいる間に起きたことで、家には子供や犬もいたそう。
お手洗いなどに起きて鉢合わせにならなかったのがせめてもの救いでした。

高価なマウンテンバイクが走っているのを見て、後をつけられたのではないかと言う人もいますが、実は、案外、出入りしている人々から話が漏れて強盗に入られることも多いそうです。
家に出入りした人が何かの拍子に出入りしている家庭の話を知人にしてしまい、その知人やその友人から。。。ということですね。
盗難にあった家は、5億円相当の家が立ち並ぶ住宅街。
狙う人からすれば、お金持ちからちょっと施してもらう気分だったのかもしれませんが、いくら人間が目的でないとはいえ、強盗に入られたことが どれだけ恐ろしかったかわかりません。

他の家庭でも、午前3時半頃に車のアラームが鳴ったので、自分の車に問題が起きたかと家を出てみると、隣の家の前にレッカー車が止まっていたそうです。
そして、ドライブウェイの車をレッカー移動したのを目撃したのですが、翌日、気になってお隣さんに

昨日、午前3時にトラブルがあったの?大丈夫?

と聞くと、

何の話? あ! うちの車が消えている!

と盗難に気付いたそうです。

夜中~明け方の盗難には気づけないし、鉢合わせになるのは更に恐ろしいですね。
我が家は、そのような高級住宅地に建っているわけではありませんが、カメラを取り付けていて、家に近づくと家中の6台の携帯端末にアラームが上がって外が見えるようになります。
最近は、「笑って!カメラに写っていますよ!」というボードもあちこちで売られるようになりました。

20201223sign

このボードだけでも、少しは効果があるのかも?
(でも、あまり暗いと見えない💦 )
皆さんも、ぜひ、気をつけてください!

| | | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

バレエ生活とボランティア

娘が高校を卒業するまで、娘のバレエ学校公演のために、いろいろなボランティアをしてきました。
娘が小さい頃は小さい子たちのグループを監視するボランティア、中学生ぐらいになってからは(衣装の最終チェックをする)グリーンルームでボランティアをし、近年はボランティアを招集するボランティアをしていました。
(ちょっとずつ、スキルアップ😅)

ボランティアを招集する仕事は、公演の1~2カ月前に、バレエ学校のディレクターや事務員達と会議を開き、リハーサルや本番のボランティア内容と係を決め、それぞれの係の招集人数を決め、募集サイトを立ち上げ、それぞれのボランティア状況をチェックして更に招集をかけ。。。と私ひとりでしていたので、「この時期は病気になってはいけない!」と気の張るものでした。

そんな高校までのバレエ学校のサポートが終了し。。。

今年、娘が入ったスタンフォード大学のバレエカンパニーは完全な生徒による組織です。

予算、活動計画、新団員の合否決定、団員のケアから、公演が近くなれば、配役決定、衣装決め、振り付け決め、外部への広報、公演、すべて上級生の役付きの人たちが決定し運営しています。
配役も生徒が決めるので、人気の役は上級生が優先されるようです。
どの生徒も、それなりな実績を積んで(それを一つの入学選考のためのウリとして)入学してきているので、誰がどの役を演じても問題ないというのもあるのでしょう。

ということで、私は娘のバレエ生活のサポートという面では、お役御免になりました❣️
。。。ちょっと寂しいです。

娘の大学での最初の「くるみ割り人形」公演が近づいてきました。
といっても、このご時世なので、オンライン上映なのですが💦

バレエカンパニーから、今年の「くるみ割り人形」公演のシャツが届きました。
(こういうのも、すべてスタンフォードの先輩たちが手配)

6ccc8f9b5d514ecc9807def73ae4e6e0
今までバレエ学校のサポートも兼ねて、「くるみ割り人形」公演のトレーナーを購入していましたが、スタンフォードは無料配布!
間違われて、最初にMサイズが送られてきたので先輩に話したら、Sサイズを送ってくれたそうです。
そして、Mサイズは返さなくていいということで私がもらえました😊

私、12年間のボランティア、お疲れさまでした!😆🥲😄

 

| | | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

今年の流行オーナメント?

カリフォルニアのコロナ関連の死者が記録的に増加している日々が続いています。
そして、規制も多くなりました。

そんな中、サンノゼの知人がスーパーに行くと、またトイレットペーパー🧻が売り切れだったそうです。
その後、ご近所さんがSafewayに行ったとき、やはりトイレットペーパー🧻が売り切れていた、と報告してくれました。

そういえば、我が家の🧻も少なくなっていました。
Amazonをチェックしてみると、まだ在庫があったので、急いで注文しました。
こうやって、「トイレットペーパーが売り切れている!」と聞くと、「あ、うちも🧻 もう少ない」と気づいて買う人が多くなるから、さらに品薄になってしまうのでしょうね。
気を付けないと。
(といっても、ないものはないので買わなくちゃ、ですが💦)

そして気づくと、あちこちのSNSで、「こんなオーナメントを見たよ!」と投稿が。

D671f2caed894447920432f8add41c2b

非常時は、このオーナメントを割って、中のトイレットペーパーを使いましょう」ということのよう。
いいアイディア!?
だけど、このオーナメントだけ、クリスマスツリー🎄に付けずにバスルームに飾っておくのかしら??

こんな時期だけど、少しだけでも笑いを、という気遣いのオーナメントなのでしょうね😅

| | | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

「くるみ割り人形」公演の思い出

娘が通っていたバレエ学校では、毎年恒例の「くるみ割り人形」公演。
去年の高校最後の「くるみ割り人形」公演では、春公演のポスターに引き続き、再度、娘の写真が使われました。
その前の年の「スパニッシュの踊り」での写真でした。
(公演がいくつかあるので、シュガープラムの他にも役がもらえます。)

20191001_094659_000
レストランや図書館などいろいろな施設に貼っていただいて、シリコンバレーの街のあちこちで娘のポスターを眺めることができました。

去年、娘にとって一番嬉しかったのは、4回転ピルエットが美しく決まり、ディレクターが「学校の記録に残る素晴らしいシュガープラムだった」と喜んでくださったこと。
そして、3年続けたシュガープラムの演技が終わりました。

そんな華やかだった「くるみ割り人形」の季節とは打って変わって、今年は家の中で過ごす日々。。。
娘のバレエ学校の公演は中止になりました。
悲しいけれど、この状況では仕方がないですよね。
最後の「くるみ割り人形」公演が無くなってしまった高校4年生たちの事を思うと、つらくなります😔
せめて、春の公演は、何かの形でできますように✨

 

| | | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

リングフィットアドベンチャー♪

昔、Wii Fitにハマり、コスチュームを全種類集めたのは5年前。
その後、軽くウォーキングや筋トレをして過ごしていましたが、パンデミックになってからはトレッドミルを購入して、家の中で毎日1時間、運動していました。

そして、今月に入ってからは、Nintendo Switchとリングフィットアドベンチャーを入手😆
このパンデミックの時代、売り切れが多かったのですが、無事、Best Buyで1週間待ちで購入できました。

B668382f06084adab7eb50c16ccfa069

現在、リングフィットアドベンチャーを使用して3日…
年齢、性別、使用前の運動量を入れるので、自分に合った運動量を自動設定してくれます👍

18才の娘と比べると、自動設定された運動量の差が凄いです。
同じ運動でも娘だと回数が多いだけでなく、スピードアップまでされてしまうのです。
ミニゲームが入っていると聞いていたけれど、モグラ叩きだってかなりな筋トレになってる💦

終わった時には二人ともぐったりでした😵

運動はすべてが筋トレっぽい感じなので、これを長期間続けるのはかなりな根性が要りそうです。
ただし、普段ハードな筋トレをしている家族によると、「このソフトには運動していても遊び要素が入っているので、短時間で真面目に筋トレしたい場合には時間がもったいない」とのことでした。
私からすると、筋トレの間にちょっと息抜きをしてくれた方が嬉しいのですが。。。
(対戦相手が攻撃方法を考えている時間などに少し休めます)

しばらくは、トレッドミル1時間の他に、リングフィットフィットでの筋トレも頑張ってみようと思います。
何が目的なの?という運動量の気がしますが😅

 

| | | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

バックナンバー(過去記事へのリンク)

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 
2023年 1月
 2 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10 11月 12
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

| | | コメント (0)

バレエと大学

娘は一年くらい前、3年間もパドドゥのパートナーをしてくださっている男性プロダンサーから、

もう、来年は高校卒業だよね?
 その後の、バレエカンパニーは決まったの?

と聞かれたそうです。

娘が「私、大学に進学しようと思っています。
と答えると、驚いた顔で理由を聞かれたそうです。そこで、

バレエの世界は厳しくて、将来の自立を考えるとリスクが高いと思うのです。

と言うと、さらに驚かれたそう。

その話を聞いて、私はさらに、さらに驚きました。
彼は、娘をリフトするときに「ウッ 」と苦しい声を出したりするくらい、怪我に悩まされる日々を長く送っていたのです。
それでも、バレエダンサーの仕事を選んだことに不満を持っていないということなのですよね。
そこまでバレエの世界が好きなら、いい選択をしたのだなぁと思いました。

今まで、何人もの娘の先輩はバレリーナを目指してシリコンバレーを去りました。
その後、1~2年で見切りをつけてダンス専攻のある大学に進学したり、アルバイトをしながらダンサーの職を探していたりヨガを教えていたり。。。いろいろです。
生活はご両親が助け続ける場合がほとんどですが、他にサポートしてくれる人を探して苦労している先輩の話も聞くので、現実はなかなか厳しいです。

娘は、ほとんどバレリーナの道に憧れることもなく、大学への進学を決めました。

さて、大学の入学のための課外活動にバレエはどれだけの影響力があるのか聞かれることがあります。
う~ん。どうでしょう。
周りの人を見ていると、アメリカのインターナショナルコンペティションでトップクラスの賞を取って、ローザンヌに行ったくらいであれば、高校での成績が素晴らしくなくても(Advanced Studentくらいの成績なら)、ハーバードなどの私立の名門校に受かる確率は高いようです。
そこまでではないバレエの実績でも、高校のトップクラスの成績で、他の活動でもそこそこな(全国レベルのコンクールの)数々の受賞歴があれば、そのような私立の名門校に受かる確率は高くなると思います。

大学のVarsity Sportsに入れるようなスポーツだと、州内順位2位でスカラシップ付きで私立名門校に受っている友人を見ると、バレエとは 全く違いますね。
そもそも、私立名門校はスポーツスカラシップはありますが、バレエ(どころか学力でも)スカラシップは出ないので、「大学はVarsity Sportsの生徒だけが特別に好きなんだ」などと言われたりするのでしょう。

バレエだけで名門校に入ることは厳しいという現状なので、娘の大学のバレエカンパニーは学術の成績が素晴らしい先輩方が多いです。
「物理、そのクラス取ってたよ。わからなかったら聞いて」などと言ってもらえるのはありがたいです。

大学に進学予定なら、バレエだけでの進学は難しいので、勉強などもバランスよく頑張らないといけない、という感じです。

 

| | | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »