« (続) スタンフォード vs MIT | トップページ | スタンフォード大学コロナ禍の寮へ »

2020年8月30日 (日)

象印の炊飯器が音で売れた!?

我が家は、いろいろな電化製品の音がします。

そして夏休み中、娘とお友達は長い時間 Zoomをしているので、我が家の電化製品が音を出すと、わざわざ会話を中断して

これは、何の音?

と聞くそうです。
友人家庭の電化製品は我が家ほどおしゃべりではなく、いつも我が家の音に興味津々だそうです。

そういえば、日本のテレビ番組で、

外国人として日本で暮らしていてお友達もいないけれど、日本の電化製品はおしゃべりだから寂しくない

というコメントを聞いたことがありました。
パン焼き器を日本から飛行機で持ってきた過去のある我が家は、できれば日本製を買う家庭なので、他の家庭より電化製品の音が多いのかもしれません。

ところで、最近、娘のその友人(中国系)の家の炊飯器が古くなり、ご飯がおいしく炊けなくなりました。
そこで、友人が、

新しい炊飯器、りり娘の家と同じ炊飯器買おうよ。
 音楽が流れて楽しい炊飯器だよ!

と提案したそうです。
ご両親も、「いったいどの炊飯器が音楽を流してくれるのか知りたい。日本人の友人のなら優れた炊飯器に違いない。」と聞かれたそうで、娘が炊飯器の写真を撮って送っていました。

我が家の炊飯器は「象印」で、ご飯を炊きだすときに「きらきら星」の音楽が流れ、ご飯が炊けたときに「アマリリス」の音楽が流れます。
アメリカで買った象印です。
マニュアルは、英語だけでなく、スペイン語、中国語、韓国語、日本語で説明書きされていたと思います。
これなら、彼女の家庭でも大丈夫。
(彼女のご両親はバイリンガルですが、おばあちゃんは中国語しか話さないそうなので。)

今、象印炊飯器の購入に向けて動いているそうです。
象印を選んだ理由が音だったとはちょっとびっくりですが、日本が好きな私としては嬉しいお話でした。

「きらきら星」と「アマリリス」、楽しんでくれるといいな。

 

|

« (続) スタンフォード vs MIT | トップページ | スタンフォード大学コロナ禍の寮へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (続) スタンフォード vs MIT | トップページ | スタンフォード大学コロナ禍の寮へ »