« 7000もの光⚡️がベイエリア直撃! | トップページ | (続) スタンフォード vs MIT »

2020年8月24日 (月)

スタンフォード vs MIT

8月も後半になりました。
お医者さん関連以外、ほとんどどこにも出かけることなく、夏休みを終えようとしています。

大学受験が終わり、やっと遊べるはずの娘も結局、家の中。
少し前までは、MITに決まった お友達と一緒にオンライン塾を開き、毎日、講義の計画やリハーサルなど一日に4時間も話をしていて、まるで我が家には もう一人、娘がいるのではと感じる毎日でした。(声が存在しているだけなので、おおげさ😅)

大学入学直前の夏休みというと、もう課外活動の実績を積み上げる必要もないので、好きな活動だけいっぱいできるのかと思っていましたが、実は、この夏休みにもしなくてはいけないことがあります。

それは、大学のクラス受講に向けた、学力確認テストのための試験勉強&テストです。
数学、理科、国語など、大学によってテスト科目は多少違います。

娘は、数学と物理の試験を受けようと勉強していました。
毎晩遅くまで大変だなぁと思っていましたが、実は、MITのお友達の方がもっともっと大変。

スタンフォードは、テスト後、テスト結果によって受講クラスが推薦されるのですが、絶対にそのクラスを取らなくてはいけないということはありません。
もし、「場違いなクラスで苦労しても難易度の高いクラスを取りたい」と思うのなら、テスト結果が悪くても、もっと高いレベルのクラスを取っても構わないのです。

半面、MITは、学力確認テスト結果の意味が重く、そのテストの結果が悪ければ希望のクラスを取ることはできません。希望のクラスが取りたければ、来年以降にそのクラスを取ることになります。
MITに決まった友人たちは、かなりストレスのある日々を送っていました。

ちなみに、統計的には、スタンフォードとMITの両方に合格した場合の進学先は、スタンフォードを選ぶ人が70%、MITが30%(出典はparchmentなので、かなり正確)。
入学してからの大変さが、その差を生んだのかなぁ、などと想像してしまうくらいのストレスが垣間見えました。
(単に、カリフォルニアの気候のよさが差の理由だったりして。。。)

それにしても、やはり大学にはカラーとかタイプというのがあるのですよね。
MITに行く予定の子たちは、とても真面目な優等生タイプの子たち。
スタンフォードに行く予定の子たちは、とても明るく活発な目立つ子たち。

娘は課外活動を見るとスタンフォードタイプですが、実は性格は超真面目なMITタイプ。
高校では似た者同士が 友人になるので、娘の仲の良い友人たちは何人かMITに行くのですが、スタンフォードに行く仲の良い子はいません。

「スタンフォードに行く〇くんに、どのクラス取る?って連絡してみたら?彼なら一番上のクラスに受かってるはずだから失礼じゃないし」などと娘に言ってはみるのですが、なかなか。。。
大学からは、「クリエイティブなリモートの行事をいろいろ計画しています」と来ているのですが、この一年、リモートでの生活で友人関係をどうやって築くのか、気になるところです。

 

|

« 7000もの光⚡️がベイエリア直撃! | トップページ | (続) スタンフォード vs MIT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スタンフォード大学」カテゴリの記事

コメント

 大学1年生になる学生さんたちのリアルをとても興味深く読ませていただきました。想像していた大学生活とはあまりにかけ離れていて戸惑っていたのではないでしょうか。でもりりさんの娘さんたちのたくましさやしなやかさに感動。まさにピンチをチャンスにですね!日本でも小中高校生は学校が再開しているのに、大学だけはまだリモートが大部分です。大学生の行動範囲や人数が問題のようです。長男も次男も大学院なので話を聞くと思ったよりもリモートがマイナスになっていないようです。例えばサークルや部活は引退していること。教授とは面識があり研究のミーティングがリモートで密にできること。もちろん対面の大切さは得難いものですが。コロナめ!!
あんなに広いスタンフォードのキャンパス。何とか中の施設を利用できないものでしょうかね?ちなみに日本の中学校は出席番号で偶数は午前中、奇数は午後登校とかしていましたよ。だめかなあ(笑)

投稿: ましろ | 2020年8月24日 (月) 21時52分

ましろさん、こんにちは!

ましろさん、もう一人息子さんがいらっしゃったのですね。
二人とも、すごい!!
中学の出席番号偶数は午前中で奇数は午後、なかなかいい案ですね!
うちの娘は、番号が奇数であることを祈るだろうなぁ😅

アメリカの大学の難しいところは、寮なのではと思います。
一人部屋にしないと密になってしまうし、二人部屋ほどの寮の数はないし。
また、万一、寮を皆に開くとなると、絶対に「こっそりパーティ」があちこちで開かれてコロナが蔓延するだろうということなのだと思います。
大人でも我慢できなくなっているのに、若い子たちは特に我慢できないですよね💦

そもそも、いろいろな考えがある他地域からの子が多いのも怖いですね。
スタンフォードの生徒には、マスクしないのを注意されて唾液を吐きかける人がいないことを祈ってます。
(といっても、サンノゼ地区の人でも、唾液をかけてくる人たち、報告されているんですけどね😱 )

投稿: りり | 2020年8月26日 (水) 05時17分

 !!寮、なるほど。日本の大学のイメージとは全く違う状況があるのですね。こっそりパーティーも例年ならば本当に楽しそう。えーーい、コロナめ!石鹸で洗っちゃうぞ。

そうそう奇数偶数は二週目は午前午後が逆になるのですよ。先生たちは同じ授業を何度も繰り返していました。今はどの学校も普通に登校している様子です。

投稿: ましろ | 2020年8月26日 (水) 06時51分

ましろさん、こんにちは!

本当に石鹸で全て洗い落としたいです~💦
世界中がこんなになるなんて。
ましろさんの息子さん、お薬作れませんか。。。?

授業は、週によって午前午後が逆になるのですね。
なるほど! アジア系の多くは、何故か遅い時間の方が得意だから、いつも午後の子がいたら不公平になっちゃいますね😅

投稿: りり | 2020年8月27日 (木) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7000もの光⚡️がベイエリア直撃! | トップページ | (続) スタンフォード vs MIT »