« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日 (日)

帽子とガウンをもらいに

本来なら、来週の高校卒業式のために受け取るはずだった卒業式のキャップとガウン。
コロナのため、卒業式は冬に延期になりました。
実際には、本当に冬に開催できるのかもわからない状況なのですが。

でも、とりあえず、卒業生たちが注文したキャップとガウンは、ドライブスルーという形で受け取ることになりました。
苗字の順番で3グループに分かれて受け取りの時間が決まっていました。

久々の外出。
久々の高校。

相変わらずとてもいいお天気で、青空の下の校舎がとても懐かしく感じました。
フェンスに垂れ幕が。。。

20200526_cap1

2020年卒業生に向けて作られたものでした。

20200526_cap2

いつも、娘をピックアップしていた場所で、キャップとガウンがドライブスルーで受け取れるようになっていました。
何人もの人が働いていて、娘が「あの人先生よ!」などと言っていたので、業者さん以外にも働いてくださっている方々がいるようです。

20200526_cap3

そばには卒業生へのお祝いメッセージの看板も。
トイレットペーパーが品薄と言われてから、「2020」は、よく「2🧻2🧻」と書かれます😅

20200526_cap4

車から出てはいけないので誰にも会えず、知っているお友達の車も見つからず、ちょっと寂しい帽子とガウンの受け取りになってしまいましたが、しばらくぶりに高校の校舎が見られて嬉しかったです。

家に戻って、帽子とガウンを眺めました。

20200526_cap5

冬に着られるくらい、コロナが落ち着いていますように✨

 

| | | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

いろいろなタイプのマスク作り


コロナウィルスが猛威を奮っている中で、マスクをしていないと入店できないお店が多くなりました。そのため、マスク作りを頼まれるようになりました。

娘には「ママ新しい趣味が見つかってよかったね」と言われてしまうくらい、何故かよく頼まれます。

最初の頃、作っていたのは、ごく普通の布マスク。
と言っても、日本のマスクと比べると、実際のサイズは結構大きいです。
何故か大きいマスクが好まれるようです。

20200503_masks
何で、この変な構図で写真を撮ったかというと、大きいのと小さいのは、上下の差1cmで作ってほしいという依頼だったので、確認のためのやり取りで大きさの違いが分かるような写真になりました。ゴムは、普通のゴムが(私の家の中で)品薄なので、タイツから作ったゴムを使用しています。
このマスクは、ミシシッピに住む知人からの依頼で、カジノで使いたいとか?

え、カジノって、やっているの??と不思議。

20200509_maskwpocket
これは、その後コーヒーフィルターなどを切った紙をマスクに入れると安全性が増すという情報で頼まれた、横からシートの入るマスクです。

20200513_maskr
このマスクは、伸縮性のある柔らかい生地でと頼まれた、伸びる&リバーシブルのマスク。

20200513_maskr2
娘が、テープにメッセージを書いてくれました。

今、作っているのは、3MやハネウェルのN95マスクが入れられるマスク。

20200525_mask


機密性の高いN95マスクを入れるためには、息がしやすいように、かなり薄い生地で作ります。
また、マスクが硬いので、横からではなく上からマスクの出し入れできるポケットを付けるようにしました。


3枚の生地の厚さとはいえ薄い生地なので、このマスクだけだと、何もつけていないような呼吸の軽さ。N95の利用者にはこのくらいでないと、と思います。

最近、「身体が弱いので、普通の布マスクでもつけていると苦しくて動けないけれど、着けないと食料を買いにも行かれない」と悩む知人の話を何度か聞いたので、そういう友人にはプレゼントしたいなぁ、などと考えています。
やっぱり、だいぶ、趣味っぽくなってきました😅

 

| | | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

ハムスターボールで通学!?


まだまだ収まる気配のないコロナウィルス。
秋からの学校はどうなるのだろうと大きな話題になっています。

パロアルト学区では、生徒たちを二つのグループに分け、2日間だけ通学する案が出ています。
その場合、例えば、グループAの生徒は月曜と水曜に通学して残りの日はリモートラーニング、グループBの生徒は火曜と木曜に通学して残りの日はリモート、そして金曜日は先生の準備日にする、などとなります。

でも、生活に余力のある父兄たちは自分の子供が危険にさらされるのを防ぎたいので、自宅からの完全リモートラーニングも認めてほしいとの意見を持っていて、まだはっきりとは決まっていない状況です。

大学は、さらに問題が大きく、全国そして海外からも生徒が集まるので危険度はより高くなります。
秋からリモートで始めると決めている大学もあれば、とりあえず8月10日(通常より二週間早く)開校し、秋休みも中止して授業、その代わり感謝祭の休暇から長期休みに入る(その時期の方が、より深刻になるだろうとの見解で😰)とする大学もあり、対処が大学により分かれています。

私の住む街にあるスタンフォード大学は、まだ検討中ということで、まったく予想ができない状況です。
6月の終わりに決定すると言われてはいるのですが。

そこで、今、おもしろい案が噂になっています。

スタンフォードは秋から学校を始める!
ただし、皆、ハムスターボールに入って参加する、というものです。
ハムスターボールというのは、ハムスターが中に入って遊ぶ半透明のボールの玩具で、人間用サイズもあり、原っぱやプールでのゲームや娯楽施設で使われています。

皆、人間の入れる大きな透明のボールのような物に入っていれば、そばにいる相手に息がかかるのを防ぐだけでなく、相手との距離も取れて他人との接触を防ぐことができるという、実現できればとても安心できる案ではあります。

20200522_ball

秋にはこんな姿が見られるのかも!?

キャンパス内での自転車も必要がなくなる! コロコロしてクラスに通えばいいのだから。

便利なだけでなく、楽しい!

という意見が出ていますが、それにはまだ解決しなければならない問題も。

どうやって教室のドアを通り抜けるの?

お手洗いはどうするの?

確かに、大きな問題ですね。
結局、ハムスターボールは冗談の域を出ず、実現不可能そう😅

学校はいつ、どのような状況で始まるのか。。。心配は尽きません😔

 

 

| | | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

バーチャルリアリティーツアー

大学受験が終わり、大学への合格通知をもらった後は、皆、受かった各大学を比較して、入学する大学を決定します。
家からの距離や学費などを比較する他に、実際に大学に行ってみて気に入るかどうかが決定を大きく左右するそうです。

今年は、コロナウィルス問題が起きたので、約70%の生徒が180マイル以内の大学、つまりだいたい3時間以内の距離の大学に進学しようとしているそうです。(The Princeton Reviewより)
あまり考えたくはないですが、今後も何かが起きた時、あまり遠い大学に子供が行ってしまうと心配という親心はとてもよくわかります😔


また、今年は大学に行ってみることもできないので、大学選びをするためには生徒たちは皆、大学のサイトをよく読み、そしてサイトにあるビデオを見て、最終的に進学する大学を決めることになりました。

そんなとき、また娘にスタンフォード大学からプレゼント🎁が!

20200429_headset1

中には、バーチャルリアリティーヘッドセットが入っていました。

20200429_headset2

このヘッドセットの中にスマートフォンを入れてかぶり、バーチャルリアリティツアーを楽しんでください!とのことでした。

QRコードを読み込むとビデオが見られ、スタンフォード大学のキャンパスが360°見えるツアーが体験でき、先輩方の声も聴くことができました。
娘だけでなく、私もトライ!

三半規管が弱いと、ちょっと目が回るかもしれませんが、なかなか楽しい体験でした😄

 

| | | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

N95マスク


シリコンバレーに住む身からすると、まだコロナが遠い国の出来事に思えていた頃のお話です。

娘はとても真面目なため、苦労する難易度の高いクラスばかり取っているので、クラスメートは中国系の生徒がメインでした。そのため、娘のお友達は中国系が80%以上を占めています。
その友人たちが、その頃、話していたのが、

中国の〇〇〇から、コロナウィルスというのが流出してしまって、これからここだって大変な状況になる

という噂でした。

その後、時は流れ。。。そのコロナウィルスでアメリカも大変な状況になり、娘の高校が休校になった後、家にいて時間的に余裕のできた娘から その話を聞きました。

どうして、その話を聞いたときに話してくれなかったの?

と娘に聞くと、

だって、どのクラスに行っても、お友達がその話をしていたから、誰でも知っている当たり前の話かと思っていたんだもの

なるほど。
もし、今、私が「今、コロナウィルスで世界は大変なのよ」と言ったら、「何を当たり前のこと言ってるの?」との反応がわかっているから言わないでしょう。

「中国の〇〇〇」という噂の真偽はともかくとして、「シリコンバレーだって大変な状況になる」という話を前に知っていたら。。。そして、どういう状況になるのか、その頃にある程度の予測がついていたとしたら。

日本から、あれを送ってもらっていただろうなぁ。
(今は、規制対象品)

あれを買っておいただろうなぁ。
(今は、品薄)

という物が次から次へと頭に浮かぶのでした。

そういえば、まだ娘のバレエの発表会の企画をしていた頃、私はバレエ学校のボランティアを招集する計画を立てていたのですが、卒業生のママ(中国系)に

3月の発表会、するつもりなの?
 これから、大変なことになるわよ。
 中止しなさいよ

と言われたんだっけ。

そんなこと言われても、私にそんな権限ないし

と思っていたのだけど、彼女は、やはりいろいろ知っていたのね。
その時、もっと真剣に話を聞いて対処していたら、と今になって思うのでした。


先日、中国系の親しい友人が心配して連絡をくれました。

出かけるとき、ちゃんとマスクしてる?
 どんなマスクしてるの?
 N95マスクじゃないと効果が期待できないのよ。
 ちゃんとN95マスクしてるの?持ってる?

え? N95マスク?

私がN95マスク持っていないって言ったら、持ってきてくれるつもりなのかも。

でも、今、N95マスクは、医療用として、一般人は使ってはいけないマスク。
持っている人は、医療機関に寄付してくださいって言われているのを知っていて、そんな貴重な物をもらうわけにもいかない。。。

大丈夫。私、ネットでお買い物していて、外に出ないから。
 エクササイズも、家の中でしてるわ

ありがとう、と思いつつ、そう言うしか思いつかない私でした。

 

| | | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

自粛生活中の大きな買い物

コロナ自粛生活で困るのが運動不足になること。

お散歩しようかなぁと思っても、やはり人との距離が心配になります。

6フィート(180cm )の距離を空ければいいとは言うものの、それはお互いに止まっている場合に関してであって…ScienceAlertの記事によると、2.4 mphの速さで歩いている人の後ろでは5m空けないと危険だと言うし、9mphでジョギングしている人の後ろでは10m空けないと危険だそう。

自転車の場合は20m離れていないと危険と言われると、かなりあちこち注意しながら移動しないといけない気がして、なかなか出かける元気が出てきません。

一度公園でウォーキングしましたが、風が気になって…風上で遊んでいる人たちを見ると、「あそこからウィルスが飛んできてたりして!?」と小心者の私は怖くなってしまうのです😰

 

そんな時、「これが欲しい!」と突然思ってしまったのが、トレッドミル。

家の中でウォーキングできるなら、それが一番安心。

早歩きの速度に設定すれば、膝の負担も少ないし、いい有酸素運動ができそう!

おまけに、今時のはiPadを置く台が付いていて、バラエティ番組でも見ながらトレッドミルすれば、すぐに時間なんて過ぎる気がします😆

 

でもまぁ、考えることは皆同じ。

購入しようとすると、かなり品薄が多く、なかなか配達してもらえないよう。

やっとよさそうな(高くない)、かつ、すぐに配達してくれる商品を見つけました。

GoplusのElectric Folding TreadmillLED Touch Display付きの小型のトレッドミルで、その名の通り畳むこともできます。

(今は売り切れになってしまったようですが)

20200507treadmill

 

1か月、使ってみましたが、なかなかいいです!

速い速度で歩いた後、すぐにトレッドミルから降りるとふらつきますが、止める前に設定速度を落として身体を慣らせば大丈夫。

かなりいい汗かくわ〜と毎日1時間近いトレッドミル生活を送っています😊

| | | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

スタンフォード大学からの贈り物🎁


大学は、ネットで合格発表をした後、合格者には「合格おめでとう🎉」の郵便を送ってくれます。


公立の大学だと財政の問題もあり、シールや合格証明書(厚紙に印刷された証明書)、ポスター、工作(?厚紙でできています)、合格者の集い(合格者が集まる大学のオープンハウス)につけてきてほしいプラスティックのタグ(コロナ自粛前に計画したのだと思います)の、だいたいどれか一つが入っていました。また、パンフレットだけで何もついていない大学もありました。
私立の大学の場合は、Tシャツや旗など、もうちょっと高価なものが送られて来ます。

さて、期待のスタンフォード大学からは。。。

スタンフォード大学カラーの箱が送られてきました!
20200416_stanford1

中には、Welcome!のカードが入っていて、きれいに包まれたプレゼントが😆
20200416_stanford2

まず、目に入ったのはジグソーパズル。
20200416_stanford3

さっそく組み立ててみる娘。
スタンフォード大学の写真が出来上がりました!
20200416_stanford4  

その他にも、スタンフォードの帽子、コップ、透明の袋、カードネックレスホルダー、車に貼るスタンフォードシールなどが入っていました。
20200416_stanford5

 

高校は休校中というのに、宿題に追われ、プロジェクトのビデオ作りに追われ、さらにAPテストの準備に追われている娘ですが、少し明るい気持ちになれたようです。
ありがとうございました😊

 

| | | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »