« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月20日 (土)

ダイソン空気清浄機買いました!


娘の花粉症が年々ひどくなっている気がします。。。despair
すでに寝室に大きな空気清浄機を入れているのですが、今年、一階のリビングにも入れることにしました。

Dysonpurehotcoollink 今回、買ったのは、DysonのPure Hot+Cool Link
年に一回くらい(使用頻度によります)フィルターを交換する必要も考えると、他機種より高価な空気清浄機になりますが、ダイソン製ということでそれなりの効果を期待して購入することにしました。

さて、いろいろ調べてみると、Pure Hot+Cool Linkには第一世代の他に、発売されたばかりの第二世代の二種類があるよう。
第二世代になると、さらにバクテリア、花粉などの取れる力が強くなるらしいのです。

それなら、第二世代がいいかなぁ、フィルターの価格がかなり違うのかなぁ。。。と交換用のフィルターの金額差を調べようとしましたが、フィルターは一種類しか見つかりませんでした。

どうして? 困った!
性能が違うのだから、フィルターが同じってことはないわよね??wobbly

すると、ダイソンサイト上に「Live Chatしませんか」のポップアップが。

面倒だけど、聞いてみることにしました。

カスタマーサービスの私のお相手は、ケビンさん。

ケビンさんによると、まだ第二世代のフィルターは売られていないとか。
第二世代の本体には第二世代のフィルターが入っているけれど、まだ量産ができていないということらしいです。

第二世代フィルターは、できれば7月下旬ごろに発売。遅くても年内には、というはっきりしない予定で、金額も未定だそうです。

ケビンさん曰く、

僕が勧めるのは、だんぜん、第一世代のPure Hot+Cool Linkだよ。
だって、金額が20ドル安いし、今ここでオーダーすれば交換用フィルターもつけちゃうよ。
もし、もっと高性能がいいと思うんだったら、第二世代のフィルターが出たら買えばいいし。


え? それって、第一世代の本体に第二世代のフィルターが入るの?

そうだよ。そうすれば、もっと細かい空気の汚れが除去できるよ。

ひょっとして、本体の性能は第一世代も第二世代も同じなの?
違いはフィルダーだけ?


そうなんだよ。だから、今、第一世代を買ってバージョンアップするのが一番お得なんだよ。

600ドルと620ドルって、あまり変わらないけれど、第一世代のみプライスマッチでアマゾンサイトと同じ価格に値引きできる(アマゾンでは、なぜかカリフォルニア(だけ?)に出荷できないのです)ので、結果的にかなりお得になりそう。

第一世代と第二世代とは、細かく言えば本体の色の違いはあるのだけど、第一世代の白で問題はないなーということで、第一世代のを購入することにしました。happy01

一年後に新しいフィルターを買うときには、第二世代のフィルターを買う予定です。

ダイソンの配達時に驚いたのが、商品の箱そのままで配達員が玄関に置いて行ったこと。
アメリカでは、配達物を家の
玄関の前に置いて行くというのが一般的(もちろん、運が悪ければ盗まれます。shock)だけど、通常は中身がわからない段ボールに入っています。
それなのに、こんな高価なものを中身がわかるように置いていってしまうとは。

600ドルの商品ですよ~盗んで転売しちゃいますか~などと悪い人に言っているようなものなので、全部の商品が無事に買い手に届くのか、何%の商品が消えるのか。。。ちょっと心配になるのでした。
それとも、治安の悪い地域だと中身の表示がない段ボールに入ってくるのかしら。。。

さて、ダイソンのPure Hot+Cool Link。
快調に動いています。
Wi-Fiにつなげたスマホアプリでコントロールができるし、使用方法もそのアプリで見られて便利。
娘の身体も、だいぶ楽になったようです。happy01

 

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

生徒たちが引いた先生のジョーク


アメリカ人が言ったジョークが面白いと思えなくて、というような話を聞くことがあります。
日本人とアメリカ人では文化が違うのだから感覚の違いは仕方がないのかもしれません。

また、アメリカ人といっても人によって出身の民族も違えば育ちも違う。。。アメリカ人同士でさえも笑いが違って当然なのかも。。。

先日、娘の体育の代替の先生が授業中に生徒たちに、ある話をしたそうです。

 N社(先生は実社名を言いましたが、怪しいので伏字で。日本でもクッキーやクラッカーが人気の有名な会社です。)の社長は、チョコチップクッキーが大好きだったんだ。

だけど病気で、もう動けなくなって死の床についていた。
一人でベッドに横たわって死を待っていたのだけど、ふと気づくとベッドルームまでチョコチップクッキーのいい匂いがしてきた。
それで、最後の力を振り絞ってベッドルームを出ると、いい匂いがしてくるキッチンの方に向かった。
キッチンに入ると開いたオーブンの中から焼きたてのチョコチップクッキーが見えていた。

「あぁ! 僕のために、最後に僕の大好きなチョコチップクッキーを妻が作ってくれたんだ!」

ちょうど、部屋に入ってくる妻に、最後の力を振り絞って小さな声で言った。

「ありがとう。君に出会えて本当によかった。
 君と結婚できて本当に幸せだった。」

すると、妻はその言葉に気づかず大声で、

「そのクッキー、食べないで!
 あなたのお葬式で出すために作ったんだから!」


先生は、オチを言うと大声で笑ったそうです。

ところが。。。生徒たちは、シーン。。。誰も笑いませんでした。

焦った先生が、

「どうして? どうして、みんな、笑わないの?
 俺は、すごく面白いジョークだと思うんだけど。
 何で?」

先生に悪いと思った生徒たちは、

「。。。はは。。。」

とお愛想笑いをしたそうです。

先生は、焦ってしまい、

「何で、おもしろいと思わないんだ?」

と困惑していたそうです。

生徒たちにとっては、死の床という状況は笑いの種にならず、いくら他人の死の床の話でも当人の気持ちを考えると笑っていいものではなかったのだと思います。
まして、「N社の社長」などとリアリティがある話となれば尚更、笑う気持ちにならなかったのでしょう。

娘も、「先生が、おもしろいジョークって言いながら、かわいそうな悲しい話をしたの。despair」と私に報告しました。

先生は、きっとパロアルトの生徒たちは、ジョークの通じないつまらない子たちだ、と思ったでしょうね。

でも、娘の育つ環境での出来事と考えると、少しほっとしたのでした。think

    

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »