« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年2月18日 (土)

女子高生とB.F.


近所に世界的に有名な大学があるため、その大学へ世界各国から短期滞在する人の子女が娘の高校によく通学してきます。
一年としないうちに帰国してしまう生徒もいます。

そんな生徒たちが娘の高校に来ると、もちろん、アメリカの高校生活について興味津々なわけです。
アメリカの女子高生」のイメージとしては、明るく快活で、そして、プライベートではボーイフレンドを作って、またそのボーイフレンドの悩みが出たり。。。まるでドラマシーンのような生活を思い浮かべるようです。happy01

パロアルトの女子高生は?

同じ高校に通う女子高生といっても、日本の高校のように学力の近い子が集まっているわけでなく、単に住所から通う高校が決まるため、いろいろな女子高生がいます。
高校の中で学力レベルによってクラスが変わるので、そのようなクラスによって友人関係が変わってきます。

つまり、世界各国から訪れる優秀な方のお子さん(アジア系が多い)が知り合える女子高生は、上位クラスの真面目な子たちになってしまい、夢見ていたアメリカンな女の子たちではないのです。

それも、そういう子たちは、アジア系が多く、夢見ていたインターナショナルな風貌でもない。。。お弁当の中身もアジア食。
単なる自国の延長で、単に英語を話しているだけになってしまいます。coldsweats01


ところで、先日、まだアメリカに来たばかりの短期滞在の生徒がお昼休みに、娘たちに聞いたそうです。

「みんな、ボーイフレンドは? どんな子なの?」

「。。。誰も、ボーイフレンドなんていないよ。」

「お父さんとお母さんが、ボーイフレンドを持つなんて大学に入るまではダメだって。」

「私は、そもそも興味ないわ。そんな時間があったら寝たいわ。」

「私も、もちろんいないわ。
 この前、ハロウィンの日にチェルシーがうちに来る約束してて、「黒子のバスケ」のキャラのコスチュームを着てきたら、お母さんがチェルシーを男の子だと勘違いして「
あんな男の子連れてくるなんて聞いてない!pout」ってカンカンに怒っちゃって大変だった。」
(アジア系の子たちの中には、黒子のバスケファンが結構いるそうです。)

「うちのお母さんは、ボーイフレンドを作ってもいいって。
 ただし、条件があって、精神年齢が合うように年齢は2歳違い以内
身長が6フィート近くないとダメだって。
そして、数学はHonorクラスに入っていて、いつもが取れないとダメって。」

「身長6フィート近いっていう条件が一番厳しいわね。coldsweats02

短期滞在の女の子は、想像していたアメリカの女子高生の会話ではなかったので、がっかりしたような顔をして、「そういうものなの。。。」とだけつぶやいたそうです。

もはや、私も、娘たちみたいな女子高生が「一般的な女子高生」と感じるようになってしまいました。

それにしても、「身長6フィート」発言のお母さんと娘さん。
二人とも身長150cmくらいなのに、なぜ、180cmもの身長が条件になるのか。。。それって単にお母さんの好みなのでは?coldsweats01

親の夢を背負って生活しているパロアルトの高校生たち。
いろいろと恵まれていても、苦労も多いのだろうなぁと感じるのでした。think

    

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

人種差別


10日ほど前のお話です。
アメリカでは大統領就任式の日がありました。
娘は、だいたい毎年、この時期になると学校で就任演説を聞いていたので、アメリカの学校は面白いなぁと思っていました。
日本では、学校で首相の演説を聞くって、あまりありませんよね。

さて、今年はというと。。。
ある小学校では先生が演説を見せないように決めたり、ある高校では演説を聞かせないどころか政治に関して話をしないように言われたりと、今までとは違った対応がされているようでした。

娘は高校に上がったからか、それともこのご時世だからかわかりませんが、大統領の演説を聞くことはありませんでした。

その代わり、Martin Luther King Jr. Dayが近いので、差別についてのスピーチを聞いたそうです。

いろいろな人種が暮らすシリコンバレーですが、私自身も差別される経験はあり、また差別される人の話も聞いてきました。

娘が小学生のころ、代替の先生が黒人クラスメートに

「あなたは、どうしてこれができないの?
 黒人だからなの?」

と発言した話を聞いた時には、この時代に!?と耳を疑いました。

今回のスピーチもかなりショッキングな お話だったそうです。

学校では、よく、お誕生日の友人のロッカーに飾り付けをして喜ばせる、という古典的な遊びがあります。

こんな感じにデコレーションして喜ばせます。



これは、嬉しいですよね!happy01
(普通は、ロッカーには鍵がかかっていて暗証番号は本人しか知らないので、ロッカー内のデコレーションまではしないものです。)

今回、スピーチした黒人女性は、高校生の頃、お誕生日に学校に行くと、お友達がきれいにロッカーを飾り付けてくれていたそうです。
嬉しくて、一日、楽しく授業を受けて帰りにロッカーに行くと、ロッカーの飾りに「ニガー(黒人の蔑称)」といくつも黒いマジックで書かれていたそうです。

悲しかったけれど、お友達が一生懸命飾りつけてくれたものなので、その飾りを家に持ち帰り、いくつもの「ニガー」の字をすべて塗りつぶし、大切に取っておいた、というお話でした。

かなりショックなお話でした。
その方のお母様も、文字を消す娘の姿を眺めて どれほど辛かったかと思うと。。。crying
今は、たくさんの高校生に体験を話すほど立派に成長されて。。。と思うとまた涙腺が。。。weep

まだまだ差別はなくならない世の中。
これから、どのような世の中になっていくのか不安なアメリカでした。
  

| | コメント (2)

2017年2月 1日 (水)

(終) P.A.高校の能力別クラス-数学編


今回は、「P.A.高校の能力別クラス」の国語編、「(続) P.A.高校の能力別クラス」の理科編に続く、最後の数学編です。

パロアルトの中学では、数学は「Regular」(標準的な内容のクラス)と「Advanced(もっと高度な内容のクラス)」の2レベルでしたが、高校になるとレベルが増え、もっと複雑なルートに分岐します。
とりあえず一年生Algebra 1/1AGeometry A(AdvancedのA)、Geometry H(HonorのH)の3つのクラスに分かれるのが通常のルートです。

中学の「Regular」クラスからは通常「Algebra 1/1A」、中学の「Advanced」クラスからは Geometry A、Geometry Hの2クラスに分かれます。

中学の後期になると、「Advanced」クラスではテストが2種類用意されていて、将来、「Geometry H」つまりHonorクラスに行きたい生徒は難しいテストを受け取ります。

先生にどちらのテストがほしいか聞かれますが、Honorクラスに入れるくらいの能力の子がAdvancedレベルの問題を受け取ることはできますが、逆にAdvancedクラスレベルの子がHonorレベルの問題をもらうことはできません。

そもそも「Advanced」クラスはアジア系が多いので、Advancedクラスの問題をもらうアジア系生徒はたくさんいます。「高校でHonorに入れない!私はアジア系なのに落ちこぼれになってしまった!」などと考える必要はないと思います。
もちろん、Honorクラスの問題をもらう生徒はさらにアジア系が増すことになります。

数学のHonorクラスは先生のチェックが入る分、理科Honorよりも入るのが難しいです。
(その代わり、高校での苦労は少ないかも。理科Honorは宿題がカタログに記入されている時間数よりも多くて大変です。)


中学の後期に決まったクラスによって高校のクラスのレベルが決まり、そのレベルによってweighted GPAの上限が決まってしまうということで、中学の成績が入れる大学のレベルに影響するということになってしまいますね。think

ただ、一応、高校に入り、学年が上がるときにレベルを変更できないわけではありません
とはいえ、レベルの変更はなかなか大変だそうです。
また、AdvancedレーンからHonorレーンに移動するのは、RegularレーンからAdvancedなレーンに移動するよりも、ずっと難しくなるそうです。

中学からコツコツ真面目に生活していた方が楽に進めるということですね。
それで、アジア系の家庭は小さいうちから教育熱心で、タイガーマムが出てくるのね~wobblyと納得でした。


中学の終わりのころ、娘の親友が先生にHonorレベルのテストをもらいに行ったときには、先生に、

ごめんなさい。Honorのテストは渡したくないわ。
 私、あなたに高校でつらい思いをさせたくないのよ。


と言われて、渡してもらえなかったそうです。
彼女は前期のテストで90%くらいの成績(AdvancedクラスでAを取れるかBに落ちるかというレベル)だったらしいのですが、仕方なくAdvancedレベルのテストを受けると、98%~100%の成績が取れるようになりました。
AdvancedとHonorでは、かなりなレベル差があるようです。

でも、Honor希望だったお友達はショックを受けて、友人たちに言ったそうです。

私、優秀なエンジニアになりたかったのに、もう無理だわ。bearing
 10年後にはマクドナルドで働いているから食べに来てね。
 きっと会いに来てね。crying


皆で「
まだ将来は決まってないよ。きっとエンジニアになれるよ~!coldsweats01」と励ましたそうです。
まだ13~14歳なのに、子供たちも大変ですね。think

 

 

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »