« カモの親子発見!!(^o^) | トップページ | 続・アルメニア大虐殺100年行事にて »

2015年5月 6日 (水)

アルメニア大虐殺100年行事にて


10日前の4月24日。第一次世界大戦中のアルメニア人大虐殺から100年ということで、アルメニア人たちにとっては とても意味のあるこの年のこの時期に、サンフランシスコで記念式典が行われました。

私自身は、恥ずかしいことにアルメニアに関する知識がほとんどなく、「ロシアの西の方にある国」というくらいの認識レベルでした。coldsweats02

ところが、娘のバレエ学校のディレクターにアルメニア人の友人がいて、ダンスを披露する式典を企画しているのでバレエ学校の生徒たちに出演してほしいという依頼が来ました。
よくわからないけれど、「ダンスをする式典」で踊ってほしいということなので依頼を受けたのでした。

場所は、サンフランシスコのシティーホールです。

Arax1

何回かのリハーサルを経て、当日は午前8時にシティーホールに集合。
パロアルトから参加の娘は、ほとんど日の出sunと同時に家を出ました。

式典のダンスは、ここで行うよう。

Arax2

準備やリハーサルは、その隣の広間でした。

Arax3

出演者は、当たり前ですが私たち以外は皆、アルメニア人。
みなさん、とても似ているので、この日まで時々やり取りしていた方と事務的は話をしたくても見分けがつかず、困りました。coldsweats01

Arax4

集合から1時間で、やっと いろいろな装いの方々が揃いました。
ず~っと時間を持て余していた私たち。
これほど早起きをしなくてもよかったのでは、と一時間近く遅刻してきても平然としている同じバレエ学校の のんびり屋さんたちを「アメリカをよく知っている!」と尊敬の眼差しで眺めてしまったのでした。
(アジア系は、全員、集合時間に集合してました。coldsweats01

娘たちは、衣装を着てリハーサル準備完了!

Arax6

アルメニア人の方々が記念撮影。
老若男女、様々な出演者がいました。

Arax5

そして、やっとリハーサル開始!

Arax7

ダンスはお芝居になっているよう。
いろいろなダンスを鑑賞しながら、バレエ学校の出演を待っていました。

そんな時、
この3人は、どうして手を真上に持ち上げてずっと歩いているのだろう?

Arax8

夜の式典本番に、この理由がわかるのでした。

そして、まだまだ続く踊り。。。

Arax9

バレエ学校の生徒たちの出番。
(かなり短い!)
アルメニア人とは違う顔をしているので、ベールを被って踊ります。

Arax10

最後に決める場所。
アルメニアの国旗を初めて知った私でした。

Arax11

その後、アメリカはアルメニア大虐殺を認めていない国だったと知りました。
それでも、サンフランシスコのシティーホールでこのような大きな行事を行うことができるのですね。
国が国だったら許されないことでしょうけれど。

本番の模様については、「続・アルメニア大虐殺100年行事にて」をご覧ください。


   

|

« カモの親子発見!!(^o^) | トップページ | 続・アルメニア大虐殺100年行事にて »

バレエとダンス」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

アルメニア人ときいて、わたしなんてリード作曲のアルメニアンダンス位しかでてこなかったですcoldsweats01

「続・アルメニア大虐殺100年行事にて」が楽しみです。

投稿: thunderpanda | 2015年5月12日 (火) 02時42分

thunderpandaさん、こんにちは!

私も、アルメニアってアルメニアンダンスだけ。
それも音楽としてで、踊りのアルメニアンダンスは全く知らず。。。
今回の行事で、見聞が広まりました。
アメリカって、本当に多民族ですね~

投稿: りり | 2015年5月12日 (火) 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カモの親子発見!!(^o^) | トップページ | 続・アルメニア大虐殺100年行事にて »