« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月25日 (水)

Summer Intensiveオーディション♪


先月までYAGPに参加するために多忙な日々を過ごしていましたが、実はその時期というのは今年の夏の活動を決めるための時期でもありました。
そのため、娘も、レッスンの合間に Summer Intensive(サマーインテンシブ)のオーディションに行ってきました。happy01

去年は、サンフランシスコバレエ学校のSummer Intensive(サマーインテンシブ)に参加しました。
本当にいいレッスンの日々で、いい経験をさせていただきました。

そのため、今年も第一志望はサンフランシスコバレエ学校happy02
(娘のプライベートレッスンの先生が、「
あそこのレッスンが他の有名校に比べて一番いい。通学が大変でもがんばれ!」と言うのもあります。)

とはいえ、去年、サンフランシスコバレエ学校に行ったので問題が。

去年、娘は外部からSummer Intensiveを受けられる最低年齢の12才でした。
今年は、13才。
年齢からいって、去年と同じレベル4に入るだろうということはわかりましたが、同じ子&同じレベルが受け入れ可能かということ。think

同じレベルで受け入れていただければ大感謝です!happy01」と学校側に伝えたいものの、伝えることもできません。

バレエ関係の掲示板をあちこち調べてみると、やはり難しそう。
そもそも、娘は、受かる確率の低いシリコンバレーの純アジア人。
掲示板には、一人、(白人の美しい子でしょうけれど)「私、二年続けて受かったのよ!」と発言している子がいました。
でも、ずっと年上のようなのでレベルも高そう。
それなら、とても上手な子で「特別扱い」という可能性が。coldsweats01

ということで、初めて、他にもオーディションを受けてみることにしました。
やはり有名どころのABT
ABTは開催場所も多く、バレエを真面目に習っている子なら受かる確率がとても高いので安心です。

サンフランシスコバレエ学校Summer Intensiveのオーディション当日は、やはり今年も予想以上の受験者数になり大変なことになっていました。

12~3才のオーディション受付開始は2:30。
5分遅れて2:35に受付に行くと、すでに長蛇の列でした。
受付テーブルに着いた時には、もうオーディションをできる人数を超えてしまい受付終了!?wobbly

でも、そのオーディション終了後に、受け付けられなかった子達を第二グループとしてオーディションをしてくれることになりました。

14歳以上のオーディションも人数が多すぎて遅れているので、結局、長い時間待たされ、すべて終わった時には暗くなっていました。
1時間のオーディションのために5時間以上も費やした(行き帰りの時間は抜きで!)大変な一日でした。

でも、オーディションは楽しかったとか。happy01

Associate DirectorのPatrick Armand氏は、オーディションのスタジオに入った娘をすぐに見つけ、

お! 戻ってきたんだね!happy01

と声をかけてくださったそうです。

そして去年、よく見て(叱って?)くださったDamara Bennett先生は、遠い先生席から口パクで「
How are you?」。
親指を立ててgoodとした娘に、笑いながら先生もgood
また、バーでテストをしていた時には目が合うと、ウィンクwinkしてくださったとか。

サンフランシスコバレエ学校の温かさを感じられて、とても楽しい時間が過ごせたそうです。
(他の先生方も去年の学校で見たタンクトップと「伸びるパンツ」姿から、一転、ハイヒールにドレスと違う出で立ちだった、と娘が喜んでいました。)

とはいえ、フレンドリーな先生方と、オーディションの結果
別物!

オーディションの結果を受け取るまで、ドキドキしながらの二週間を過ごしました。coldsweats02


そして、運のいいことに
合格!happy01
それも、レベル5で受け付けられていました。happy02

さて、また今年の夏も長距離通学で大変そうです。confident

 

| | コメント (4)

2015年3月15日 (日)

ホワイトデーはパイの日!



今日3月14日は、日本ではホワイトデーとして知られています。
でも、シリコンバレーでは「
今日はホワイトデーね。」と言う人には出会ったことがありません。

ここでは、今日は「
πの日」なのです。
もちろん、π=3.14…だからですね。coldsweats01

特に今年は、πデーに力が入ります。
というのも、今年は100年に一度、πデーが最もπに近づく年なのです。

3/14/15 9:26:53に!

つまり、3月14日 (20)15年、9時26分53秒
(アメリカでは、西暦を日付の後に書くので、3/14/15は自然な書き方です。)

そして、πの最初の10桁は、3.141592653!

あのユニクロも、πデーにちなんで
πデーセールをするそうです。
ネットで200ドル以上注文して、会計時にコード「PIDAY314」を入力すると、$31.41安くなります。

学校では、娘の数学の先生が、πの日が近くなると毎日日替わりデザインπTシャツを着てくるそうです。
πTシャツは、いろいろなデザインが売られています。

Pitshirt

そして、数学の宿題(といっても、追加点のための宿題)として、何かを持ってくる(!?)ように言われました。
各自が持参した物で、数学の時間にπデー・パーティをしました。

クラスメートが持ち寄った物は、クッキー
にカップケーキにクロワッサン。
そして、πの音にちなんでパイ
教室には、パンプキンパイ、フルーツパイ、アップルパイなどが並んだそうです。

そして、もうちょっと がんばった生徒はπのパイ♪
これって、ママの宿題!?という感じもしますが。coldsweats01

今回、クラスメートが持ってきたπパイです。

Pipie

娘は
π模様のπプレート

Piplatee

πプレートも、既製品がたくさん売られています。

Piplate

いろいろな商品や作品を眺め、持ち寄ったパンやお菓子を食べて、数学は少しお休み。
πの日って、単なるパーティの口実?という中学のπデーでした。happy01

 

| | コメント (4)

2015年3月13日 (金)

一連の自殺事件の後の中学生たち


4か月間にGunn High School関連の10代の子供たち3人(在校生2人、卒業後間もなく1人)が自殺という一連の自殺事件
あちこちでその話を聞くようになると、中学生の子供たちにも自殺の話が広がっていきました。

パロアルトは高校が2校あり、基本的に居住している場所でどの高校になるかは決まっているのですが、もう一つの高校に希望すれば入ることができます。

娘の中学は、多くがGunn Highの地区になっています。
先日、娘が友人に聞かれました。

友人「
高校、どこに行くの?

娘「
Gunn Highの場所だから、Gunn Highに行くよ。

友人「
私もそのつもりだったのだけど、親がPalo Alto Highに行けって
   自殺したら困るからって。
   中学卒業したら別れちゃうね。


ほとんどの生徒たちは元気に高校に通っているのですが、家庭によっては そのような会話をしているのですね。despair

実際、最近になって、何人もの友人に高校を聞かれ、何人もの友人が高校の変更を希望しているそうです。
といっても、これほど高校変更の希望者が多くなると、受け入れてもらえる生徒は少なくなるのではと思いますが。

娘の友人が下校時に同じ学校の生徒たちの話声を聞いたそうです。

ねぇ、高校、どっちの高校に行く?

Gunn Highの地域だけど、Palo Alto Highに変更しようと思って。
 いったい誰が、あんな自殺の学校に行きたいと思う?
 Gunn Highに行きたい子達って、自殺するときに学校のせいだって言い訳がしたいからなんじゃない?


そんな~!shock
ひどい~bearing

Gunn Highでは、教育関係者や生徒たちを含めてミーティングを設けています。
良好な精神状態をどのように保つか、どのようにプレッシャーに潰されないようにするかなど意見を出し合ったりしていますが、その在校生の話を聞くと(ミーティング内容の記事を読むと)、とても愛好心があり、未来への希望もあって、いい高校のような印象を受けます。
もちろん、そういう子達がミーティングに集まってくるのでしょうけれど。

いい先輩たちがたくさんいるのに、「自殺者が何人か出ている」という情報だけで先入観を持ち、高校の変更を希望してしまうのも残念な気がします。think


。。。そんなことを考えていたら、数日前、今度は Palo Alto Highの2年生が自殺してしまいました。
Palo Altoで、わずか5か月間に4人の若い命が自らの意志で絶たれてしまったなんて。

まだまだ Palo Altoはつらい状況に置かれています。
早く一連の自殺の連鎖が止まりますように。。。think

   

| | コメント (4)

2015年3月 5日 (木)

YAGPサンフランシスコ・セミファイナルに♪


娘がYAGPサンフランシスコ・セミファイナルに参加してきました。
YAGPはYouth America Grand Prix(ユース・アメリカ・グランプリ)の略で、アメリカで一番大きいバレエのコンクールです。
日本でもセミファイナルが行われています。

娘のバレエ学校は、こういったコンペティションには興味がなく、そのため何のサポートもないのですが、娘のプライベートレッスンの先生から参加させたいとの打診を受けました。

YAGPは年齢によって分類されて評価され、その年齢の切れ目が元旦。
元旦の4日前に生まれた娘は同じ年の中で一番年下になるので少し不利らしいのですが、「楽しい経験になるよ」と言われて参加しました。

さて、コンペティション当日。
San Mateoの劇場に到着。

Yagpsanmateo

書類の最初にレジストレーションの時間が書いてあったので、劇場に入ってたくさんのテーブルがあるところで、

レジストレーションをしたいのですが、どこでしょうか?」と聞くと、

その左の入り口から入って!

左の入口から入ると劇場の観客席で、スタッフの方々が忙しそうに働いていました。

レジストレーションしたいのですが。

その入り口から入って。

入ると、ドレッシングルームwobbly

ん? 名前を言わなくていいのだろうか。。。coldsweats02
不安ながらオープンステージの開始時間を待つこと30分。

Yagpdressingroom

時間になったので、オープンステージへ。
ちょっとだけ混雑した場所で練習したり、説明を聞きました。

Yagpopenstage

ここでも、特に名前を言うこともなさそう。

心配になって、女性たち(どこか大きなバレエ学校の付添人グループ)に聞いてみると、

「入口入ったところにテーブルがあって、そこでレジストレーションしたのよ。
もう終了時間になるから早く行った方がいいわ。


オープンステージに娘を残して、私だけ急いでレジストレーションに向かいました。

よく見ると、壁に「チケット購入場所」と書かれたレターサイズの紙が貼られていて、その紙に「レジストレーション」とも書かれていました。

わかりにくい!!wobbly

その後、ドレッシングルームに戻ると、娘も戻っていました。

さて、今度は、いつ出番になるかという心配が。

どうやって娘の出番を知るのだろう、担当者が大声で名前か出演番号を呼ぶのかな、それとも、放送があるのかな。

と緊張して周囲を観察していると。。。

何もない!!!wobbly

どうも、ドレッシングルームの端に小さなモニターがあり、それを眺めてコンペティションの進行具合を知り、娘の数人前の子が踊りだしたら舞台袖に連れていくよう。

ただし、そのモニターは音がないのです。shock

つまり、小さく映っているダンサーの踊りを見て、

この踊りは、あの曲だわ!
ということは、今は、この番号まで進んでいるということ。
あともう少し!

などと気を配っていないといけないのです。
それも、同じ踊りを踊る子達もいるから、常にモニターを見ていないと進行状況が把握できない。。。shock

それで、コンペティションに生徒を送り込む学校には、付添人グループがついていたのね、と納得。think

私もモニターのそばに行き、一生懸命、現在の演目をチェックしていたのでした。
(キューピットを踊ってくれる子にはすごく感謝!! 一番わかりやすい!happy01

娘の4人前の子が踊りだしたので、娘を舞台袖に連れて行ったところで、私は休憩。

ところが娘は娘で、大変だったそうです。

どうも、ステージマネージャーという人が舞台の右側だけにいて、その人に自分が舞台袖に到着したことを言わなくてはいけないらしいのですが、それを知らずに舞台の左側に入り待っていたので、危うく抜かされるところだったとか。
左側舞台袖の担当者に「ステージマネージャーは右にいるんだ。右側でまず名前を言って左に戻ってきて!」と言われて、飛んでいったそうです。

本当に、アメリカ!coldsweats01

その日、無事にコンペティションが終わり、翌日はマスタークラス。
その次の日に授賞式がありました。

参加者は劇場観客席の前の方に集められ、親やバレエ学校スタッフなどの付添人たちは観客席の後ろの方に座ります。

通常、上位12位が発表されるのですが、娘の年齢カテゴリーは人数があまりに多かったため、上位24人が発表されました。

TOP24を発表します。呼ばれた方はその場で立ってください。

ドキドキしていると、娘の名前が呼ばれました!happy01

上位13~24位だったのね。

と思ったら24人呼ばれ、どうも上位24人、全員が立たされたようでした。

この中から、TOP12を発表します。
 呼ばれた方はステージに上がってください。


今度は、上位12人として娘の名前も呼ばれました。happy02
ステージの上へ。

Yagpawardceremony_2

その後、ステージでさらに一位、二位、三位が発表されました。
これには、呼ばれず。。。

YAGP一色の忙しい三日間が過ぎました。

後日、YAGPサイトの入賞者のページをチェック!
入賞者と入賞者の通う学校名が発表されていました。

見ると、学校の名前には有名校がずらり。
娘の名前とともに娘の通う無名校の名前がちょこんと入っていて。。。coldsweats01

やっぱり、学校のサポートは大きいものなのでしょうね。
だから、手順の説明もなく混沌としていても、うまく進行できるのでしょう。
後に参加される方の参考になれば幸いです。
(でも、変わるかもしれませんね。coldsweats01

 

| | コメント (11)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »