« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月25日 (水)

パロアルトのタイガーマムたち

 Battle Hymn of the Tiger Mother

4年前、 Battle Hymn of the Tiger Motherでヒットした言葉「タイガーマム」。
子供に高い期待をかけ、たくさんの規則で縛り、期待にそぐわなかったり規則が守れなかった時には残酷と思われるくらいに厳しくしつける母親のことですが、この言葉は今でも広く浸透してます。

パロアルトに住む子供同士でも「
あの子のとこって、タイガーマムだよね。」などと会話に出るし、母親同士の会話でも「私は、ほんのちょっとだけタイガーマムだから。」などと出てきます。

学校の選択科目も、もちろん親が口出しするので、オーケストラクラスや語学クラスはタイガーマムの子供たちである子タイガーたちがたくさんいます。

娘が見たところ、「
オーケストラクラスの子の6割の親はタイガーマムじゃないかと思うわ。」とのこと。

なぜかと言うと、授業の様子から「楽器が好きに見えないのにオーケストラを取っている」子達が6割にも達するらしいのです。

でも、まだ子タイガー。
タイガーマムの言葉に従う年齢です。

先生が学年末に「他の生徒たちに自分の演奏を聞かせる機会」を作り、希望者に演奏を弾かせてくれた時には、子タイガーたちは「
これはエクストラポイント(成績に上乗せされる点数)になるだろうから やりなさい、とママが言う」からと、率先して手を挙げました。

その時バイオリンを弾いた子は、「下手だよね」「タイガーマムの子だからね」とクスクス笑われる中で演奏していて、それが何ともかわいそうだったと娘が話していました。

なんだか、すご~く精神衛生上よくなさそうですが。。。
お母さんは、こういう状況が想像つかないのかな。think

親に学校のことを話さなければいい!と思っても、この時代、学校の様子がインターネットですべて把握できるようになっているのです。

テストの成績はもちろんのこと、学校で行われている細かな行事や、先生から生徒への連絡などがすべてネットで親が確認できてしまいます。
(FBのようなイメージで)

だから、ドラえもんの のび太が0点のテスト紙を隠して。。。みたいなことは起きないのです。coldsweats02

先週末は、理科の小テストの結果がネット上に出たそうです。

その結果が悪かった娘の友人の家庭では、お母さんが
大激怒!!shock

タイガーマムは その女の子を座らせ、

ずっとここに座って、自分の将来について考えなさい!pout
 何も食べずに、何もせずに、ずっと考えなさい!!angry


と怒ったそうです。
お母さんは、同じ部屋の中にいて、その女の子を監視していました。

長いこと「
将来について」というより、「どうしたらママの怒りが収まるだろうsad」と考えていた女の子ですが、

私、お医者さんになろうかな。

と、これなら大丈夫かな?と言ってみると、

そんな簡単に言わないの!
 もっといろいろ考えなさい!
angry

と許してもらえなかったそうです。

今日、土曜日だから習い事あるのに食事どうするんだろう。
 食べさせてもらえなかったら動けないなぁ。despair


と考えていたら、その日は家から出してもらえず、ずっと動かず座って考えさせられていたそうです。

タイガーマムの子供たち、大変です。shock
でも、皆、がんばっているのですよね。despair

「考えろ」と怒っても、「ママの怒りの沈め方」を考えているのだから、それよりはテストのできなかったところを学び直した方が建設的な気がしますが。think

 

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

ラ・ソルボンヌの八角ドーム♪


娘が中学で取っている選択科目の一つがフランス語。

そのフランス語のプロジェクトで、フランスの観光地の建物が一人一人に割り当てられました。
娘が当たったのは、『La Sorbonne(ラ・ソルボンヌ)』。
キュリー夫人の母校である現在のパリ大学です。

そのLa Sorbonneについて調べてプレゼンテーションを行うわけですが、プレゼンテーションをするときに使う道具として、その建物の模型を作らなくてはいけないそうです。

また
模型作り!?wobbly
アメリカの学校は模型を作らせるのが好きなのですよね。coldsweats01

その昔、娘が4年生の頃はカリフォルニアのミッション「 Mission San Antonio de Padua」の模型を作ったこともありました。
これが、最初の大きな模型作りだった気がします。

最近では、神経細胞の模型を作っていました。
(粘土がメインで、リボゾームとポリリボゾームの部分は細かいスチロールの玉を使ったそうです。)

Neuronmodel1

それを、こんな風に↓ディスプレイに作り上げなくてはいけなくて、「
この忙しいのに、あなたは何をしているの!?」と思ったような。。。coldsweats01

Neuronmodel2

そして、今度は、La Sorbonne(ラ・ソルボンヌ)の模型!?

La Sorbonneは、こんな↓建物です。

Sorbonne

難しそう!!shock
でも、ノートルダム寺院が割り当てられるよりはよかったかも。。。coldsweats02

ここで困ったのは、La Sorbonneのてっぺんにある、建物のメインになる八角ドーム
下の写真は、八角ドームを斜め上から見たところと、真上から見たところです。


Domeroofoctagonalearth
娘が、この
八角ドームをきれいに作るには、どうしたらいいの!?と悩んでいました。

確かに、八角ドームの展開図って案外難しい。。。despair
ネット検索してみても、「どう作るのですか?」という問いは見つかるものの、肝心な展開図が見つからないらしいのです。
また、その作り方の解答も難しくて、質問者が「あまりに難しくて理解できませんでした。」というオチつき。
大人にも難しいのだから子供には無理でしょう。think

仕方がない!
「八角ドームの展開図は作ってあげるから、他のところから始めて。」と私が展開図作りを申し出たのでした。think

そして、出来上がった八角ドーム展開図の部分!happy01
(クリックすると拡大表示するので、ダウンロードして使えます。)

Domeroofoctagonalfigure 作り上げると、立派な!?八角ドームになりました。happy02

Domeroofoctagonal

八角ドームなんて、ここで公開しても喜ばれるのかどうか疑問ですが。coldsweats01

   

| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »