« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

クララの一日♪


またまた記事が少し遅くなりましたが。。。無事に「くるみ割り人形」公演を終えました。

クララの日の朝は、早く起きて立て巻きロールを作りました。
3年前に四苦八苦して練習したため、今回はすんなり。happy01

私は劇場の裏口で娘を下すと早めにお客様を迎えるために劇場に入りました。
友人たちが続々入ってきてご挨拶。

娘を可愛がってくれていた卒業生のママとも会い、お話をしていました。
実は、このとき、まだ3枚の公演チケットが手元に売れ残っているというお話も。
突然、体調不良のために来ることができなくなったご老人の方々のチケットです。
それを聞いた友人が、

まだ開演まで10分あるわ。
 私、外に行って売ってくる!!


と言い残すと、私の3枚のチケットを握りしめて劇場を飛び出していきました。

すると、5分もたたずに戻ってきたのです。
そして私に60ドル手渡すと、

やったわ! 外で3枚とも売ってきたわ!
 私、自分が誇らしいわ♪
happy02

なんと彼女はチケット売り場の前の広場で知らない人に

このチケット余ってるの。
 一枚30ドルだけど、20ドルでいいわ。買わない?


と話しかけて、ほんの数分で3枚とも売ってきたと言うのです。wobbly

そんな手があるなんて。
私には絶対に思いつかないし、たとえ思いついても実行できない!bearing

やっぱり性格が反対のお友達って必要な存在なのね。
意外性があっておもしろい!!!happy01
尊敬shine
shineshine

さて、娘の方はというと、無事に開演前のリハーサルを終え本番待ちをしていると、小さい子たちが娘の名前を呼び、「
クララ~!happy01」と駆け寄って騒いでいたそうです。

開演直前には、同じクラスで練習している仲間たちが寄ってきて、舞台袖まで来て「
がんばってね~!!happy01」と、お見送りをしてくれたそうです。

バレエの世界というと、主役の子の靴に画鋲などと お話に出てくるけれど、娘の学校の子達は心温かです。confident

そして舞台が始まりました。

まずは、パーティーのシーン。

Clara1

パーティーシーンの後は、たった一分間の衣装替え

クララ役の子は立ったまま、両腕を少しだけ開きます。
3人のクイックチェンジ(短時間での衣装替え係)担当者が周りを取り囲み、それぞれの担当の仕事をしてくれます。

一人は、アクセサリーを取る人。
一人は、ドレスを脱がす人。
一人は、ネグリジェを着せる人。

こうやって手分けして着替えさせるのが一番短い時間で済むらしいのです。

そして、夜のシーン。

Clara2

ここで、途中休憩。

その後、もう一度、クララの入場。

Clara3

後半は、ほとんど椅子に座っているだけで、いろいろな踊りを見ているだけの役です。

Clara4

最後、花束をもらって閉幕。

Clara5

無事にクララが終わりました。
観に来てくださった たくさんの友人たちに感謝です。

Clara6

長い一日でした。confident

ところで、今回の記事に入れようとしていたモンペ遭遇の続編「モンペ ママのいい分を検証!?」は、記事が長くなってしまったので次回記述します。coldsweats02

   

| | コメント (2)

2014年12月19日 (金)

モンスターペアレント(!?)との遭遇(-_-#)


娘のバレエ学校で行われる「くるみ割り人形」公演。
クララになるために、古いドレスを生き返らせ、そのドレスをリフォームし、クララのネグリジェを作った後、今度はドレスの下にはくパンタロンのリフォームまで頼まれ、精力的に働いていた私でした。

他のクララの親たちは、通常のボランティアの他に何もすることはありません。
優雅な時を過ごしていた(!?)わけですが、まぁ、私の娘はまだ若くて小さいので仕方がないと割り切って衣装作りをしていました。

そんな状況で私も娘も全く気づかなかったのですが、実は次々とできていく娘の衣装は注目の的だったようです。
それも、どの衣装も既存の衣装よりもずっと豪華で美しい、と他のクララたち&ママ達の目には映っていたようです。

女の子たち(&一部のママ)は、羨ましかったのですね。
娘の何もかも。think

自分たちが着たくても、ドレスもネグリジェも後ろのファスナーが閉まらないとわかっているので我慢していたのですが、私がパンタロンを仕上げたとき、

パンタロンなら、ウェストがゴムだから私たちもはける!!happy02

と思い込んでしまったようです。

大人の私が考えれば、とんでもない!

日本人の娘の脚の長さと、最低でも8cmも身長の高い白人の女の子の脚の長さ同じ!?
あなたは、そんなに脚が短くて格好悪い体型だと思ってるの!?coldsweats02

と思ってしまうのですが。

最後に仕上げたパンタロンは、「劇場に衣装を搬入する数日前。
他のクララたちが、「
娘のパンタロンをはきたい!」と先生に懇願したのが、何と搬入の前日!

でも先生は、「いちおう、はいてみなさい」と試着を許してあげたのでした。
(私は、「ゴムが伸びる~~!shock」と気が気ではなかったのですが)

身長が高いということは、お尻の大きさも違うということ。
お尻が入りきらずに腰パン状態の女の子たち。

一人の子は、それでも諦めず、ウェストとヒップ周りの肉でピチピチになり生地が破けそう。。。
そして、少し短い

それでも、その女の子だけは「
これなら大丈夫!confident」と真剣な顔で諦めないのです。

当然、先生ははくことを許しませんでした。

ここでパンタロン問題は片付いたと思っていました。

ところが、その晩、その女の子が親に
どうしても、あの子のパンタロンがはきたい!
と駄々をこねたようで、翌朝、留守電が入っていました。

もう一度、あなたの娘さんのパンタロンを試させたいの。
 だから、今日、一刻も早くそのパンタロンを持ってバレエ学校に来て
 遅くとも、お昼までには来てちょうだい。
 このメッセージを聞いたのを確認したいから、すぐに私に電話して!


という高圧的なメッセージでした。despair

どうして、親まで、小さい娘のパンタロンがはけると思ってしまったのだろう。。。
どうして、先生は、もっとはっきりとパンタロンがはけない理由を言わなかったのだろう。
でも、

同じ身長でも、あなたの方が脚が短いから、あの子のは着られないわよ」はOKで平気で口にするのに、
同じ身長でも、あなたの方が太ってるから、あの子のは着られないわよ」はNGの国。

横幅に関しては神経質なので細かい説明は避けていたからこういうことになったのでしょう。
そして「背の低い彼女のパンタロンがはけるほど私は脚が短い」は恥ずかしくないので、はけると言い張ってしまうのですよね。

仕方がないので、すぐに最終修理中のパンタロンを持ってバレエ学校に行きました。
(後から、アメリカ人のママ友に「言いなりになって優しすぎたわよ」と言われて反省。coldsweats02

バレエ学校には、全ボランティアの統括の女性、そして衣装ボランティア統括の女性などが同じように呼び出され、集まっていました。

「衣装搬入日になって、いったい何事!?」

と口々に私に聞くのでした。

「みんな、このパンタロンがはきたいのよ。」

「はぁ。。。」

そして、その後のごたごたの後、もちろん、娘以外に娘のパンタロンをはくことは許されず、搬入を終えたのでした。

ところで、パンタロンとは、ここ↓の部分です。

Clarapantaloons

何人も巻き込んで親子で騒ぐほど、目立つ重要な衣装ではないと思うのですが。coldsweats01

衣装ボランティア統括の女性は、「同じに見えても、女の子たちだけにわかる違いが何かあるんじゃない? あなたが作ったのは、特別なパンタロンなのね。」と言っていましたが、私には単に、羨ましいフィルターがかかった目で見ただけな気がします。think

女心は難しいものなのですね。
実は、その後、公演当日にも、そのモンペ ママの怒りに接することになるのでした。think

 

| | コメント (2)

2014年12月 9日 (火)

クララのネグリジェが完成!\(^o^)/


バレエの「くるみ割り人形」公演のために、クララの古いドレスを生き返らせリフォームした私。
次は、クララが夜のシーンで着る
ネグリジェを作ってほしいと頼まれました。

先生からのリクエストは、「既存のクララのネグリジェとイメージが大幅に変わらないように。」ということだけ。
デザインや素材などは全て任されました。

現在、学校が使用している既存のネグリジェは皆、市販のネグリジェをリフォームした物のよう。
それも、だいぶ古くなり あちこち綻びているので、私がクララの親になったのを機に、新しいネグリジェがほしくなったのでしょう。

それなら仕方がない、と自分で型紙から作ることにしました。

Simplicity9497 とはいえ、型紙の胸の部分は、昔、娘のクリスマス用ドレスを作った時に利用した、右のSimplicityの型紙を流用させてもらいました。

スカート部分は、娘にアラベスクをさせ、そのときに十分な幅になるように型紙を作りました。


クララのネグリジェは、レースをたくさん使いますが、良質なレースを使うと簡単に数百ドルの経費がかかってしまいます。

舞台衣装としてバレエ学校の費用で作ってもらいたいので、メキシコ産の安いレースをスプールで(一巻いくらの安売りで)購入しました。coldsweats01

数日、ネグリジェのことで頭がいっぱいの日々を送り。。。
ついに、クララ ネグリジェの出来上がり!happy02

Claranightgown2


裾が十分に開きます。confident

Claranightgown1

胸元の丸形のヨークは、下にレース生地を敷いて、リボンをクロスして飾りにしています。
周りには、二重に幅の広いレース。
首周りは幅の狭いレースをつけて、中心にリボンをつけました。

Claranightgown3

今回、これだけの糸やレースを使いました。happy01

Claranightgown4

先生たちは、大感激!happy02
私も「
がんばった~!」と達成感でいっぱいだったのですが。。。

このときには、まだ、その後にモンスターペアレント(?)が現れ、面倒なトラブルが発生するなどとは思ってもいなかったのです。。。
coldsweats02

    

| | コメント (4)

2014年12月 4日 (木)

クララのドレスのリフォーム♪


あまりに多忙で、しばらく更新できませんでした。coldsweats02

というのも、「くるみ割り人形」公演に使用するドレスを、観客が見ても恥ずかしくないように生き返らせた直後、そのドレスを先生に見せたのです。

素晴らしいわ!
 シミが全くわからないじゃないの!happy01


と大喜び。

。。。したものの、実は このとき、リクエストの多い先生は新たに次の要求をしたのでした。coldsweats01

あなた、前にパーティーシーンガールのドレスを素敵にリフォームしたじゃない?
 今度は、このクララドレスをリフォームしてみたい?


確かにそんなことがありました。
あの時は、ついでにパーティーシーンガールの髪飾りまで作ってしまいました。confident

それにしても、「してみたい?」と言われれば、もう動きたくないのだけど、すごーく威厳のある先生にはそれも言えず、つい、

はい。

と答えてしまったのでした。

先生は、もう私を信用しているということで、クララドレスのデザインも私に任せてしまいました。

どんなデザインにしよう?
他のクララたちと、あまりに違いすぎるのもいけないし。。。coldsweats01
あまりバレエ学校の費用を使っては悪いし。。。think

そこで、まず、レースを買ってきて、クララドレスを生き返らせた時に使った染料で染めてみました。

染料をプラスティック容器に入れて、水で薄めて、漬けて一晩置いてみました。
洗ってみると、多少、薄くなったものの、きれな青いレースになりました。

それを染めていない白いレースと合わせて、それぞれのレースの長さを調節し、太いレースの飾りを作ってみました。

Claralace

なかなかいいかも。happy01
首周りの飾りにしよう。

そして、袖にレースを付け足して、ちょっと華やかに。

Claradress2

裾にもレースを足して。。。

出来上がり!

Claradress

先生は、大喜び!

すごいわ! あの古いドレスが新品のドレスみたい!!

他のクララたちも、

シミつきのドレスだったのに、他のドレスよりも可愛くなるなんて。wobbly

と、びっくり!

よかったぁ!!happy02

他の先生方も大喜びだったし、これで私の任務は完了!!happy02

ところが、先生は、また次の要求をしてきたのでした。

あなた、娘さんのクララのネグリジェ、新しく作れない?

え。。。?coldsweats02

そんなこんなで、ブログの更新どころではない生活をしていたのでした。

通常、うちのバレエ学校では、トラブルを避けるために「衣装の持ち帰りは禁止」です。
 他の親たちには、このような作業はありません。coldsweats01

 

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »