« クララのネグリジェが完成!\(^o^)/ | トップページ | クララの一日♪ »

2014年12月19日 (金)

モンスターペアレント(!?)との遭遇(-_-#)


娘のバレエ学校で行われる「くるみ割り人形」公演。
クララになるために、古いドレスを生き返らせ、そのドレスをリフォームし、クララのネグリジェを作った後、今度はドレスの下にはくパンタロンのリフォームまで頼まれ、精力的に働いていた私でした。

他のクララの親たちは、通常のボランティアの他に何もすることはありません。
優雅な時を過ごしていた(!?)わけですが、まぁ、私の娘はまだ若くて小さいので仕方がないと割り切って衣装作りをしていました。

そんな状況で私も娘も全く気づかなかったのですが、実は次々とできていく娘の衣装は注目の的だったようです。
それも、どの衣装も既存の衣装よりもずっと豪華で美しい、と他のクララたち&ママ達の目には映っていたようです。

女の子たち(&一部のママ)は、羨ましかったのですね。
娘の何もかも。think

自分たちが着たくても、ドレスもネグリジェも後ろのファスナーが閉まらないとわかっているので我慢していたのですが、私がパンタロンを仕上げたとき、

パンタロンなら、ウェストがゴムだから私たちもはける!!happy02

と思い込んでしまったようです。

大人の私が考えれば、とんでもない!

日本人の娘の脚の長さと、最低でも8cmも身長の高い白人の女の子の脚の長さ同じ!?
あなたは、そんなに脚が短くて格好悪い体型だと思ってるの!?coldsweats02

と思ってしまうのですが。

最後に仕上げたパンタロンは、「劇場に衣装を搬入する数日前。
他のクララたちが、「
娘のパンタロンをはきたい!」と先生に懇願したのが、何と搬入の前日!

でも先生は、「いちおう、はいてみなさい」と試着を許してあげたのでした。
(私は、「ゴムが伸びる~~!shock」と気が気ではなかったのですが)

身長が高いということは、お尻の大きさも違うということ。
お尻が入りきらずに腰パン状態の女の子たち。

一人の子は、それでも諦めず、ウェストとヒップ周りの肉でピチピチになり生地が破けそう。。。
そして、少し短い

それでも、その女の子だけは「
これなら大丈夫!confident」と真剣な顔で諦めないのです。

当然、先生ははくことを許しませんでした。

ここでパンタロン問題は片付いたと思っていました。

ところが、その晩、その女の子が親に
どうしても、あの子のパンタロンがはきたい!
と駄々をこねたようで、翌朝、留守電が入っていました。

もう一度、あなたの娘さんのパンタロンを試させたいの。
 だから、今日、一刻も早くそのパンタロンを持ってバレエ学校に来て
 遅くとも、お昼までには来てちょうだい。
 このメッセージを聞いたのを確認したいから、すぐに私に電話して!


という高圧的なメッセージでした。despair

どうして、親まで、小さい娘のパンタロンがはけると思ってしまったのだろう。。。
どうして、先生は、もっとはっきりとパンタロンがはけない理由を言わなかったのだろう。
でも、

同じ身長でも、あなたの方が脚が短いから、あの子のは着られないわよ」はOKで平気で口にするのに、
同じ身長でも、あなたの方が太ってるから、あの子のは着られないわよ」はNGの国。

横幅に関しては神経質なので細かい説明は避けていたからこういうことになったのでしょう。
そして「背の低い彼女のパンタロンがはけるほど私は脚が短い」は恥ずかしくないので、はけると言い張ってしまうのですよね。

仕方がないので、すぐに最終修理中のパンタロンを持ってバレエ学校に行きました。
(後から、アメリカ人のママ友に「言いなりになって優しすぎたわよ」と言われて反省。coldsweats02

バレエ学校には、全ボランティアの統括の女性、そして衣装ボランティア統括の女性などが同じように呼び出され、集まっていました。

「衣装搬入日になって、いったい何事!?」

と口々に私に聞くのでした。

「みんな、このパンタロンがはきたいのよ。」

「はぁ。。。」

そして、その後のごたごたの後、もちろん、娘以外に娘のパンタロンをはくことは許されず、搬入を終えたのでした。

ところで、パンタロンとは、ここ↓の部分です。

Clarapantaloons

何人も巻き込んで親子で騒ぐほど、目立つ重要な衣装ではないと思うのですが。coldsweats01

衣装ボランティア統括の女性は、「同じに見えても、女の子たちだけにわかる違いが何かあるんじゃない? あなたが作ったのは、特別なパンタロンなのね。」と言っていましたが、私には単に、羨ましいフィルターがかかった目で見ただけな気がします。think

女心は難しいものなのですね。
実は、その後、公演当日にも、そのモンペ ママの怒りに接することになるのでした。think

 

|

« クララのネグリジェが完成!\(^o^)/ | トップページ | クララの一日♪ »

バレエとダンス」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

りりさん、
ほんとお疲れ様でした。ほんと、意味不明な親子ですね。
でも、掲載されている写真をみると、他のお子様達が羨ましくなるのがわかる気もしますが。。。

年末年始、イヤな事も無く素敵にお過ごし下さい。

投稿: thunderpanda | 2014年12月20日 (土) 03時44分

thunderpandaさん、こんばんは!
代々使われている衣装なので、近くで見ると皆、かなり古いんですよね。
そこに新しい衣装となると心が揺れるのはわかるのですが、たかがパンタロン!の事件なんですよ~sad
観客はドレスの方を見ると思うのですが。coldsweats01
こういう変わった人がいるという勉強にはなりました。think

投稿: りり | 2014年12月20日 (土) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クララのネグリジェが完成!\(^o^)/ | トップページ | クララの一日♪ »