« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月29日 (水)

この処方薬、大丈夫?


娘の足の裏に虫刺されのような跡ができ、とてもかゆかったらしいのですが、その後、水ぶくれになってしまいました。
楕円形で、なんと長径が1.3cmくらい!wobbly

その水ぶくれが全然割れず、歩いていると硬い石を踏んでいるように痛いらしいのです。bearing

トゥシューズを履いているときも痛いと言うので、小児科hospitalに連れて行きました。
先生は、その水ぶくれをナイフで切ってshock中の水分を抜き、抗生物質の処方箋を渡してくれました。
今後、2~3日は、バレエどころか体育の授業もできないそうです。think

帰りに薬局に行き、抗生物質の飲み薬をもらってきました。

夜になって飲ませようと開けてみると、ボトルについた銀色の未開封であることを証明するシールが破り取られている!?

Prescription_medicine
これ、大丈夫なの?wobbly

不安になったものの、夜中だったので、インターネットで検索

すると「安全シールが破れてるの。飲んで大丈夫?」の質問がいくつか見つかりました。

多くが
処方箋薬なら、気にしないで飲んじゃう。」という回答で、「薬局に問い合わせる」は少数派

薬局関係者の発言はないので、安全なのか安全でないのかは、はっきりとはわかりませんでした。

知らない人々の発言では心配なので、こんなときはFacebook!
夜中だけど、アメリカ人の友人たちに「Help Me!!」と聞いてみました。


処方箋薬に銀色の未開封であることを証明するシールがついているのを見たことがない」という友人たち。
薬局に問い合わせる」という回答ばかり。

結局、夜は薬を止めて、朝、薬局に電話してみました。

薬局の方曰く、

薬剤師が、銀色の未開封であることを証明するシールを開封し、ボトルの中に入っている粉末に液体を入れて混ぜて患者さんに渡しています。お薬は安全です。

とのことでした。

そういうことだったのですね。coldsweats02

その後、安心して お薬を飲ませました。confident


 

| | コメント (2)

2014年10月17日 (金)

くるみ割り人形、今年はクララに♪


娘のバレエ学校の「くるみ割り人形」公演の配役が発表されました!happy02

12才の今年は、娘が9才10才11才で長い間ソロを務めたロシアの踊りには配役されませんでした。
もう、「小さな子がソロで踊って可愛いheart」という感じではなくなったということなのですね。
感慨深く、ちょっと寂しい気がします。
think
もうちょっと小さい子でいてほしかったような。。。

今年は、主役のクララと、その他3役の合計4役が配役されました。
その他3役と言っても、一つはコロンバインなのでソロパート
残りの二つは4人で踊るとはいえ、どちらも最初に一人で舞台に登場して踊り出す役なので目立つパートです。

今年もラッキーだったかも!?
happy01
でも、きっと友人たちはクララ公演に集中するので、他の役は見てもらえないですね。

クララというと、周りからは、

すご~~い! おめでとう!

と言われてしまうのですが、いえ、そんなことはないんです。

前に、「配役発表!と人間模様」で記事にしたように、クララは特別上手くて配役されるものではないのです。。。

ここでも、「一流の学校に入れるために親が!?」の記事のような「親の努力」も大きく影響してきます。

配役の決め方はもちろん公表されていませんが、「皆さんは、オーディションでの採点が高得点だったので選ばれました」とだけ言われます。
ただ、だいたいの察しからすると、「生徒のスキル」「生徒の容姿」「親のバレエ学校への貢献度」をそれぞれ10点満点で採点し、その上位者たちの顔ぶれを見て「人種補正」をかける、という感じです。

「人種補正」というのは、こちらでは当たり前のことで、普通に評価するとアジア人ばかりになってしまうからですね。
(優秀な人種と言う人もいますが、基本的にまじめな子が多いためのように思います。)

つまり、しょっちゅう練習を休んでいるのにクララになる子は、親がボランティア熱心容姿がいい子になります。

生徒が生まれながらにラッキーか、ということが大きく影響するので、バレエ学校やボランティアトップたちから、

まじめな娘さんはバレエ学校生徒たちの模範
娘さんの努力の賜物

などと表現されてお祝いされると、ちょっと違和感があります。coldsweats02

さて、同級生の親から、すでに「どうしたら娘をクララにできるの?」の質問を受けるようになりました。
13才、14才がクララに選ばれる山場なのです。

来年、娘にクララをさせてあげたいの。
 週に6クラス取らないと選ばれないって噂があるのだけど本当?


「うちは、週に4クラスだったわよ。大丈夫!
 あなたの娘さんは、手足長くて、首長くて胴体細くて、頭小さくて、これ以上ないくらいきれいだから大丈夫!
 そんなことより、あなたがボランティアをがんばるのが一番の近道だと思うけど。」

それは、大丈夫なんだけど。

え。。。?wobbly

なんと、彼女は、ご主人と共に、今年はドレスアップして「くるみ割り人形」のパーティーシーンで、大人の役にボランティア出演する決心をしたそう。
こんな感じの大人たちの役です。(椅子に座っているのはクララ役)

Ncpartyscene
娘さんのために、夫婦で舞台にshine
パーティーシーンのリハーサルには、たくさんの時間を割かなくてはいけません。
本番も、6回中3回の公演に出なくてはいけないのに。
親心ですねheart04
すばらしい!!

やっぱり、「
生徒たちの親としての模範」であり、「親御さんの努力の賜物」と、親たちが 表彰されてもいいような気がします。confident

   

| | コメント (2)

2014年10月11日 (土)

iPhone 6 Plus買いました!


毎日が忙しく、あっという間に月日が経ってしまいます。

iPhone 4Sを使い始めてから、信じられないことに、もう3年。。。?
そこで、iPhone 6 Plusに買い換えました。

iPhone 6ではなくiPhone 6 Plusにしたのは、最近、イベント時にしかデジタルカメラを持ち歩かなくなったため、スマートフォンはカメラ機能が高いものがよかったのと、いつもスマートフォンはバッグに入れているため、大きさに拘りがなかったことです。

予約開始日当日に予約をして、先週、受け取りました。

iPhoneは、本場アメリカでは日本よりも所持率が低いので、日本ほどの人気ではないのかと思っていたら。。。かなりな注目度があります。

娘をバレエに連れて行けば、先生はいち早く私の手元をチェック!

あ、iPhone 6 Plusじゃないか。買ったんだ!
 どうだい?
 ちょっと見せて!


ママ友に会えば、

あら、iPhone 6 Plus、買ったの!?
 ちょっと持たせて!
 ねぇ、普通の6じゃなくて、6 Plusにした決め手は何だったの?


昨日、バイオリンの弦の張替えに行くと、店員さんから

お、iPhone 6 Plus買ったんだね。
 iPhone 6のいいところは~~(延々と続く。。。)


と講釈を受けてしまい、思わず、

そんなに詳しくて好きなら、あなたも一つ、買うしかないんじゃない?coldsweats01

なんて言ってしまったほど。

あちこちで iPhoneの会話をした後は、

じゃあね。iPhone楽しんでね~!happy01

と言われる私。
iPhoneのおかげで、たくさんの人と会話が弾みます。

ただ、少し心配も出てきました。

今まで、Safewayで日用雑貨をお買い物をするとき、Just 4 U (Safewayの個々の顧客登録者に合ったセール情報を提供してくれるサービス)をチェックするために店内で iPhoneを手に持って移動していたのですが、あまりに人目を引くので引ったくりに合いそうで怖いのです。
まして、Plusは大型。。。
見せびらかすように持ち歩くのはよくないかもしれませんね。think

周りの人がまだ買っていない今、危険な目に合わないよう、お買い物内容は出かける前に暗記し、安全に過ごそうと思います。
coldsweats01
iPhone 6を持つと、脳にもいいかも?

   

| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »