« S.F.通いの日々。。。 | トップページ | 8時間停電! 冷凍庫の食品は無事? »

2014年8月17日 (日)

一流の学校に入れるために親が!?


娘がサンフランシスコバレエ学校に通っていた間、驚くことがありました。

お昼休みが二時間もあるので、たまには一緒にランチをしようね、ということで私がお昼にサンフランシスコバレエのロビーで娘を待っていると、馴染みのある顔が。。。

あ、友人!

友人も私に気づいて、話しかけてくれました。

実は今年、彼女の娘さんもサンフランシスコバレエのSummer Intensiveを受けたらしいのです。
でも、運悪く受け入れてもらえなかったそうです。
もう高校生なので、入学するのはとても大変なのでしょう。think

その後、彼女はサンフランシスコバレエ学校のボランティアをしようと決めたそうです。

ここのボランティア登録は、形だけの登録はもちろんダメ。
きちんとボランティア希望者用の講習に出たり、一定時間のボランティア労働が義務付けられているそうです。

彼女の自宅から片道一時間もかかるのに、ボランティアなんて。
偉すぎる!happy02

ここでボランティアをしたからと言っても、来年、娘さんが受け入れてもらえる保障はありません。
もしかしたら他の生徒よりは優遇されるのかもしれませんが、特に規定はないようです。

そこまでするのは、娘さんが一流のバレエ学校に入れる確率を少しでも上げて、一流のバレリーナにしたいから?
というと、そんなことはありません。
とても優秀な友人に、とても優秀な娘さん。
将来はバレリーナではなく、いい大学を狙う予定だそうです。

それなのに、なぜ?と思うかもしれませんが、いい大学に入るのには、それなりに立派な高校時代の経験が必要なのです。
どのような活動をしていて、どのような結果が得られたのかが大学の合格を左右します。

例えば、バレエの
Summer Intensiveなら、サンフランシスコバレエ学校に行っていただとか、アメリカンバレエシアターならニューヨーク校に行っていたとか。
活動をした学校の格も大学側は情報を持っているそうです。

また音楽ならば、どこのユースシンフォニーに属していた、その中で どのような役割をしていた、どういうところで教育を受けた、など。

どのようなコンクールでどのような成績を収めたかも重要な活動の評価になります。
コンクールには、運動系、音楽系、勉強系、いろいろなコンクールがありますが、それぞれ どのようなランクのコンクールなのかも情報を持っているらしいのです。

そして、超一流の大学に入学した友人のお子さんたちは、やはり錚々たる活動をしていました。

日本では、「アメリカの一流大学は生徒会長だと入りやすい」と噂がありますが、活動は生徒会だけではありません。
別の友人は、なんと お子さんのために会社を設立し、そのお子さんを役員にしたり、いろいろとバラエティに富んだ活動が見られます。

どのような活動にしろ、裏には ご両親のサポートがあってのことなのですね。
confident

子育てを終えた後に後悔しないため、自分のできるサポートは何でもしてみる
皆、親として素晴らしいshine

私?
サンフランシスコで、ただブラブラcoldsweats01
これじゃ情けないけれど、内向的な私は友人たちのような立派な親にはなれそうにありません。。。think

   

|

« S.F.通いの日々。。。 | トップページ | 8時間停電! 冷凍庫の食品は無事? »

バレエとダンス」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« S.F.通いの日々。。。 | トップページ | 8時間停電! 冷凍庫の食品は無事? »