« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月26日 (水)

屋根の中(?)に蜂の巣!騒動


アメリカ、シリコンバレーは、日本と比べて とても蜂
が多いです。
緑が多いのだから、当たり前と言えば当たり前ですね。

娘も、パロアルトにある学校の昼食時間に蜂を見ないことはなく、

お弁当箱の中に蜂が入ってしまって途中で食べられなくなった。
蜂から逃げたら、お弁当を落として。。。

などと、お友達や娘自身の被害が多くあります。
(そういえば、蜂だけでなく「
上を飛んでいたカモメの糞がお弁当箱に入って食べられなくなった。」という友人もいました。shock

蜂が多いということは、つまり蜂の巣
も多いということですね。

前に住んでいたサニーベールの家でも、軒下に蜂の巣ができてしまったことがありました。
幸い、まだ直径 5cmにも満たない小さな巣で、それも家の屋根が低かったので、棒で「ポン!」と落として処理することができました。

ところが、今の家は二階建て。。。think

数ヶ月前から、特に二階のコンピュータルームで「ぶんぶん」聞こえることが多いな~と思っていたのですが、軒下に蜂の巣は見当たりませんでした。

でも、蜂が異常にぶんぶん言っている!?wobbly

どうも、屋根に小さな穴を見つけて蜂が出入りし、屋根の下に蜂の巣を作ってしまったよう。shock

そうなると大変!
駆除しなくては。。。

この辺り、たくさんの蜂が あちこちの家の軒下や屋根の下に巣を作っているので、蜂の駆除業者もたくさんあります。

私がお世話になるのは、Bee Busters
蜂駆除の専門業者です。

まず、状態を確認するため、一人の作業員が家に来ました。

間違いなく、屋根の下に巣がある。
 これは、ミツバチだ。


いちおう、スズメバチなどの怖い蜂ではなくてよかったけれど。。。

こんな蜂でした。

Bee2014

その後、別の駆除担当者と日程調整をして駆除作業に入ります。

何十年と保障のある屋根なのですが、そのような屋根でも屋根の会社に許可を取って屋根を開け、蜂と蜂の巣を退治して、屋根を元に戻し、屋根会社のチェックを受けて処理を終わらせる、という面倒な作業をしてくれます。

だいたいの見積もりでは、1500ドルくらい(以上?)ではないかと言われています。
簡単な駆除だと150ドルくらいのようですが、さすがに屋根の下となると長時間かかるので高くなりますね。

早く駆除できて平和が訪れますように。。。think

   

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

アメリカ中学:ストレス解消の授業


娘が通うシリコンバレーの公立中学は、月に一回、6年生の生徒たちに特別な授業を行っています。

何の授業かというと、

ストレス解消の授業!

なのです。

というのも、パロアルトは教育熱心な土地柄のため学校の宿題が多く、また学力だけでは大学受験には成功しない(特にアジア系)ということで、毎日、いろいろな活動に追われている子供たちが多いのです。

そのため、娘がいつか通う予定の高校は、数年前「教育水準の高さ」で有名なだけでなく、「自殺率の高さ」でも有名になる事態となりました。
一時期は、Wikipediaの説明にも自殺に関する言及がありましたが、最近はクレームがあったのか削除されました。

そんな地域なので、子供のためを思って作られた「ストレス解消」の授業でした。

どのような授業かというと、6年生の子達が小さなグループに分かれて、ストレスを解消するための活動をするのです。

グループは先生によって決められ、先生に割り当てられた活動をに強制的にさせられます。
そして、それぞれの活動を一人の先生が受け持ちます。


まず、娘が受けたのは、「スポーツ」

ボール遊びをして、ストレス解消を図るものでした。

しかし。。。スポーツって好き嫌いがあるわけです。
強制されてするスポーツが、ストレス解消になるのかは微妙なものがありますね
coldsweats02

まして、男女混合のグループ分け。
力に負ける女子たちは、男子たちにゲーム中、ボールを渡してもらえず、なんだかよくわからない時間を過ごしたそうです。think

その他、「アート」「ゲーム」に振り分けられたグループもあったそうです。
これも、好き嫌いがあるので、全員にとってストレス解消になるのかはわかりません。coldsweats01

一番、おもしろかったストレス解消の授業は、「奉仕活動」のグループ。

なぜ、ストレス解消に「奉仕活動」が関係あるかというと、

「人間は、奉仕活動をすると喜びを感じ、ストレスが発散できる」

という考えからきているそうです。

何をするかというと、この思考が、またおもしろいのです。

ストレス解消

 ↓

人間は奉仕活動に喜びを感じてストレス発散できる!

 

ごみを出さないのが奉仕活動の一つ

 

ごみの一つは、水のボトル!

 

水のボトルを買わない活動を

 

水のボトルを買わない気分になる実験しよう


という、ものでした。

そして、その実験というのが、水の飲み比べです。

本当に、「
ボトルの水はおいしいのか」という実験でした。

実験する水は3種類。

Bottledwater
一つは、日本でもよく知られているフランスのお水、evian
今回の実験の中で、一番、高価なお水です。

二つ目は、カリフォルニアで一般的に売られているお水のArrowhead
このお水は、美しいカリフォルニアの
San Bernardino Mountainsの水で作られていると言われています。

Sanbernardino

そして、最後は水道水

この三種類の水を
、ラベルのない3つの同じコップに入れて飲み比べたところ、どのグループでも「一番おいしい!」と生徒たちが思ったのが同じお水でした。

なんと「水道水」!

皆、びっくり!!wobbly

先入観で、ボトルのお水がおいしいと思っているけれど、本当はこの地区の水道水はとてもおいしいのよ。
 水道水を飲みましょう!
happy01

ということで、授業は終わったそうです。

一番、こじつけの内容?と思ったストレス解消の授業でしたが、みんなで驚いて、みんなで笑って、一番ストレス解消になった授業だったのかもしれません。confident

   

| | コメント (2)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »