« 中学家庭科:アメリカ式食器洗い | トップページ | アメリカ公立中学の日本語授業♪ »

2014年2月 1日 (土)

サンフランシスコ バレエのオーディション♪


気づくと、今年のSummer Intensive(サマーインテンシブ)オーディションの季節になっていました。
まだ冬だというのに。

キーロフ バレエ学校(Kirov Academy of Ballet of Washington, DC)のSummer Intensiveを受けた去年
せっかく合格通知を受け取るも、やはり、遠い州に何週間も滞在しなくてはならない難しさから断念。think

今年は、12才の誕生日を迎えて受けられるSummer Intensiveが増えたので、もっと近いサンフランシスコバレエのオーディションを受けることにしました。

娘は、毎年一校しかオーディションを受けていませんが、通常は、何校も受けて発表の日をドキドキしながら待つそうです。
娘ももっと大きくなったら、いくつも受けるようになるのかも?confident


さて、サンフランシスコバレエのオーディション当日。

親がオーディションの様子を見ることができたキーロフと違い、サンフランシスコバレエはロビーで子供と別れなくてはいけません。
オーディションには、たくさんの子供たちが集まったので、ロビーは親たちでごったがえしていました。
お手洗いも長蛇の列!!wobbly

今年のオーディションは、ものすごく多くの子供たちが集まったそうです。

そのため、12才13才のオーディション、14才15才のオーディションもともに子供たちを二つのグループに分けて行ったそうです。

オーディション自体も、当初予定の1時間半オーディションから1時間のオーディションに短縮となり、それでも時間超過してしまいました。

トゥシューズを持ってくるようにとのことでしたが、時間が短かったからか、実際にはバレエシューズのみ

そして、オーディションの内容はというと、Combinationsは ほとんどシンプルなものばかりだったそうです。
ただ、一部のFrappe Combinationが難しく、戸惑う子が多かったとか。

娘のバレエ学校からは、学校の中学生ではトップレベルの6人が受けましたが、他の学校からは「まだまだかな」というレベルの生徒たちもいて、「受かったらラッキー!」くらいの気楽な気分で受けても大丈夫な(恥ずかしくない)ようです。

オーディションをした先生は、サンフランシスコ バレエ学校のAssociate DirectorであるPatrick Armand氏。
他に、観察している先生方が4~5人。

ときどき、Patrick Armand氏が先生方の席に小走りに寄り、こそこそと受験番号(?)を伝えていたそうです。
(でも、娘の場所にまでは番号が聞こえなかったらしい。)

結果は、二週間後のメール通知mailtoということでした。
サンフランシスコバレエは、とても進んでいて、顔写真身分証明写真(出生証明書 or パスポートをスキャンしたもの)の提出も、オーディション前の受験申請時にネットで行います。
すべてネットというのが、とっても便利!happy01

さて、結果は一週間で着ました。
運よく、
合格!happy02

一緒に受けた同じバレエ学校の仲間たちは、全員、合格しませんでした。
残念。

でも、単純に考えると。。。

若い、下のレベルの子達で25人合格(低いクラスの人数)できるとすると、その子供たちが受けられるオーディション会場は、サンフランシスコの2回しかなく、残りはビデオオーディションになります。
今回のオーディションで120人は来ていたから、もう一回のオーディションが120人に、ビデオオーディションが10人とすると合計が250人。
(すごく適当な推測coldsweats01

10人に一人くらいしか受からないのだったら、学校全体で全滅したとしてもしかたがないのですよね。。。厳しいです。

「みんなで一緒に行こう!」「私が乗せて行ってあげる」などと言ってもらっていましたが、結局、無理になってしまいました。

せっかく受かったのだから今年は行かせてあげたいけれど。。。未だ、通常はフリーウェイを使わない私が、夏は毎日フリーウェイを運転することになるのかな~と今は不安に襲われています。shock

 

|

« 中学家庭科:アメリカ式食器洗い | トップページ | アメリカ公立中学の日本語授業♪ »

バレエとダンス」カテゴリの記事

コメント

すごいすごい!!!
おめでとうございます!
バレエダンサーになるのが、お嬢様の夢なのでしょうか?将来有望ですね♪
高速道路の運転ですかー。
私は毎日運転しているので、大丈夫ですが、確かにサンフランシスコ市内の運転は、、、、、旦那が苦手です。笑
私は結構強引なので、大丈夫ですが。あははは
バスとかカルトレインを使って行く方法があると思いますよー。
これを使って検索すると便利です。
http://transit.511.org/accessible/tripplanner/
頑張ってくださいね♪

投稿: なほこ | 2014年2月 2日 (日) 11時29分

お嬢さん素晴らしいですね。バレーにバイオリンに、大変努力されているようで。 私は岡山県のアマチュア弦楽合奏団(アンサンブル早島)でバイオリンを弾いていますが、40歳のころからバイオリンを習い始めたので、早いフレーズでは指が動きません。早く弾ける人は大抵小さいころからやっている人です。
前にも言いましたが、私は1976年から2年間メンロパークのLaurel Stに住み、SRI Internationalに通勤していました。71歳の今でもほとんど毎年米国西部をドライブし、最後にメンロパークに立ち寄ることにしています。パロアルトと聞くだけで懐かしく、ブログを楽しく拝読しています。


投稿: Michi | 2014年2月 6日 (木) 19時57分

なほこさん、ありがとうございます♪

毎日、フリーウェイですか。
私、Expresswayまでなら運転するのですが。。。
友達にも、101は強引に入っていけば大丈夫、と言われているのですが難しそうです。
カルトレインは、昼間の便が少ないらしくて、私が送った帰りや、迎えに行くときに大変だろうと、現在は、ミルブレー・パロアルト間だけの101も検討中です。
サンフランシスコ・ミルブレー間はバートで。

検索サイト、とても便利ですね!ありがとうございます。
いろいろ検索していると、あっという間に一時間。。。coldsweats01
がんばります!

投稿: りり | 2014年2月 7日 (金) 05時01分

Michiさん、こんにちは!

Michiさんもバイオリンを演奏されるのですか。
大人になってからと習うなんて、とても努力されたのでしょうね。
SRI Internationalですか。すごい!
毎年、こちらに来られてドライブというエネルギーにもびっくりです。
私も、そんな71歳目指してがんばらないと♪

投稿: りり | 2014年2月 7日 (金) 05時02分

お嬢様、SFバレエのSummer Intensiveに合格おめでとうございます!School Yearの土曜日だったら、私が車で乗せて行って差し上げられるのですが、、、。夏の間は、こちらにいないことも多く、残念です。秋以降もSF Balletに通うのですか?そうそう、娘のチェロの先生がこの秋からご夫妻でジュリアード(ご主人はバイオリン、奥様はチェロ)で教鞭を取る事になり、ご一家でNYにお引っ越しのため、娘のチェロの先生が代わり、SF BalletのPrincipal Cellistの先生になりました。まだお若いけれど、とっても穏やかなよい先生です。その先生のパフォーマンスを観に(聴きに)来週も平日の夜、SF Ballet Program 6 を見に行きます。これからもSF Balletを見に行く機会が増えそう。なにかの折にご一緒できるといいですね!

投稿: 有座なぎさ | 2014年4月11日 (金) 14時21分

なぎささん、ありがとうございます!

友人が、「クリッパーを使って行くと一番安くて便利」と電車通学の方法を伝授してくれています。
朝夕は通勤時間帯で電車も多いので、何とかなるのではと思っています。

秋からは、中学校終了時刻が3時5分以降なので、毎日通うのはお引越しでもしないと時間的に無理なのです。
学校の宿題も多いですし。。。夏の間だけですね。残念です。

ところで、娘さんのチェロの新しい先生、とうとう決まったのですね。
よい先生に決まられてよかったですね!
SF Balletを観に行く機会が多くなるのでしたら、ご一緒できる可能性もありますね♪
と言っても、私、フリーウェイの運転ができないから、単なる寄生虫のようですが。。。coldsweats02

投稿: りり | 2014年4月12日 (土) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中学家庭科:アメリカ式食器洗い | トップページ | アメリカ公立中学の日本語授業♪ »