« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月21日 (土)

変な英語の日本製品


娘が一週間、学校を休んでしまいました。
6年生ともなると宿題も多く、宿題を提出しなければ成績に直結するので、フォローが大変でした。think

結局、すべての宿題をスキャンしてファイルに落とし、先生にネット提出
オーケストラクラスの実技試験は、ビデオを撮って学校のサイトにアップロードすれば受け付けてもらえるので、何とか無事に休むことができました。

便利な時代になりました。
私の時代には考えられません。
もっとも当時は、そんなに宿題に厳しいこともありませんでしたが。


さて、胃や腸が全ての動きを停止してしまったために、娘は何も食べられませんでした。
そこで、娘のような病人でも簡単に得られるエネルギー源として、「エネルギー補給ゼリー」をニジヤで購入してきました。happy01

これdownwardrightです。

Enersupplyjelly1

娘も、体調不良のために無表情ながらも「
これなら大丈夫そう。」と、やっと口に物を運んでくれたのでした。

ところが、しばらくすると、くすくす笑い出しました。

何これ?
 いったい何を言いたいのか、わからないじゃない?
happy02

何を言っているのかと覗き込むと、笑っていたのは、このパッケージのおもしろい英語!

Enersupplyjelly2

ここまで おかしいと、さすがの病人にも笑顔が出てくるよう。

上司に、「こんな文を英語で書いて」と言われて困った人が、辞書を引き引き、単語をつなげて書いた文章かな。。。?
そんな風に思える文章が印字されて、海外にまで出荷されてしまったとは。

アメリカ育ちの子供たちが、日本の製品を見て、とても不思議に思うのが、

「どうして、英語を使うの? 日本なのに?」
「どうして日本に行くと日本人ばかりなのに、広告は白人なの?」

私は、

「何だか、かっこいいと思うんじゃないかな?」

と答えていますが、男の子も、女の子も不思議そうな顔をします。
アメリカの子供たちにとっては、漢字の方がかっこいいのかも?

まして、間違った英語や変な表現が使われていると、「どうして、そこまでして英語を?」と不思議に思うようです。

何はともあれ、具合の悪い暗い表情の娘が、おもしろい英語を見て、急に楽しそうに笑ってくれてよかった!
confident

早く元気になりますようにshine

   

| | コメント (3)

2013年12月12日 (木)

日本人に生まれればよかった理由


他民族が集まるシリコンバレー。
6年生の娘が通う中学では、知り合ったときに「何人?」などと話に出るので、皆、お友達の出身国(またはご先祖の出身国)などには詳しくなっています。

そんな娘が家で、

私、お友達に「いいな~ 私も日本人に生まれればよかった」って言われちゃった。
と言うので驚いてしまいました。

日本人に生まれてよかったと思われるようなこと?
子供にとって日本に いい印象があるのは、「ゲーム」や「マンガ」くらい?

よく話を聞くと、今回うらやましがられたのは、日々、娘が持参する「お弁当」だったのでした。

といっても、私はキャラ弁を作るのが上手なわけでもなく、豪華なお弁当を作るわけでもなく。。。

たぶん、日本で私の作ったお弁当を持っていても、誰も気にも留めないようなお弁当なのです。

でも、お友達は、

私なんて、もう3日続けて、中身も何もかも同じサンドイッチよ~

などと言う子もいる状況で、

この前、あなたが連れてきた日本人のお友達っていう子のお弁当も、おいしそうだったよねー

と、日本人が何気なく作っている「ごく普通の」お弁当が、なかなかいいようです。

そして、この前、お友達の目を釘付けにしたのは、これ!

Smarthan

夏に日本のLOFTで買ってきた「スマート飯」という ご飯の容器(?)です。

この「スマート飯」、下のパーツをぐるぐる回すと、ご飯が「にゅ~っ!」と出てきます。
娘が「
おもしろ~い! ほしい!!happy02」と言うので、「こんな変わったの持っていくの、いいのかな」と思ったものの買ってみたらお友達ウケGood!goodでした。
(ほとんどご飯のものなので、別容器でおかずを持っていっています。)

日本のおもしろいもの、また来年の夏には探してみたいです♪happy01
   

| | コメント (2)

2013年12月 4日 (水)

くるみ割り人形公演♪


クリスマスが近づいてきました。

この時期と言えば、バレエの「くるみ割り人形」公演!
そのため、この数ヶ月、毎日、忙しくしていました。

今年は、「ロシアの踊り」のソロの他に、「葦笛の踊り」の黒羊(去年の白羊より難易度が上がります)、そして2幕の最初にあるシュガープラムの宮殿のシーンに出てくる女性(?)の役の3役をもらいました。
それぞれ2回ずつ踊り、6公演すべてに出演することに。

「ロシアの踊り」のソロは、9歳の頃に初めて踊り、11才の今年は3年目です。

パートナーの男の子は まだ娘をリフトできないので、高校生ソロたちと全て同じ振り付けにはできませんが、今回は同じ振り付けが増え、登場部分も高校生のソロたちと同じになりました。

友人が、劇場リハーサル中に こっそり iPhoneで写真を撮って送ってくれました。

「ロシアの踊り」にて

Russian2013

「葦笛の踊り」の黒羊

Blacksheep2013

宮殿のシーンより

Bonbon2013

そして、無事に公演が終了しました。

今回の公演で注目されたのは、ゲストダンサーとして来られた日本のバレエダンサー吉田恭平さん。
もちろん、シュガープラムの精のお相手、カバリエ役です。

吉田恭平さんが踊るときのシュガープラム役は、娘のバレエ学校の卒業生で、ミシガンにあるバレエ団の現役バレリーナ。
去年もシュガープラムを演じたのですが、今年はボーイフレンドを連れて一緒に踊る。。。ということで、そのボーイフレンドが なんと吉田恭平さんだったのです。

吉田恭平さんの踊りは、すばらしかった!
ジャンプも回転も。。。
皆、大興奮!!happy02

その後、公演を見なかったバレエ学校の友人たちは、ものすごーくがっかりしていたのでした。
来年も来ていただけたら、と皆で願っています。confident



 

| | コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »