« チャリティーイベント出演♪ | トップページ | 盗難事件で強制持ち物チェック! »

2013年3月 9日 (土)

単語暗記が簡単!アプリ♪


小学校5年の娘は、超多忙。
毎日、バレエとバイオリンに(準備や移動を含めると)4時間かかるので、それだけでも時間がないのですが、そのほかに宿題やプロジェクトなどがたくさん。

そもそも、娘の学校は能力によって指導に違いがあるので、上位の子だけに課される宿題やプロジェクトもあるのです。


また、英単語の宿題は、毎週月曜日の単語テストの結果で5年生の教材が宿題になるか、中学生の教材が宿題になるかが決まり、その週の金曜日の確認テストの内容も変わってきます。

結局、今まで一度も5年生の宿題になったことがない、中学の教材を使い続けている生徒は娘一人になってしまいました。
常連の子もだいたい決まっています。
そういった生徒たちは宿題に時間がかかり、がんばれば がんばるほど大変になる仕組みです。
think

今週テストの単語は、stupendous、inquisitive、zealous、obnoxious、congenial、meager、sparse、abstemiousなど。

だいぶ、難しくなってきました。
覚えるのに時間がかかりそう。。。

ということで、どれだけ効率よく勉強を終わらせるか、ということが生き抜く上で重要な課題になります。

親の私としては、せめて効率化のお手伝いをと思い、いいアプリを見つけました!

単語カードを作る iPhoneアプリ flashcardlet(無料アプリ)です。

単語カードの表と裏を作り、カードを登録すると単語帳の出来上がり!

カードを作った順番だけでなく、ランダムやアルファベットの順番でカードが表側が表示され、タップすると裏側が表示されます。
めくる動作をすると、次のカードに移動します。

(日本語にも日々触れていてほしいので裏は日本語入り)

カードには★印をつけることができ、★印カードだけを表示したり、★印のないカードだけを表示することもできます。

とっても簡単なアプリです。

手入力で単語カードを作るのが大変!と思う場合には、別アプリと連携して単語カードを作ることもできます


それが、もう一つの便利なアプリ、brainscape (無料アプリ)です。

このアプリは、Webで利用でき、iPad、iPhoneのアプリでも使用できます。

(ただ、子供が使うということを考えると、単純なflashcardletが使いやすいと感じたので、先にflashcardletを紹介しました。)

このbrainscapeのいいところは、Webで利用できるということ。
ネット上の辞書で意味を表示し、それをカット&ペーストして登録してしまえば、すぐに単語カードが作れます。

一つ一つのフィールドにコピーするのすら面倒!という方には、CSV形式でファイルを作り、インポートする方法もあります。

そして、覚えた内容に関して、どのくらいはっきり覚えたかの評価を5段階でします。
一つの単語帳に入っている単語をどのくらい暗記しているかが色分けして表示されるので、どの単語帳の理解度が低いか一目で確認でき、また勉強し直すことができます。

brainscapeでは、作成した単語カードを友人とシェアすることもできるようです。
便利ですね!
happy01

私は、brainscapeで単語カードを作り、flashcardletで娘がテスト勉強、というように使っています。

flashcardletとbrainscapeを連携させておけば、brainscapeでデータを更新すると、自動的にflashcardletに同期してくれます。

楽な時代になりましたね。
紙の単語カードだった時代は、もう昔になったのですね。
confident

   

|

« チャリティーイベント出演♪ | トップページ | 盗難事件で強制持ち物チェック! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

小学5年生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャリティーイベント出演♪ | トップページ | 盗難事件で強制持ち物チェック! »