« プレゼンテーションメンバーに選ばれる (@_@) | トップページ | キーロフ バレエ学校 合格!\(^o^)/ »

2013年1月26日 (土)

旭日賞のMartin Friedman氏に会う♪


先日、娘が Kirov Academy of Ballet of Washington, DC(ワシントンにあるキーロフ バレエ学校)のSummer Intensive(サマーインテンシブ)オーディションを受けてきました。

オーディションは世界各地で開催されるので、この近辺では Ballet San Joseで受けられて便利なのですが、Summer Intensive自体は Washington, DC

一ヶ月前は10才だった5年生の娘を一人で Washington, DCに行かせる決心はつかず、かといってキーロフの近所にホテルを予約して私と一緒にというとかなり高額になってしまうので、ちょっと。。。とは思ったのですが、腕試しに受けに行ってきました。

娘が受けたオーディションは13才までのオーディション
(もう一つ、14才以上の子達のオーディションもあります。)

受付を済ますと、初老の白人男性に日本語で

あけましておめでとう」と声をかけられました。

その直後に、「
ちょっと遅い。。。」と。

たぶん、新年の挨拶にはちょっと遅かったね、という意味だったのだと思います。
happy01

その後、この男性はキーロフバレエの Artistic DirectorであるMartin Fredmann(マーティン・フリードマン)氏だということがわかりました。

彼は日本でも有名で、あちこちのバレエ学校で特別講師をしたり、バレエコンクールの審査員をしたりと多く活動されているそうです。

そのため、2005年には天皇陛下から旭日小綬賞受賞(きょくじつしょうじゅしょう)を与えられたそうです。(Martin Fredmann氏本人が話してくださいました。)

驚いたことに、オーディションは私たち親が参観可能で、オーディションは彼がほとんど一人で切り盛りしていました。
一人だけ、助手の方がついていました。

3年前に受けた Balle San Joseでは、5人ものオーディション担当者がバインダーとペンを持って忙しく全員の詳細を記入しながらオーディションをしたものですが、キーロフバレエの場合は Martin Fredmann氏が一人で生徒たちを見てしまうのですね。
(Balle San Joseでは多くの生徒を受け入れると思われるので、その違いもあるのでしょうけれど。)

もうお年なのに、すごいエネルギー。
受からせる子だけを覚えておく方法を取られているのではないかと思います。
ほんの少ししかノートには記述していませんでした。

オーディションは生徒を選別するのは実は短時間で、あとはレッスンという感じでした。

たくさんの子達が Martin Fredmann氏に、

ダメだ。そんな足じゃ!
皆、見てごらん。彼女のどこが悪いと思う?

と叱られていて、さすがロシア系の厳しさ
アメリカの学校では、普通は上手な子が名指しをされて技術的な演技を見せることはあっても、下手な子を「どこが変だ!?」と皆に見せることはないでしょう。
coldsweats02

Martin Fredmann氏は、

ほとんどのバレエの先生は、いい先生じゃないんだ。

とまで、おっしゃっていました。
この辺りの普通のバレエ学校で厳しく指摘するいい先生ばかりだったら、生徒が集まらないとも思いますが。。。
coldsweats01

おもしろいことに、他の学校のオーディションではアラベスクの写真や顔写真を提出しなくてはいけないのですが、キーロフは違います。
その場で、2ポーズをさせられて、そのポーズまでもっていく過程まで審査し、そして写真を撮られます
一瞬を捕らえた写真を提出するよりも確実ですよね。厳しいです。

Martin Fredmann氏は、オーディション(レッスン?)中はものすごく厳しいものの、それ以外はとても明るく朗らかな方でした。

娘には、「
日本語わかる? 楽しかった?」と日本語で聞いてくださっていました。

レッスンしてもらえてよかった。
 行かれなくても、Martin Fredmann氏に会えてよかった~
happy01

と、上機嫌な娘でした。

オーディションの結果は、わずか一週間で届くそうです。

 

|

« プレゼンテーションメンバーに選ばれる (@_@) | トップページ | キーロフ バレエ学校 合格!\(^o^)/ »

バレエとダンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレゼンテーションメンバーに選ばれる (@_@) | トップページ | キーロフ バレエ学校 合格!\(^o^)/ »