« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月25日 (木)

アメリカの中学 見学ツアー♪

 
娘が来年、行くことになっている公立中学への見学ツアーに参加してきました。
来年の6月に小学校を卒業する5年生たちの親が対象です。

まずは、図書館に集合!
ツアーが始まるまでの時間つぶしに、コーヒーや軽食が用意されていました。
とはいえ、私は直前に娘を小学校に送らなくてはいけなかったので、ギリギリの時間に到着。

コーヒーやお菓子には、まったく手をつけられず。。。coldsweats02

Middletour1
80人くらい集まっていたと思います。
第一子が入学する場合だけ、参加するもののようです。

簡単な説明の後、4グループに分かれて中学内を見学しました。
説明してくださるのは、すでに中学生(6年生~8年生)の子供を持つボランティア。

Middletour2

歩いていくと、たくさんの鍵つきロッカーが。
ここに自分の荷物を入れて、あちこちの教室に移動するのですね。

Middletour3

まずは、運動場を見学しました。
雨上がりにバスケットボールをしている生徒たち。
6年生は週に2時間の体育ですが、最上級生の8年生になると4時間もあるそうです。
少し多すぎるような。。。
think

Middletour4

この窓口は売店
中には、スナックなどいろいろな食べ物や飲み物が見えました。
外に列を作って待つそうです。

Middletour5

ここは、講堂兼カフェテリア

Middletour6
前に、娘がマスタークラスを受けたときに来たことがありました。
体育館は別にあります。さすが中学。


ここは技術室
たくさんの木や金属、そして機械でごったがえしていました。

Middletour7
女の子が、木を加工していました。
機械の向こうに大きなダクトがついていて、教室の外に木屑を排出できるようになっています。
この機械だけでも、いくつもありました。

Middletour8
ふと見ると、小さなが。
これも、授業で作ったそうです。

Middletour9
この車に、このソーラーパネルをつけると、ソーラーカーに応用できたりするようです。

Middletour10

ここはバンドの練習室

Middletour11
お隣は、似たような設備のオーケストラ練習室でした。
他に、コーラスの練習室など(後は覚えていません
coldsweats01)、音楽の教室だけでも、いくつもありました。

日本の中学校と違いますね。。。
これほど地価の高い場所に、こんなに教室を作っているなんて。
wobbly


そして、調理室
小さなキッチン(といっても、一般的な日本の家庭のキッチンより広いかも)が7つもついていました。

Middletour12
それぞれのキッチンについているコンロは5つ口のもの。
調理実習に、5つも口のあるコンロがいるのかしら。
coldsweats01


ここは、劇の練習室
ここで練習を積んだ後、講堂や他の施設の舞台に立つよう。
練習のお部屋なのにステージや幕があって驚きました。

Middletour13
劇で使う小物を手作りする設備もありました。

右のように石膏で型を作り、そうやって作った型から左のようなマスクを作ります。

Middletour14
その後、いろいろ飾りをつけると、こんな感じにマスクが作れるそうです。

Middletour15
すごい!!
happy01

他にも、いろいろな教室を見て回りましたが、皆さん、かなり恵まれた中学生活を送られているようでした。

説明役をしているボランティアの方(先輩ママですね)が、

こんな設備が持てるのも、すべて皆さんからの寄付金のお陰なのよ。confident

と、おっしゃっていました。

高い!と思っていた寄付金だけど、今回のツアーのように寄付金の使われ方を実際に目で見て確かめると、たくさん寄付しなくちゃ
coldsweats02 という気になりますね。happy01

来年から、楽しい中学生活が送れますように。。。
confident

 

| | コメント (8)

2012年10月19日 (金)

ジャイアンツ戦が授業に影響?


Saratogaに住む友人と話していたとき、携帯&スマートフォンの話になりました。

最近、中学生では携帯を持つ子供が多いですが、高校生になると iPhoneをねだられて買い与える親が増えるとか。

親たちも、だいたいスマートフォンだし、子供たちに買い与えるだけの経済的余裕もあるのでしょう。
ただ、早いうちから買い与えるのは、お金の問題ではなく、その使い方が心配で少しでも遅くしたい、と思う親も多いよう。

友人「
お兄ちゃんの方がSaratogaの高校に通っているのだけど、昨日は、ジャイアンツ戦があったでしょう?

 一人の先生がお休みで代替の先生だったのよ。

 代替の先生は、専門が違うからたいした授業ができないらしくて、授業中は、友達とiPhoneでジャイアンツ戦を観ていたんですって。

 それで本人はご機嫌だけど、まったくね~
gawk

授業の妨げにも使える iPhone。
さすがに、親としては考えてしまいますね。

先日、そんな話を、小学5年生の娘にしていました。

娘「
あ、そのジャイアンツ戦って、昨日でしょう?
 うちでも、皆、ジャイアンツ戦聞きながら騒いでたよ。


私「
え? だって授業中でしょ?
 どうやって、ジャイアンツ戦を観戦したの?


娘「
観たんじゃなくて、ラジオで聞いてたの。
 最初は休み時間に聞いていたんだけど、皆がジャイアンツ戦がどうなってるか気になるって先生に言ったら、先生が「静かにね」って言いながら、算数の授業中にラジオをつけたの。


私「
えぇ!? 

授業中にジャイアンツ戦、聞いてたの!?wobbly

娘「
そうよ。私は聞かずに問題解いていたけれど、いろんな子達が授業中に突然、「やった~!happy02」とか騒いでたよ。

算数の授業中に先生がラジオをつけてジャイアンツ戦なんて、信じられない!!

そりゃあ、算数の問題には身が入らず、ジャイアンツ戦に集中していたでしょうね。coldsweats01

今年の先生は、去年の先生のように無理やり算数講義などする必要もなく、わりと当たりな気がしているのですけどね。

日本だったら、ニュースになって停職処分かしら。

アメリカは、大らか(って言うのかな)です。。。
coldsweats02

   

| | コメント (6)

2012年10月14日 (日)

えぐい?本格的?豪華?解剖授業


シリコンバレーにあるパロアルトの小学校で、解剖の実験をしました。

何の解剖かと言うと。。。


羊の心臓!!shock

でした。

私が小学校の頃はフナの解剖をしましたが、シリコンバレーでは小学校5年生で羊の心臓の解剖とは びっくり。
wobbly

それも、グループは2人
gemini一組!

2人に一つ、羊の心臓が割り当てられるなんて、パロアルトの小学校全体を考えると、いったいどれだけの羊の心臓が必要になるのでしょう。
think

学校側としては、羊の心臓は人間の心臓に似ていて、また簡単に手に入る(?)のでいい教材なのだそうです。

先生! この羊、実験のために殺されたわけじゃないんですよね?despair

と質問する生徒もいました。

解剖に使用する心臓は、年をとって亡くなった羊のものだそうです。

さて、この解剖の実験では、誰と一緒にペアを組みたいか、先にアンケートを行います。

その他、アンケートでは「私は、解剖をしたくありません」などと実験を拒否することも可能です。


また、
実験室に入って心臓を見たときに「あ、やだな」と思ったらやらなくてもいい

また、
解剖実験の途中でも、「いやだな」と思い始めたら中断していい、などと細かく指示があります。

倒れたりしたら大変だものね。
think

うちの娘は、とても怖がり。
解剖の日、学校に送り出すのが心配でした。

ところが、実際に解剖が始まると、かなり積極的だったそうで。。。(ボランティアのママ談)

まずは、実験前にペアになった親友と写真撮影。

Sheepheart0

二人で一緒に手に持っているのは。。。

Sheepheart1
もちろん、羊の心臓。
coldsweats02

そして、心臓内部がどうなっているのか解剖実験をしました。
先生が説明を行い、生徒たちは動脈に指を入れてみたり、切って中を調べてみたりしたそうです。

Heartdissection

生徒たちが
一番苦労したのは、臭いでしえた。
その臭いに耐えられず、途中で休憩に入った生徒たちも多かったそうです。

その後、「
ここから先は、お医者様から説明をしてもらいましょう。」と細かい説明や質疑応答は、お医者さんにバトンタッチ

実はお医者さんは、同じ学年の父兄の一人です。
パロアルトにはお医者さんが多いので、こういったイベント時には、いつも誰かしらお医者さんがボランティアで参加してくれます。(遠足も、お医者さん同行なので安心。
happy01

お医者さんの存在、ありがたいです。

実験中、娘が

この心臓の周りについている白いのは何ですか?

と質問すると、

これは、あまりいいものじゃないんだよね。
 人間にもついたりするのだけど、脂肪だよ。


と教えてくれたそうです。

授業中、誰も倒れることなく、解剖実験は無事に終了!
happy01

最後まで心臓にくっついて調べていたのが、うちの娘だったとか。
coldsweats01
ちょっと指から血が出ただけでも大騒ぎな子なのに。。。
人間ってわからないものですね。
think

    

| | コメント (2)

2012年10月10日 (水)

舞台衣装の勉強会(^o^)


バレエ学校は、年末のくるみ割り人形講演に向けて、忙しく動き出しています。
舞台衣装に関しても、ボランティアが活動を始めました。

先日、長い年月 裁縫ボランティアとして働き、お子さんが大学生になったためにボランティアを卒業した先輩ボランティアが、舞台衣装の勉強会を開いてくださることになりました。

たくさんの裁縫ボランティアが集まる中、(裁縫ボランティアでない)私も声をかけられたので、参加してきました。
そして狭い衣装部屋の中に、13人がひしめき合って勉強会開始。。。

今まで、どのような問題があり、どのように解決してきたかという内容を中心に説明が行われました。
確かに、限られた数の衣装をいろいろな体型の人が着なくてはいけないのだから、裁縫ボランティアは毎年、衣装を大きくしたり、小さくしたり、大変だったのでしょう。

ドレスを着回すのに、どのように対応してきたのかというと。。。


1. 身長や肩幅が同じで、太い人と細い人が同じドレスを違う日時の公演で着る

背中のジッパーの内側から、同色の当て布をつけ、もう一つ太った人用のジッパーを付ける。(ドレスの背中に二つのジッパーをつける)

生地とジッパーの色がぴったりと合っていれば、太い人が着たときに細い人用のジッパーが背中にむき出しについていても、舞台ではわからないようです。


2. 少しだけドレスの上半身がきつい

ジッパーの内側に当て布をして、左右に写真のようなドレスの色と合った半透明のリボンをジッパー沿いにいくつかつける。
Transparentribbon
ジッパーが背中で半分開いていても、リボンで結っておけばドレスが落ちないし、舞台ではわからないそうです。


3. 肩が大きく開いたドレスを華奢な人が着たときに、肩や背中が開き過ぎないようにしたい

左右に半透明のリボンをつけて結い、微調整する。


4. 首元が大きく開いたドレスから、背中のタトゥーを見えないようにしたい

Blacklace 首元全体に写真のような感じに黒レースを縫いつけて隠す

黒いレースにすると、レースの下のタトゥーは観客には見えないそうです。


5. ドレス丈が短い

ドレスのすそにレースをつける。

レースの種類によって、数cmから10cmくらい伸ばすことができるそうです。

その他、一日2回の公演でキャストの入れ替えがあり、最初の公演と後の公演で
背丈の違う二人が同じドレスと着なくてはならない場合があるそうです。
その場合は、出演者控え室でレース部分を裏返して縫い(または糸を解き)、長さを調節します。
背の低い人はレースなし、背の高い人はレースありで着ることになります。

また、
個人のドレスをリフォームして舞台衣装にするテクニックも習いました。

ウェディングドレスを染色してパーティーシーンのドレスにリフォームしたドレスは2着ありました。

Dresshoop 膝くらいの長さしかなかったパーティードレスには、左写真のようなDress Hoopに同系色の生地を縫いつけてはき、上から丈の短いドレスを着ると、切り替えのあるロングドレスのように見えます。

これらのドレスには、袖の裏側に同系色のメッシュの生地を入れて袖を膨らまし、ゴージャスな感じに変えていました。


男の人の衣装のお話も聞きました。

タキシードの下に着るベストは、後ろの部分に生地はなく、後ろに回した紐で体型に合わせて調節できるようになっていました。

そして、
ズボンの丈が合わない場合やウェストが合わない場合はサスペンダーでかなり上手に調節できるそうです。

毎年、いろいろな人のアイディアがあって、いろいろな人の努力があって舞台が成り立っているのですね。
confident

そういえば、去年、私も一着、普通のワンピースをパーティーシーンのドレスにリフォームしたり、余り布で髪飾りを作ったことを思い出しました。

今年、また何か作らなくてはいけないのかは、まだわかりません。
この勉強会に誘われたということは、何かあるのかな。。。
coldsweats01

   

| | コメント (4)

2012年10月 5日 (金)

配役発表!と人間模様


シリコンバレーにある娘のバレエ学校で、くるみ割り人形公演の配役発表がありました!
happy01

それぞれの役は、通常、おおよその年齢が決まっているので、配役を聞くと「
あぁ、もうそんなに大きくなったのね」「彼女のあの役は上手で可愛かった」などと感慨にふけってしまうのでした。confident

娘は、何故か今年も、とても運のいいことに例外的な配役をもらいました。
去年に引き続き「ロシアの踊りを踊ります。

やった~!!
happy01

その他、「あし笛の踊り」の白い羊役
capricornusにもキャスティング!happy01

通常、娘のようなトゥシューズ歴の短い生徒に与えることのない役で、大抜擢。
たぶん、人数の関係で、白羽の矢
sagittariusが当たったのだと思いますが。

実は娘のバレエ学校では、この白い羊の役を与えられた翌年に主役のクララを配役されることが多いのです。
そのため、その年齢に近い子にとっては特別な意味を持つ役です。

(とはいえ、娘は他の白羊たちとは年が離れていて、クララの年齢もまだまだなので、来年にクララということはないでしょうけれど。
think

ただし、娘のバレエ学校は毎年、6人ものクララが選ばれます。
6公演あるので、一度しかクララを演じることはできません。

普通のバレエ学校では、少数の上手な子が選ばれて、もっと高度な踊りをするのですが、娘のバレエ学校のクララの踊りは難易度が低いのです。

それは、少しでも多くの生徒にクララを楽しんでもらい、また「
平凡な自分でも努力すればクララになれるかも」という期待を持ちながら練習に励んでほしいという学校の願いがあるのかもしれません。

競争社会に慣れているアジア系で、とても上手な娘さんを持つ先輩ママは、

今年のクララ、半数以上は下手だったわよね~
(彼女は5公演鑑賞したので、2人は上手だという評価)

などと少し不満げな発言をしますが。

でも、その役を手に入れるために、裏ではいろいろな人間模様があるのです。

小さい頃から、ずっとクララを夢見て毎日のようにバレエ学校に通っている女の子たちがいます。

同級生がクララになり、自分は選考から外れたときにも、本当に嬉しそうに友達を祝福し、クララの衣装を着た友人と一緒に何枚も写真を撮っていた優しい女の子。

やっとクララに配役されて、ものすごく嬉しそうに報告してくれた笑顔の女の子。

クララが上手に踊れなくて、不安そうな顔で他のクララの踊りを眺めている様子。

女の子のお母さんが、娘の友人に
「娘にオーディションをどうやって成功させるか、教えてくれたんですってね。あなたのお陰でクララになれたのよ。ありがとう!」とお礼を言っている姿。

公演の後に、「
娘は、どれほどクララを夢見ていたか。それを考えると、公演中、5回は涙が抑えられなくなったわ」というお母さん。

かなりジ~ンとくるような出来事があるのです。

確かに、他のバレエ学校のクララと比べると、踊りの難易度も、質も劣るかもしれない。でも、そんな温かい人間味あふれる配役もあるバレエ学校があってもいいかな、と思います。

とはいえ、本当の主役シュガープラムの精は、簡単にもらえる役ではないのですけどね。
coldsweats01 
 

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »