« 牛の送料1万2千円! | トップページ | 炊飯ジャー購入!で気になること »

2012年9月 4日 (火)

女性上位から男性上位へ。。。


アメリカの学校は、夏休みが終わり、新年度になりました。
happy01

娘は5年生。
新しいクラス、新しい先生。
そして、新しい先生のやり方。
confident

シリコンバレーでは(もしかしたら、アメリカどこでも当たり前のことなのかもしれませんが)、だいたい どの学校でも、能力の高い子供をこっそりと特別に教育している、というお話を書いたことがありましたが、今年も、早々にその教育が始まりました。

いつも、ちょっと不公平だな、と思っていたのが、こういう生徒の抽出が年度初めに行われること。

特に発達の遅い男の子など、途中から能力が上がってくる子は年度初めに抽出されず、最初から上位にいる子と教育に差がついてしまうだろうと気になっていました。

とはいえ、一般の父兄たちは気づかない教育なので、特に問題にはなりませんでした。
特別に教育してもらえる生徒の親が気づけば、「
ラッキー!happy02」と思っていたくらいでしょうか。

ところが、今年の語学教育は、例年とは違います

途中からでも挽回可能
happy01

毎週月曜日に単語20問のテストを行い、そのテストが満点か、一つ間違っただけの場合には、その週は中学生の教材が与えられます。
そして、一般の生徒たちには5年生の教材が与えられます。

つまり、毎週、毎週、成績によって、教材が変わるのです。

だいたい、毎週クラスで2人~5人の生徒が中学生の教材を与えられるようです。

(金曜日には、一般生徒は5年生のテスト、選ばれた生徒は中学生教材の確認テストが行われますが、その違いがどう成績に反映されるのかは不明。)

選ばれる子供は毎回だいたい同じなので、ほとんどの生徒にとっては関係のないことではあるのですが。

実際に毎週、テストで教材が変わってしまう、という環境になると、公平性が高くなるとはいえストレスが高そう。。。(といっても、まだ小学生は案外、そういうことに鈍感なようです。
think

特別教材を与えられる子は、相変わらず、ほとんどがアジア系

ところが、性別が変わってきました。

キンダーの頃には、特別な教育といえば女の子が多かったのですが、今、5年生で選ばれる女子は いつも一人だけ。

あとは全員男の子!!

毎年、毎年、女子の選ばれる率が下がってきていると思っていたら、とうとう。。。
despair
たった数年で、男の子がどんどん伸びて、男女が逆転してしまうのですね。

小さい頃、よく男の子の親たちに「
男の子は、いつになったら女の子に追いつくのかしら。」と言われていましたが、今なら「すぐよー!wink」と自信を持って言ってあげられそうです。

女の子の親としては ちょっと複雑ではありますが、まぁ、ずっと安全に元気で育ってくれればそれが一番!
happy01

   

|

« 牛の送料1万2千円! | トップページ | 炊飯ジャー購入!で気になること »

小学5年生」カテゴリの記事

コメント

Palo Altoでも選抜教育があるのですね。Cupertinoでは、以前はGATE (Gifted And Talented student Education)の生徒たちに、特別なプログラム(NASAへのField Tripなど)を用意していましたが、それも州と学区の予算削減のためにカットされてしまいました。トホホ・・・think

男の子と女の子の発達・発育の違いについては、よく言われていますが、確かに、男の子の年齢が行ってからの伸びはものすごいものがあります。もちろん、個人差があるので、誰もがそうだと言う訳ではないでしょうけれど、私の経験では、中学生まではとらえどころがない感じでしたが、高校生、特にSophomoreからJuniorにかけての成長は目を見張るものがありました。息子のバイオリンの先生も、「男の子は、高校生になってからが本当の意味での勝負。その伸びは青空天井だから。それまで時間をあげて」といつもおっしゃっていました。そんなものかなぁとずっと思っていましたが、確かに! さて、次の長女ですが、早くも高校生。彼女の成長はどこまで期待できる?!

投稿: レインボー | 2012年9月 4日 (火) 07時24分

レインボーさん、こんにちは!

Palo Altoも、昔は きちんとしたGATEプログラムがあったらしいのですが、やはり不況で、なくなったそうです。
Cupertinoが無くなるより前だったかも。
反面、問題のある子達への対処は、ものすごく手厚くて変わっていないんですけどね。

そのため、現在は他の学区と同じように、ちょっとできる子を特別に教育する、という普通のスタイルになっています。
でも、小学校は算数に弱い先生が多いので、算数系については、特別な教材をもらっても時間ばかりかかって簡単、という現象も起きていますが。
英語に関しては、(私では何もできないので)ありがたいと思ってます。

父が中学生をたくさん見てきたので、男の子と女の子の発達差はよく知っていましたが、、10才で既に男子ばかりが上位に変わった!?とかなり驚きです。
男の子は高校生になっても、そこまで伸びるんですね。
うらやましい。。。

レインボーさんは、男の子も、女の子も楽しめていいですね~happy01
東大理系や東工大にも女子が何人もいることだし、レインボーさんの娘さんもきっとパパやお兄ちゃんと同じように優秀な理系でいられると思いますよ♪wink

投稿: りり | 2012年9月 5日 (水) 02時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牛の送料1万2千円! | トップページ | 炊飯ジャー購入!で気になること »