« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

フクロウのペレット解体♪


シリコンバレー、パロアルトにある娘の小学校で行う理科では、なかなかおもしろい実験をします。

先日は、フクロウのペレット(owl pellet)解体をしてきました。

フクロウは獲物を丸呑みにして食べますが、胃が二つあって、一つは食べ物を消化するための胃、もう一つは、消化できない毛、羽、骨などを入れるための胃らしいのです。
そして、その消化できないものを胃の中で丸めて吐き出すのですが、その塊をペレットと呼ぶそうです。

Owlpellets

その解体作業はグループごとに行うのですが、グループは2人一組!
こういう実験を2人の小人数グループでできるというのが羨ましい環境ですね。

でも、こういうのは苦手な人もいるわけで。。。
ペアになる相手が誰になるのかが子供にとって大きな問題になります。
生徒たちは、一緒に実験をしたい相手の名前を紙に書いて、希望を出すそうです。

娘は、一番仲のいいお友達とペアになって実験をしました。

生徒たちが手にしたのは、だいたい2インチくらいのペレット
ペレットを分解すると、小さな骨がたくさん出てきます。

その骨をつなぎ合わせて、動物の形にします。
そして、フクロウが何を食べたのか調べたそうです。

娘グループも、ほとんどの骨が出てきて、きれいなネズミになりました。
つなぎ合わせた骨は、こんな感じ。

Vole

それぞれの骨の説明を入れると。。。

Volenote

だいたい、どのグループもペレットから出てくるのは「ネズミ」で、頭蓋骨の出てこないペレットはなかったそうです。

パロアルトの娘の学校では、質のよいペレットを入手して実験が行えたようですが、前の学校で同じようにペレットの解体実験をしたときには、だいたいのペレットからは毛しか出てこず、おもしろくなかったそうです。

ペレットにも質があるようで。。。
coldsweats01


こういったペレットをアメリカで入手するのは難しいことではないようで、インターネットでも購入できるようになっています。

ペレット1つは$2.75
11個以上まとめて買うと、一つ当たり$2.5
100個以上買うと、1つあたり$2.25

などと売られています。
1つ2ドル以内で売っているペレットもあるようです。
(金額と質は、関係があるかもしれませんが。)
案外、安価ですね。

まとめて買って、フクロウが何を食べたかの統計を取ってサイエンスフェアに、などというのもいいかも!?
私は、ちょっと遠慮したいですが。。。
coldsweats02

 

| | コメント (2)

2012年9月26日 (水)

犯罪履歴検索サイトにパニック!


少し前に、個人情報流出し放題のアメリカという記事で、誰でも他人の個人情報がインターネットで簡単に入手できることを書きました。

そんな個人情報の中にも含まれている過去の犯罪歴ですが、それをチェックするための「犯罪者検索サイト」というものが出回りだしました。

調べたい人の住む州名、苗字、名前の3つのデータを入れれば、警察の持つデータベースのコピーに その人の情報が載っているかを検索できます。

スピード違反などの軽度の犯罪から強盗などの重度の犯罪まで調べられるようです。

実際の詳細な犯罪内容を得るのには、お金が必要なのですが。

さて、このサイトの情報を得た私は、何気なく、そのサイトを見てみました。

かなり物々しく、ポップアップのメッセージが出て、

膨大な数の逮捕記録を調べようとしています。たとえ、この情報に知っている人を見つけても、口外してはいけません。

などの警告が出ます。
本物っぽい!?

ところが、サイトに入っても、特に調べたい人など周りにいるはずもなく。。。

テレビに映る逮捕者の名前を入れても、まだ新しすぎて載っていないだろうし。

ということで、ぱっと頭に浮かんだ娘の先生の一人(習い事も多いので、何十人といますが)の名前を咄嗟に打ち込んでしまったのでした。

すると。。。

該当者が一人います。

え~~~~~~っ!!
wobbly
該当者の家族の名前も表示され、その該当者から聞いていた家族構成と一致している!!

びっくりした私は、すぐにブラウザを閉じてしまいました。

ドキドキドキ。。。
sad

どうしよう。
まさかビンゴだなんて。
誰にも言えず、一人で悩むこと数時間。

情報を口外してはいけないとはいえ、誰のことか話さなければいいのでしょう。
そこで、ある人に話してみました。

犯罪者検索サイトで、もし、子供と関係のある人が引っかかってしまったとしたらどうする?
 子供と関係するのだったら、何の事件に関与したのか見たいと思う?


すると、

そのサイト、そもそも、ちゃんとしたサイト?
 ただの個人情報検索サイトを流用して お金を得るための新しい客引きサイトじゃないの?
 誰でも載ってて該当者になるとか。
 他の人の名前も検索してみた?


ううん。してない。
 だって、一人目で引っかかってしまって、びっくりして閉じちゃった。


ということで、再度検索!

確かに、自分の名前を入れても、ひっかかるのでした。

なぁんだ!!

このようなサイトに、ひっかかって驚いてしまった私って。。。
coldsweats02

このサイトについて、いくつかの掲示板で、
「あれはインチキだから、名前が一致しても驚くな」などと出ていたのでした。

(いえ、お金を払えば、実際に名前から検索して犯罪の有無が出ると思うので、まったくのインチキとは言えないと思いますが。)

こんなところから、火のないところに煙が立つのかもしれないですね。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

日本は中国人が作った国!?


尖閣諸島問題の影響で緊迫している日中関係。

前回の記事のとおり、中国人や中国系アメリカ人の多く住むシリコンバレーに住居を構える私としては、今回の問題で精神的な影響を受けてはいますが、中国系の友人たちとは変わらずに交流を続けています。

仲のいい中国系の友人たちとは、会えば笑顔で楽しく会話をするし、メールのやり取りも頻繁です。
周りの日本人たちも中国系の人たちも、皆、あたかも世間のニュースを知らないかのように振舞って日常を過ごしているのです。

先日、中国系(台湾出身)の友人からメールをもらい、ほんの少し前に彼女の家に遊びに行ったことを思い出しました。

彼女は、おじいちゃんも一緒に住んでいます。
おじいちゃんは85歳を超えたところ。
若い頃は台湾に住んでいました。

つまり。。。彼は、日本語が話せます。
日本語を書くこともできます。

友人は、もちろん日本語ができないので私とは英語で会話しますが、おじいちゃんは私と日本語でお話するのです。

昔懐かしい日本語が使えるということで、私が遊びに行くと嬉しそうに、いつもお話をしにきてくれます。
それがまた、日本の地理のお話もするので、びっくり。
話しているときは、まるで日本人のおじいちゃんと話しているようです。

そんな おじいちゃんが私に話したことがありました。


「知ってる?
 日本は、中国が作った国なんだよ。」


「?? そうなんですか?
 日本では一度も聞いたことがないです。」


「仁徳天皇、知ってるよね?
 彼は、中国人だったんだ。
 中国から日本に渡って、日本を作ったんだよ。
 だから、日本は中国人が作った国なんだ。」


「!!!wobbly

当然、ものすごく、びっくりしました。

でも、台湾では当たり前の知識(?)らしく、中国本土でも、「
日本が仁徳天皇陵を調べない、また、宮内庁が調査を拒否しているのは、DNA鑑定で中国人のDNAが出るのを知っているからだ。」と言われているそうです。

仁徳天皇が日本人ではなかったと言われても、85歳のおじいさんを目の前に何も言うことができず、ただ、私はお話を聞いていたのでした。

おじいちゃんの話の直後、会話が日本語だったのに、なぜか話の内容に感づいていた友人が、

あの話ね、何か決定的な証拠があるわけではないのよ。
 
中国文化圏の人たちの言い伝えのようなものよ。
 お年寄りの言うことだから、気にしないで。


と言い訳していたのでした。

今まで、中国本土から来た人も、台湾や香港出身の友人も誰も私に その話をしたことはないですが、それは日本人である私を気遣ってだったのですよね。
(言える話でも、ないけれど。。。
coldsweats02

友人が あまりに焦って うろたえながら私が機嫌を損ねていないか気にしていたので、逆に私が困ってしまいました。
そのくらいで怒っていたら、こんな人種の坩堝に住めませんって。
think

   

| | コメント (8)

2012年9月18日 (火)

尖閣諸島問題の影響は。。。


尖閣諸島問題の影響で、中国と日本の関係が どんどん危なくなってきています。

サンフランシスコでも反日デモがあったというニュースが日本で流れたので、あちこちから、「
大丈夫?」と心配するメールmailが届きました。

大丈夫です。元気にしています。
happy01
アメリカでひどく暴れる人がいたら、その場で銃殺される可能性もあるので、そうそう暴動にはなりません。

でも、シリコンバレーにはアメリカ人より多いのでは?というくらい多く住んでいる中国人。
その中国人との関係悪化は、私たち日本人にとって気分のいいものではありません

また、いい教育を受けようと思えば、中国人との関わりは必須。
これも悩みの種です。

実は、娘は、ある中国系の教室に通っています。
中国系とインド系の生徒がほとんど。

娘のクラスは娘だけが年下で、他の生徒は一学年上と二学年上の生徒が半数ずつ。
つまり、娘以外は全員、一番攻撃的で難しい年頃の中学生たちなのです。

休ませようか悩みましたが、休んだところで いつまで休めば この関係が落ち着くのか。。。
think
新年度で娘が日本人ということは周りに知られていないので、

何人?って聞かれたら何て答えるの?」と聞いてみました。

韓国人!!(キッパリ!)

え~っ!? なぜ、また突然??wobbly

実は、まだ娘が8才だった2年前、私が見ていないところでクラスの父兄である韓国人から とても嫌な言動をされ、私が後から こんな小さい子に対しても、そんな言動をする人がいるのだと知って、日本と韓国の関係を教えたことがあったのです。
娘は、その経験がトラウマになり、韓国人のフリをすれば、同じような目に遭わないと思ったのでしょう。

でも、私たちって、韓国人には見えないじゃない。
 例えば、黒人に囲まれたブロンドの白人が「私、黒人よ!」と言ってるの見たら、変よね?
 よけいに相手は気分を害するんじゃないの?


じゃあ、中国人!

えぇ!?
 あなたは、日本人であり、アメリカ人でもあるでしょ?
 アメリカ人、でいいじゃない。
 周りの子達だって、みんなアメリカで育つ子供たちなのよ。

 
それをわかってもらわないと。

あぁ、そうねぇ。

とにかく、あまり日本人日本人していると危ないので。。。基本的に、中国人は小さい子には優しいので大丈夫だとは思いますが。。。
携帯を持たせて、何かよくないことが起きそうだったら電話をするように言いました。

学校は無事に終了。
新学年のため、普段通う学校の話、学年の話などしか出なかったそうです。
ほっ。

さて、アメリカでもデモが行われるようになったので、アメリカ人たちも この問題に興味を持つようになりました。

YAHOO! ANSWERSにも、質問が挙がっていました。

油に目がくらんだ日本人が、Diaoyu Islands(尖閣諸島)を盗もうとしているのは何故か。

という質問でした。
(ちょっと変な質問?すでに「油に目がくらんだ」と書いてあるのに?
coldsweats01

多くの中国系が賛同して、回答者たちが日本批判を繰り広げているのでは、と思っていたら、そんなことはありませんでした。

ほとんどの回答が、


「それは、そっくりそのまま、油に目がくらんだ中国人、だろう?」
「あれは、Diaoyu Islandsじゃなくて、Senkaku Islandsっていうんだよ。」
「単に、中国がフィリピンやベトナムにしてるのと同じことを日本にもしてるだけじゃないか。」
中国が日本からSenkaku Islandsを盗もうとしてるだけだ。」
「中国は、最終的にアジアすべてを中国のものにしたいんだろう。」


などの回答。
一部、
「中国の領土を侵略している卑しい日本人」という回答がありました。
まぁ、アメリカのサイトですからね。

今日、どんな回答が追加されたか読もうとしましたが、

This question has been deleted
Questions on Yahoo! Answers are sometimes deleted according to our Community Guidelines.


となっていました。

サイトの管理としては、妥当でしょう。
こういう質問は、どんな回答がつくにしろ、あまり気分のいいやり取りではありませんから。
think

人種の坩堝で生活していかなくてはいけない私たち。
どこの国ともいい関係でいられたらいいのに。
平和に安心して暮らせる世の中になりますように。。。think


   

| | コメント (10)

2012年9月14日 (金)

一瞬でアメリカ中を駆け巡ったニュース


先日、おもしろい(?)ニュースを見かけました。

カリフォルニア州 Cupertino(クパティーノ)にあるアップル本社に、5セントコインを積んだ30台のトラックが着いた、というニュースです。

それは、SamsungのCEOが送ったもので、10億ドルの罰金を払うのに、支払い方法の規定がないのをいいことに5セント硬貨で払った、というものでした。

Samsungpays

アップル側は、この大量の5セント硬貨を数えて本当に10億ドルの罰金が支払われたのか数えなくてはいけないし、受け取るだけでも長い時間がかかり、その保管方法にも困る。。。
think
アップルの重役たちは頭を悩ませているというニュースでした。

アメリカ人の友人が、Facebookにリンクを貼って、

「汚いわ!
angry

と怒っていました。

でも、ちょっと考えると、5セント硬貨は5グラムなので、1セント当たり1グラム。

1億ドル=100億セント=100億グラム=100,000トン

になるから、これをたった30台で運ぶとなると、一台辺り、不可能な量を運ばなくてはいけないことになります。
10トントラックに載せるとしたら、10,000台必要ということになりますね。

ところで、日本人な私は、大きいトラックということで
すぐに10トントラックが頭に浮かんで計算してしまいましたが、アメリカで巨大トラックといえば18個タイヤのついたトラックを考えるそうです。
そのトラックが運搬できる重さは、80,000ポンド(36.29トン)。

つまり、18タイヤの巨大トラックで運んだ場合でも、

0,000÷36.29≒2755.58

つまり、2756台の18タイヤトラックが必要だということですね。

Samsungpays2

やっぱり、実現しようとしても無理ですよね~
coldsweats02

でも、このガセネタ、一時的に かなり怒ってしまった人がいたということです。
よ~く見ると、この写真のコインは5セント硬貨ではないのですが。。。
coldsweats01
 

 

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

お国柄!? さすが!? びっくり!?


シリコンバレーには、アジア人がたくさん住んでいます。
特に、Cupertinoはアジア人が多く、80%以上がアジア人という公立小学校や、95%以上がアジア人という(抽選で入れる)特別な公立小学校があります。

アジア人が多い=優秀な学校」ということで、そういう学校の多い地区にある塾では、いい教育が受けられます。

塾には、大学受験を見据えて必要な能力を養う塾、大学受験のサポートをする塾、学校の成績を上げるための塾、カリフォルニアで行われる共通テストの成績を上げる塾、特に優秀な子達を集めて能力別教育を行う塾など、いろいろな種類の塾があります。
たぶん、私が知らない種類の塾もたくさんあるのでしょう。
そして、それぞれの学校が、それぞれの特色を唱えて生徒集めをしています。

学力がらみの塾では、もちろん、先生はアジア系が多くなります。
つまり、中国やインドにある有名大学を卒業した経営者、先生たちが多くを占めているということになります。

小さな5才児を教える先生でさえ、教える分野の大学院を卒業しているのが普通というのが、親も高学歴な地区では必要なことなのかもしれません。
think

そんな場所には、塾の看板に中国語が併記されていることも多々あります。

でも、ここはアメリカ。
いちおう、アメリカにあるのだから、どこでもアメリカの法律に則って経営されているのだろうと思っていました。

ところが!!

友人から、とある塾の話を聞いてびっくり!
wobbly

その塾では、新年度ということで、生徒たちにテキストを渡したそうです。

でも、そのテキストの市販価格は37ドルなのに、生徒たちは50ドルで購入させられるのです。

別のテキストは 6.79ドルが市販価格だそうですが在庫切れだったらしく、「それなら自分たちで!」ということなのか、テキスト全ページをコピーしたものが入ったバインダーを渡されたそうです。
きちんと表紙もコピーされてバインダーの表紙についています。

ただ、コピー品質が悪く、穴あけがいい加減なので、バインダーの上下の金具にページがひっかかり、使い勝手が悪いらしいのですが。
coldsweats01

そして、その金額は15ドル!
マージン率が大きくなるのは、コピー処理や製本(?)処理が大変だからでしょうか。
coldsweats02

でも、父兄たちは、きちんと高い料金を支払い、買って行くそうです。
(ネットで買っちゃいけないのかな。。。?
 在庫切れだって、ネットでなら購入できるのに。)

いい教育を受けられるのだから、ちょっと おかしいところくらい目を瞑らないと、ということなのでしょう。


でも、経営者側としては綱渡りな気が。。。
coldsweats02

日本人経営者だったら、怖くてコピー品を渡すことはできないでしょうね。
think

 

| | コメント (2)

2012年9月 7日 (金)

炊飯ジャー購入!で気になること


ずっと前に日本で買い、アメリカに運んできて変圧器を通して使っていた炊飯ジャーを買い換えました。

古い炊飯器は、もう時計表示部分がコンセントを入れたときにしか表示されず(つまり、内蔵リチウム電池切れ)、タイマーを使うときには、毎回、時刻設定が必要になっていました。
内釜も悪くなってきていたし、買い替え時ですね。

Zojirushiihcooker 新しい炊飯ジャーはアメリカで売られている象印の圧力IH炊飯ジャー
(もう、変圧器はいらない!
happy02

ご飯がおいしくなり、大満足♪
happy01

さて、買ってから心配になったのが、また内蔵リチウム電池が切れた場合は?ということ。

どうも、内蔵リチウム電池は、3~5年で消耗してしまうらしいのです。
消耗してしまうと表示部が消えるので、コンセントを入れるたびに時刻設定をしなくてはいけなくなります。
つまり、毎回時刻設定をしないと、タイマー予約ができません

3~5年って、まだまだ炊飯ジャー自体は使えるでしょうに。
despair
やっぱり、短期間で捨てずに電池交換して使いたい。。。

ということで、その内蔵リチウム電池について調べてみました。

内蔵リチウム電池が切れて交換する場合は、日本では販売店または お客様ご相談窓口での電池交換が必要になるそう。
ということは、販売店に持っていくのが普通なのでしょうね。


アメリカでは??

説明書によると、アメリカでは Authorized Service Centerに行かなくてはいけないようです。

ここから一番近いのは、サンフランシスコの Authorized Service Center。

う~ん。。。遠い。。。
たかだかの電池交換のために。面倒ですね。
think

なぜ、こんな面倒になるかというと、リチウム電池は液晶パネルの下にある基板に半田付けされているのですが、簡単に開け閉めして取り替えることができるようにすると、開けた部分に水が入ったり、カバーの閉め方が甘かったりして、その隙間から炊飯中の水蒸気が入って、内部の電気系統が故障する可能性があり、電池交換が他の故障の原因になる危険性を考えて、ユーザーに触らせないようにあえてしているらしいのです。

この仕様は、他の会社の炊飯ジャーを買っても同じよう。
機種によっては、炊飯器を使用している時間以外でもコンセントを抜かないでおくと、電池の減りが少ないらしいのだけど。
(いちおう、抜いておかないといけないと説明書に書いてありますが。)

海外で炊飯ジャーを使用している他の方々は、3~5年経って電池が切れた時どうしているのかなぁ、と気になってしまいました。


1. タイマー機能は諦めて使わない。
2. Authorized Service Centerで修理依頼する。

3. 買い換える。

う~ん。どうしよう。
とりあえず、使わないときもコンセントをつないでおこうかな。
coldsweats02
(いえ、いけないんですよね。think

   

| | コメント (8)

2012年9月 4日 (火)

女性上位から男性上位へ。。。


アメリカの学校は、夏休みが終わり、新年度になりました。
happy01

娘は5年生。
新しいクラス、新しい先生。
そして、新しい先生のやり方。
confident

シリコンバレーでは(もしかしたら、アメリカどこでも当たり前のことなのかもしれませんが)、だいたい どの学校でも、能力の高い子供をこっそりと特別に教育している、というお話を書いたことがありましたが、今年も、早々にその教育が始まりました。

いつも、ちょっと不公平だな、と思っていたのが、こういう生徒の抽出が年度初めに行われること。

特に発達の遅い男の子など、途中から能力が上がってくる子は年度初めに抽出されず、最初から上位にいる子と教育に差がついてしまうだろうと気になっていました。

とはいえ、一般の父兄たちは気づかない教育なので、特に問題にはなりませんでした。
特別に教育してもらえる生徒の親が気づけば、「
ラッキー!happy02」と思っていたくらいでしょうか。

ところが、今年の語学教育は、例年とは違います

途中からでも挽回可能
happy01

毎週月曜日に単語20問のテストを行い、そのテストが満点か、一つ間違っただけの場合には、その週は中学生の教材が与えられます。
そして、一般の生徒たちには5年生の教材が与えられます。

つまり、毎週、毎週、成績によって、教材が変わるのです。

だいたい、毎週クラスで2人~5人の生徒が中学生の教材を与えられるようです。

(金曜日には、一般生徒は5年生のテスト、選ばれた生徒は中学生教材の確認テストが行われますが、その違いがどう成績に反映されるのかは不明。)

選ばれる子供は毎回だいたい同じなので、ほとんどの生徒にとっては関係のないことではあるのですが。

実際に毎週、テストで教材が変わってしまう、という環境になると、公平性が高くなるとはいえストレスが高そう。。。(といっても、まだ小学生は案外、そういうことに鈍感なようです。
think

特別教材を与えられる子は、相変わらず、ほとんどがアジア系

ところが、性別が変わってきました。

キンダーの頃には、特別な教育といえば女の子が多かったのですが、今、5年生で選ばれる女子は いつも一人だけ。

あとは全員男の子!!

毎年、毎年、女子の選ばれる率が下がってきていると思っていたら、とうとう。。。
despair
たった数年で、男の子がどんどん伸びて、男女が逆転してしまうのですね。

小さい頃、よく男の子の親たちに「
男の子は、いつになったら女の子に追いつくのかしら。」と言われていましたが、今なら「すぐよー!wink」と自信を持って言ってあげられそうです。

女の子の親としては ちょっと複雑ではありますが、まぁ、ずっと安全に元気で育ってくれればそれが一番!
happy01

   

| | コメント (2)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »