« (後編) 日本でのビックリ! | トップページ | 女性上位から男性上位へ。。。 »

2012年8月30日 (木)

牛の送料1万2千円!


日本のショッピングセンターで大きな本物のような
taurusのぬいぐるみを見つけた娘。
その牛には、80kgまでの体重の人が座れるそうです。

かわい~heart04
ペットにしたいsign03

と、娘は、その牛
taurusを とても気に入ってしまいました。
アメリカ生まれ&育ちの娘は、普通の女の子と感覚が違ってユニークです。
coldsweats01

アメリカの家で、牛
taurusは無理としても 犬dogや猫catのようなペットを飼えないことはないのだけど、手はかかるし、自分で買った家となると ちょっと躊躇してしまいます。coldsweats02

それを知っている娘の祖母としては、

本物のペットより、ずっと安いし、手はかからないわよね。

と、海外に住んでいてなかなか会えない娘に、その牛
taurusをプレゼントpresentしました。

さて、問題は、どうやってこの牛
taurusをアメリカに連れて帰るか。。。

私たちがアメリカに帰国してから、船便
shipで送ろうと思ったそうです。

ところが、郵便局に行くと、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、メキシコへの国際小包は、横周(荷物胴回り)と高さの合計が2mまでしか送れないと言われたらしいのです。
(英国、中国、台湾、香港、韓国の場合は、3mまで送れるそうなのですが。)

牛の箱は、横周と高さの合計が19cmオーバーだったので、結局、EMS(航空便)
airplaneで送ることになったそうです。

その
送料、1万2千円!

taurusのために。。。たっ高い!!wobbly

その話を聞いた私は、「
本当に郵便局の船便で送れないの!?」と調べてみました。

というのも、以前、私の友人が日本からアメリカにピアノを送ったと言っていたので、きっと個人で大きな箱を送れないことはないだろうと思ったのです。
まさか、ピアノを航空便で送らないだろうし。。。
think

と調べてみると、本当に、郵便局では送れないよう。

どうも、船便宅配便を扱う会社があり、そこを使えば6,900円で送れたみたい。

知らなかった!
後学のために覚えておかなくちゃ。
confident

そんな大変な思いをして送ってもらったとは知らない牛ちゃん
taurusは、無事にカリフォルニアに着き、スイスのカウベルbellをつけて搾乳されています。。。

Ussi

ちなみに、牛
taurusの身体の模様は、世界地図です。happy01

   

|

« (後編) 日本でのビックリ! | トップページ | 女性上位から男性上位へ。。。 »

日本」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごい、すごい!お祖母ちゃんの愛情がいっぱい詰まった牛ですね♡ しかもちゃぁんとカウベルもしてる!アメリカのりりさんのお家に置くと、日本では巨大に見えるぬいぐるみも、そう大きく見えないから不思議。お嬢さんの可愛らしい笑顔も見られて◎

投稿: レインボー | 2012年8月30日 (木) 05時56分

レインボーさん、こんにちは!

教育のためでもない、単なる癒しのtaurusにこれだけdollarかけてしまったというところがおかしいのですが、娘は大喜びです。
日本の家では、本当に大きかったです。
カウベルは、スイスの本当に使えるカウベルbellみたいで、本物の牛より小さい我が家の牛ちゃんには、ちょっぴり大きいかも!?
それにしても、まだまだ子供ですね。coldsweats01

投稿: りり | 2012年8月31日 (金) 01時47分

送料、高いですよねぇ。
私も昔、香港に住んでいた友人にお礼の贈り物をしたら贈り物の代金の2倍くらいの送料がかかってしまい釈然としなかった覚えが。。。

牛さん、大きいですね。
乳搾りをしている娘さんの姿を見たら、今回は送料が高くても早く着いた航空便で正解だったのかも!

投稿: くてくて | 2012年8月31日 (金) 08時51分

くてくてさん、こんにちは!

特に、日本からは高い気がします。
確かに贈り物の2倍の送料っていうのは、嫌になりますね。
まして近い香港。。。coldsweats02

牛ちゃん、ほんの3日の旅で着いてくれました。
本当に、この速さは、送る方にも、受け取る方にもありがたいです。
昔は、もっともっとかかりましたよね。。。coldsweats01

投稿: りり | 2012年8月31日 (金) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (後編) 日本でのビックリ! | トップページ | 女性上位から男性上位へ。。。 »