« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

牛の送料1万2千円!


日本のショッピングセンターで大きな本物のような
taurusのぬいぐるみを見つけた娘。
その牛には、80kgまでの体重の人が座れるそうです。

かわい~heart04
ペットにしたいsign03

と、娘は、その牛
taurusを とても気に入ってしまいました。
アメリカ生まれ&育ちの娘は、普通の女の子と感覚が違ってユニークです。
coldsweats01

アメリカの家で、牛
taurusは無理としても 犬dogや猫catのようなペットを飼えないことはないのだけど、手はかかるし、自分で買った家となると ちょっと躊躇してしまいます。coldsweats02

それを知っている娘の祖母としては、

本物のペットより、ずっと安いし、手はかからないわよね。

と、海外に住んでいてなかなか会えない娘に、その牛
taurusをプレゼントpresentしました。

さて、問題は、どうやってこの牛
taurusをアメリカに連れて帰るか。。。

私たちがアメリカに帰国してから、船便
shipで送ろうと思ったそうです。

ところが、郵便局に行くと、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、メキシコへの国際小包は、横周(荷物胴回り)と高さの合計が2mまでしか送れないと言われたらしいのです。
(英国、中国、台湾、香港、韓国の場合は、3mまで送れるそうなのですが。)

牛の箱は、横周と高さの合計が19cmオーバーだったので、結局、EMS(航空便)
airplaneで送ることになったそうです。

その
送料、1万2千円!

taurusのために。。。たっ高い!!wobbly

その話を聞いた私は、「
本当に郵便局の船便で送れないの!?」と調べてみました。

というのも、以前、私の友人が日本からアメリカにピアノを送ったと言っていたので、きっと個人で大きな箱を送れないことはないだろうと思ったのです。
まさか、ピアノを航空便で送らないだろうし。。。
think

と調べてみると、本当に、郵便局では送れないよう。

どうも、船便宅配便を扱う会社があり、そこを使えば6,900円で送れたみたい。

知らなかった!
後学のために覚えておかなくちゃ。
confident

そんな大変な思いをして送ってもらったとは知らない牛ちゃん
taurusは、無事にカリフォルニアに着き、スイスのカウベルbellをつけて搾乳されています。。。

Ussi

ちなみに、牛
taurusの身体の模様は、世界地図です。happy01

   

| | コメント (4)

2012年8月26日 (日)

(後編) 日本でのビックリ!


2年ぶりの日本で感じた「びっくり!!
wobbly」や「わ~! すごい!!happy02」と心に残った体験。
前編に引き続き、後編、日本人の温かい気遣い編です。
happy01


バスの中の気遣い

2年前に日本に来たときにはバス
busに乗らなかったかも。
本当に久しぶりのバスでした。

乗ってみると、座席の肘掛けに転々と、それも一つ飛びに青いベルトが付いているのです。

Busbelt

きっと何か理由があるに違いない!と壁についた張り紙を読んでみると、それは「補助ベルト」。

このベルトにベビーカーを固定して、折りたたまずに素早く楽にバスに乗れる、という道具なのでした。

なるほど。
少しでも子供連れのお客さんも、気楽に移動できるようにと考えられた気遣いだったのですね。

ところで娘はバスの中で、

独り言の多い運転手さんね。ずっと何かしゃべってるよ。

とこそっと私に話しかけました。

いえ、あれは。。。

確かにほとんど聞こえない声で早口に話しているけれど、よ~く聞いてみると、独り言ではなくて、私たち乗客に話してくれているのよ。

運転手さんは、

右に曲がります。
この先、少し揺れます。
赤信号で停車します。

と、ずっと話しているのでした。

きっとバス会社から乗客への気遣いの通達か何かが出ているのだけど、すごくシャイな運転手さんで、乗客にはほとんど聞こえないのでしょうね。
confident


暑い場所での気遣い

暑い暑い日本の夏。
とても暑い商店街を通ったとき、ふっと涼しいような気がしました。

上を見上げると、天井から霧
mistが噴射されていました。
細かい細かい霧です。

Mistsummer

見るだけでも、涼しくなる感じですね。
暑い中、ほっと一息つけた瞬間でした。

これは、2年前というより、もっと前からあったのかもしれないですね。
think


高齢者家庭への気遣い

Safetycard 日本の実家に泊まり、ふと冷蔵庫を開けると、

何これ!?

という白いプラスティックのボトルを見つけました。

赤い丸いステッカーに「あんしんカード」と書かれています。
どうやって、これで安心できるのだろう??と母に聞いてみました。

これは、自治体から高齢者家庭に配られるボトルだそうです。

この中に入っている「安心カード」は、カードというよりA4サイズの書類で、離れて住む家族の連絡先や、市内に住む親戚の連絡先を書いておくそうです。

そして、その「あんしんカード」のボトルを、冷蔵庫の扉の内側(牛乳やジュースを入れておくところ)に立てかけて入れるのです。

そうすると、孤独死したとき(?)に、警察や救急隊員が冷蔵庫の中から「あんしんカード」を取り出し、素早く親族に連絡できる、という仕組みになっているそうです。


なかなかな名案!happy02

その仕組みを自治体で共有していれば、何かの時には緊急の連絡先がすぐにわかり、「安心」だということのようです。

確かに冷蔵庫は、(普通、日本では)どの家でも一台
すぐに見つかります。
壁に貼っておく、というシステムだと、家庭によって場所が違ってしまうものね。
さすが!!


いまや、高齢者家庭はどんどん増えているそうです。
孤独死とまではならなくても、突然、ご近所で倒れて家に運ばれたときなど、役に立ちそうですね。
happy01


今回の日本滞在は、娘の当日の体調不良により飛行機のリスケジュールをしてしまったので、2週間にも満たない短期間でした。
かなり短い感じはしましたが、たくさん楽しめました。
また、来年、行かれたらいいな。
confident

 

| | コメント (8)

2012年8月22日 (水)

(前編) 日本でのビックリ!

   

2年ぶりの日本で感じた「びっくり!!wobbly」や「わ~! すごい!!happy02」な体験をまとめてみました。happy01

放射線量を測れるスマートフォン

日本で友人たちや知人たちに会ってみると、今でも放射線について気にしている人たちもいれば、もう全く気にすることなく生活している人たちもいて、本当に人それぞれという感じです。

Pantone5 そんな中、今年の夏モデルとして放射線量を測れるスマートフォンPantone 5が発売されたそうです。
こ~んなに可愛いスマホで放射線量が測れてしまうなんて。
happy02

とはいえ、すごく放射線を気にする友人たちは、すでに去年のうちに線量計を手に入れているのですが。
去年のうちに開発されていたら、爆発的に売れていたかもしれないですね。

それにしても、日本製品って
本当に可愛いnote


なめこが流行っている!?

友人から聞いた、「なめこ栽培キット」。
どうも、日本では「なめこ」が流行っているらしい。。。

「なめこ栽培キット」は、スマートフォン用ゲームアプリで、日本だけでなくアジア各国でも人気を得ているそう。
憎めない表情と予測不可能な行動で大人気だとか。

私はまったく知らなかったのですが、友人の、

気にして見ていて。きっとあちこちで、このキャラクターグッズが見つかるから。

との言葉に、お店で見回すと、本当にあちこちで この「なめこ」のグッズが売られているのです。

Mushroomgarden
とても人気があるようで、ガチャガチャでも 「なめこ栽培キット」だけ売り切れ!?
wobbly

ここまで人気のキャラクターとは、どんなものだろう??と、私もアプリをインストールしてみました。
coldsweats01

「なめこ栽培キット」のデラックスとシーズンを入れてみましたが、デラックスの方が断然おもしろい!!
現在、「ななめこ7匹生えたままにする」という「お願い」を終え、「激辛なめこ」3匹をトライしているところです。
happy01


節電でハンカチ必須!

Handdryer アメリカに住むと、ハンカチを持って歩く習慣が無くなってしまいます。
2年ぶりの日本滞在のため、もうハンカチのことは頭から全く抜け落ちてしまっていました。

ところが、今は節電のため、多くのお手洗いでハンドドライヤーが機能しなくなっているのです。
かなり困りました。
despair
ハンカチを親から借りる羽目に。。。

Sogohanddryer そごうでは、ハンドドライヤーが稼動していました!
その場合も、「
ここは節電していないのか!?」と言われないように、きちんと張り紙がしてありました。さすが。

でも、ほとんどの場所では稼動されておらず、それも説明書きが日本語のみなので、また、日本旅行した友人に、「
日本は、まだ遅れているから、あちこちでハンドドライヤーが壊れたままになっているのよ。」などと話題になりそうな。。。coldsweats02


娘、音姫に驚く

日本で娘が驚いたたのが「音姫」。
あの、「
ジャーッ!!sweat01」とトイレの水が流れる音の出るトイレ用擬音装置です。

娘にとっては、「
なぜ、こんな音が必要なのか!?」と大きな疑問だったそうです。
アメリカ人は、そのときの音を気にせずするので。。。
coldsweats02
大和なでしこの恥じらいや配慮のある思考coldsweats01を説明しておきました。

Otohime
それにしても、今の音姫って、とても格好よくなっているのですね~
happy01

   

| | コメント (2)

2012年8月19日 (日)

日本のバレエ学校体験 (^o^)


アメリカしか知らない娘。
日本のバレエ教室を見てみたいと、友人の伝で日本のバレエ学校を体験させていただくことになりました。

日本で お世話になったバレエ学校は、藤沢市にある学校。
コンクールで優秀な成績を収める子供たちが何人もいる優秀な学校です。

体調不良の中、アメリカを発ち、日本に着いても暑さと湿気で体調が振るわない娘でしたが、何とかお約束の当日、藤沢まで出かける元気を出して体験してきました。

バレエ学校に着くと、たくさんのお団子に結った子供たちがバレエ学校の前で待機していました。
娘にとっては、生まれて初めて、たくさんの日本人の子供たち
geminigeminigeminigeminiを見る経験でした。

それにしても、日本の子供たち(というか、親御さん?)ってすごい!
すぐに発表会に出られそうなくらい、ものすごくきれいに髪を結って来ているのです。
アメリカのバレエ学校は。。。。。
coldsweats02

お邪魔したバレエ学校では今月の終わりに発表会を控えていてリハーサルがあるので、クラス体系がいつもと違い、その日は早い時間は小学生がメインの小さい子のクラス、遅い時間は高校生までの大きい子のクラスに分かれていました。

まずは小さい子のクラスで体験。
小さい子のクラスには小学1年生くらい(幼稚園生も??)の子供からレッスンを受けていたのですが、その小さな子供たちを見て、またもびっくり!

まったく私語もなく、集中して真面目にひたすらバーレッスンをしているのです。
本当に小学生?というくらいの小さい子が。


すごく、かわい~い!!happy02

さすが日本の子供!
(アメリカでは年上の女の子がレッスン中に床に寝転がってしまうなんて、想像もつかないんだろうなぁ
coldsweats01

一人、膝に怪我をしながら来ていた小さな子(幼稚園生? 一年生?)は、ずっと座って一人でストレッチをしていました。
うーん。。。偉い!
think

高校生までの大きい子クラスになると、スタジオの温度は急上昇
up
皆の熱気で壁一面の鏡が曇ってきます。wobbly

それでも、冷房は身体に悪いので、最低限にしか使えません。
つけたり消したりで、見ているだけの私も汗だく
sweat01sweat01の気温でした。

そんな苛酷な環境でも、先生は厳しく熱心に全員を指導し、生徒は黙々とひたすら練習していたのでした。

先生は、大きな息子さんたち(一人は、天下のロイヤルバレエ学校から夏休みで来校されていました。)がいらっしゃるのに、精力的に午後中動き回っているので、本当にものすごい体力と情熱です。
普通の気候でない中、頭が下がります。
confident

発表会のリハーサルも見せていただきましたが、やはり違いますね。
真剣度が。
アメリカは適当に習う子達もいるので、下から3分の2の生徒がいなくなって上にもっと足したら日本のその学校になるという感じでした。
もちろん、持って生まれた能力は生徒それぞれなのですが、先生の熱意と生徒の勤勉さで、これだけに成長しているのでしょう。

日本人気質な娘は、もちろん、日本のバレエ学校が気に入りました。
「ここに通いたい!」と。。。無理ですが。
coldsweats01

娘がレオタードから私服に着替えた後、最後に記念撮影!
camera
また、いつか再会できますようにshine

Etoileballet
日本のバレエ学校。
とても刺激になる、いい経験でした。
confident
お世話になりました!

  

| | コメント (2)

2012年8月16日 (木)

博物館の裏側♪


3年前の日本旅行でも行ったことのある横浜市歴史博物館に行ってきました。

今回は、前回行かれなかった お隣の大塚遺跡にも足を運びました。

すごい暑さの中、ここはかなりきついです。
でも、社会科で習った竪穴住居高床式倉庫が復元されているので、娘が是非にということで行ってきました。
熱中症対策の帽子(または日傘)、健康飲料水は必須です。

Historymuseum1
そして、歴史博物館へ。
今年、博物館では「
夏休み博物館探検隊」という催しがあり、8月の4回の日曜日に2回ずつ、博物館の裏側を案内してくれるツアーの企画がありました。
せっかくなので、参加してきました。
happy01

まずは、民族収蔵庫
最上階の収蔵庫で、一年中、気温や湿度はいつも一定に保たれています。

Historymuseum2

現在展示していない昔使用されていた道具がたくさん収納されていました。
十手や農作業の小物など、江戸時代の物が入り口から見えました。
(私たちは、入り口から覗かせてもらいました。)

他にも、歴史収蔵庫、公庫収蔵庫があるそうです。

そして、これらの収蔵庫に入りきらない大きなものや、未整理のものは、一階の荷解搬入室に置かれるそうです。

荷解搬入室に置かれた昔の道具。

Historymuseum3

農作業に使われた脱穀機。

Historymuseum4

そして、大昔のインベーダーゲーム機まで。
coldsweats01

Historymuseum5

荷解搬入室のそばには、燻蒸室がありました。
ここで、搬入した昔の道具についている虫などを殺すそうです。

Historymuseum6

荷解搬入室の隅には、赤外線装置がありました。

Historymuseum7

ここでは、汚れて読めなくなっている木などに書かれた文字を、赤外線カメラを通して解析するそうです。

Historymuseum8

子供たちには、この装置の実演が人気でした。

今回、普段、学芸員でないと見られない博物館の裏側をたくさん見せてもらい、貴重な体験ができました。

「夏休み博物館探検隊」は、あと4回、今週末、来週末に2回ずつ、催される予定だそうです。confident
 

| | コメント (2)

2012年8月 5日 (日)

日本へ旅行中♪

日本に来ています。 娘が体調不良だったため、二週間もない滞在ですが、楽しまないと!happy01 羽田に夜着く便だったので、まずはシェラトンホテルで旅の疲れを取りました。confident どこも節電だけど、さすがにホテルのロビーはひんやり… 日本のホテル従業員たちのサービスは、やはり一番! 子供用のパジャマ、スリッパ、歯ブラシも、とても気持ちよく持って来てくれました。 それにしても、やはり日本はどこも混んでいます。 ちょっとお茶をしようとしても、カフェは順番待ち。 しかたがない、シェラトンに戻ってラウンジでコーヒーでもと思っても、長蛇の待ち行列。 待つのも暑いのも大変ですが、今のところ、娘は「あれが、歩道橋⁉」と、普通のものにも大興奮で楽しんでいます。 写真は、シェラトンの子供用のかわいいスリッパです。 8~10才くらいまでのサイズです。happy01 1344128866026.jpg (ココログiPhoneアプリちょっと動きが変… coldsweats02

| | コメント (6)

2012年8月 1日 (水)

Thank you!! ホセ氏&先生!

先日、天下のロイヤルバレエを退団したばかりのホセ・マーティン(José Martin)を、娘の先生が個人レッスンに連れてきてくだいました。

私はてっきり、先生が仲のよい友人に「こんなふうにレッスンしているんだよー」という感じで見せるため、気楽に呼ばれたのだと思っていました。

後日お会いした先生に、

ホセ・マーティンは、何ておっしゃってました?
 先生があまりに手をかけて真剣に教えられているから驚いていたのでは?
happy01

と聞いてみました。

え!? 全然。
 僕の問題じゃなくて。。。


と、ホセ・マーティンが一時間、娘のレッスンを見学した上で、一緒に娘の欠点や今後の練習方法を話し合っていたことを掻い摘んで教えてくださいました。

ここで、やっと気づきました!


世界のトップに君臨するバレリーナばかりを見ているホセ・マーティンが、わずか10才の子供のレッスンを一時間も眺めて楽しいはずがない!bearing

そんなものを暑いスタジオで見せられるのなら、涼しいホテルのカフェで ゆっくりコーヒーでも飲んでいる方が何百倍楽しいことか!
despair

先生は、わざわざ娘のために、世界のトップにいるダンサーの一人に意見を聞いてくれようとしたのだということに、やっと気づいたのでした。

お二人とも、本当にありがとうございました!

それにしても、あの日、笑顔で「さよなら~」と普通の自分の友達とのように別れた私。
coldsweats02

わざわざ見てくださって、ありがとうございました。と言うべきだったのに。。。shock

礼儀知らずで、本当に申し訳ないです。
後悔先に立たずです。

「先生、日本旅行のお土産、期待していてください」と心の中でつぶやいていた私でした。

ホセ・マーティンも見てくださったハイ・パッセでのトリプル・ピルエット。
だいぶ、安定してきました。

   

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »