« アメリカンママの子育て&子離れ | トップページ | CA州のSTARテストで大トラブル! »

2012年7月24日 (火)

ホセ・マーティン(José Martin)に会う (^o^)


英国、天下のロイヤル・バレエファースト・ソリストだったホセ・マーティン(José Martin)が、先月、退団しました。

彼はスペイン人で、家族はバレエとは無関係だったそうですが、幼少の頃、父親がモスクワの大使館に勤務したときに、まったく興味のないボリショイ・バレエ公演に連れて行かれたのが初めてのバレエとの接点だったそうです。

スペインに戻り、9才から本格的にバレエを習ったのですが、女の子が多く、男の子だと笑われるバレエを習うのは嫌だったそうです。
それでも、ロイヤル・バレエのファースト・ソリストにまで登りつめたのだから、きっと早くから才能を見出され、いい教育を受けたのでしょうね。

ロイヤルバレエで舞台に立つ ホセ・マーティンの映像が YouTubeに出ていたので、どうぞ。



さて、娘は、2年前に声をかけられた先生に、ときどき、プライベートレッスンを受けているのですが、昨日、また そのレッスンを受ける機会がありました。

先生が愛車を走らせて駐車場に入るとき、人影が二人分、見えました。
「あれ?」と思っていると、

今日は、友達にレッスンを見せたいんだけど、いい?

と聞かれました。
もちろん、拒否する理由なんてないのですが、その「お友達」にびっくり。


「彼は、ロイヤル・バレエを退団したばかりのホセ・マーティンだよ。happy01

えっ!!!
wobbly

まさか、プライベートで そんな人に会う機会があるとは思わなかったので、固まってしまいました。
確かに、娘の先生自身もロイヤルバレエで踊っていた経験があるので、接点があっても おかしくはないのですが。

ネット上で見る写真から、ホセ・マーティンは男性的な人かと思っていたら、もっと人当たりの柔らかい、始終、笑顔を向けてくれる優しい感じの方でした。

スタジオに入ると、私の隣に座り、真剣な顔で ずっと娘を見つめていました。
ときどき、娘を見た後、鏡に映る娘の姿もチェックするホセ・マーティン。
一時間、ずっと娘を見つめていました。
他に動いているものがないので、下手でも娘を見ているしかないけれど。coldsweats01

彼が見つめていたレッスン風景。

Balletpasse
レッスンの後、これから二人で映画を見に行くと話していました。
そして、週中には、なんと日本へ行くとか。
この暑いのに大変。。。

そんな話をしているときも、ずっと私に笑顔を向けてくれていたホセ・マーティン。
他に人がいないので、美しくなくても私を見ているしかないけれど。coldsweats02

先生とホセ・マーティンは、楽しそうに車で走り去っていきました。

私と娘は、ぐったり。。。
突然、有名なダンサーに会えるとは思ってもいなかったので大興奮の一時間でした。

ホセ・マーティンにとって楽しい一時間だったかは。。。微妙ですね。
coldsweats01

 

|

« アメリカンママの子育て&子離れ | トップページ | CA州のSTARテストで大トラブル! »

バレエとダンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカンママの子育て&子離れ | トップページ | CA州のSTARテストで大トラブル! »