« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月26日 (木)

CA州のSTARテストで大トラブル!


カリフォルニア州に住む公立学校の2年生(小学生)から11年生(高校生)が毎年受ける STARテスト(カリフォルニア州の標準テスト)

教育熱心なシリコンバレーでは、勉強の不得意な生徒を集めて早朝講義を受けさせる熱心な学校もあります。
そんな地区に育つ子供は、「
STARテストは真剣に受けるもの」という意識があり、テスト期間には緊張が見られます。

とはいえ、広いカリフォルニア。
STARテストは一生懸命に受けるもの、という生徒達がたくさんいると思えば、「
そんなのどうでもいい!と思う生徒達もたくさんいるのです。

このSTARテスト、例年では 7月から8月の始めに成績表が各家庭に送られてくるのですが、今年は8月末から9月中にまで遅れることになりました。

というのも、このSTARテストをテスト終了時に携帯で撮影してネットに載せた生徒たちが たくさんいて、The California Department of Educationが それに気づいたからなのです。

実は、実際にテストを行うのは学校によって日が少しずれています。
そのため、撮影したテスト内容を、他校の生徒が利用してテストを受けていたら。。。という懸念がでてきたのです。

ネット上を調査してみると、Facebook、Tumblr、Twitter、Instagram、そして Pinterestの全てにSTARテストのデータが見つかったそうです。

関与していた生徒は 249人で、442枚ものファイルがネット上に見つかりました。

ほとんどのイメージデータの場合、「
やった~! 終わった~!happy02」などというコメントと一緒に閉じた問題用紙と解答用紙が写っているだけで それほどの問題はなかったのですが、一部、問題のようなものが隅に写っているデータがありました。

例えば、下のデータです。

Starontumblr

このデータは、私のブログに合わせてデータ縮小していますが、実際には、もうちょっと解像度が高いです。
とはいえ、私が拡大してみても、きちんとは理解できませんでしたが。

同じように The California Department of Educationがネット上のイメージデータに関して問題がないか調査しているので、STARテストの結果が遅れるということでした。

ちなみに、生徒がマークシートの答案用紙にデザインした "YOLO!" というのは、"You only live once!"の略字だそうです。
この事件の記事を書こうとした記者たちも始めは「
YOLOって何!?」と思ったそうですが、10代の子供たちに聞くと、だいたい意味を知っていて教えてくれるそうです。

ここまで、テストを捨ててしまう生徒たちもいるということなのですね。
coldsweats01

一度しかない人生、適当に楽しく!がいいのか、一度しかない人生だから真剣に将来を考えて生きるのがいいのか。。。
think

現在、このようなデータをネットに出してしまった生徒のいる学校にはペナルティを考えているそうで、来年からは試験監督が厳しくなることでしょう。

この騒動を知った10才の娘は、ものすごく驚いていました。

こういう生徒のお父さん、お母さんは、自分の子供がこんなことをしてどう思うのかしら

とつぶやいていました。

(たぶん、笑うのだと思いますが。。。
coldsweats02

 

| | コメント (4)

2012年7月24日 (火)

ホセ・マーティン(José Martin)に会う (^o^)


英国、天下のロイヤル・バレエファースト・ソリストだったホセ・マーティン(José Martin)が、先月、退団しました。

彼はスペイン人で、家族はバレエとは無関係だったそうですが、幼少の頃、父親がモスクワの大使館に勤務したときに、まったく興味のないボリショイ・バレエ公演に連れて行かれたのが初めてのバレエとの接点だったそうです。

スペインに戻り、9才から本格的にバレエを習ったのですが、女の子が多く、男の子だと笑われるバレエを習うのは嫌だったそうです。
それでも、ロイヤル・バレエのファースト・ソリストにまで登りつめたのだから、きっと早くから才能を見出され、いい教育を受けたのでしょうね。

ロイヤルバレエで舞台に立つ ホセ・マーティンの映像が YouTubeに出ていたので、どうぞ。



さて、娘は、2年前に声をかけられた先生に、ときどき、プライベートレッスンを受けているのですが、昨日、また そのレッスンを受ける機会がありました。

先生が愛車を走らせて駐車場に入るとき、人影が二人分、見えました。
「あれ?」と思っていると、

今日は、友達にレッスンを見せたいんだけど、いい?

と聞かれました。
もちろん、拒否する理由なんてないのですが、その「お友達」にびっくり。


「彼は、ロイヤル・バレエを退団したばかりのホセ・マーティンだよ。happy01

えっ!!!
wobbly

まさか、プライベートで そんな人に会う機会があるとは思わなかったので、固まってしまいました。
確かに、娘の先生自身もロイヤルバレエで踊っていた経験があるので、接点があっても おかしくはないのですが。

ネット上で見る写真から、ホセ・マーティンは男性的な人かと思っていたら、もっと人当たりの柔らかい、始終、笑顔を向けてくれる優しい感じの方でした。

スタジオに入ると、私の隣に座り、真剣な顔で ずっと娘を見つめていました。
ときどき、娘を見た後、鏡に映る娘の姿もチェックするホセ・マーティン。
一時間、ずっと娘を見つめていました。
他に動いているものがないので、下手でも娘を見ているしかないけれど。coldsweats01

彼が見つめていたレッスン風景。

Balletpasse
レッスンの後、これから二人で映画を見に行くと話していました。
そして、週中には、なんと日本へ行くとか。
この暑いのに大変。。。

そんな話をしているときも、ずっと私に笑顔を向けてくれていたホセ・マーティン。
他に人がいないので、美しくなくても私を見ているしかないけれど。coldsweats02

先生とホセ・マーティンは、楽しそうに車で走り去っていきました。

私と娘は、ぐったり。。。
突然、有名なダンサーに会えるとは思ってもいなかったので大興奮の一時間でした。

ホセ・マーティンにとって楽しい一時間だったかは。。。微妙ですね。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

アメリカンママの子育て&子離れ


アメリカで子育てをするのは、当たり前ですが日本でする子育てとは大きく違います。
アメリカでは、子供が自由に一人で外出することができないからです。


学校には、きっちり親が送り届け、連れて帰らなくては。
放課後、お友達と遊ぶ場合には、お友達の家まで送迎しなくては。
もし、公園で遊ぶなら、遊んでいる間中、ずっと付き添っていなくては。
公園でトイレに行く場合には、親が先にトイレに入り安全確認してから子供を中に入れなくては。
習い事には、毎日送り迎えしなくては。


と面倒。
そのお陰で、わが娘も、学校や友人宅でのプレイデート、習い事の場所以外、私とは離れたことがありません。
coldsweats01

また、子供の送迎以外でも、しなくてはいけないことがたくさんあります。

学校でのボランティア、習い事でのボランティア、それぞれの習い事(特に個人的に習うもの)のスケジューリングに関する先生たちとの交渉、それぞれの先生とのコミュニケーション、他の親たちとの情報交換、学校や習い事の情報収集、子供の宿題の手伝い、家庭で習い事の練習がある場合のサポート。
子供が平均的でない能力だった場合には、勉強を教える必要も出てきます。

ず~っと子供のことが頭にあるので、中学生になっても、まだ小さい子供のような気持ちになってしまう親たちもいます。

中学生になると、一週間くらい、東海岸へ修学旅行する場合があるのですが、もう親の付き添いボランティアを断られるそうです。

でも、子供が心配。。。ということで、子供が乗る飛行機を個別に予約して、同じホテルを予約して、こっそり(できるのかな)後追いをしよう!などと考える親たちも出てきます。

すごい
気力、労力、経済力!とびっくり。

そんな育児の人生を歩んで18年。
子供たちは大学に入るため、巣立っていきます。

母親たちは、生きがいを失ってしまうのでは!?と、将来の自分の姿と重ねつつ、友人たちが気になっていました。

日本では、ちょうど、子供の巣立ちと更年期が重なる場合が多いので、よけいに精神的なウツ傾向が強くなるとか。

さて、友人たちはどうかというと。。。

あれ!?
結構、皆さん、元気!
coldsweats01

子供が大学のため家を離れる一ヶ月前、感傷に浸る頃かと思えば、

あ、ママ? やっと私から解放されて、楽しく忙しくしてるわよ~!

と娘さんは一人で行動。

別の友人は、

子供に関係した仕事、見つけてね。やりがいあるわよ~!
 誰か、プリスクール世代の子、知らない?

と。

何だか、どの友人たちも、楽しく明るく、新しい生活を始めているようです。happy01

よく考えれば、18年。
自分の楽しみは考えず、子育て一路。
(仕事を持つ人たちもいますが、脳の多くは子供で埋まっているよう。)
やっと、自分自身のための第二の人生が始まったというところなのでしょうか。

日本では、小学校に入れば少し楽になって、中学に入ったら更に、と段階的に子離れするから楽だろうけれど、アメリカは突然、高校卒業時に子供が離れるから大変、と思っていましたが、責任を負った長い年月を終えて、ほっとする部分が大きいのかもしれません。

元気な友人たちを見て、私もそうなるのかな~と少し安心しました。confident

 

| | コメント (4)

2012年7月16日 (月)

今年のSummer Intensive


一昨年はサンノゼのバレエ学校去年はロシア系のバレエ学校で受けた娘のバレエ Summer Intensive。

今年はというと、トゥシューズを履き始めたばかりということで、娘の学校のSummer Intensiveに出なくてはいけなくなっていました。

娘の学校のSummer Intensiveは5週間あるのですが、そんなに長く日程を取るのはもったいない。。。
悩んだ末、後半3週間だけの参加で許してもらいました。
coldsweats02


そして、先日の最終日には、父兄たちに向けての発表会が行われました。

トゥシューズ歴、合計2時間半ほどの娘は、初めて人前でトゥシューズを履きました。
小さいので一番手前で、何とか無事に演技。

071312_1s

トゥシューズを履いたジャンプは、まだ慣れていないのですが。。。でも、いちおう180度には開いて飛べるように。

071312_2s

コンテンポラリーも披露しました。

071312_3s

娘は、コンテンポラリーも好き。
なので、気迫があります。

071312_4s

ジャズダンスも。

071312_5s

これは、キャラクターダンスを踊っているところ。
かわいい動作のダンスの方が、まだ娘の顔、体型には合ってます。

071312_6s

そして、初めて習ったバリエーションの演技。
三人でパキータを踊りました。

071312_7s

キャラクターダンスの靴や衣装は、バレエ学校所有のもの。
去年と一昨年は自分で揃えたのですが、今年、靴は履けなくなっていたので、娘も学校ですべてを借りました。
こういうところを考えても、娘のバレエ学校は とても経済的。
happy01

一通りのサマーキャンプやSummer Intensiveが終了したので、これからは通常のアクティビティや日本のお勉強をがんばらなくては。
think

   

| | コメント (2)

2012年7月11日 (水)

高校生が作ったiPhoneアプリ


シリコンバレーには優秀なお子さんがたくさんいますが、その中でも特に輝いている一人が Yujin Arizaさん。
音楽やコンピュータにと特別な才能を持つ男の子です。
男の子、といっても、高校を卒業したところなので、そろそろ「男の子」と呼ぶのは失礼になりますね。
confident

その彼が、まだ高校に通っていた数ヶ月前に、お友達のKevin Kuanさんと一緒に iPhoneアプリを作りました。

アプリの名前は、Elemental FURY

Elementalfury1

アプリをダウンロードしたときには、「まだ高校生だからな~」とただの興味本位でした。

ところが。。。

このゲーム、なかなかおもしろい!!
happy01
かなり、はまってしまいました。


ゲームには、パズルモードクラシックモードがあります。

このパズルモードは、画面をクリアしていくうちに どんどん頭を使うようになって、

え~~っ!? もう方法がないよ~bearing

と、完全に高校生に遊ばれている感じなのです。
coldsweats01
じっくり真剣に遊ぶのに向いているゲームです。

クラシックモードは、昔のテトリスを思わせるような、どれだけ速くブロック消しができるかというゲームで、ちょっとした時間待ちのときに遊ぶのに便利。

もう少し詳しく説明すると、パズルモード、クラシックモードともに小さな5種類の模様のブロック(稲妻オレンジが画面に表示されます。
そのブロックを指で左右に移動させ、同じ模様のブロックが3つ以上、縦か横に並んだときにブロックが光って消えるのです。
この光って消えるときにもブロックを移動できるので、それを利用してゲームを有利に展開させることも可能です。

Elementalfury2

パズルモードの場合、決められた手数でブロックをすべて消せば次の画面に進みます。

クラシックモードの場合は、新しい5種類のブロックが下から ずんずん持ち上がるように現れてきます。
うまく消せずに、画面の上までブロックが埋まってしまうとゲームオーバー!


このゲーム、立て続けにブロックが消せると、ピカピカ光ったり、オレンジが出てきたりして きれい♪

Elementalfury3

どちらのモードも、結構、はまってます。

高校生で、こんなゲームが作れたら楽しいでしょうね。
このアプリが出来上がったばかりの頃、彼らの学校でも、

これ、わかんないよ。どうやって解くの?

とか、

ここの動き、ちょっと変だよ~バグ?

と、生徒たちが休み時間にワイワイ楽しんでいたのかなぁと想像してしまいます。
happy01

私の高校時代にも、そんな思い出がほしかったな~
confident
(もちろん、作るほどの才能はないから、お友達のためのテスト役ね。coldsweats01

ご興味のある方は、ぜひ、ダウンロードしてみてくださいね
note

 

| | コメント (2)

2012年7月 7日 (土)

それぞれが持って生まれたもの


娘が、バレエ教室で やっとトゥシューズを履くようになりました。
10才半までトゥシューズが許されないバレエ学校なので、他のバレエ学校の先生たちの「まだ履いていないの?」の言葉が とても気になりました。

とても気がかりだったのが、トゥシューズを履きだすのが遅い場合、たとえば一年遅く履きだすとしたら、いったいどのくらいの年月 練習を積んだら先に履いた子たちに追いつくのかということ。

そんな情報は探してみてもありませんでした。
普通は、足の筋肉を見てトゥシューズを履く許可が出るので、筋肉の出来上がった足で8才から履く場合と、10才から履く場合の比較、などという情報はないのですよね。

さて、そんなトゥシューズを履くのが遅かった娘ですが、順調にトゥシューズ練習が始まりました。
最初は、一日に10分だけ。
一年くらいで30分くらい履くようになるそうです。
クラスには、1年以上トゥシューズを履いている子もいますが、特に問題なく初日から一緒に練習することができました。

そして、トゥシューズ歴30分になった頃、一人の先生がクラスの後、娘に残るように言いました。

娘のクラスは、まだトゥシューズ歴数ヶ月から1年ちょっとの新中学生&中学生たち。
普段のレッスンでは簡単なポアントワークをしているので、足の強い娘にはもうちょっと高度なことを試してみたいと思ったようです。

そこで、トゥシューズでの初めてのピルエット体験
そして、ダブルのピケターンまでさせてもらえました。

最初からきれいに、問題なくクルクル♪

結局、トゥシューズ30分の経験で、一年練習している上級生よりずっと高度に履きこなすことができました。
トゥシューズを履く時期が遅くても、問題はないものみたい。

早くから足に負担をかけなくて、よかった!
わざわざ付き合って特別に試させてくれた先生に大感謝!
happy01

その後は、普通にクラスで簡単なポワントワークを練習しています。
「もっと、いろいろ練習したい!」とは思うようですが、我慢、我慢。
think

クラスの上級生は、一生懸命、シングルのピケターンができるように練習を積んでいます。
毎日がんばっているのに、軸足が曲がってしまい、パッセも崩れてしまう。
何度失敗しても真剣に練習を続ける女の子の健気な姿にキューンと心が打たれます。



ここのところ、そんな彼女たちが鏡に映る姿を見て、娘はまた違う方面での「違い」が気になりだしました。

ママ、どうして、もっと私をきれいに生んでくれなかったの?
 ママ、ちょっと失敗しちゃったのよね。


え~~~っ!?
shock
それを言ったら、私自身が ばぁばの失敗作だから。。。coldsweats01
それに、体型を白人の子達と比べられても。。。
鼻を、白人の子と比べられても。。。

みんな、持って生まれたものは変えられないの。
でも、持って生まれたものに不満を持って生活するのではなくて、持っているものを最大限に生かして努力していかなくては。

娘は「う~ん」と言いながら、ちょっと不満そうに鏡に映る自分の姿を眺めていました。
coldsweats01
 

| | コメント (6)

2012年7月 3日 (火)

日本大嫌い!な人々に出会う時。。。


シリコンバレーは、他のアジア系ほどではないけれど、日本人がわりと多く住んでいます。
そのため、それほど「日本人」ということで嫌な思いをすることはありません。

ただ、まれに、あまり自国を出てから年月が経っていない韓国や中国の方たちから、「日本人を嫌っているな」と感じることはありました。

また、在米中国系住民主体の反日団体が ご近所のクパティーノに本部を置いているのは知っているし、やはり日本嫌いな人はいるのだろうなぁと思っていました。


さて先日、娘が行っていたサマーキャンプでのこと。

中国系のお友達が、別の中国系の子に、

ね、彼女って中国人じゃなくて日本人なのよ。

と言ったそうです。

え、彼女って日本人だったの?」
 うちのパパ、日本が大嫌いなのよね。
 日本製品も大嫌い。
 何でも、
日本に関係するものは全て大嫌いなの!

基本的にアジア系アメリカ人同士は仲がいいし、あまり人種差別的な発言はしないものなので、辺りがシーンとなったところ、娘の中国系のお友達が気を利かせて、

そうなの!? うちのママと逆だわ。
 ママは、日本のものなら何でも大好きなの!
happy01

と笑ってフォローしてくれたので、それ以上、日本の悪口には発展しなかったそうです。

家に帰ってきた娘は、

本当に大嫌いみたいだったの。怖い。。。
 明日、ナイフを持ってきたりしないかしら。


と怖がっていました。

また、あなた日本人なのよね?って話をされたらどうしよう。

と言うので、私も悩んでしまいました。

こういう反日感情って、代々、小さい頃から刷り込まれたものなので、何を言っても よけいに刺激してしまうでしょう。
娘に対して、日本への憎しみをぶつけられても怖いし。。。

ということで、

私は、アメリカで生まれてアメリカで育った日系アメリカ人なの。
 私の祖先は日本だから血は日本人だけど、大昔は中国や韓国から来た人たちも混じって日本人になってるわけだから、だんだん何人っていう分け方は わからなくなっちゃうわね。


と、あまり日本人ということに拘った返答をしないでおいた方がいいかも、と話しました。

ところで、小学校の4年生のクラスメートたちとは、変な遊びをさせられたことがあるそうです。

韓国系の子が、

昔、韓国は日本と戦争をして負けちゃったの。

中国系の子が、

中国も、負けちゃったの。

そこで、二人が泣く真似をして、娘には両腕を腰に当てて「エッヘン!」のポーズを取って!と頼んだそうです。
娘は拒否したそうですが。

こういう遊びはしてほしくないものです。。。
sad
国同士の話題になると難しいですね。think

   

| | コメント (15)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »