« 学校の音楽発表会♪ | トップページ | 演説法を習うサマーキャンプ初日♪ »

2012年6月14日 (木)

若い音楽家たちの音楽会♪


先日、若き音楽家たちの卒業記念コンサートにご招待いただきました。
バイオリンとチェロ、二人の音楽家が演奏するリサイタルです。

彼らは、高校を卒業したばかりで、二人ともアメリカ内の一流大学への入学が決まっています。

二人は別々の私立高校を卒業したのですが、どちらの高校も年間の学費が35,000ドルもかかる、どんな意味でもレベルの高い高校でした。

それだけの学校だと、先生の質も違うし、受けられる教育も公立とは違います。
大学に入るためのサポートも、万全だそうです。

娘も入れてほしいけれど、高校4年間の学費を考えると。。。高校最後の一年だけ、入学させてもらうって言うのは?などと、無理なことを考えてしまいます。
coldsweats01

シリコンバレーに住んでいると、日本で暮らしていたよりも、ずっと人々の生活の違いを感じます。

恵まれた人々は、何もかも、とても恵まれていて。。。
人間は、生まれたときに、もう人生の90%は決まってしまっているなどという言葉に納得してしまいます。


さて、リサイタルは、その一人の卒業する高校のホールで行われました。

校門を入っていくと、広々とした敷地にいくつもの建物が目に入りました。
どの建物も、厳か。
やはり公立の学校の建物とは違うわ~

Yujinrecital
突き当りの美しい建物のホールでリサイタルが行われました。
たくさんの人々が集まった素晴らしいリサイタルでした。

とても感動したのは、パンフレット。
企業のスポンサーがついているような、しっかりとした作りで驚いただけでなく、その内容。
演奏する曲の説明が細かく書かれていて、それも演奏者自らの説明文なのです。
こんな心のこもったパンフレットが用意されているなんて感激。
confident

また、インターミッションにはスナック、演奏後のレセプションでは軽食まで!
プロ顔負けの音楽を聞かせていただいた上に、気遣いたくさんの至れり尽くせりの、すばらしいリサイタルでした。


彼らの演奏を聞いた帰り道。

「すばらしい演奏だったね。」
「彼らが一流大学に行くのも、いい高校に行っていたからではないよね。」
「彼らは、きっとどこの高校に行っていても、将来が開けていたでしょうね。」
「やっぱり、娘は公立高校でいいかな。。。」

    

|

« 学校の音楽発表会♪ | トップページ | 演説法を習うサマーキャンプ初日♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

りりさん、
卒業記念リサイタルにいらしてくださって、本当にありがとうございました。たくさんのお客さまにいらして頂いて、暖かい拍手で送っていただけて親としても感無量でした。これまで地元のシリコンバレーで応援して下さった皆様に少しでも感謝の気持ちを表わせたら、、と企画したコンサートでした。これからNYで勉強することになりますが、また機会ある毎にこちらでも活動していきますので、これからもどうぞご支援、ご鞭撻を宜しくお願いします!

投稿: レインボー | 2012年7月 7日 (土) 07時03分

追記:
リサイタルのパンフレット(プログラム)や写真など、どんどん画像付、・固有名詞付きで紹介して下さって構いません。そのほうが、読者の方もイメージしやすいかも。こんど、短いハイライトのビデオが出来たらご紹介しますね!

レインボー

投稿: レインボー | 2012年7月 7日 (土) 07時12分

レインボーさん、こんにちは!

勝手に記事にさせていただきました。coldsweats01
それなのに温かいお言葉、ありがとうございます。
ハイライトのビデオ、できあがったら是非見せてくださいnote
(追加記事を書いて相互リンクします。)

息子さんのように秀でている学生さんを見ると、ついつい紹介記事を書きたくなってしまいます。
今度は、あのアプリを紹介したい!という衝動が。happy02

実は私のブログに登場する優秀な学生さんというのは、全然違う方面で何度か登場していたりします。
世の中、不公平なものですが、秀でている方っいうのは あちこち秀でているのですよね。confident

投稿: りり | 2012年7月 7日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学校の音楽発表会♪ | トップページ | 演説法を習うサマーキャンプ初日♪ »