« 金探し♪ 砂金探し♪ | トップページ | 上位20%と30%の大きな違い »

2012年5月23日 (水)

個人情報流出し放題のアメリカ


先日、日本のニュースで、警察や学校が犯罪被害者の電話番号や住所を加害者側に渡したという事件を知りました。
このような内容が事件になる日本。
うらやましい気がします。


というのも、ある程度長くアメリカに住んでいれば、たいてい、インターネット上の個人情報検索サイトに自分の個人情報が載ってしまうからです。
think

今の時代、ほんの数分 PCの前に座るだけで、
名前、年齢、旧姓、通称、住所、住所履歴、電話番号、家族の名前、家族の年齢、住んでいる家の価値、住んでいる家を買った時期と購入金額、家の中の写真(近年に売買された家の場合)、子供が習い事などで取った賞、など、無料で得られる個人情報がたくさんあります。

このソースになっている情報は市、郡、州などが持つ公的データベースのものが多いので、内容も正確でかなり怖いです。
coldsweats02

人によっては表示されない情報がありますが、本当に誰かを調べたいと思えば、
誕生日、電話番号、住所、旧住所くらいなら、たった95セントで教えてくれる情報検索サイトがあります。

ストーカーなら、20~30ドル出して、
資産、婚姻暦、控訴歴、犯罪履歴、租税先取特権、民事判決歴、メールアドレス、SNSなど、もっと詳しい情報を買うだろうな。。。などと考えてしまいます。

こうやって、企業が他人の情報をネット上に出して売るのは法律に触れないのがやっかいなのです。

私が引っ越したときには、郵便局、銀行、免許証などは自分で住所変更をしないといけなかったのですが、どうでもいいような企業や団体の情報は一瞬のうちに変わるようで、ダイレクトメールもすべて新しい住所になりました。
サマーキャンプに参加した学校まで、何もしないのに新しい住所に入学案内を送ってきたのには驚きました。
便利なのか、気持ち悪いのか。。。
coldsweats01

ある個人情報検索サイトでは、サイト上にコマーシャルを流しています。
女の人がくつろぎながらPCを眺めているところで、

あ、私の情報を見た人がいるわ。誰かしら。うふふ♪happy01

と楽しそうに笑っているのです。
自分の個人情報を検索されると、そんなに喜ぶ人がいるのでしょうか。
coldsweats01

でも、そのサイトでは、ユーザ登録をして
自分のもっと詳しい情報を登録しましょう、何人の人があなたを検索したかもわかりますよ、ということでした。

アメリカでは友人にクリスマスカードを書こうとしたとき、「住所を聞き忘れた!」と、個人情報検索サイトで探した住所にカードを送ったら、相手の人は気持ち悪いと思わないのか、突然、電話番号を教えていない人から電話を受けても、嫌な気はしないのかと不思議に思います。
coldsweats02


さて、私は長い年月、ネット上に いろいろな情報がさらされているのが気になり、ときどきチェックしていたのですが、私の住所の番地までは載っていなかったので放置していました。

でも、先日、ある個人情報検索サイトが、私の番地までの詳しい住所や電話番号まで載せ出したのを見つけて、さすがにこれは困る
sad と対処をすることにしました。

自分の情報がネット上にさらされるのが嫌な場合は、個人情報検索サイトにOpt-outの申請をします。

ただ、これがちょっと面倒で、自分の運転免許証などの公的な証明をコピーして、個人情報検索サイトの経営側に送らないといけないのです。
(運転免許証番号や写真は、塗りつぶしてOK。)

それも、個人情報検索サイトによって、FAX指定だったり、郵送でもよかったり、個人情報検索サイトからダウンロードした自分の情報を一緒に送らないといけなかったり、処理が違うのです。
結構、面倒なんですよね。
despair

こんな面倒な処理があるだけでなく、個人情報検索サイトは たくさんあるので、たいていの人は自分の個人情報流出を放置しているのでしょう。
一度 Opt-outしたところで、また新しい会社が新しく情報を流すことは当然、想像がつきます。
便利な時代は、面倒な時代でもありますね。

私の詳しい住所や電話番号は、Opt-outの処理をしてから1~2週間で消えていました。
よかった。。。ほんの一時のことかもしれないけれど。
think

  

|

« 金探し♪ 砂金探し♪ | トップページ | 上位20%と30%の大きな違い »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金探し♪ 砂金探し♪ | トップページ | 上位20%と30%の大きな違い »