« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

プロジェクト打ち上げパーティ♪


カリフォルニア4年生のミッションプロジェクト
全員がミッションプロジェクトを終えたということで、打ち上げパーティーがありました。

Missionprjparty1 子供たちは、メキシカンや入植してきたスペイン人たちの衣装を身に着けて、登校してきました。
とはいえ、皆、男の子はメキシカンの帽子をかぶって白いシャツを着てズボンをはくだけ、女の子は白いブラウスを着て花柄のスカートをはくという感じの、なんちゃって衣装でOKのようです。
coldsweats01

一方、親たちは、メキシコ料理を作ってパーティ準備をします。

親たちのボランティアは、
お料理を作る人パーティの準備をする人パーティーの片づけをする人の3グループに分かれます。

私は、以前、「本場メキシコのアボカドディップ」などという記事を書いているにもかかわらず、実はメキシコ料理についてはほとんど知識がないので、一番拘束時間の長い
coldsweats02 パーティーの準備をするボランティアになりました。

Missionprjparty2 タコスはハードシェル。
これは、お店で買ってきただけのものだったので、箱から出すだけでとても楽。
私は、こういう商品の存在すら知りませんでした。
家で作ったりしないものね~

タコスの中身は、すべて手作り。
娘のクラスは、ヒスパニックの家族が一家族いるだけ。
学年は3クラスしかないのでヒスパニック家族は少ないはずなのに、たくさんのお鍋やお皿が並ぶところを見ると、この辺りのアメリカ人は普通にメキシコ料理が作れるのでしょうね。

Missionprjparty3

子供たちに食事を配った後は、私たちボランティアもお料理をいただく時間がありました。
準備係になってラッキー!
happy01

お料理はこんな感じ。
ごく普通のメキシコ料理ですね。

Missionprjparty4

子供たちは、メキシコ料理に慣れているようで、皆、喜んで食べていました。

Missionprjparty5

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

完成!カリフォルニアミッション模型♪


カリフォルニアの小学校4年生全員が経験するミッションプロジェクト

その追加ポイントを得るために必要な模型作り
毎日少しずつ、教会を作り木を作り、努力をしてきました。
日々、忙しいので、バレエのない水曜日と週末を頼りに、約一ヶ月。

そして、やっと完成しました
sign03 happy02

Missionbirdeye

プロが作った Mission San Antonio de Paduaは、芝生に囲まれていますが、実際に見てきた このミッションは枯れ草に覆われていたので、見たままのミッション作りをしました。
この枯れ草は、フェルトを細く切り、細かくちぎったものです。

実は、購入したフォームではミッションの外廊下はなく、柱と壁がくっついた模型ができあがるはずだったのですが、いまいち感じが出ないので、廊下を作って立体感のあるミッションに仕上げました。

前から見たミッション。

Missionfront

この鐘や彫刻、十字架は、私が写真から作ったものです。
彫刻は、後ろからみると、後姿です。
転がっている石は本物で、娘がバレエ学校で拾ってきました。

後ろから見たミッション。

Missionback

噴水や井戸は、Mountain Viewダイソーの木粉ねんどです。
噴水や井戸の中の水は、折り紙で作りました。
井戸の水をくみ上げるバケツをつないでいるのは、やはりダイソーで購入した、お料理用のタコ糸
その糸を絡ませている棒は、楊枝です。
そして、窓の格子も、実際の写真から作っています。

クラスメートたちも、家族でがんばっているよう。
楽しみです。
happy01
こっそりと、写真を撮りにいってこようnote

| | コメント (8)

2012年2月23日 (木)

イギリスのお土産♪


先日、思わぬプレゼントをもらいました♪
といっても、私がではなくて、娘が、なのですが。

それが、このセーター。
(日本語でも、セーターでいいのかな?
 最近は、特別な呼び名があったりして。。。?)

Royalballetsweaterm1

普通に着てもいいのですが、通常は、バレエに行くとき、レオタードの上にはおったりするものです。
というのも、これをどこで買ってきてくれたかというと、

Royalballetsweaterm2

そうなのです。
イギリスにある名門バレエ団、ロイヤルバレエのものなのです。(^o^)

もちろん、娘は大喜び♪

そして、なかなかなアイディアなのがタグ

Royalballetsweaterm3

ロイヤルバレエの公演チケットを模倣して作られています。

2月29日水曜日
のチケット。
ちょうど、一週間後!!
もちろん、使えないんですけどね。
coldsweats01

とってもうれしい、思いがけないプレゼント。

実は、娘をとてもかわいがってくれている先生からのプレゼントでした。
わざわざ、滞在先のイギリスで娘のことを考えてくれて、ぴったりの大きさの服を探して買ってきてくれるなんて
shine
そして、

いや~、よかった! ぴったりで。本当にうれしいよ。happy01

と、試着した娘を眺めながら、とても喜んでくれました。

彼の気持ちを考えると、とってもハッピーな私でした
note
(あ、私へのプレゼントじゃないのに、私がよろこぶのもおかしいかな。)

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

木を作ろう!(^o^)


カリフォルニアの小学校4年生全員が経験するミッションプロジェクト

その模型作りで、教会は完成しました。
次は、ミッションの周りを飾る、木を作ろう!と思いました。

日本だったら、いろいろな材料が安く簡単に手に入るのでしょうけれど、ここでは、ちょっとしたものが大量だったり、高かったり、質が悪かったり。
think
頭の中で、簡単に材料が手に入って、それらしく見えそうな作り方を考えました。

そこで思いついたのが、Mountain Viewのダイソーで売られている木粉ねんど
色が自然なので、木のほかの小物などは、そのまま使えそう。
いろいろ使えそうなのに、1.5ドル。

Treestep0

そこで、この木粉ねんどに絵の具を混ぜて、木の幹の部分を作りました。

Treestep1

乾いてから、今度は緑の絵の具を混ぜて、木の上の部分を作ってみました。
なんだか、ミッフィーの世界っぽい
shine

Treestep2

これを乾かしてから、今度は、緑の部分にボンドをつけて、細かく刻んだフェルトをつけてみました。
フェルトをつけるのに、わざわざ木粉ねんどを緑色にしたのは、透けて見える部分があった場合にも、それらしく見えるようにしたかったためです。

ちょっと木っぽくなったかな?

Treestep3

この木粉ねんどで、井戸を作ったり、噴水を作ったりできそう
note

たぶん、こんなに凝って作っているのは、うちだけだろうな。
coldsweats01

| | コメント (2)

2012年2月19日 (日)

ブログお引越ししました!

ブログのお引越しをすることにしました。 

新しいブログのURLは、http://lily-ca.cocolog-nifty.com/ になります。
今後とも、よろしくお願いいたします。happy01
 

ブログは同じニフティですが、ココログベーシックからココログフリーへの変更をしました。
というのも、もう、永住になって一年半。
日本の銀行口座は、当分、減ることはあっても増えることはないので、月々の引き落としはなるべく減らしたいのです。
 

そこで、フリーのココログに移動するため、ニフティのお引越しツールを利用しました。 

このツール、数年前は記事中のイメージデータは引越しできなかったものの、現在は自分でアップロードした写真は、この お引越しツールで移動できます 

今回、記事にアップロードしている写真は移動できましたが、アップロードしたファイル、つまりpdfファイルやzipファイル、そしてhtmlファイルなどは、通常、ツールでは移動できません
(ほとんどは移動できませんでしたが、なぜか5%くらいのpdfファイルは移動できていました。不思議!)
 

大変だったのは、基本的に、旧ブログから旧ブログにしている内部リンクは新しいサイトにリンクが変わらないということです。
自分で、リンクを貼りなおす必要があります。
ただ、部分的に新しサイトにリンクを貼りなおしてくれた場所もあり、また貼りなおしてくれたリンク先が存在しない場所だったりすることもあるので、ツールの動きは、まだ不安定なようです。
 

また、お引越しツールは、データの移動中に、途中で止まってしまうこともあります。
原因の一つとして、記事中に異常なコードが入ってしまっている場合があります。
(まぁ、バグの一つですね。)
これは、目で見てもわからないので、止まった記事をニフティのサポートに通知して、調査してもらう必要があります。
サポートでの調査は時間がかかるので、簡単な対処方法としては、ツールで移動できなかった記事を入力しなおす(ペーストは、異常コードまでコピーしてしまうのでダメです。)作業をすることかもしれません。
将来的には、こういった異常コードが入っていた場合には、ツールでスキップするように対処するそうです。
 

ただ、このお引越しツール、コメントは移動できないのです。
今までいただいた、たくさんのコメントは、残念ながら消えてしまいます。
ごめんなさい。。。
 

今後、旧サイト には、新しい記事は書き込みません。
一ヶ月後くらいに、閉鎖する予定です。

今後は新しいURLのブログ、http://lily-ca.cocolog-nifty.com/をよろしくお願いいたします。happy01

 

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

バレンタインの詩♪

娘の通うカリフォルニアの小学校では、先日のバレンタインのために、朝礼で催し物をしました。

4年生の娘のクラスと1年生のクラスの子達、2クラス合同でバレンタインの歌や詩を暗記して披露したものです。
Love Me Doなどの有名な歌も出てきました。

バレンタインの詩は、アメリカには ものすご~くたくさんあります。
バレンタインの詩で有名なJoanna FuchsさんのSpecial Valentineも暗唱していました。

Special Valentine

   Please be my special Valentine;
   There's no one quite like you.
   You're really fun to be with,
   And a very good friend, too!
   Valentine, I like you;
   I'm glad that you're my friend;
   We have lots of fun together,
   We are a perfect blend!

そして、いろいろなバージョンがある、Roses Are Redも。
この詩は、最初の2行が有名で どこでもよく聞く内容ですが、最後の2行はいろいろと変えて使われます。

普通バージョンでは、

Roses Are Red

   Roses are red
   Violets are blue,
   Sugar is sweet,
   And so are you!

娘たちの披露したバージョンは。。。


 

結構、ウケていました。coldsweats01

聞き取りにくかった方、歌詞をどうぞ。
happy01

Roses Are Red

   Roses are red
   Violets are blue,
   I'm allergic
   Atchoo! Atchoo!


 

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

手作りバレンタインカード25枚!

やっと、今年のバレンタインカード作りが終わりました!

クラスメートたちへのカードも、先日の退役軍人さんたち宛てバレンタインカードと中身のデザインは同じ。
表は少し変えて、穴を開けて毛糸を通し、チョコレートを一つつなぎました。

2012valentine1

Sunnyvaleの学校では、バレンタインカードに甘いものをつけてはいけない決まりになってたのですが、残念なことにPalo Altoにはそれがありません。
甘いものをつけるのが許されているのなら、それを期待してしまう子供たちも多くいるでしょう。

娘は、チョコレートやキャンディーがついていても食べないし、娘の仲のいいお友達も食べません。
(4年生にもなると、「
身体によくないから」と食べない女の子たちがいます。
 周りで、糖尿病に悩む人たちがあまりにも多いからのようです。)
でも、がっかりする子がいてもかわいそうなので、一つだけつけました。

2人の先生方、エイド(先生の補佐業務をする方)などを合わせて25枚、作り上げました。
並べると、達成感が。。。
coldsweats01

2012valentine2

私がカードにheartのフォームをつけようとすると、「男の子には絶対につけないで!」と注意する娘。
どうも、
heartは親友にだけつけてほしいようで。。。
そんな年になったのですね。happy01

    

| | コメント (4)

2012年2月12日 (日)

退役軍人宛の手作りバレンタインカード♪


もう少しで、バレンタインデー♪

娘が通うカリフォルニアの小学校では、毎年、バレンタインカードの交換をします。
カード交換は、バレンタインデー当日。

でも、一足先に、別のバレンタインカード作りの依頼が来ました。
パロアルトには、退役軍人の病院があります。
その病院の方たちへのバレンタインカードを作ってほしいとのことでした。

国のために戦地で働き、身体や心を負傷して帰国した退役軍人たち。
国民たちから たくさんのバレンタインカードを送り、「
犠牲になった退役軍人たちのことを忘れていません。ずっと感謝しています。」ということを伝えるためだそうです。
小さい子でも、こんな感じに書けば、気持ちが伝わります。

Valentinesvet2012
ということで、日系アメリカ人の娘も送らなくては、ということで、クラスメートやお友達のほかに、退役軍人さんたち宛てのバレンタインカードも数枚、作ることにしました。

Roomba今年のバレンタインカードは、あまり手のかからないもの、と考えていました。
そして、思いついたのが、去年の暮れに ばぁばから娘がもらったプレゼントの一つ「切り紙パターン素材集」。
その中から、バレンタインに使えそうな切り紙を見つけました。

リスがハートを持っている切り紙です。
ハートの部分を、開くと前に出るように折って、ピンクや赤の紙につけました。
Valentinesvet20122


退役軍人さんたち宛てのカードについては、メッセージ書き方などのサイトがあります。
文例には、Your sacrifice~などとありましたが、あまり悲惨な体験を思い出してしまうような文にしたくなかったので、

Thank you for your bravery and courage in the war, without your courageous acts we may not be here today.

と書きました。

クラスメートたちへのカードは、まだこれから。
プロジェクトで忙しい娘に代わって、単純労働は私がしているので、20枚、がんばらなくては。
   

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

教会を作ろう!\(^o^)/

カリフォルニアの4年生に課せられるミッションプロジェクト
その模型作りを始めました。

結局、我が家はフォームを購入することにしました。
バレエやバイオリンに忙しい娘と一緒に一から手作りは厳しいという、時間との戦いの日々を考えた上での結論です。
think

購入したフォームは、大きくて白い板状のもの。
切込みが入っているので簡単にパーツに分けられます。
切り取ると、こんな感じ。

Missionsaform  

そして、これらのパーツに貼り付ける壁紙などが別売されているのです。
一般には、それらを購入して張り付けるようです。
写真は、別売のレンガ柄壁紙とプラスティックの屋根です。

Missionadobebrickroof  

でも、こういった買った小物を使った子供たちが、似たような模型を持ってくるのだろうなぁ。。。
少し、他の生徒たちとの差別化を図らなくては!
(単に、全部買い揃えると高額になるからではありません!
coldsweats01

ということで、先日、ミッションに行った時に撮ってきた写真から、レンガ、塗り壁、タイル、鐘、十字架、と、すべての小物を自作することにしました。

これなら、すべてが本物の色
noteで、リアルなミッションが作れます。confident

たとえば、写真だと まっすぐ前から撮れていないので、遠近法になってしまっている画像の一部を取り出し、増やして使います。

屋根を作るとすると、左写真のような一枚の瓦を増殖して、右写真のように。Missionroof安上がりなのに、売っているプラスティックのよりも、出来上がりはもうちょっと高級感が出ます。happy01

そんな感じに作っていって、教会の飾りも、すべて本物の写真から取り込んで、まず、一番メインのところを仕上げました。
(建物の曲線部分は、本物とフォームとではカーブが違うので、合わせるのが少し面倒でしたが。
coldsweats02

Missionsaformafter  

他の部分と合わせて、まず、教会部分の出来上がり!
鐘の前のフェンスは、シャドゥボックス用の質のいいカッターを使いましたが、それでも娘には難しかったようです。

Missionsaformafter2 

教会の鐘は、ぴかぴかの金色と銀色が売っていて、多くの子が購入するようですが、娘のは本物色の渋い教会になりました。happy01

これから、木などの飾り物を考えなくてはいけません。
まだ、先は長い!
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2012年2月 4日 (土)

アメリカ人の苦手な算数のココ!

アメリカの高校生たちがやり取りをしているのを、何気なく見ていたときのこと。

5 + 5 x 5 =

という問題で、彼女たちは、

「これは、50よね。」
「うん。簡単!」

と話しているのです。

えぇ!?wobbly
何かの冗談かと思いました。
ところが、本当に真剣なのです。

どうも、アメリカ人は、こういった演算の計算順序が苦手のようです。

某所でネット上の統計を取ったところ、

40 + 40 x 0 + 1 =

の問題では、

正解の41と答えられたのは、60%弱

残りの人たちは、(33%)
その他、0、40、80、-1と珍解答が続きます。

驚いて、小学校4年生の娘に問題を見せると、

知ってるわよ。苦手な人が多いって。」と涼しい顔。

え~~~っ!? どうして、アメリカ人は苦手って知ってるの?

と聞くと、

2年生のときに括弧を書かなかったら、担任の先生に「ここ、違ってるわよ。」って言われたの。
 括弧をつけなくてもいい部分なのに、先生は勘違いしているな、と思っていたのだけど、別の代替の先生にも「これは?」って聞かれたから、先生たちは、よく知らないんだなぁって思って。

でもね、あの学校(先生は全員がアジア人)では、誰でも知ってる当たり前のことだったから、アメリカ人に知らない人が多いみたいなのよね。
 現地校の先生は皆アメリカ人だから、現地校では括弧をつけて、先生がわかるようにしてるの。

ということでした。
(括弧の優先順位が高いということだけは、普通、知っているらしい。
coldsweats01

知らなかった!
娘は、もう2年も前に気づいて、2年間も相手によって違う対処していたなんて。

さて、アメリカでは、演算の順序について習わないのかと言うと、実はそうではないようです。

アメリカでは、演算の順序はPEMDASと覚えます。

Parentheses, Exponents, Multiplication and Division, and Addition and Subtraction
(括弧、指数、掛け算と割り算、足し算と引き算)

頭文字を取ったものです。

それを語呂あわせで、

Please Excuse My Dear Aunt Sally

Please Email My Dad A Shark

と覚えたりします。
文の意味を考えると、変ですが。
coldsweats01

それなのに、理解していない人が多いのは、習わない学校もあったり、習っても短時間で終わったりするのかしら??

5 + 5 x 5 が 50になってしまう女の子に聞いてみたいけれど、高校生という難しい お年頃なので、結局、確認できずにいます。

でも、語呂合わせの一つとして、

People Expect More Drugs And Sex

とあるらしいので、それなりの年の人でも がんばって覚える内容ってことなのでしょうね。coldsweats02
 

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »