« 日系の子が喜びそうな日本土産 | トップページ | アメリカ女子高生の手作りカード♪ »

2012年1月21日 (土)

カリフォルニアのミッションを訪ねて

カリフォルニアでは、小学校4年生になると、「カリフォルニア・ミッション・プロジェクト」という一大イベントがあります。

1700年代、宣教師たちがキリスト教布教のために、スペイン領だったメキシコからカリフォルニアに入り、21のミッション、つまりキリスト教の伝道所を作りました。
そのミッションを調査する、というのが、このプロジェクトです。

学校によって、自分で好きなミッションを選んだり、先生が担当のミッションを割り当てたりします。

割り当てられたミッションには、特に行く必要はないのですが、もちろん、行った方がいい調査ができるし、いい写真が撮れる、いい資料が作れる、ということで、週末にミッションを訪ねる旅に出る家族もいます
(プロジェクトは、通常、努力しただけの追加ポイントが付くのです。)

21のミッションは、北はソノマ南はサンディエゴまであるので、

子供を連れて行きたい! でも、日帰りできない距離。


などという親は、わざわざホテルを予約して、一泊旅行を企画したりします。
すばらしい協力的な家族ですね。
私は、サンディエゴだったら行かないだろうな。

さて、娘が割り当てられたのは、Mission San Antonio
パロアルトの我が家から、だいたい3時間弱、101を南下したところにあります。

ラッキー!?
といっても、パロアルトからは10番目に近いミッションなので、すごくラッキーというわけではないのですが。
でも、3時間で行かれる距離なら日帰り可能ということで、出かけてきました。

Mission San Antonioは、21のミッションの中では一番、オリジナルの環境が残っている場所です。
つまり、開拓から外れてしまった場所にあるということですね。

ミッションの周りには何もないので、ミッションから車で30分の場所にある町、キングシティーで休憩&軽食を済ませ、ミッションに向かいました。

iPhoneで地図を見ながら、周りに何もない道を走り続け。。。ありました!
当たり前ですが、古びた教会です。

Mission2

ミッションから見た周りの風景は、こんな感じ。
本当に、何もないです。

Mission1

そして、ミッションの中を見て回りました。

壁は、宗教的な絵や陶器で飾られていました。

Mission3

博物館もあります。

Mission4

この奥にも、小さな部屋や廊下があり、当時使われた日用品、狩の道具、武器、小物、アクセサリー、楽器などが、たくさん並べられていました。

それにしても、すごく寒いのです。
気候は、パロアルトよりも昼間は暑く、夜は寒いそう。
こんな寒い建物によく住めたなぁと感心してしまいました。

当時の生活を表した模型もありました。
先住民の人たちは、こうやって働かされていたそうです。

Mission5

売店で、このミッションでしか手に入らない資料を入手。
私たちがいる間も、次々と4年生を連れた家族がやってきていました。

受付、案内員、博物館管理員、売店の店員、すべてを担当している一人の女性が、全員に、

23人が持ち回りで係りをしていて大変なのよ。
 クリスマスと、感謝祭と元旦しか、ここは休まないのよ。

などと愚痴ったり、

ここは初めて?

と聞いています。

もちろん、全員が初めてでした。
周りに何もないものね。。。

でも、こういうところには、こんなプロジェクトでもなければ来なかったでしょう。
いい経験にはなりました。

次は、このミッションの模型作りの作業があります。
追加ポイントがほしい場合には、必須になります。

こういったプロジェクトは、親がかなりの負担を担います。
そのため、「
ミッション・プロジェクト。親がなくてはミッション・インポッシブル」などと言われているのです。

さて、模型作りもがんばらなくては!
 

|

« 日系の子が喜びそうな日本土産 | トップページ | アメリカ女子高生の手作りカード♪ »

小学4年生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日系の子が喜びそうな日本土産 | トップページ | アメリカ女子高生の手作りカード♪ »