« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

CA州のミッション模型作り計画

カリフォルニアの小学校4年生が全員、経験するミッションプロジェクト

そろそろ、ミッションの模型作りを計画する時期になりました。
学校によっては、模型作りも必須らしいのですが、パロアルトの娘の学校は任意で追加点対象になります。
ということで、いつもトップスコア争いのアジア人たちは、当たり前のように模型作りを考えるのでした。
coldsweats02

ミッションの模型を作るには、いくつかの方法があります。

一つ目の方法は、一番大変な、一から自分で作る模型
ダンボールを使ったりクラフトストアでフォーム(発泡スチロールのブツブツがないような白いもの)や工作ブロックを買って作ったり、厚紙で作ることもできます。

建物を見て、設計して、書いて、切って。。。というのは、とても手間ですね。
でも、一からの手作りを要求する学校もあります。

そして、こんな子供らしい素朴な作品を作ります♪

Handmademission

実際には、この辺りでは親が力を注ぐことが多いので、かなりな力作が揃うようです。


二つ目の方法
は、
紙のクラフトセットを買って作る模型

厚紙を切って、貼って作る模型セットが売られています
大きさによって金額は違いますが、だいたいカラーの紙クラフトセットが約10ドルから購入できるようです。

Papermission

そのクラフトセットに合わせられる、紙で作った小物も買うことができます。

インディアン、インディアンの小屋、木、草むら、馬などがセットになって、大きさによって10ドル前後から20ドルくらいで購入できます。
手先が器用であれば、いろいろなデザインをする必要がないので、わりと楽かも。
(特に、大人にとっては。
coldsweats01

ミッションSan Antonio de Paduaの売店では、もっと簡単な厚紙のキットが売られていて、約4ドルでしたが(白一色)、かなり小さい紙工作になるので、子供では無理と思い、購入しませんでした。
大きい有名なミッションやクラフトストアでは、もっと使いやすいキットを売っているようです。
でも、小さい紙のクラフトキットだと、細かい外観デザインをすると難しいかも。

三つ目の方法は、切り込みの入ったフォームを買って作る模型

この場合は、単に真っ白のフォームを購入することになるので、自分で外観などをデザインして描く必要があります。
フォームは厚みがあるので、組み立てが楽です。
大きさも結構あるので、細かいデザインなどが得意な人は、これが楽かも。
20ドル~25ドルくらいで売られています。

Foammission

 

この写真は、業者の宣伝用なので、外観をきれいにデザインし、木や草などの小物も付け加えたものです。
実際には、真っ白のフォームだけなので、そのままでは使えないし、屋根はボール紙になります。

このフォームのセットに合わせられる小物も売られています。
それは色つきのプラスティックまたは金属なので、そのまま飾れ、自分でデザインを考える必要はありません。


Foammissiona

ただ、こういった小物は、結構なお値段がします。

屋根のタイル 6~8ドル。
教会の周りに貼るための壁紙 4ドルくらい。
子供を抱いた牧師一人 2~3ドル。
木二本で 3~4ドル。
とうもろこし 3~4ドル。

Indians

こんなインディアンセット10ドル弱
いろいろ揃えたくなると、かなりな出費になりそう。
coldsweats02

うちは、どの方向でいこうかな。
小物をたくさん揃えるのは、お金持ちパロアルト住民たちに負けてしまうから、適当なところで妥協したいと思います。
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

アメリカ女子高生の手作りカード♪

なかなか家にいる時間が持てない日々。
ブログもご無沙汰でした。

久々に机に向かっていたら、ふと目に入った娘がもらったカードmail
高校生の女の子が作って送ってくれたものです。
多才で、ものすごく忙しい彼女が、ときどき手作りカードをくれるのでした。

Cardballet

日本の女の子は、漫画チックに人間を描きますが、アメリカの子はもっと現実に近い絵を描く子が多いです。
彼女と娘の共通するものが、バイオリンとバレエなので、バレリーナがバイオリンを持っている絵を描いてくれたのでしょう。
うれしいですね。
happy01

こちらは、紙と布、人工の真珠で作られたカードです。

Cardsew

プリントアウトした紙を切って、その紙や布をミシンで縫いつけたようです。
ピンクっぽいラインは、すべてミシン縫いの部分です。
アイディアですね~
note

こんな心をこめて作ってくれたカードを見ていると、心が癒されるのでした。
いつか、娘も、彼女みたいな お嬢さんに成長してくれたらいいな~
confident
 

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

カリフォルニアのミッションを訪ねて

カリフォルニアでは、小学校4年生になると、「カリフォルニア・ミッション・プロジェクト」という一大イベントがあります。

1700年代、宣教師たちがキリスト教布教のために、スペイン領だったメキシコからカリフォルニアに入り、21のミッション、つまりキリスト教の伝道所を作りました。
そのミッションを調査する、というのが、このプロジェクトです。

学校によって、自分で好きなミッションを選んだり、先生が担当のミッションを割り当てたりします。

割り当てられたミッションには、特に行く必要はないのですが、もちろん、行った方がいい調査ができるし、いい写真が撮れる、いい資料が作れる、ということで、週末にミッションを訪ねる旅に出る家族もいます
(プロジェクトは、通常、努力しただけの追加ポイントが付くのです。)

21のミッションは、北はソノマ南はサンディエゴまであるので、

子供を連れて行きたい! でも、日帰りできない距離。
despair

などという親は、わざわざホテルを予約して、一泊旅行を企画したりします。
すばらしい協力的な家族ですね。
私は、サンディエゴだったら行かないだろうな。
coldsweats02

さて、娘が割り当てられたのは、Mission San Antonio
パロアルトの我が家から、だいたい3時間弱、101を南下したところにあります。

ラッキー!?happy01
といっても、パロアルトからは10番目に近いミッションなので、すごくラッキーというわけではないのですが。
でも、3時間で行かれる距離なら日帰り可能ということで、出かけてきました。

Mission San Antonioは、21のミッションの中では一番、オリジナルの環境が残っている場所です。
つまり、開拓から外れてしまった場所にあるということですね。
coldsweats01

ミッションの周りには何もないので、ミッションから車で30分の場所にある町、キングシティーで休憩&軽食を済ませ、ミッションに向かいました。

iPhoneで地図を見ながら、周りに何もない道を走り続け。。。ありました!
当たり前ですが、古びた教会です。

Mission2

ミッションから見た周りの風景は、こんな感じ。
本当に、何もないです。

Mission1

そして、ミッションの中を見て回りました。

壁は、宗教的な絵や陶器で飾られていました。

Mission3

博物館もあります。

Mission4

この奥にも、小さな部屋や廊下があり、当時使われた日用品、狩の道具、武器、小物、アクセサリー、楽器などが、たくさん並べられていました。

それにしても、すごく寒いのです。
気候は、パロアルトよりも昼間は暑く、夜は寒いそう。
こんな寒い建物によく住めたなぁと感心してしまいました。

当時の生活を表した模型もありました。
先住民の人たちは、こうやって働かされていたそうです。

Mission5

売店で、このミッションでしか手に入らない資料を入手。
私たちがいる間も、次々と4年生を連れた家族がやってきていました。

受付、案内員、博物館管理員、売店の店員、すべてを担当している一人の女性が、全員に、

23人が持ち回りで係りをしていて大変なのよ。
 クリスマスと、感謝祭と元旦しか、ここは休まないのよ。

などと愚痴ったり、

ここは初めて?

と聞いています。

もちろん、全員が初めてでした。coldsweats01
周りに何もないものね。。。

でも、こういうところには、こんなプロジェクトでもなければ来なかったでしょう。
いい経験にはなりました。
confident

次は、このミッションの模型作りの作業があります。
追加ポイントがほしい場合には、必須になります。

こういったプロジェクトは、親がかなりの負担を担います。
そのため、「
ミッション・プロジェクト。親がなくてはミッション・インポッシブル」などと言われているのです。

さて、模型作りもがんばらなくては!happy01
 

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

日系の子が喜びそうな日本土産

先日、友人宅に行くと、かわいい食べ物がランチョンマットの上に並んでいました。

お寿司に、カツ丼に、鍋焼きうどん。happy01
お寿司は、実物大です。

Asakusa1

近くで見ると、すっごく よくできてる
sign03

これが、カツ丼note
お米は本物みたいに光っているし、ソースも本当に液体がかかっているみたい。

Asakusa2

そして、鍋焼きうどん。
たけのこや人参、絹さや、ネギまで本物っぽい。
happy01
肉の焼けた感じが、おいしそう。

Asakusa3

「まだあるよ。」と友人が おもちゃ箱から持ってきてくれたラーメン
sign01
お箸で麺を持ち上げたところで固まってるっていうのが、レストランに飾ってある見本みたい。
チャーシューも麺もよくできてる
note
このスープ、飲んでみたい~

Asakusa4

思わず、「
これ、どこで買ったの?」と聞いてしまいました。

彼女は、お友達が浅草で見つけたのをお土産にもらったそうです。
浅草には、こういった物がいっぱい売っているとか。

これ、絶対にうちの娘にもウケる!

と思って、娘に この写真を見せると、

私も、ほしい~~~!!!happy01

やっぱりね。

アメリカ生まれの子供たちは、こういう食べ物があることは知っているけれど、たま~に遊びにいく楽しい国のおいしい食べ物、ということで、とてもいい印象があるのですよね。

でも、日本でのお買い物は普通のお店に行くことが多いので、こういう商品を見たことはありませんでした。

今度、日本に行ったら、浅草に行こう!

と、浅草行きを夢見る娘ですが、浅草に行けば、すぐに おもしろい小物があるお店を探し出せるのか、ほとんど浅草を知らない横須賀育ちの私は、ちょっと不安に思うのでした。think
がんばらなくちゃ。

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

工事渋滞中のSan Antonio Road

パロアルトの San Antonio Road(Mountain View市との境近く)で行われている街路樹整備の工事

工事前は、こんなにのどかな風景でした。

Sanantoniobefore011212

現在の同じ場所(若干手前)ですが、木々がなくなり、こんなに景色が変わりました。

011212_sanantonio1

工事のため、日の出ている時間は片側一車線になるので大渋滞。
車の前も混んでいますが、サイドミラーで見える後ろの車の列も、かなりなものです。

011212_sanantonio2

日中や夕方は、San Antonio Roadは避けた方が無難ですね。

という私は、わかっていながらも、いつもの癖で つい通ってしまいます。coldsweats02

そして、渋滞には待った後、車の中で

バカ、バカ! 私のバカ!bearing
 どうして、いつも同じ間違いをするのよ~!!
sad

と叫びながら、後悔しています。。。despair
 

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

意地悪な子の思考回路


去年、娘が小学3年生の頃に悩んでいた、クラスメートの女の子Elainaの暴力&脅迫の事件問題児と対決ID不正使用事件

校長先生にクラス分けリクエストの手紙
mailを書いて、4年生はElainaとは違うクラス。
娘は平和に過ごしています。
confident

Elainaは、さすがに娘を追っては来なくなり、一人で本を読んだり、遊んでいるクラスメートに話しかけたりしているそうです。

誰も、Elainaをいじめたり、仲間はずれにはしません。

ただ、娘が友達と遊んでいるときには、友達の一人が、

あら、かわいそうに。あの転校生、Elainaと遊んでるわ。
 まだ、何もわからないから。。。


と、ぽつりとつぶやいたり、

娘が、「
今、初級弦楽クラスには、Elainaもいるの?」と聞くと、

残念なことに、そうなのよ。

と、いろいろな子供たちの会話の端々に、Elainaに対する感情は表れています。

先日、Elainaのクラスメート(娘の
クラスメート)が娘のところにやってきて、

不運なことに、今日、Elainaと話す機会があったんだ。
 「5年生になったら、すごくフレンドリーにして、君と いい友達になるんだ
って言ってたよ。
 無理だと思うよ、って答えておいたけど。


と話にきたそう。

フレンドリー ⇒ お友達

以前に、

相手の嫌がることはしない 
 お友達

なんだけど。
coldsweats02

と娘は、何もわかっていないElainaと、来年同じクラスになることに少しの恐怖感を覚えたそう。
think

それにしても、みんな、Elainaに嫌な感情を持ちながらも、誰もいじめたり、無視したりしないって、すごい。
confident

でも、もう少し大きくなったら。。。??

ただ、誰かが、Elainaにわかるように、「他人の嫌がることはしない。」ということを教えてあげるだけで、Elainaのお友達関係はかなり改善するのに。

先生も、そういうことは親に話したはずなのに、親は教えてあげていない。。。
親も変わっているからなぁ。

と、Elainaの将来を案じながらも、早くも来年のクラスリクエストが頭をよぎってしまった私でした。
coldsweats01
 

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

大規模な英作文能力調査(ERB WrAP)

明けましておめでとうございますsign03

今年も多種多量の御節を作り、超日本的なお正月を過ごした私でした。happy01

さて、先日、一通の封書mailが届きました。

どうも、Palo Alto学区はEducational Records Bureau(ERB)による学力テストのライティング能力調査に参加していて、そのエッセイを書くテスト(作文テスト)を、毎年、秋にするらしいのです。
その結果が今、送られてきたのでした。
日本のインターナショナルスクールでも、ERBの学力テストを取り入れている学校があるそうです。
Palo Alto学区では、4年生~8年生、そして10年生が対象になっています。

どのようなテストかと言うと、一問、課題が与えられます
その課題に基づいて、二日間に分けてエッセイを書きます。
(4年生の娘は、一回が1時間だったと言っていましたが、学年によって違うのかもしれません。)
そのエッセイが評価されるということでした。

課題の例としては、

3年生、4年生用課題

A large box is delivered to your classroom. It has holes in the top and has a sticker that reads, “Live animals.” Your teacher sets the box on the table. Suddenly the box begins to shake and the top flies off! Write a well-developed story about what comes out of the box and what happens next.

子供でも書きやすい内容ですね。

これが、7年生、8年生の課題となると、少し難しくなります。

What defines success? Name someone you believe to be successful, and give reasons as to why this person is successful?

とはいえ、このくらいなら私たちでも、子供に指導できるかも!?

そして、11年生、12年生の課題は、もっともっと難しくなります。

Golda Meir once said, “You’ll never find a better sparring partner that adversity.”Consider the meaning of this quote. Write a well-developed essay using your experience or the experience of someone you know to support your interpretation of this statement.

自分が書くのでも躊躇するし、自分の子供に指導するのも、ちょっと自信がなくなってくるような。。。coldsweats02

今回、娘たちに与えられた課題は、

歩いていたら木に糸が絡まった風船を見つけました。
その糸をほどいて風船を取りました。
よく見ると、風船の中には手紙が入っていました。
私は、風船の中の手紙を取り出しました。

というようなお話で、この続きを考えてエッセイを書きましょう、という内容でした。
エッセイは、一つのエッセイにつき二人の指導者が評価するそうです。

評価結果のレポートには、同じ学年全体で、どのくらいのレベルにいるのかなどの成績がついてきます。
そのほか、細かく項目に分けて採点されていました。

例えば、

Overall Development
読み手を意識して、わかりやすく書かれているか。
目的がきちんとしているか。

Organization
構成が整い、倫理的に書かれているか。
段落ごとにまとまり、エッセイに一貫性があるか。

Support
適切な根拠があり、詳細が描かれているか。
結びの部分にうまくつながっているか。

Sentence Structure
完成度は高いか。
文法に間違いがなく、文が洗練されているか。

Word Choice
語彙に富み、使い方は正しいか。
新鮮味はあるか。
言葉が生き生きと輝いているか。

Mechanics
単語の綴りは正しいか、句読点などは正しいか。
大文字、小文字などの間違いはないか。

などの評価がされていました。
(日本語部分は、私が一般的なエッセイの評価基準から「だいたい、こんなことがチェックされるのではないか。」というコメントです。)

バイリンガルの子は不利?
そんなことはありません。
娘の学校でトップクラスの評価をもらう生徒たちの多くは、家では英語を使わない家庭の子達です。
大丈夫!
wink
 

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

イラン料理、おいしかった!(^o^)

いよいよ大晦日。
これから、私は御節作りの忙しい一日が始まります。

さて、先日、イラン出身の方から、手作りのお食事をご馳走になりました。

よく考えてみると、シリコンバレーでは、案外イラン出身者に出会います。
スカーフを被っている方から、ごく普通のアメリカ人に見える方まで、それぞれです。

子供時代には、イラン・イラク戦争のために地下の学校で学んだという友人もいました。
イラン人の父とイタリア人の母を持つお金持ちの友人もいて、イラン出身というだけでも、かなり個人差のあるバックグラウンドをもつ人たちが集まっています。

ご馳走してくださった方は、とある医療施設の経営者の一人なので、アメリカ生活も長いようですが、中東の食生活は大切にしているよう。
どんなお料理なのか、興味津々の私でした。
happy01


まずは、レタスやトマトの入った普通のサラダ。

Iransalad

メインの、サーモンとジャガイモ、アスパラ、ズッキーニを焼いたもの。
彼女の家庭では、それほどサーモンは食べなかったそうですが。

Iransalmon

バーベリーの入ったライスです。クランベリーよりも少し酸味があります。
アメリカでは、よくクランベリーで代用されるそうです。

Iranrice2

セロリ、玉ねぎなどの入ったライス。

Iranrice1

ヨーグルトのドレッシングというか、ディップというか。
見た目から、こってりしているのかと思ったら、甘くなく、さっぱりとしたドレッシングでした。
何につけてもいいそうなのですが、上の お野菜のライス一緒に食べるとおいしいです。

Irandressing

そして、デザート。

Irancake

一口サイズの、とても小さなケーキ。
ちょっとエクレアやシュークリームと似てるお菓子などがありました。
日本のものよりも、もう少し重くて甘い感じです。

イランらしいティーセット
cafe

Iranteaset

デザートが小さいだけでなく、ティーセットも小ぶりでかわいかったです。
こんなピカピカ
shineなティーセットも、たまにはいいですね~

とってもおいしい、楽しいお食事会でした。
happy01
 
 
 

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »