« 一人っ子はラッキー? | トップページ | さようなら。San Antonioの古い樹々たち。。。(;_;) »

2011年12月10日 (土)

恵まれない子供たちへのプレゼント

クリスマスが近づいてきました。

この時期、学校や公共の場所、お店など、あちこちで「The Giving Tree」の活動が見られます。
恵まれない子供たちを助ける活動です。

Holidaygivingtree このクリスマスシーズンには、クリスマスツリーや掲示板に、たくさんのタグがつけられます。
そのタグには、子供の性別や年、ほしい物が書いてあります。
タグを選んで持ち帰り、子供がほしい物を買って、タグと一緒に取りまとめている場所に提出すればOK。

私は、娘がSunnyvaleの学校に通っていた頃から、学校のGiving Treeに寄付をしてきました。

子供たちのほしいプレゼントは、

クラフトセット
ビーズ
ボール
お人形
ボードゲーム

など、ささやかなプレゼントのお願いが書かれていました。
その程度のプレゼントなら、2~3個できそうですね。

ところが、去年、Palo Altoに移動してから、時代の流れか、場所の違いか、ちょっと。。。と思うプレゼントが並んでいて、寄付を躊躇していました。

並んでいた希望するプレゼントは、

デジタルカメラ
○○のMP3プレイヤー
ディズニープリンセスハウステント
○○のスケートボード
サイズ調整のできるインラインスケート
○○のスニーカー
テレビにつなげるビデオゲームのセット

う~ん。ちょっと。。。

いちおう、30ドルまでのプレゼントを希望するようにというものらしいのですが、ブランド名まで指定されると、どう考えても30ドルでは買えないな~ という内容まで。

この活動は、FamilyGivingTreeが取りまとめているものだけど、もしかしたら、比較的、近くの地域からのタグがつけられて、彼らは Palo Altoのお金持ちたちは何を書いても寄付してくれるとわかっているのかな、と ちょっと悩む内容でした。
希望している子供たちは、金銭的に恵まれない家庭の子供たちに違いないのですが。

それでも、ちゃんとリクエストに沿ったプレゼントを用意する人たちがいるのですよね。

私の友人は、大きなディズニープリンセスの立派なハウステントが入った箱を、一生懸命運んできていました。
それって、
30ドル以内では買えないタイプのよね、金額は気にしなくていいのね と眺めてしまいました。

ちょうど、郵便受けに、州外にある子供病院からの募金の依頼が来ていて、医療費の問題から治療が受けられない子供たちに10ドルでもいいから募金を、などと書かれていました。

高価なプレゼントをするよりも、病気の子供たちの治療費に募金したいなぁなどと心は揺れ動くのでした。

しばらくして、もう一度、学校のGiving Treeに立ち寄ると、ひとつ、ささやかなプレゼントが書かれたタグを発見!

ポケモンカードがほしいと書かれていました。
9歳なのに、高価でないプレゼントを書くなんて。。。
これなら、見つけるのも簡単!

さっそく、ポケモンカードセットを買ってきて、お願いが書かれたタグをつけ、学校のオフィスに届けました。

Givingtree

無事に本人の手元に届きますように。
 

|

« 一人っ子はラッキー? | トップページ | さようなら。San Antonioの古い樹々たち。。。(;_;) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一人っ子はラッキー? | トップページ | さようなら。San Antonioの古い樹々たち。。。(;_;) »