« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

くるみ割り人形公演、初めてのソリスト♪

 
この連休中に、娘のバレエ学校のくるみ割り人形公演がありました。

実は、今年は、パーティーシーンで踊る女の子たちの役と、ロシアの踊りでソリストの後ろで踊る女の子たちの役のほかに、もう一つ、大きな役を与えられていました。

それが、ロシアの踊りでのソリストでした。wobbly

リハーサルが始まった頃、ディレクターに呼ばれ、

男の子と二人で踊ってもらうから、月曜日に特別に時間が持てない?

と聞かれ、リハーサルが始まりました。

当時は、踊りを振付けてもらいながら、「これは、いったい何の役に使うの??」と不思議に思うも、ディレクターには何も聞けず。。。

家に帰ると、

ソリストの後ろで踊る女の子達の代わりに使われるのかな?
でも、そうすると、ソリストとぶつかるよ。

まさか、ソリストになるの?
そうすると、後ろで踊る女の子達(ほとんどが中学生)の方が大きくなっちゃうよ。

と、「???」だらけのリハーサルの日々でした。

そのため、「今年は何の役?」と聞かれると、「パーティーシーンガールと、ロシア」と当たり障りがないよう、適当に答えていました。
coldsweats02

キャストの発表がオフィスに貼り出されたとき、やっと、

ソリストなんだ!!happy02

と驚いたものでした。

なぜ、私達にとって、これほど大きなニュースがブログに書けなかったかというと、私のプレッシャーbombが大きくて、書く気になれなかったのです。。。think

ディレクターからは、

彼女は、特別なのよ。
 だから、特別な役を作ってあげたの。

と言われ、ドーン!!impactwobbly

知らない大きなお姉さんのママからは、

こんなこと、初めてよ。
 今まで、こんな風に扱われた女の子はいなかったのよ。

と言われ、ドドーン!!impactbearing

娘も、ディレクターに会うたびに

調子はどう?
 ワクワクしている?

と聞かれ、私はとてもプレッシャーに感じていました。
娘は何も感じずに練習していたことが救いでしたが。

怪我をさせないように、そして病気が移らないように体調管理をして、と例年になく、気を使った日々を過ごしていました。

娘が演じることで、一番問題になるのは、衣装
通常、ロシアの踊りのソリストは長いスカートをはくのですが、到底、9才の娘が着られるはずもなく、ロシアの踊りの後ろで踊る女の子達の服に安全ピンをたくさん止めて小さくして着ることになりました。

2011nutcracker2髪飾りも、高校生のものをつけると落ちてしまったので別なもの、かろうじて後ろで踊る女の子達より大きなお花の付いた飾りを用意してもらいました。

そして、何とか、即席の衣装が決まったのでした。

右の写真は、一緒に踊る男の子と。
彼は、まだ7歳。
娘と身体のサイズが合うバレエ学校在籍中の男の子は彼くらいなのです。
(女の世界ですから)

一生懸命な、とってもいい男の子です。
ただ、まだ7歳なので、とってもかわいい。
つまり、技術的な面で舞台で魅せなくてはいけないのは娘なわけで。。。体調管理をしても、当日、足が滑らないか、見せ場の出てくるところと真ん中のジャンプは上手にいくかなど、私は ずっとドキドキなのでした。


いよいよ、最初のソリストの日の公演前。
リラックスして開演前のグリーティングに現れた娘。
(本番前、 お客様たちに、顔見せする機会があります。)

2011nutcracker1

パーティーシーンで踊る女の子役で、家族の役の子達と一緒に出て来ました。
弟役は同じ年なので、身体の大きさは同じ。
ここで、お客様たちと一緒に写真を撮ったりします。

その後、憧れのお姉さんたちがグリーティングに出ているのを見つけ、一緒に記念撮影させてもらいました。
なかなか、こんなチャンスはないので、とても貴重な写真が撮れました!

2011nutcracker3

いよいよ本番!

開演前に、ソリストたちの名前が放送されます。
高校生の上手な お姉さん達の名前が次々と呼ばれ、一緒に、初めて娘の名前が呼ばれました
note

そして、何とかリハーサル通りに踊りきり、大きな拍手をもらうことができました。happy01
ほっとしたと同時に、どっと疲れが出ました。。。coldsweats01

家に帰って、お友達からいただいたお花と一緒に撮影。
(大人っぽいのは、舞台化粧のためです。)

2011nutcracker4

くるみ割り人形一色の日々が、やっと終わりました。
confident
 

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

縦巻きロールができた!\(^o^)/

バレエ学校の「くるみ割り人形公演」で、パーティーシーンで踊る女の子役をする娘のために、髪型作りを習う講習会に出席した私。

Heat Activatedのスプレーをわざわざ買ってきてプレゼントしてくれた友人のためにも、きれいにできるようにならなくては!と意気込みだけはありました。

そこで、まず練習をしてみました。

ところが。。。despair

結構、難しい!
習ったとおりにやっても、うまくアイロンから髪の毛が取れなかったり、下の方がきれいに丸まらなかったりするのです。

Psghair1 出来上がった髪の毛は、悲惨な状態に。

娘は、

ママ、私、パーティーシーンガールじゃないみたいよ。
これじゃあ、メデゥーサだわ!

と言う始末。

あはは!happy01
確かに!!

って、笑ってる場合じゃない。。。coldsweats02

スプレーをプレゼントしてくれた友人に、

がんばってみたけれど、こんなになっちゃったわ。」と、このメデゥーサ写真を送りました。

友人曰く、

この写真を見ると、髪の毛を多く取りすぎてるわ。
教えてあげるから。
いつ、バレエ学校に来るの?

と、またまた甘えてしまうことになりました。

そして、バレエ学校のオフィスのコンセントを借りて、特訓を受けました。
これで、できるようにならなかったら、本当に友人に顔向けができない!と私も必死。
た、たぶん、これで大丈夫でしょう、という感じになるまで教えてもらいました。

そして、リハーサルのある今日、一人で娘の髪を縦巻きロールに。

今度は、成功!!!

Psghair2
きれいに出来上がったら、髪が元のストレートに戻るのを防ぐために、ネットを全体にかぶせます。

Psghair3
そして、このままシアターに向かい、衣装を着替えて、出演する直前にネットを取れば大丈夫。

今度は、娘も私もご機嫌になり、友人にも「できたわ!」と報告ができて、やっと ほっと一安心でした。happy01

明日は、感謝祭の日。
その翌日から、くるみ割り人形公演が始まります。

では、Happy Thanksgiving!!happy01

 

 

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

リハーサル&プロジェクトの日々♪

くるみ割り人形の公演を今週末に控え、毎日、忙しく動き回っています。

Dresscheck

写真は、ロシアの踊りのリハーサルで、ドレスをチェックしているところです。
このリハーサルは短時間なので、親たちは寒い窓の外から、スタジオを眺めていました。
娘は まだ小さいので、丈の短い衣装になりました。

明日からは、シアターでのリハーサルです。
バレエ学校の生徒達は4時間半も拘束されるので、ボランティアがなければ、親たちは自由な時間ができます。
happy01


そんな忙しい日々の中、学校では4年生になるとプロジェクトが次々と与えられます。
今回は、アメリカの開拓者達

娘は、ガスパル・ド・ポルトラ。
Pre-statehood時代の最初のカリフォルニアの統治者なのですが、パロアルトの図書館では彼についての本が大人用の難しいものしか見つからず、サニーベール図書館でやっと適当な本を見つけました。

ちなみに、こういうプロジェクトでは、インターネットの情報を活用してもいいのですが、wikipediaは信用性が低いということで利用してはいけないことになっています。
レポートには、利用した本やインターネットのサイトの情報も載せなくてはいけません。

ところで、今までのプロジェクトの成績が思わしくない生徒には、コロンブスなどの有名な いい人が割り当てられるそうです。
ちょっと、うらやましい。。。
think

感謝祭の休暇まであと一日。
がんばります!
happy01
 

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

縦巻きロールの作り方を習いに♪

バレエ学校の「くるみ割り人形公演」で、今年はパーティーシーンで踊る女の子の役もする娘。

そして、そのパーティーシーンの女の子は、髪を縦巻きロールにするのが人気なのです。

本当は、ストレートの髪でもいいらしいのですが、毎年、縦巻きロールに人気があり、年上の女の子達が縦巻きロールにして踊っているのを見てきている女の子達は、「私も、縦まきロールにしたい!」ということになり。。。coldsweats02
親たちは、奮闘することになります。coldsweats01

そこで先日、パーティーシーンの髪型作りを習う講習会が行われました。
去年、パーティーシーンに出演した女の子のママ(友人)が教えてくれるのです。
私も早速、出かけて来ました。

モデルは、去年、パーティーシーンに出演した女の子の妹さん。

Hairdoworkshop2
最初に、左写真のように髪をハーフポニーテールに結います

そして、右写真のように、下の髪を薄く残して、上はクリップで留めます
下に残っている髪の毛の一部をとって、カールをし始めるのです。

少量、髪の毛を取ったら、このスプレーを髪が濡れる程度にかけます
Heat activatedと説明書きのある、熱でよく固まるスプレーです。

Hairdoworkshop3
そして、髪を毛先の方から根元に向けて Curling iron に巻きつけます

Hairdoworkshop4
10~20秒くらい待って、髪をironからはずします

コツは、根元の方を ironからはずし、ゆっくり ironを開くことだそうです。
そうすると、残りの髪の毛も ironから外れるそうです。

Hairdoworkshop5
一段できたら、その段を上からもう一度スプレーしてでき上がり!

これを、上のほうまで繰り返して、髪全体をカールさせます。

出来上がりは、こんな感じになるそう。

Hairdoworkshop1
カールするのに、二時間近くかかったとか。

根気が要りますね。think

全部出来上がったら、公演会場まではネットをかけて髪を持ち上げるようにし、崩れないようになるべく現状維持。

昼間の公演の後に、夜の公演を控えている場合は、最初の公演の後に、またネット包んで崩れ防止をするそうです。
 

さて、私もがんばらなくては!と思い、薬局に行くと、Curling Ironはたくさん売っているのに、Heat Activatedのスプレーは見つかりませんでした。despair

髪型作りを習う講習会で説明していた友人に話すと、買ってきてプレゼントしてくれました。
なんて優しい!
happy01
実は、このスプレーは、薬局ではなく、Beauty Supply Shopで手に入るものだったそうなのです。

ここまでしてもらっているので、私も、なんとか作れるようにならなくては。confident
   

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

くるみ割り人形公演の髪飾り、完成♪


娘のバレエ学校のくるみ割り人形公演が近づいています。

少し前に、パーティーシーンで使う 娘のドレスを作ってほしいと頼まれて、いろいろ苦労した末にドレスを作り上げました

その後、先生から再度の依頼が。

今度は、そのドレスに合う髪飾りを作れないかというのです。

髪飾りもまた、それぞれに好みがあるものなので、先生の好みのものができるのか不安。。。
coldsweats02

パーティーシーンで使う 他の女の子達の髪飾りを見せてもらいました。
参考資料として、ささっとその場で並べて写真撮影。

Partyscenegirl3


要するに、リボン型であればいいみたい。

先生から、材料入れに入っていた白の細いリボンをもらって、家に帰ってきました。

ドレスの袖に使った、少し透けた紫の生地は、少しだけ残っています。
ドレスの胸に付けたお花も一つ、残っています。

これらと、先生からもらった白い細いリボンを使って、何か髪飾りが作れないか考えました。

透けた紫の生地を折って、リボンのように細長くしてみました。
その上に、白いリボンを飾って。。。

そして、出来上がったのが、このリボン。

Partyscenegirl1


なんとか形になりました。

先生に見せに行くと、

すばらしいわ!」とアメリカ人らしい反応。

この紫のお花の下の白いお花型は、買ってきたの?

と聞かれたので、

これも、先生からいただいた白いリボンから作ったんですよ。

と答えると、とても驚いていました。
日本人って、こういうの、得意な人が多いですよね。

そして、ドレスの下にはくパンタロンも、娘サイズに小さくお直し

Partyscenegirl2


これで、ドレス、髪飾り、パンタロンと、パーティーシーンの衣装が揃いました。happy01

   

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

バイオリン♪リサイタル


娘にとって3回目のバイオリン リサイタルがありました。

Suzukiテキスト最初の曲、きらきら星を弾き始めてから7ヵ月半。
今は、2冊目のテキストの真ん中まで進みました。

とはいえ、今回のリサイタルで弾くのは、1冊目のテキストの最後の曲GossecのGabotte。

2冊目のテキストの真ん中の曲を弾くよりもつらいかも、と思う曲ですが、娘の先生は2冊目のテキストの真ん中の曲を弾いた後で GossecのGabotteを弾かせるので、リサイタルはテキスト1に戻って曲を弾くことになりました。

YouTubeで、練習している子ども達の映像を見ると、結構適当に、「先生によってはこれでいいんだなー」みたいな弾きかたをしていたりしますが、娘の先生は、かなり細かいです。
16分音符の4連符をリサイタル当日でも練習し続け、リサイタルに望みました。

少々のミスはあったものの、何とか無事に終了。

そのときの写真ですが。。。

Violinrecitaloct11


なんだか、すごい写真になってしまいました。
coldsweats02

夕方で、私の取った一番前の席が悪かったようです。
coldsweats01

今回から、ピアノ伴奏はピアニストの方が弾いてくださいました。
前回までは、超初心者だったから、バイオリンの先生が弾いていたのね、と納得。

El Camino Youth Symphonyでソリストをしている7才(そろそろ8才になったかな?)の女の子は、また別なピアニストがついていたので、ピアニストにも段階があるのかも。。。?


今回のリサイタルで気づいたのですが、テキストに入る前の初リサイタルのときに、「このくらい弾けるようになればいいなー」と思っていた先輩方を続々と抜いていました。

う~ん。恐るべし、勤勉な日本人!
wobbly

当初の目標だった「学校のオーケストラ」は、ほんの一つの活動に過ぎなくなり、ただ、上達するために日々努力を続ける娘でした。。。
think
 

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

アメリカで人気の手抜きポトラック料理

ときどき、先生方のミーティングに、父兄たちが手作りランチの差し入れをします。

各学年がグループになって差し入れし、年に一度(?)、まわってくるようになっているようです。

そこで、新しい学校に転校してから、ほとんど遠足でしかボランティア活動をしていなかった私も、今回は参加しようと思い立ちました。

とはいえ、最近、とても忙しいのです。
ポトラック料理に手をかけている時間などない。。。
とにかく、簡単に20分以内でできるような手抜きポトラック料理を持っていこうと考えました。
coldsweats01

この辺りのアメリカ人が好きそうで、一瞬でできるようなもの。。。
できれば、洗い物も減らしたいので、火も使いたくない!
ということで、お豆腐サラダに決定!
happy02

作り方を想像できないアメリカ人たちには、「何が入っているの?」と不気味に思われるかもしれないので、前日のうちに材料リストのカードを作って、お料理の入れ物に貼り付けるようにしました。

当日は、材料のお豆腐やトマトをさいの目に切ってドレッシングを和えるだけなので、ほんの短い間に作り終えることができます。smile

Potluck102711tofusalad

お昼前に お料理を持って、学校へ。

たくさんの4年生の父兄たちが、それぞれ お料理を持って集まっていました。
お料理のセッティングや、朝、持ってきた人のお料理を温めるために、皆さん、忙しく動きまわっていました。

スープ、サンドイッチ、サンドイッチロール、パニーニ、お寿司、クミンライス、サラダ、ベトナム風焼きそば、卵料理、カボチャ料理、パイ、クッキー、フルーツ、ゼリー、ブラウニー、かなり豪華です。

さすが、Palo Altoのお金持ち達。
(メードさんに作らせたものもあったりして。
coldsweats01
私も、食べたくなってしまいますが、我慢、我慢。
bearing

皆さん、忙しそうなので、カメラを持って会場を走り回るわけにも行かず、自分のテーブルのところだけ、お料理を置いたときに こっそり写真撮影。

Potluck102711

ちょうど、ハロウィンだったので、ハロウィンにちなんだお料理も たくさんありました。
その一つがこれ。
上のクモは、オリーブでできています。
おもしろいですね~
happy01

Potluck102711egg

ところで、私のお料理は、10ドルもかからず、かつ 20分もかからず、の超お手軽なもの。
他のお料理は、お金も時間もかかっているものなので、かなり申し訳ない感がありました。
coldsweats02

ところが、なぜか、私のお料理に注目が!

まぁ、お豆腐のサラダ! すてき!
どうやって作るの?
すごいわねー!

すごいって、たった一瞬でできるんですが。coldsweats01
いちおう、作り方を説明しましたが、かなり恥ずかしいです。。。

この辺りのアメリカ人たちは、お豆腐は好きでも、どうお料理していいかわからないもの。
そんな中、登場したお豆腐サラダなので人気が出たようです。

家に帰ってからも、わざわざ私のメールアドレスを調べた人から、
すごくおいしかったわ! レシピを教えて!
とメール
mailが来ていました。

そもそも、適当に作ったので、この用量で まったく同じ味になるかはわからないのですが。

材料

 

House Soft Tofuは、この辺りでも有名ですよね。
でも、ひじきやごま油なんて、わかるのかなぁ。。。
coldsweats02
 

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

今年のハロウィンファッション♪


一昨日のハロウィン。
学校のハロウィンパレード、バレエ学校でのコスチューム披露、Trick or Treatの ご近所周りと、忙しい一日を過ごしました。

今年のハロウィンも、いろいろなコスチュームが眺められて、とても楽しかったです
note

ということで、いくつかのコスチュームをご紹介します。
happy01

まずは、着ぐるみ系。

左が、アメリカでとても有名なクレヨンメーカー Crayola。
このコスチュームは、クレヨン8本入り!
真ん中は、赤いカニ??
右は。。。手の先からつま先まで、とてもよくできていますが、怪獣かな?
それとも、何かのキャラクターかしら??

Hw2011coverall


ホットドッグに、マスタードもいました。
ケチャップもあるはずだけど(市販に)、見当たりませんでした。
右の男の人は、ぱっと見ではわかりませんが、頭の上にホットドッグが乗っています。

Hw2011mustardhotdog


女性の好きな、キレイ系のコスチューム。
左が人魚で、右がクレオパトラですね。

Hw2011cleopatramermaid


映画のキャラクターもいました。
左がシュレック。
右は、スターウォーズのクイーン・アミダラ。かわいい
note

Hw2011starwarsqueenamidalashrek


手作りのコスチュームも、たくさん見かけました。
左は、木??
右上は。。。ドラゴン??
下は、カタツムリですね♪

Hw2011handmade


目立ったのは、このメドゥーサ。
かぶっているウィッグには、たくさんの蛇がついていました。
なかなか!

Hw2011medusa


娘は、今年は忙しくて、コスチュームについて考える余裕もありませんでした。
そこで、2年前にバレエの発表会で着た衣装に、家にあった羽や魔法の棒を持って、即席の妖精になりました。
もう、9才もの年になると、家の中に羽の4つや5つ持っていて、色の合うのが見つかったりするのです。
coldsweats01

Hw2011fairly


バレエ学校では、娘はチュチュを着ました。
後ろ二人の大人は、先生方。
前のAvatar Neytiriは、先生の娘さんで高校生。
皆さん、個性的です。

Hw2011balletschool


ハロウィンが終わり、これからは、バレエのくるみ割り人形公演で頭がいっぱいになりそうです。
 

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

ハロウィンのお菓子、勢ぞろい!

ハロウィン ケーキハロウィン タルトハロウィン カップケーキハロウィン クッキー
この時期になると、あちこちでハロウィンのお菓子を目にします。

今回は、Whole Foodsのハロウィンのお菓子をご紹介しますnote

まずは、ごく普通のハロウィンケーキbirthday 

Halloweencake20111

そして、男の子が好きそうな、ちょっと変わったハロウィンケーキ
フランケンミイラです。
でも、頭の部分なだけに、ナイフを入れるのに抵抗がありますが。。。
coldsweats02 

Halloweencake20112

こちらは、ハロウィンタルト
真ん中のクモの親子が可愛いです♪

Halloweencake20113
 

この時期、一般家庭でも よく作られるカップケーキ
お化けのカップケーキも、クモのカップケーキも、子ども達には大人気でしょうね。
happy01 

Halloweencake20116

最後に、定番のハロウィンクッキー

私も、娘がプリスクールの頃は、まだ時間に余裕ががあったので 毎年作っていたのを思い出します。confident
特に、かぼちゃの形のクッキーは、みんな、一度は食べたことがありますね。
このおばけのクッキーも、表情がとぼけていてかわいい!

Halloweencookie20111

最後の最後に、これはちょっと。。。なクッキー。
指や手足のハロウィンクッキーです。
どんな人が買うんだろう?って思ってしまいますが。
coldsweats01 

Halloweencookie20112
今日は、ハロウィンです。
学校、バレエ学校、Trick or Treatと、一日中、イベント続きで忙しくなりそうです。

Have a Safe Halloween!!
   

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »