« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

ボリショイバレエ学校の先生に気に入られた!?

夏に通ったロシア系のバレエ学校。

アメリカにいるのを忘れさせられるような厳しいレッスンを楽しみましたが、実は、その間、その学校のディレクターは身体を壊され、ずっと入院していました。
そして、一度もお会いすることなく、夏が終わりました。

ところが、この時期になって突然、そのディレクターからの連絡を受け取りました。
健康を取り戻されたようです。

夏に来ていたボリショイバレエの先生が、娘さんをとても気に入りました。
 とても才能があって、将来有望だと聞きました。
 無料で秋のクラスに招待しますので、是非、来てください。
 娘さんだけでなく、あなたとも お会いしたいのです。

とのことでした。
ボリショイバレエの先生が気に入ってくださったとは嬉しい!
happy01
その先生は英語が話せないので、バレエ以外では意思の疎通ができなかったようですが。

でも、こんな時期に何か言われても、もう元のバレエ学校に戻っているし、うちのディレクターからは温かい配慮をいただいている部分もあるので、今、学校を変わる気はないのです。。。

とはいえ、娘はロシア系学校の秋のプログラムも受けてみたいというので、招待を受けて参加してきました。

踊りに行った娘は1時間半で戻ってくると思って待っていても なかなか帰ってこず、2時間以上待つことに。。。

そして、娘と一緒に出てきたディレクターに促され、私はディレクターの個室に入って話をしました。

彼女には、とても才能があるわ。
 
彼女のために、この学校に移るべきよ。

えぇ!?
他の学校は「彼女がほしい」とダイレクトに言ってくれるので、普通、そういうものと思っていたのに、なんて自信満々な発言!
他の学校のディレクターたちが聞いたら。。。
coldsweats01

どうも、ロシア系のバレエ学校というのは、バレエはロシアの教育方法が一番、という意識があるよう。
だから、才能があるなら、一番いい教育を与えられる「この学校に移るべき」となるのでしょう。

ロシア系から見ると、アメリカのバレエ学校での教育は、ただ、ひらひら舞っているだけで、きちんと細かいところが指導されていないように見える(つまり、できていない)そうなのです。coldsweats01

確かに、うちのバレエ学校の夏のオープンクラスで高校生たちと一緒に学んだ娘は、

こういうところでね、ロシア系では腕をきちっとこういう風に下ろしなさいって言われるの。
 でも、うちの学校ではシニア(高校4年)のお姉さんだけじゃなくて、あの先生までも、腕をくねらせて下ろすのよね。
 どうしたらいいのかしらねー
think

と言うので、

ロシア系に合わせればいいんじゃないの?
 ロシア系で習ったように踊れば、アメリカ系では何の問題もないのに、
 アメリカ系で習ったように踊ると、ロシア系では注意されるんでしょう?
 だったら、どちらでも問題のないロシア系がいいんじゃない?
coldsweats01

と、よくわからない私は、いい加減に答えていたのでした。
ということで、少し違う部分があることには気づいていました。


しばらく話し合った後、ロシア系学校のディレクターからの、今の私の立場は理解できる、学校からの連絡だけは取り続けさせてね、ということで話は終わりました。

今も、特別なイベントの招待がきます。
結構、円満な関係ですね。
confident 

「娘がほしい」と言われて断ると、今後、来づらくなってしまうけれど、「娘のために移動すべき」では、「また来年の夏も来て。娘さんのためには、それが一番。」と将来に含みを持たせて穏やかに話を持っていかれるのね。
きっと来年の春に、また夏からのプログラムのお誘いが来るのでしょう。

うまい戦略かも!?
もちろん、「娘がほしい」と言われたほうが嬉しいですけどね。
coldsweats01

 

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日)

ちょっと心配、先生の算数能力

新年度が始まって、約一ヶ月が経ちました。

だんだんと、先生方の事もわかってきました。
娘のクラスには、担任の先生が二人います。
一人は、月曜日から水曜日担当、もう一人は木曜日と金曜日担当です。
日本の教師と違い、一週間に3日間だけ教師として働き、残り4日は子育てに専念する、などという働き方ができるのが、なかなか面白いと思います。
happy01

ところで、先日、娘が学校で受けた算数のテストを持って帰ってきました。

娘のお持ち帰り封筒の中に、クラスメートのJohnが受けたテストも混じっていました。
二人とも、一問間違えたとして、一点、引かれていました。
娘は いったい何を間違えたの!?と中身を見てみると。。。

Symmetry1
あれ? 合ってるじゃない!
coldsweats02
蝶と雪の結晶と松ぼっくりの3つで対称な図形はどれって、正確には、対称であるはずはないから、こういう問題は嫌いだけど。
coldsweats01

とにかく、問題の意図している回答としては、「3つとも」になるはず。
合っているのに、間違っているものとして一点引かれていたようです。

合っているわよねぇ、とJohnの回答を見ると、やはり同じ答えで正答とされていました。
やっぱり先生の採点ミスね、と思ったとき、ふとJohnの最初の基本問題の回答が目に入りました。

Symmetryjohn
え?? これも、これも、間違ってる!
4問中、2問まちがえているのに、4問とも、先生は正答としていました。
(アメリカの場合、合っている回答はそのままにしておき、間違っているところだけ×をつける先生は多いです。)

えっ、えっ!?
こんなことあるの!?
coldsweats02

と、よく見てみると、まだある、ある!!
ボロボロとたくさん、誤答なのに正答にしていて、7問も間違えたというのに、一問しか間違えていない事に

そして、全問正解の娘と、7問間違えたJohnは、同じ成績になっていたのでした。coldsweats01

さすがに、ここまで多くの採点ミスは問題だと思い、翌日の放課後、私は娘に付き添い、採点に間違いがあると先生に言わせました。

先生は、軽く、

あら、間違ってたのね! (私の採点手帳を)直しておくわhappy01

と言って、娘に答案を返したのでした。

何にも書き留めていないので、もう、この時点で、どのテストだったかも忘れてるでしょう。。。coldsweats02
面倒だから、きっと直したりはしないですね。

そこで私が、

Johnの答案が、間違って娘の中に入ってましたよ。

とJohnの答案を渡しました。

先生は「あら、間違えちゃった。ありがとう!」と笑顔でした。
どうも 何もかも軽くて、重要なことと捉えていないようなので、

あ、この問題も、この問題も、採点が違ってましたよ。
 他にも、いろいろ間違いがあるみたいですが。

と言いながら渡すと、さすがに先生も黙っていました。

後で、きちんと見返してくれたのか、そして直してくれたのかは不明です。despair

娘は今後も多くのテストを受けるので、採点ミスで何点か引かれたとしても、そんなに大きな問題ではないでしょう。

かわいそうなのは、John。
本当は30%以上間違えているので、Johnは その単元を理解していないのでしょう。
でも、先生が何もしなければ、理解していないという事を、本人や親は知らずに終わってしまう可能性が高いのです。
(点数しか見ない親も多いと思うので)

テストでは、正答を書く事よりも、間違っている内容を知る事の方がずっと大切なはず。
間違っているのに正答とされてしまうということは、Johnは学ぶ機会を失ってしまうという事になります。

仲のいいお友達の子供なら、「娘のお持ち帰り封筒に間違って入ってたのよ」と言って、間違ったところを教えてあげられるでしょう。
でも、知らない子に説明するのは ありがた迷惑の可能性もあるので、私は何もできません。
Johnは、早いうちに理解する機会がありますように。

そして、算数テストの採点については、まだまだ問題が続くのでした。。。bearing

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

スクールオーケストラへ♪

いよいよ新学期。
娘は4年生になるので、小学校では上級生という気分です。

4年生になって一番変わるのは音楽の授業です。
パロアルトの場合、4年生の音楽の授業は、一般の音楽クラス、初級弦楽器クラス、学校オーケストラの3クラスに分かれます。

といっても、初級弦楽器クラスや学校オーケストラは、基本的に最上級生である5年生のために作られたクラスです。

初級弦楽器クラスは、5年生を優先するので、4年生は抽選で入ることができます。

学校オーケストラには抽選がありませんが、その代わり、弦楽器を弾き始めてから1年以上経っているプライベートレッスンを受けている生徒達が、テストを受けて参加できるクラスです。

娘は、学校オーケストラに入る段階で、Twinkle Twinkle Little Starを弾き始めて5ヵ月半だったので、かなり経験不足。
とはいえ、プライベートレッスンの先生が怖かったので 真剣に教えてくださったので、他の人の倍、夏休みは他の人の3~4倍の練習を重ねてきて、1年半の経験者と同じレベルに達していました。
そして、運よく学校オーケストラに参加することができました。

大部分の4年の生徒は、一般の音楽クラスに入ります。
一般的な音楽の知識を得たり、リコーダーの弾き方を習うそうです。

4年生の自分のクラスからオーケストラに参加するのは、娘一人だけ。
一人でクラスを抜け出して、5年生と一緒に音楽の授業を受けることになりました。

Strictlystrings オーケストラクラスで使っているのは、Strictly Stringsというテキスト
中身を見てみると、リズムは難しくないものの、やはり一般的に、Twinkle Twinkle Little Starから1年の経験は必要かなぁと感じる内容でした。

オーケストラのクラスは。。。先生が怖い!というのが最初の印象だったようです。coldsweats01

先生は、ご高齢の女性の方だそうですが、すごく耳がよく、ちょっと音がおかしいと、キッ!とそちらの方を向き、

その辺り! そこ、5人で弾いてみて!angry

に始まり、

あなた! 一人で弾いてみて!

となるそうです。

そして、能力が足りないと思うと、

私、あなたのご両親に手紙を書かなくちゃ。gawk

と言われたり、

あなた、クラスが終わったら、私の部屋にいらっしゃい。despair

と呼び出しを受けたりします。

とはいえ、あくまで学校オーケストラなので、「弾けない」は困りますが、それほどの技量は要求されていないようです。

プライベートの先生だと、

16分音符4つのスラーの長さが正確にできていない!
この部分が一様の音量で流れるように弾けてない!

と細かくチェックを受けて、

こういうところができていないと、将来、コンサートマスターにはなれないんだよ!

と叱咤されますが、そういった細かいチェックはされません。
去年、初級弦楽器クラスを受けて成果をあげた5年生たちも多く含まれるので、それなりなオーケストラです。

個人的には、初級弦楽器クラスを取るのが一番お得かな、と思います。
グループレッスンとはいえ、何も知らない生徒が弦楽器の弾き方を教わることができて、ある程度、楽器を楽しめるところまで無料で指導してもらえるのですから。
オーケストラは、指導されて上達するというよりも、「オーケストラを経験できて楽しい!」という感じです。

それにしても、パロアルトの音楽教育は なかなか進んでいるな、と思います。confident

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

ゴルフを楽しむ お誕生会

娘は、この数ヶ月、学校のお昼休みを4人で過ごしています。
男の子2人、女の子2人のグループ。
何を話しているのか。。。おもしろいですね。

その男の子のうちの一人が10才を迎えるということで、お誕生会に招かれました。
仲間内4人だけの小さな お誕生会です。

場所は、SunnyvaleGolfland
パターゴルフを楽しむ場所です。
元々、Sunnyvaleに住んでいた私は、娘が何度かここに招かれたのですが、運悪く、何かと重なってしまい、結局、今回が初めての訪問になりました。

コースは二つに分かれていて、これが一つめのコース

Golfland1
もう一つのコースはこんな感じ。

Golfland2
私達は、こちらのコースを回りました。
子ども達と一人の女の子のお姉さんの5人が一つのグループとして回り、大人たちだけで、もう一グループとして回りました。
(私、苦手だから、見てるだけでいいのだけど。。。
coldsweats02

ここのコース、遊び心が多いのが特徴のよう。

途中、こんな邪魔な物体がぶる下がっていたりします。

Golfland3
パチンコ!?というような仕掛けの場所もあります。

Golfland4
こんな山に盛り上がったところの中心に穴がある場所もあります。

Golfland5
「今度は何が!?」という楽しみもあって、子ども達にはウケがよかったです。

うちの子ども達のグループは、プリンセスのような性格の女の子二人と、草食系(!?)の男の子二人、そして2学年上のお姉さんなので、スポーツというよりは、お散歩かピクニックのようなゴルフ。

ホールに うまく入らなければ、

Friendly Feet!happy01

と誰かが出てきて、足で穴の周りを囲み、ボールが それても足にぶつかって、うまく穴に入るようにして、助け合いの精神で遊んでいました。happy01
何度来ても、これだと上手にはならないでしょうね。coldsweats01

ゴルフが終わった後は、ピクニックエリアでピザを食べ、その後は、ゴルフランド敷地内の建物にあるゲームセンターで遊びました。

このゲームセンター、日本のゲーム機がたくさんあり、それも海外仕様にしているわけではないので、遊び方の説明がすべて日本語なのです。
アメリカ人は、他の人が遊んでいるのを眺めて、遊び方を学ぶのかも。

リズム感を試すゲームや、ダンスのゲームが楽しくて、久々の私はすっかり夢中になってしまいました。happy01
とても運動になる お誕生会で、ぐったり疲れて帰ってきました。

 

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

さようならBORDERS(;_;)70-90%OFF


いよいよ、BORDERSは閉店までカウントダウン。
長い間、お世話になったSunnyvale店に出かけてきました。
すでに二階からは本が撤去され、立ち入り禁止になっていました。

Sunnyaleboders すべて70-90%OFFということで、とても賑わっていました。
それぞれの本棚に、手書きの札がついていて、何の種類の本が並べられているのかわかるようになっていました。
そして、たくさんの人々が棚から棚へ、目ぼしい本を探して歩き回っていました。

赤ちゃんのブランケットや香水などの雑貨の類は、まだたくさん残っていましたが、小中学生の本などは、ほとんど見当たりませんでした。
ペット系の本は多く残っていたので、一冊購入。

あとは、一つだけ、30ドルの植物キット(レタスを栽培して、根を取り出して観察するキット)が無傷で残っていたので購入。
なんと、9ドル!
ラッキーだったかも。
happy01

BORDERSのあるモールの場所は、まだ建設される前から知っていて、当時は、いろいろな お店ができていくのが楽しみでした。
モールの隣には、大きなアパートができて、そこに日本人駐在員家族たちが入ってきて友人になり、帰国して、また別の日本人家族が入ってきて帰国して。。。
お隣のスタバと合わせて、BORDERSには友人たちと よく行っていたので、たくさんの思い出があります。
街にお店ができていくのは楽しいですが、なくなるのは寂しいですね。

今後、BORDERSのある場所に何が入るのかは、定員さんも知りませんでした。
ただ、「まだ、ほんのちょっとだけ時間があるから、また来てね~
happy01」と笑顔を向けてくれました。


| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

PA公立学校の寄付金アップ!

シリコンバレーのパロアルト学区では、学校ごとの募金活動の他に、毎年、学区で集めている寄付金があります。
去年は、学区全体で340万ドルの寄付金が集められたそうです。
大きい!
happy01

学区で集められた寄付金は、学区内の公立学校に分配され、それぞれの学校で使用されます。
芸術系科目の教員を雇ったり、補助教員を雇ったり、よりよい教育環境を整えるのに利用されるそうです。

特に、グレーゾーンの生徒達(特殊な教育を受けるほどではないけれど、授業中に他の生徒達に迷惑をかけてしまう生徒達)の補助教員のシステムに関しては、サニーベールにいた頃には見られなかった細やかなサポート体制が整っていて、さすがパロアルト、と娘の転校時には感心したものです。

この学区への寄付金ですが、各家庭、子ども一人につき、寄付金が決められています
もちろん、それぞれの家庭の事情があるので、絶対、その金額を納めなくてはいけないというものではないのですが。

去年は確か、子ども一人600ドル(/年)くらいだったと思うのですが、今年は財政難のために、値上げ。

子ども一人当たり、800ドルにアップしました!
(つまり、子どもが3人いたら、年間2400ドルの寄付!)

結構な値上げ率にびっくり。wobbly
社会情勢を考えると、仕方がないものなのかもしれませんが。

それでも、「この学校でお願いしている、子ども一人800ドルという寄付金は、他のパロアルト学区内の学校と比較すると、一番低い水準なんですよ。」とのことです。

確かに、ここはパロアルト学区の他の地区と比べると庶民的で、1.5ミリオン以下の安い一戸建て率が高いかも!?coldsweats01
(私には、どこも高く見えるけれど。coldsweats02

とはいえ、公立のチャータースクールだと、子ども一人当たり年間4000ドルなどという学校もあるので、普通のパロアルト公立校は まだ通わせやすいですね。think

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

エッチな話って?

シリコンバレー生まれ&育ちの私の娘は、いわゆる箱入り娘。

ここに住んでいる以上、一人で出かけることはできないので、学校が終われば いつも親がついているし、友人関係も この辺りに住む箱入り娘、箱入り息子(?)ばかり。

日々、たくさんの宿題に、週4回のバレエに、毎日1時間以上のバイオリン練習、バイオリンプライベートレッスン、となれば、テレビに興味を持つ時間もない。coldsweats02

娘は、日本語の本も英語の本も、とてもよく読むのですが、どれも優良書ばかり。
そのため、教養は身についても、俗世間のことは知らないで育ってしまいました。

時々、もっと俗世間を知ったほうがいいのではとも思うのですが、たぶん、この辺りの子ども達は、皆こんな感じなのだと思います。

そんな娘が、いただいた本を読んでいました。

Roomba

心があったかくなる話 4年生
とてもいい本です。
ジーンとくるような、いいお話ばかりが載っています。

その本を読んでいるときに、娘が突然、

ママ、エッチな話って何?
 どんなお話のこと?

と聞いてきました。

えぇsign02 wobbly

よく考えると、俗世間のことを知らない娘は、その系統の単語にはものすごく弱い!
エッチなどという単語は知らないのです。
coldsweats01

その本には、「主人公の女の子に お祖父さんがいて、外でエッチな話ばかりするので嫌いなのだけど、ある日~」といい話につながっていく短編が載っていました。

エッチな話、ね。。。

どう説明すればいいのかしら。
ネット調べてみると、エッチというのは「変態」の頭文字と説明されていました。

変な話、かな。
 たとえば、「今日のパンツの色は何色?」とか、
 あの女の人の胸は大きいね」とか。
coldsweats02

(こんな説明じゃダメ、かな?coldsweats01

娘は、目を丸くしていました。

それは、嫌なお祖父さんね。think

と言って、また本を読み出しました。

う~ん。難しい。。。
日本だったら、テレビなどから自然に入ってくる下世話な話に触れない環境。

エッチな話って??
このお祖父さんは、お爺さん仲間でどんな話を?
私まで、悩んでしまいました。
despair
  
 

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »