« ヤギたちの お仕事は。。。 | トップページ | アメリカの爽健美茶は5種類! »

2011年8月25日 (木)

PA公立小学校の驚きの男女比!

長いようで短かった夏休み
サンフランシスコ ベイエリアにあるパロアルト市の公立学校は、いよいよ新年度が始まりました!

新年度の始まる数日前に、校長室の前にクラス分けの表が張り出されました。
誰と同じクラスになるのか。。。
娘は
ドキドキ

実は、前に住んでいたサニーベールとパロアルトでは、パロアルトの方がクラスサイズが小さいと聞いていたものの、3年生までは特に人数が少ないとも思えず、「なんだ~」と、ちょっとがっかりしていました。

ところが、4~5年生になって、クラスの小ささを実感しました。
高学年になっても、クラスサイズは、あまり変わらないのです。
娘のクラスは、他のクラスより1人多い24人。

驚いたのは、その男女比。
男子16人、女子8人。

男子生徒が、女子生徒の倍って、すごい。。。
(去年は、娘は転校生でクラス分けの表を見なかったので、男女比に気づかなかった。。。)
どのクラスも、だいたい、男女比2:1のようです。

なぜ、これほど不均衡なのでしょう??

パロアルトは、教育環境に恵まれていると言われている場所。
賃貸で、2つしかベッドルームのない小さなアパートでも月に2000ドル代もします。
3つベッドルームのある普通のタウンハウスや家なら、お家賃は月に3500~4500ドル。

隣の市に住めば、もっと広いところに住めるのに、そこまでして、パロアルトに住みたい人は、「男の子だから、いい教育を!」と考える人??

いや、アメリカに住んでいる人たちが、教育に男女差別をするのかしら。

金銭的にゆとりがある人が多く住んでいるので、「女の子は、私立でお嬢様教育を!」と、公立学校には行かせない??

はたまた、高学歴高収入の人々からは、男の子が多く生まれる??

どれも、あまりピンときませんが。。。
不思議ですね。

これから思春期へと向かっていく、難しい年齢の娘。
女の子の少ない環境で、これから一生付き合うかもしれない いい友人を見つけるというのは大変だなぁ、などと考えていました。

   

|

« ヤギたちの お仕事は。。。 | トップページ | アメリカの爽健美茶は5種類! »

小学4年生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤギたちの お仕事は。。。 | トップページ | アメリカの爽健美茶は5種類! »