« 日本のための復興支援コンサート♪ | トップページ | アメリカ小学生の幼い暴力&脅迫 »

2011年4月 3日 (日)

アフリカ系アメリカ人の勉強

一ヶ月ほど前から、小学校3年生の長期プロジェクトが始まりました。

題材は、アフリカ系アメリカ人を一人選んで、その人生や業績をレポートにまとめるプロジェクトです。

カリフォルニアの小学校では3年生になると、アフリカ系アメリカ人、特に奴隷制度について、かなり長い期間勉強することになります。
このくらいの年齢になると、だいたい奴隷制度を理解し、奴隷達の気持ちも理解できるということで、3年生くらい向け以上の奴隷制度関連の本が、たくさん出版されています。

娘がキンダーの頃、リーディング力強化プログラムで英語力に合った本を読むということで2~3年生の読まされたとき、奴隷制度の本を読みました。
まだ幼かった娘は、部屋の片づけをしながら、「奴隷がいたら片付けてもらえるのに。」と発言して、びっくり。
wobbly
相手の立場に立って理解でき、また純粋である年齢をを考えると、3年生で奴隷制度について習うというのは、とても理にかなっていると思います。happy01

3年生では、長い期間をかけて奴隷制度を習うだけあって、細かいことまで習ってきます。

私が、

奴隷制度がなくなって、この人は奴隷オーナーの養子になったの? 苗字がオーナーと同じ!

などというと、娘が

ママ、奴隷がオーナーの苗字で呼ばれるって普通だったのよ。

と教えてくれたり、

フリーマンって苗字は、元は奴隷だった人の苗字なのよ。

と学校で習ったプチ情報を教えてくれたりします。

さて、娘が長期プロジェクトに選んでレポートすることになった人物は、「ジョージワシントンカーバー(George Washington Carver)」。

George Washington Carver

奴隷として生まれ、その後、時代の流れで自由になり、それでも差別のある中、苦労しながら学んで科学者になった人物です。
彼についての本はたくさん出版されていますが、この本は彼の人生について情報がたくさん載っていて、レポートが作りやすいということで決めたようです。
読み物としても、なかなかおもしろい本でした。

長期プロジェクトは、まず本を読みレポートにまとめドラフトのレポートを提出し、その後、本レポートを提出プレゼンテーション、と続きます。
3年生とはいえ、なかなか本格的です。
confident
 

|

« 日本のための復興支援コンサート♪ | トップページ | アメリカ小学生の幼い暴力&脅迫 »

小学生の英語の本」カテゴリの記事

小学3年生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本のための復興支援コンサート♪ | トップページ | アメリカ小学生の幼い暴力&脅迫 »